« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »

2006年8月27日 - 2006年9月2日

2006年9月 2日 (土曜日)

今週の妄言

Us626


月曜朝の東海ラジオでは、大谷昭宏が電話で時事問題を語るというのがあるんですが、毎度毎度デムパの入った妄言で楽しみにしております。
今週もナイスだったのですが、今まで忘れてて危うく紹介しそこねるところでした。

東京と福岡のオリンピック誘致合戦にちなんだ話だったんですが、「日本が立候補するよりアフリカの国などに資金援助して開催させたほうがいい」というのです。
アフリカの国でやるとなると、資金援助というどころの話ではなく、全部日本が肩代わりだと思うのです。
それはそれとして、相手の国のプライドというものは考えないんでしょうか?
お金から開催のノウハウから全部お仕着せで、「開催できてよかったね~」と言えば相手国から殺されるような気がします。
欧米式のアフリカへの援助にも通じる「バカへの施し」に見えて非常に嫌です。これは差別心から出るものですからね。

朝鮮半島に関する話にも通じるもので、当時の半島にインフラと教育は与えたけど、それを「バカじゃなくなって金持ちになったんだからういいだろう」と今の人間が言ってるのを見ると違和感を覚えます。
昔の人は知らないけども(伝え聞く話ではそうは差別はなかったらしい)、ネトウヨみたいなものが言ってる「施してやったのに恩を忘れたのか」というのはやはり差別に根ざしたものだと思うんですよね。「プライドは傷つけられただろうが、いいこともあったじゃないか」という言い方が出来ないものかと。

そして、アフリカといえば治安が心配ですが、そこで自衛隊の登場です。
自衛隊が治安維持にあたればイラクなんかへ行くよりもよほど国際貢献で憲法上の問題もないんだそうです。

・・・いや、明確な内政干渉で、侵略に近いって(笑)
しかも、イラクよりも発砲する可能性(しかも相手を殺傷する可能性)は格段に高いんですけど。
ひょっとして、アフリカの反日感情を刺激してアフリカから日本を締め出す(結果として関わらなくて済む)という深謀遠慮なのかしら?(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水曜日)

政治家としての正しい姿とマスコミの学習能力のなさ

加藤元幹事長の実家に放火、右翼団体構成員の男を逮捕(読売新聞)

ようやく日本でも実名が報道されました。
うがった見方をすると、この人の国籍は日本なんだろうかという思いもあります。
右翼団体といえば相当数が在日朝鮮人で構成されていることは知られています。思想動向よりも実力主義ということが気に入られてのようですが。
まあ、日本人でなければ、靖国に反対するアジア諸国という構図が崩れるので大変でしょうが。
でも、日本人にだっていろんな意見があるんだから、外人が金太郎飴のような思想だったら怖いでしょう。
それはともかく、これでようやく、放火が思想弾圧に通じるもの「らしい」ということになったわけですよ(定義の話であって、恐らくは間違いないであろうとは思いますが)
それで、ようやく以下のことになるわけです。

加藤氏実家放火、首相「暴力での言論封じ、許せない」(読売新聞)

それなりの記事が一般にも出てから公式なコメントは出すべきで、それまでは政治家の発言の重みを鑑みて何も言わないのが正しい姿勢です。
変な煽りをして大変なことになった松本サリン事件をマスコミは、もう忘れたんでしょうか?
朝日新聞が元気です。

放火への沈黙 「テロとの戦い」はどうした
----------
漁船銃撃拿捕 乗組員3人「霧で信号弾見えず」本紙と会見

蟹がいるから霧の中で密漁して無線も切ってたということは話を聞く気がナッシングで、逃げる気マンマンです。
北方領土については竹島と話が違うし、漁業料を払えば規定量を獲れたはずで、こんなんでは水産資源の保護もままならんなあと。
事実が明らかになるにつれ、ロシアけしからんの声はトーンダウン(笑)
----------
昨日9時まで残業して書き上げた図面が消えましたorz
組立図の構成を作ったので、品目欄書くために部品図を起こそうとそっから書いていて、ついつい同じファイル名で保存しました。
幸い?組んだ絵と、少しだけ寸法の入った絵を印刷してあるので、明日中には復帰できるでしょう。
というか、復帰させて今週中には全部完成させないと。
金曜日は、今日と同じく定時なので明日は遅くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めて知った人間魚雷回天の真実

朝ズバでみのもんたが言っていたが、回天がオーストラリアで使われて回収された遺体は日の丸に包まれて丁重に埋葬されたそうだ。

昭和17年だったかに甲標的でやって同様のことがあったのは知ってるが、回天で同じことがあったのは知らなんだ。
いや、勉強になった(笑)

確かに太平洋戦争は反省すべきことだが、何があったのかを知らずに反省できんよ。公共の電波で高給貰ってこんな口から出まかせ言えるんだから芸能人っていいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンセグ携帯&夢の新兵器

(日曜日の日記です)
ペンタゴンが「苦痛光線」兵器を開発、巨大な電子レンジで人間をチンする

一週間ぶりの日記ですが、通勤だけで消耗してるらしく、自覚は無いのですが、気がついたら寝てたという状態でした。
まあ、帰りにDVDでアニメ3本見れるもんな(笑)
「無限のリヴァイアス」見てます。

それはともかく、先週の土日は仕事に出たのですが、今週はさすがに社長も休みたいということで日曜はお休みでした。

さて、上のリンクですが、イラク戦争で使われてたとかいう噂があった兵器がついに実用化のようです。
・・・実戦配備の可能性云々の話は記者の妄想ではないですか?
まあ、暴徒鎮圧用としては相手が戦意を喪失した段階で照射を止めて通常の鎮圧に移ればいいのであって、バカみたいに照射を続けるだけというのはどういう想定なんでしょう?

まあ、話自体が「イラク戦争でUFOが実戦投入された」というのと同レベルの信頼性だと思いますが。

携帯がぶっこわれたので、買い替えです。
ワンセグったって家ではNHKぐらいしか見られないので(笑)
家の外で見るかったら微妙ですねえ。

さて、今日はアルミサッシのプレスのバイトが入りました(爆)
ので、今から行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »