« 【ネット検索】人は何を求めさ迷うのか | トップページ | 【特撮】電王第43話 究極の選択 »

2007年12月 2日 (日曜日)

【鬼太郎】第34話 妖怪怖い

キャプ画像を地デジのものに差し替えました。
----------

ろくろ首とネコ娘がオープンカフェでバイトしています。
ろくろ首は首を縮めざるを得ないので、バランスが取れずによく躓いてるようです。
ネコ娘は猫ゆえ?の驚異のバランス感覚でろくろ首の盆から飛んだパフェを自分の盆で受け止めてます。
「これで3回目よ」と言ってますから、ネコ娘が意識してろくろ首の傍にいるんでしょう。
「ろくちゃん」「ねこちゃん」と呼び合ってるようですね。
Photo

Photo

ニュース速報は佐賀で入院患者が誤って射殺された事件の容疑者逮捕です。
他のところでも出たんだろうな。

追記:
後ろの柱のデッサンの線が残ってた(笑)

ろくろが言うにはバランスには慣れてるそうです。
なら、このドジっ子の理由は?ったら「ろく子さ~ん」という声が。
ろくろ首の彼氏、鷲尾です。
Photo_2

ろくろ首が妖怪でも「いい」と言い放ったイケメンですな。
バイト終わったら午後からデートだから気もそぞろってやつです。
このろくろの顔見れば、そりゃ仕事にならんわと思いますわ。ネコ娘、ちょっとダークよ。
Photo_3

「一緒に映画見て一緒に食事して一緒に…」ってどこまでするのか知りませんが、どんどん首が伸びます。
最初は作画がおかしいのかと思いました。
ネコ娘驚いて「にやーん!」と頭を抑えにかかります。やっぱり声が妙に色っぽいな。

「今は仕事に集中よ」となだめますが、「は~い」と言いながらこけてしまいます。
ネコ娘も呆れ顔です。(動画に入ってますけど、一応抽出で)
Photo_4

これは人間と妖怪との幸せな出会いですが、今回は180度違う出会いの話です。

ねずみ男がゴミ箱漁りをしてると宝石強盗に出くわします。
強盗とぶつかって宝石が地面に散乱したのを強盗と一緒になって拾ってます。
つうか、強盗は落ちたからって拾い集めてたらいかんだろ。
当然のようにパトカーが来ますから、ねずみ男は逃走用の人質として拉致されます。

その頃ろくろさんと鷲尾は映画を見終わったようですが、ろくろさんはラストで恋人が死んだのが悲しいと言います。
自分を引き写して、幸せになれないカップルを見るのが悲しいのでしょうね。
「ろく子さんは優しいね」というセリフはNHKのドラマで似合いそうだ。

そこにさっきの強盗の車が暴走してきて、道を歩いている子供を跳ねそうになります。
危ない!と助けにでる鷲尾。鞄が飛んでるから跳ね飛ばされたんですね。
Photo_5

OPが終わると例の強盗の一人が妙なところに来てるようです。
「強盗と殺人を…」と言ってるので鷲尾さん死んだのか?
「本当に一度死んだのかも。俺、地獄に行ってきたんです」と、ここから回想になります。
警察の取調室だったんですね。
とすると、これは刑事か。
こんな怖い刑事に取り調べされたらやってないことも簡単に喋りそうだ。
Photo_6

鷲尾を撥ねて手下は動揺してますが、ボスはかまうことなく逃走を命じます。そりゃそうだ。
後ろの席にいるねずみ男はろくろ首がいることに気づきます。
倒れてるのが鷲尾だってこともわかったかな?

警察はパトカーで既に包囲してるんで、どんだけ逃げても追いかけてきます。
鬼太郎でカーチェイスが見られるとは。
ねずみ男は警察に確実に捕まらないところがある、案内する代わりに宝石を、ともちかけます。
最初はふざけるな!と言ってますがパトカーはすぐ後ろ。
「警備員撃って、人まで撥ねたら、捕まったら確実に死刑ですぜ!」ってことは警備員を撃ち殺してるのか。
実際にはこれで死刑になるかどうかは微妙だけど、「逆転裁判」の世界だったら死刑だろうな。
やむを得ず、で車を捨ててねずみ男についていきます。
連れて行ったのは妖怪横丁。確かにここに来るのは妖怪の案内無しでは不可能です。

鬼太郎のところにネコ娘が「鷲尾、撥ねられる!」の報を持って飛び込みます。
それを聞くオヤジは縄跳びをしてたようです。
Photo_7

それにしても、この鬼太郎に急を知らせるネコ娘の後姿の悩ましいラインはどうしたものか。
Photo_8

鷲尾は意識不明の重態ということで、まだ死んではいないようです。
ろくろが付き添ってますが、その心境やいかに?
Photo_9

砂かけが詳細情報を持ってきます。
例の宝石強盗の三人組です。
「見るからに卑劣で極悪そうな連中じゃよ」と言ってますが、そこまで酷いのか?
Photo_10

今妖怪横丁に来てるので、それを知らせに来たようですね。

人間が珍しいってことで妖怪たちは興味津々です。
怖がる手下に対してボスは銃を撃って妖怪を怖がらせます。

ねずみ男は報酬を要求しますが、返ってきたのは鉄拳でした。
「命の恩人だぞ!」と抗議すると「確かにな。だから命だけは助けてやった感謝しな」と返します。
悪党はこうでないといけませんね。利害ある相手以外には誠意など見せなくていいのです。

「ねずみ男を騙すなんてたいしたもんだ」と鬼太郎は感心し、ネコ娘は例によってねずみ男をこらしめます。

三人組は妖怪が反抗しないのをいいことに、丸毛を蹴って呼子に当てたりとやりたい放題です。
「酷いことするな」と言う呼子を「妖怪のくせに」と投げ飛ばします。
普通は違うだろうと思うが。
「お前らもやれ」と手下をけしかけ、手下は妖怪で遊びだします。
傘化けを使ってこんなのとか。
Photo_11

妖怪たちはそれを見て何やら話してますが、ボスが鉄砲を撃てば途端に逃げ散ります。

ねずみ男さえ呆れ、ネコ娘は「食い殺す!」といきりたってます。
そういや、妖怪なんだから必要ならば人を食い殺すことにためらいはないんだよな。
この変化具合がネコ娘が妖怪だと思い出させてくれます。
Coco

しかし、「待つんだネコ娘」と鬼太郎が止めました。
地獄行きのバスが来たからです。
三人組は相変わらず妖怪で遊んでます。
ボスは丸毛は気に入った様子。アマビエも顔に落書きされてます。
そんなことしてアマビエに予言されたらひどい目に遭うぞ。

ネコ娘は何が起こるのか納得したようです。
Photo_12

酒場で子泣きの酒を奪ってのみ、子泣きが抗議するけども、子泣きに砂かけが例のバスの話をすると、「それじゃ仕方あるまい」と引っ込みます。
お歯黒べったりに落書き。さっきからアマビエとかにもしてるし、コイツは落書き好きのようです。
なんかお歯黒が可愛いな(笑)
Photo_13

外に小便に出た一人が道で巨大な宝石を見つけます。
その宝石に映ってたのは地獄の景色でした。
その前に地獄行きバスが…

残りの二人が消えた一人を探して酒場を出ます。
その横を通過する地獄行きバス。
ボスは妖怪横丁最強を妖怪に聞きだします。
それを倒して妖怪横丁を支配下に置こうというのですな。
皆はある名前を口にします「鬼太郎」と。

鬼太郎の家に行く途中の森で鳴くカラスに手下がビビりますが、ボスは拳銃を渡してやります。
空に向かって何発か撃つと地面にはカラスの死体が散乱します。散弾銃なのか?
鬼太郎の家に着くも鬼太郎は留守でした。というより鬼太郎は外で見張ってますが。

鷲尾は未だ意識不明です。

鬼太郎の家でボスは寝てしまいましたが、手下にそんな豪胆なところがあるわけもなく、見るともなしに外を見ていましたが、そこで見つける例の宝石。
手に取ると、当然地獄行きバスが。

ボスが手下がいないことに気づくと、床に宝石が。
「なんてでっけえダイヤだ」と言うてますが、これだけ大きいとダイヤ以外の貴金属の可能性を考えないのか?
模造ダイヤとかあるだろうに。
やはり宝石の中に地獄の風景を見ます。

そこに鬼太郎が。
こんな子供が最強だと?と笑ってますが、妖怪に子供も大人もないだろうに、と言えるのは私たちが妖怪のことを知っているからで、知らなければただの子供です。
無知は罪だ。

「その石返してよ」と鬼太郎言ってますが、この石って鬼太郎のものか?
ボスはもちろん断り、自分が横丁最強なんだから、横丁のものはオレのものというジャイアニズムを発揮させます。
鬼太郎は「そんなことは誰も許さない」と指摘します。
外には妖怪たちがバカにするように集まってました。

集まった妖怪たちに「オレが王様だ」と宣言しますが、妖怪は笑うばかり。
そりゃ、事態をわかってればあざ笑うしかないですもんな。
お前もオモチャ(拳銃)も怖くないと言う妖怪に撃ち込むと舌で受け止められました。
妖怪に拳銃が効くとは思えないしな。
焦って撃ち続けると子泣きが飛び掛ってこかしてしまいました。

妖怪の逆襲の始まりです。
砂かけが砂を浴びせ、とうふ小僧は全てのパンチをかわしました。
傘化けは高速回転して風でふっ飛ばします。そこをぬりかべが押しつぶしました。
ぬりかべ子供も張り付いて噛み付きます。
呼子がさっきの仇とばかりに木の枝で作ったボールを蹴りつけます。さすがに丸毛じゃないんだな。
川に転落したらそこにはあずき洗いがいて、「あずき洗おか人獲って食おか」と凄みます。
あずき洗いって本来そういう妖怪だもんな。

