« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »

2006年1月15日 - 2006年1月21日

2006年1月18日 (水曜日)

おまじない

31164557


女子学生どものおまじないってのは常軌を逸してると思うが、 ラジオで聞いててさすがにツッコまざるを得ないものが。

・彼氏に浮気をさせないおまじない
「彼が女の子と話をしてたり、うわきをしそうな匂いを感じ取ったら、かねてから用意しておいたブツを用意。
 すなわち『いつも使うシャーペンにお気に入りのフレグランスをつけておいたもの』
 それを彼の背後でカチカチと二回鳴らす」

えーとですね、彼の背後にいるってことは四六時中付きまとうんですかね?
そして、背後でカチカチ音がすれば「カッターナイフの音」と勘違いする恐れがありますね。
まあ、浮気をしようという現場にも現れる彼女ってのは、確かに浮気はされないかもしれませんが、続くとも思えません。

・別れた彼を早く忘れるおまじない
「風呂を出るときに曇った鏡に彼の名を書く。
 そして、右手で「忘れる、忘れる」と念じながら消す」

これは何かの呪いですか?
毎日書いてると絶対忘れないと思うんですが。

まあ、この手のおまじないには、
「バレンタインデーの手づくりチョコにお気に入りのオーデコロンを混ぜれば彼はイチコロよ♪」
ってな別な意味でイチコロになりそうなんもんもありますからね。

それにしても、こういうおまじないってたいてい相手を人扱いしてないような気になるのはどうしてなんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月曜日)

Only1という逃げ

012605_6963x18mm-only1


たまには真面目なことも書かないとエロくて下品なアホだと思われるので(笑)

「No.1にならなくてもいい♪」

というのを聞くたびに「ええわけないやろ!」と突っ込むヴィーです。
今年は紅白でもみんなで歌ってましたね。
NHKはSMAPに歌って欲しかったがSMAPは新曲歌いたいのでこっちは別コーナーという特別扱い。
もう視聴率の前では北島三郎なんて何の影響力もないのが視聴率争いよりも面白い昨今です。

それはともかく。
この歌の後、「Only1」という言葉で逃げを打つ人が増えたんじゃないかなと。
出来なくてもヘタレでも「Only1だし」とか言って自分を納得させるやつ。

普通は何かをするにおいて「No.1」を目指すのが当たり前です。
シェアNo.1、成長率No.1、安定度No.1。
方向はいろいろあれど目指すものはベストです。
だから歌詞が違うと思うんですよね。

「No.1に『なれなくても』いい」

なんですよ。
ベストを目指して惜しくも届かなかった。
そのときに「それでも成長したこれは確かに自分だ」って言えるのがOnly1なんですよ。

「人事を尽くして天命を待つ」にも似てますかね。

何の努力もせずに「Only1あるからさあ」では、そのOnly1も錆び付いちゃうのよね~。

ま、確かに目指そうとして無理なものはあります。
例えば、私が「漫画家になりたいけどどれすればいい?」って聞いても
「飯食って風呂入って一晩寝て、起きたら冷静に考え直せ」
って言われるだけだろうし。
自分の持ってないOnly1を探しても無いものは無いからね。

なもんで、別にモテる(No.1)必要はないけど、誰かが自分を好きになってくれる(Only1)必要はあるわけで。
その違いは大きいです。
そして、もちろん、何の努力もなしに誰かは見つかりません。
別にヲタクだって探そうとしてればOnly1は見つけられると思いますよ。
まあ、血まみれのFPSで触手大好きな女性というのは探すのは難しいかもしれませんが。(いたらお知り合いになりたい気はする)

いないと諦める必要はないけど、努力もせずにできるわけないですからね~。
ヲタクの道を貫くにしても生活面では普通の身だしなみなんかはできるわけですから。
それを脱ヲタとは言わんでしょ?
ということで自分を磨いて相手を探しましょう。
自分はまだまだ磨いてる途中です。
以前は磨く途中でヒビがはいったので砕けましたけど、まだ磨きなおしはできます。

メイド喫茶のあの娘をGet!って話になると水商売の「好きです」が本物である確立ぐらい低いと思うけど、やりたいならやってみ(笑)

ヲタクを貫きつつ生活をこなして「整理する」(おそらくコレが一番難しい)が今年の目標です。
これができれば立派な「Only1」として胸をはれます。
そうすれば相方Getも夢ではないんじゃないかと信じます。

・・・結局はそこにいきつくのか(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »