« 【テレビ】今シーズンアニメとドラマ | トップページ | 【音楽】流行語大賞トップ10入り記念 »

2007年12月 7日 (金曜日)

【特撮】ハニー第9話 お嬢様やりたい放題

前回登場したお嬢様、ユキを誰かが狙ってます。
なんかハァハァ言ってるのはヤバそうですが、誘拐ですね。

金持ちになんてなるもんじゃありません。
ええ、僻みじゃありませんよ、妬みなんかじゃ。

誘拐されたユキの父親が頼ったのは早見でした。何故?
誘拐は冒頭のとおり下校途中で身代金は五千万円だそうです。ちょっと安いか?
まあ、一億円にしろ、いつもドラマ見て思うのは、どうやって調達してんだろう?という話です。
口座に何億あっても銀行そのものにそんなに一人に割ける現金があるとも思えないですし。

誘拐では定番でありますが、警察に連絡したら娘の命は無いということで、この父親(相当親バカそうです)は律儀に連絡してないようです。
で、源さんと旧知の間柄なので、頼ってきたようです。
源さんって昔何をやってたんだ?

何はともあれユキの写真がないと話になりませんから、父に出させます。
それを見た早見が一言「彼氏とかいたりしませんか?」と。一目惚れってやつですか。
父親は「ウチのユキに限って」と言ってますが、この子の旦那になる人は命を覚悟しないといけないかもな。
早見はそのへんの空気読めないですから矢継ぎ早に生年月日や血液型などのプロフィールを次々質問します。
オヤジが答えるはずもないですが、娘のスリーサイズ知ってる父がいたら嫌な存在だな。

そうやって問い詰めるところにハニー登場です。
探偵を気取ってるのかな?
Photo_34

源さんがサポートのために呼んだようですね。
写真を見て「カワイー!」というのは正常運転の証拠か。

その頃、気がついたユキは自分の置かれた状況を理解します。
誘拐されて嬉しいようですね。「感激ですっ」って顔をほころばせてます。

Photo_35

Photo_36

本物の誘拐犯に会えるなんてとサインをねだります。
この誘拐犯も妙なマスク被ってるんじゃねえよってやつですが。
Photo_37

ちなみに、ここまでイスに縛られながらも歩いてきてます。
手足の自由を奪わないとダメだよ、誘拐犯。

こういうのは怒鳴りつけて萎縮させるのが常套手段ですが、この誘拐犯は一味違います。
「いいだろう。だが色紙はあるのか?」と。
そういう問題ではないと思いますが、ユキは鞄の中にノートならと返します。
そうだよなあ、私も色紙にサインしたことなんか無いぞ。
ノートとかパンフレットだよなあ。

ノートは鞄の中ですから、ユキは取り出すために縄を解いてくれと頼みます。
「いいだろう」と解く誘拐犯。おかしいだろ、明らかに。

「『剣持ユキさんへ』って書いてくださいね」とちゃんとお願いするあたり、完全な世間知らずでもないのかな。
誘拐犯も律儀に書いてユキに「ありがとうございます。篠田五郎さん」とお礼を言われます。
本名書いたのか。こういうときペンネームやハンドルネーム持ってない人間は不利だな。

それに気づいた犯人は急いでマスクを外して紙を食います。
マスク外してもそんなに顔変わらんやん。
Photo_38

「犯人さんって意外とお若いんですね」と素顔も見られて本名もわかって何をしてるんだか?です。
「ぱらのいあ劇場」あたりで使われそうなネタだな。
そう言われて一瞬でもイヤイヤそんなと返すあたり全く適性というものがありません。

「お前を生かしておくわけにはいかん」とナイフを振り上げるとユキは「お助けを~」と床にくずおれた後に正座して「こんな感じでよろしいんでしょうか?犯人さん」と完全に楽しみモードです。

この犯人でなくてもふざけてんのか?と思いますが、ユキは真の天然ですから「なにぶん初めてなもので、ごめんなさい」と素直に謝ります。
Photo_39

篠田は舐められてる、と完全に脱力してます。
中途半端な人間にとってこれほど効果のある攻め方はないですからね。意図しようとしまいと。

「オレには無理だったんだ」と落ち込む篠田を励ますユキ。
「アナタは立派な誘拐犯です」と言われて嬉しいかどうかはともかく、「今とっても楽しいんですから」と前回と同じく自分中心の思考しかしてないようです。

ユキは毎日が退屈だったようですね。ある意味有閑倶楽部にも通じるものがあるか。

さて、剣持家ですが、敷地内に標識が立ってます。
形からすると県道の逆のやつで、私道の意味で使ってるんですかね。
言うなれば「剣持道4号」とか。
ハイビジョンだとちゃんと見えてるでしょうけど、「御母屋」とか「大浴場」、「正門」、「庭球場」、「射撃場」といった案内板がありますね。
Photo_40

その剣持家では五千万を用意したようです。
犯人からの連絡を待つ部屋ではハニーがレオタードでデューク更家のウォーキングしてます。
母親は元気があっていいわね、と言ってますが、父親以外誰も心配してないんでしょうか?と思ったら秘密にしてあるんですね。

篠田はオレはダメだとダウナーモードですが、ユキは貴方はやれば出来る人ですと励まします。
こういう根拠の無い励ましがどれほど相手を傷つけるかわかってないのがお嬢様だなあ。
そして、たいていの場合、「やればできる」といわれた人がやれたためしはありません。

篠田は寒さのために風邪を引きかけてますが、ユキは自分の家に来て、暖かいところで茶でも飲みながらゆっくり相談しようと持ちかけます。
それはもう誘拐ではなくなりますが、どうなんでしょう?
篠田も嬉しそうにハイとか言ってんじゃねーよ。

さすがに敷地に入れば仮にも誘拐犯が相手の家に行くのはどうかと思い出した篠田ですが、ユキは遠慮しないでと連れ込んじゃいます。
つうかセキュリティはどうなってるんだ?

父親は猟銃を持ち出して興奮してます。
こりゃ、本当にユキの彼氏になる人は命がけだな。
身代金受け渡しの時にぶっ放すつもりのようですが、早見がユキの居場所がわからなくなる、とわりと冷静なツッコミを入れますが、「死なない程度にぶっ殺してやる!」ともはや常人の精神状態ではありません。

それを壁際で盗み聞きするユキと篠田。
篠田はガクブルですがユキは呆れてます。銃を持つと人格が変わるのは通常だという認識のようです。

篠田は遺書を認めています。「オレはもう終わりだ…」と。
ユキは「おかわいそうに…」と言ってますが、そもそも遺書を書く動機になってるのはさっきの出来事だぞ。
篠田がマイナス思考のスパイラルに落ち込んでるので、ユキとしてはここで私が頑張らなければ!となるんですな。
ということでユキが誘拐犯になることを決心します。もちろん誘拐されるのはユキ自身です。

そこへお茶を持ってくるお母様。篠田はユキの友人扱いなわけですね。
そのお母様にユキは頼み事をします。

応接間では相変わらずハニーが健康運動、父親は銃を構えて襲撃訓練。
もはや誘拐はどこかへいってるような気がします。

階段からコッソリとハニーを呼び出すお母様。
ハニーとユキの初対面です。
ユキにとっては如月ハニーという名前は初めてではないのですが、ほとんど忘れてるようです。
あのときハニーとして紹介されたのはミキですから、覚えてたらアレレ?ってことになっちゃいますからね。
誘拐された当人に呼び出されて屋敷内で対面してるんだから事件解決とハニーは喜びますが、まだまだ計画は始まったばかりです。

「実は私は誘拐犯になんです」はいいとして、「本物の犯人さんはすっかりダメになってしまって…」と言ってしまうところは本当に相手のことをわかって慮ってるわけではないのが見え隠れしてますね。
篠田はすっかり遠い目で遺書を書き散らしています。

事情を察したハニーは「大変だねえユキちゃんも」とやっぱり天然です。
天然の二乗でちゃんと話が進むのか?

誘拐犯として連絡を取らないといけないですから、ユキの代わりにハニーに電話をかけてもらおうとしますが、ハニーはそれだったらお金はすぐそこだから取ってくると歩き出します。
それが一番早道だよなと思いますが、ユキは慌てて止めます。
「それでは面白くありませんわ。誘拐といえば身代金受け渡しが一番の醍醐味。そこんところをきちんと抑えておかなければ」とあくまで自分中心です。
ハニーは「そっかー。ゴメンね。余計なこと言って」と感心しています。
やはり天然同士が組むと壮絶な破壊力だ。

電話がかかってきます。
「こんにちは、ハニーで~す」って本名名乗っちゃダメだろう。
しかし「犯人ですって言ってるぞ」と空耳がうまく発動しています。
ハニーは例の調子で「お金の用意はできましたか~?」とかやってるし、今まで見た中で一番緊迫感の無い脅迫電話シーンだな。
Photo_41

ユキはこれで篠田に五千万円が渡せると喜んでますが、ハニーは何で誘拐なんてと疑問に思います。
篠田が言うには体内に爆弾が仕掛けられてるんだそうです。
こりゃあ、わかりやすい爆弾だ。明らかにパンサークローの仕業ですな。
Photo_42

今朝目が覚めると倉庫にいて黒いマスクをした男たちがいたようです。
空中にホログラムが現れ、中条が時限爆弾をセットしたと説明します。
爆弾解除のためには24時間以内に現金五千万円を用意するというのが、今回中条が作ったゲームのルールのようです。
わけがわからなくて混乱してるところに一人の男が入ってきて「五千万なんて無理だ。これで勘弁してくれ」と百万ほどを持ってきますが、「タイムアウトです」であっさり爆死します。
ということで、何が何でも五千万円なわけですな。

ハニーはパンサークローらしいと思います。そりゃ、それ以外にこんなことしそうなのいないだろ。
理由を聞いてさらに張り切るユキとハニー。つうか、そんな事情なら今すぐ五千万円渡せよ。

現金受け渡し場所は公園の野外ステージです。現場の張り込みは早見とハニーです。
すっかり日は暮れているので誰が取りに来てるのかよくわかりません。
でも、ユキがそのまんまの私服で来てるようですが。
犯人確保!と動き出した早見をハニーが抑えます。
その間に自転車の荷台にアタッシュケースを固定してユキは走り去りました。
これが受け渡しの醍醐味?

ユキはガッツポーズしてますが、固縛がゆるかったのかケースは落ちてしまいます。
ケースは土手を落ちて川へと…

帰ってきた邸内ではお金を落としたことをハニーに謝るユキ。
こうなったらもう一度…と言うのを「無理ですよ」と制する早見。
ユキの前ですからえらい真面目モードです。
事情はハニーが説明したので納得してますが、夜に短時間で五千万円用意するのは物理的に不可能です。
篠田はすさまじいマイナス思考に陥ってるけども、これだけマイナス思考だと反対に周りが放っておかないのね。
特に早見はこれがパンサークローの賭けゲームだとわかってるので、余計に励まします。

ユキは天然の超プラス思考ですから、今からお金を稼ごうという結論に達します。
銀行強盗、宝石強盗、いくらでも方法はある!って強盗だけかい!
すっかり自分の考えに酔ってますが、篠田の心配は微塵もしてないようですね。

まずは宝石強盗をしてみますが、元来体術の達人でもないユキはラぺリングもままならずに警報装置にひっかかります。

次は銀行強盗です。
なんか「○○やってみよう!」みたいになってきました。
Photo_43

銀行の玄関でこんな格好してるのも凄いけども、ユキがパンストを被ろうとしてモタモタしてしまい、猟銃を暴発させます。
当然注目の的ですな。ここまで注目されないのがよくわからんが。

次は現金強奪です。ユキが持ってる催涙ガスで襲撃のようです。
Photo_44

「今からここを、現金輸送車が通ります」ってハニーが囁き声でいちいち説明するのってバラエティ番組の手法をそのまま演出に取り入れてるんだな。
でも、装填をユキにやらせたのでうまくいかずに落としてしまって自分で催涙ガス食らってます。

自分のドジのせいで…とユキは謝りますが、ハニーはユキちゃん頑張った!とフォローします。
篠田が「もういいよ。気持ちだけで十分。ありがとね」とお礼を言ってます。
刻限は24時間以内ってことだったのに、次の日になってます。朝というのは11時ぐらいのことだったのか?
この時間帯なら普通に五千万円用意できるのでは?