たまらず逃げ出すと、それを追ってくる妖怪たち。
走ってきた地獄行きバスに飛び乗ります。
運転手に「早く出発しろ!」と怒鳴りますが、運転手は鬼太郎です。

怖いものがないはずのオジサンが何故震えてるの?とこういう実は小心者には非常に突き刺さる言葉を吐く鬼太郎。実はSだろ。
いきり立って歩み寄るボスが足下に妙な感触を感じると、そこにはカラスの死体が。

運転席に無理やり座ってボスが運転して脱出を図ります。
この顔で「オレは人間の街に戻る!」とか言うのだけ聞くと「解放への脱出」みたいで、少しだけカッコいいですね。
向かってるのは確実に地獄ですが。
Photo_14

道を人間界で横切ってた子供が白く光りながら横切ります。
鬼太郎がボスを見たってことは、これが地獄へ行くかどうかの分水嶺なんでしょう。
ボスは躊躇するものの、アクセルを踏み込みます。
鷲尾が出てきて同じように撥ねられました。
これで地獄行き決定です。
バスは地獄の門を通過しました。

鬼太郎が地獄に来たことを告げると、フロントガラスの添乗から手下どもがぶら下がり。
こんなとこにいたのか。
二人は亡者に捕まれます。
車内も亡者でいっぱいで、完全に包囲されてます。バイオっぽいな。そして死亡確定状況みたいな。
Photo_15

「地獄なんて行きたくねー!」とバスを飛び出しますが、そもそもそこが地獄なんだから、やっぱり亡者に囲まれます。
それを宝石を通して見てる鬼太郎。さすがは妖怪、あっという間にこんなところに帰ってますか。

回想シーンは終わり、ボスの独白で、気がついたら警察で取調べを受けていたとわかります。
ボスは夢だと思おうとしています。
が、外の景色は地獄だし、取調べの警官はこんなです。
Photo_16

一方その頃、病院では未だ意識不明の鷲尾を前にろくろが祈ってます。
ろくろの涙が鷲尾の頬に落ちた時、鷲尾が気づきます。
鷲尾は夢を見ていたそうです。
デートで見た映画のラストシーンが変わっていたと。
恋人は死なず、二人は結ばれるハッピーエンドに。
「キミの優しさが通じたのかも」ってのも古い言い回しに聞こえるな。
と思ったら草尾毅なのか。そりゃ古風に聞こえるわな。

それを聞いて首を伸ばすろくろ。
いつもこんなだと、鷲尾に抱きつけないんじゃなかろうか?
Photo_17

それを見て頬を赤らめるネコ娘。やっぱりお前のほうが可愛いよ。
Photo_18

鬼太郎はオヤジを風呂に入れながら鷲尾の意識が戻ったことを告げます。
オヤジは生きたまま地獄に流された三人組のことを話題に出します。
鬼太郎の関心事ではないので「どうでしょうね?」と流しますが、「あんな人間ばかりが地獄へ行くんじゃ閻魔大王も大変だなあ」と思ってしまう鬼太郎なのでした。

次回予告でオヤジが「閻魔様ならうまく裁いてくれる」とくるとネコ娘が「恋の悩みも閻魔様なら」と夢見る発言をする。
が、鬼太郎は即座に「それは無理でしょ」と突っ込む。やはり「ド」が付くSだ。

EDでお歯黒べったりが銭湯やってることを初めて知りました。
ネコ娘も銭湯なのか。というか、風呂付の家が横丁にあるはずもないか。

来週はツアーで温泉らしいですが、ネコ娘の温泉シーンはあるのか?とかサングラスをかけた鬼太郎が見えたけどあれは?とかいろいろ気になります。

ニコニコ動画での「まるごとねこ娘」の再開を待ってますが、こんなもの見つけました。
「もえたん」の愛知版もそうですが、考えることは同じだなと。
もちろん、本来は裸エプロンじゃありません(笑)

ゲゲゲの鬼太郎 5期新EDで裸エプロン(権利者削除済み)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1338736

ふと思ったけど、日記のタイトルに利用させてもらった「饅頭怖い(略してまんこワ)」ってツンデレの亜種か?

|

« 【ネット検索】人は何を求めさ迷うのか | トップページ | 【特撮】電王第43話 究極の選択 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89598/17254619

この記事へのトラックバック一覧です: 【鬼太郎】第34話 妖怪怖い:

» 節分の日 [節分の日【由来】豆まきと鬼の知識]
節分の日の由来と豆まきの鬼の知識。節分の日は現在では2月3日です。しかし、節分という名前の由来は本来、春夏秋冬の各季節の始まりの日の前日を指す言葉だったそうです。節分の日の起源は魔除けです。健康や体調の管理を見直し整えましょう。節分の起源や歴史、由来を調べてみるといろいろと面白い発見があります... [続きを読む]

受信: 2007年12月 2日 (日曜日) 21:03

« 【ネット検索】人は何を求めさ迷うのか | トップページ | 【特撮】電王第43話 究極の選択 »