« 2005年8月28日 - 2005年9月3日 | トップページ | 2005年9月18日 - 2005年9月24日 »

2005年9月11日 - 2005年9月17日

2005年9月17日 (土曜日)

もしもバトン

「もしもバトン」という物を強奪しました。
もしもこんな事が起こったらどうする?というバトンです。


状況とそれに対する想定は以下の通り。


1:理想の女(男)が記憶喪失で落ちている。

落ちてるのは見てるしかないよなあ。
抱きとめたらこっちが死ぬだろうし。
・・・とさっきまで本気で思ってました。(質問8個解答状態)
救助して介助して連絡先を聞き出し、お友達になります。

2:歩いていたらサインを求められた。

しますよ、サインの経験ありますから。
「立花亭 多々喜」
とサインさせていただきます。10年以上前の芸名です。

3:引き出しからドラえもんが出て来た。

どこでもドアください。それとタケコプター。

4:殺し屋に「死に方くらい選ばせてやるよ」と言われた。

自然死を望みます。

5:見知らぬ大富豪に遺産を遺された。

喜んで使わせていただきます。貧乏人ですから。
もちろん使いきれない分(家族への分配は終わってる)は募金します。

6:初対面で「B型?」と聞かれた。

血液型診断信じてないので、その場だけの人だったらそのまま話合わせて終わります。

7:預金残高が増えていた。

危ないです。無理矢理振り込まれた借金かもしれません。
金融機関に連絡して、もし拾得物になったら半年待ちましょう。

8:カモシカの様な脚にされた。

ケンタウロスにはなりたくないのでガックリです。

9:前に並んでる人に「俺の背後に立つんじゃねぇ!」と言われた。

追い越します。

10:「犯人はあなたです!」と言われた。

おそらく他人に罪を転嫁して自分は状況から逃亡するでしょう。
(小学校の頃に前科アリ。嘘は言わないが、本当のことも言わなかった。結果、嘘をついたヤツが集中砲火を喰らった。成績が良い=善人という思考の先生でしたので)

11:鏡を見たら目がヤギ目になっていた。

ごめんなさい、「ヤギ目」が何かわかりません。
とりあえずYahooで調べました。

・WEBやぎの目:確か、テキストが面白いとかで本も出たサイトですよね?インターネットの世界に入っちゃうんですか。うーんマトリックス。人間でいたいので嫌です。
・ヤギ目(もく):つまりは生物分類上のヤギですか。これも人間でいたいのでパス。
・ヤギ目(もく):こっちは珊瑚だそうです。さんご礁になっても核爆弾で吹き飛ばされちゃうしな。嫌。
・ヤギの目:なんか瞳孔が横長みたいですね。視界は広そうなので歓迎します。

12:尻の割れ目が消えた。

肛門の位置を考えるとおしりが「絶対」に汚れなさそうなのでいいと思います。
しょせん、紙やウォシュレットではあの絶対領域の谷間を征することはできないんですよ。

13:偶然手に取った本の主人公が、明らかに自分だった。

売れて有名になったらいいなあ。
もちろん買います。

14:モナリザがこっちを見ている気がする。

それは気のせいじゃなくて隠しカメラです。
カメラ据え付けたって目と一緒に動くようなカメラじゃないだろうというツッコミは却下。
見返してやりましょう。ついでにいろいろアクションしてると誰かが入ってきたとき大変「素薔薇しい」ことになれます。

「モナリザの背中のようさ 確かに瞳は僕を見てるけど
 モナリザの背中のようさ どこからも見えない君の心」

こんなもんで。バトンはまわさない主義なのでお好きな人どーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

哲学的思考

鉄10キロと綿10キロではどちらが重いと思うだろうか?

綿10キロの方だと思います。

鉄10キロって一辺11センチのサイコロだと思えばいいです。
こんなの簡単に持てます。
綿10キロは相当体積ありますからな、両手で抱えてどうか。

ということで「思う」なので正解は綿なんですね。

まあ、謎々じゃなく、そのとき考えたのは綿でさえ持つのに躊躇するだろう、ましてや空気一キロなんて抱え込むことも不可能です。
空気さえも持てない自分の無力さに打ちひしがれました。
しかし、その無力な手であっても守りたいと本当に思える人を持ちたいなあ、という話だったのです。

なので「哲学的思考」


待ってます(笑)<ってオトしてどーする。
あ、出会い系メールいりません。激しく間に合ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木曜日)

海猿

古い話ですが、不審船撃沈した時の話です。

考えてたんだけど、やっぱりよくわからない。

不審船撃沈したぐらいであんなに悩むもんなんでしょうか?
陸戦なんかで目の前で撃ち殺すとか刺殺するとかならともかく、相手の体が損傷するのを見るわけでもないですよね。
敵との交戦距離が離れるほど心理ショックは少なくなりますが、これではこの人たちは相手の船に乗り込んで立ち回りなんてできないんじゃないでしょうか。

困った人達ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水曜日)

本日のツッコミ「祝!キノの旅Ⅱ発表」

キノの旅Ⅱが出るということで、ファンにとっては待ってましたですが、ファミ通の紹介記事。
今回はセイという人物になってキノを探すらしいです。


プレイステーション2,キノの旅Ⅱ -the Beautiful World-

・・・えと、「本作の主人公セイ」とありますが、どう見てもカノンを持ったキノに見えます。
どうやらキノは双子だったようです。驚愕の新事実です。
キノはサクラちゃんでしたから、この子はモモちゃんですかね。

「巨大な森の中をさまようセイ。いろんな人物に出会い、キノの行方を尋ねる。」
というキャプションがついたスクリーンショットで、

「この ヒ ゲ の 爺 さ ん がセイなのかー!!!」

と5秒ほど呆然となりました。
ちょっとキャプションに問題があると思います。

ま、ゲームの内容は前作よりはファンでない人も楽しめるかも、です。

前作は攻略本はサントラのブックレットという異作でしたし、本当にほぼ、原作小説の電子化だけなので、小説が好きなら今はベストで1800円(税抜き)なので、手にとってみてはいかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月28日 - 2005年9月3日 | トップページ | 2005年9月18日 - 2005年9月24日 »