早見が何か一計を案じたようです。
パンサークローのところに篠田が五千万円用意したと赴きました。
この篠田が初めての達成者ということのようです。
ケースの中身をパンサークローが確認しようとしたときにハニーがバイクで乱入してきました。
ケースを奪って「五千万円頂きま~す」と逃げました。
ああ、なるほど。そういうシナリオでいくのか。

入ってきたのがハニーですから中条は当然追え!と命じますが、ユキが入ってきて五千万円は渡した。盗まれたのはそっちの責任だから爆弾を解除しろとお願いします。
中条はしぶしぶ解除に同意します。

何かスイッチを押したと思ったら篠田が苦しみ始めました。
さては解除なぞ最初からする気が無かったのか?と思ったら埋め込まれた爆弾が飛び出して空中で爆発しました。
えらい解除もあったもんだ。
Photo_45

ハニーとパンサークローはカーチェイスです。
どっかのすさまじく広い駐車場ですね。ハリウッド映画みたいに街中でやるわけにはいかんか。

中条が投げたナイフでバランスを崩しケースが開いて中身が散乱します。
中身は当然新聞紙です。
中条は怒りますが、ハニーとしては人の命をオモチャにするのは許せないわけです。
ハニーフラッシュして相手の車に飛び移り、大立ち回りです。
このへんは明らかに車は停まってるけど仕方ないなあ。
一応パンサークローが車から落ちるシーンはカットを変えて走る車からです。
ハニーは飛ばされたものの、走ってるバイクに飛び移って戦闘再開です。
CGですが、どうしてそういう場合は不自然に感じるんでしょう?

相手もバイクを用意して襲撃しますが、ハニーにキーを抜かれて戦線脱落です。
犯罪組織なら専用のバイクを用意しろよと思いますが。
Photo_46

中条が車の上に出てハニーと正面対決です。
中条は体に付いた多数のナイフを飛ばしますが、ハニーはサーベルで弾き飛ばします。
ハニーフラシュで車を消滅させてしまったので中条も手下も転がります。
この演出は新しいな。

初めて中条に勝ちましたな。ハニーも御満悦です。
Photo_47

中条は子供モードなので、「お姉ちゃんのば~か。お姉ちゃんなんて大嫌いだ」と泣きながら去ります。
ハニーもこれでは消化不良というか後味悪いです。

篠田はユキにお礼の手紙を書いて引越し業者として汗を流して働いているようです。
手紙では心を入れ替えて働き出したみたいなことになってますが、別に今まで働いてなかったわけでもあるまい?
それを影から見ながら「良かったですね、犯人さん」と自己完結して笑顔のユキですが、やはりユキはあくまでも我が道を往く天然さんなのでしょうか。
Photo_48

次回はユキと早見のデートを成功させようとハニーが頑張る話なのかな?
さらにユキがハニーフラッシュするようです。

ところで、中条役の村上幸平って凄いですね。
通常モードと子供モードと極悪モードを吹き替えなし?でやるんですから。

村上幸平(Wikipedia)


関連?商品----------

|

« 【テレビ】今シーズンアニメとドラマ | トップページ | 【音楽】流行語大賞トップ10入り記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89598/17293692

この記事へのトラックバック一覧です: 【特撮】ハニー第9話 お嬢様やりたい放題:

» 安い引越し運送-ジェイ・サポート [ジェイ・サポート]
東京・足立区の安い引越し運送、軽貨物から航空輸送まで承ります。株式会社ジェイ・サポート [続きを読む]

受信: 2007年12月 7日 (金曜日) 13:52

« 【テレビ】今シーズンアニメとドラマ | トップページ | 【音楽】流行語大賞トップ10入り記念 »