« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »

2007年7月1日 - 2007年7月7日

2007年7月 7日 (土曜日)

【ゲーム】「Xbox360」に不具合、保証期間延長し無償修理へ

「Xbox360」に不具合、保証期間延長し無償修理へ

マザーボード交換みたいな重篤な故障の場合の修理が無償扱いになたっというわけだが…

ウチではまだまだ壊れてません。
クーラーの無いテレビ台の中に入れて、ディスク取り出すときはかなり熱く(もはや暑いというレベルではない)なってるが、別段熱暴走も起こってない。
フレンドの人ならある程度わかってると思うが、多いときは一回に8時間ぐらい点けっぱなしだ。

まあ、言われるほど故障率は高くないと思うけども、機になる人は修理に出してみては?
なんか取って付けたようなヒートシンク付くらしいし。

1400億ってのは出荷台数×10000円という概算のような気もするけど、抜本的対策は取るのかしら?

カナダだったかのおもちゃ屋のレポートでは故障率33%とあったが、なんぼなんでも入荷分の1/3が故障ってありえんだろ。
サポート電話に相談が来た件数なんかで出してるようだから、フリーズなんかも含まれてる気がする。
フリーズだったら1回だけあったけどな。

まあ、壊れても安心という意味で捉えたらいいんだけど、どうもXbox360オワタって人は例によって買ってもいない人が多いような気もする。
ファミコンの頃が良かったとか、グラフィック良くないほうが想像力がとか言う人は、本当に今、ファミコンソフトで熱狂でるのか(一部じゃなくて大多数のゲーム)やってみたらいい。

当たり前だけど、ファミコンでもスーファミでもいいけど、そういうハードで出た素晴らしいゲーム性のソフトが超絶グラフィックと快適な操作性でプレイできるほうがいいに決まってるのだ。
どう考えても昔より今のほうがゲームのレベルは上がってるしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木曜日)

【ゲーム】どきどき魔女神判!

どきどき魔女神判!」というゲームがあります。


前は「どきどき魔女裁判!」でしたけど、さすがにその名前は不味かったのでしょう。

去年の東京ゲームショウだったかで出てきたと思いますが、ちょっと任天堂ハードではありえないような内容だったので予約しました。

そのゲーム屋が3月末で廃業し、予約も無効になったわなと思い、このゲームのことも忘れてた頃、電話がかかってきました。

「『どきどき魔女神判!』入荷しました」

何をどうやったかは知りませんが、注文かけてくれてたようです。
少し安く手に入ったことだし、いいか。

91010001

女の子が魔女かどうかを判断するために体のあちこちを「タッチ」するという、まさにDSならではの「Touch! Generations」です。
DS出たときに誰もが思ったことをここまでストレートにやって、しかも任天堂の許しが出たところが素晴らしいと思います。
さすがに「15才以上対象」ですが、アイコンの形は昔懐かしのパソコンアダルトゲームそのまんまですからたいしたものです。
パソコン(FM TOWNS)を「同級生」と「ドラゴンナイト4」をするために買ったのを思い出しました。


91010002

特典らしい、お守り型クリーナーです。
お守りの裏の素材がクリーナー用の布になっています。

Img022

そのお守りに入っていた注意書き。

「まいどっ!
 あなたはどき魔女!を買った
 悪い人ですね。(たぶん)」

と書いてあります。こんなもん買うやつに根っからいいやつはいないだろう(笑)

「中にはまほの秘密写真が…」

という、秘密写真はまさにこのゲームを買う層ならピッタリなんじゃないですか?

まだ開封してませんが、ドリキャスからさらに遡ってセガサターンで出てたゲームを思い出しました。
あの頃の「18歳以上推奨」ってモロの絵でなければ何でもアリになっていて、絵さえなければSEXシーンもOKだったので、声をAV女優があてるというものさえありましたからな。

こういうゲームが出せるほど懐が広いことはいいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »