« 【イカロス出版】玉と石とどっちが多いんだろう? | トップページ | 【航空機】中国はバーチャル世界へ »

2008年3月28日 (金曜日)

【特撮】ハニー第24話 魔王降臨

さて、前回ハニーは捨てられ、ユキが完全体として目覚めました。

ユキを見て感激してる田中夫妻ですが、「人形遊び」という言葉が非常に似合います。
ユキは完全に田中の言うことしか聞かなくなってるし。

中条ヒカルの手下が来てましたが、「やれ」の一言で、ユキは文字通りすっ飛んで行って一瞬で倒してしまいました。
ほとんど瞬間移動並のスピードです。
それを見て大はしゃぎの田中夫妻。あとでしっぺ返しがないといいですけど。

ヒカルはアヒルちゃんスポンジで必死に体を洗ってます。
前回の魚介責めで磯臭い臭いが染み付いてしまったので。

突然壁にモニターが現れて手下の報告が入りますが、驚いて浴槽に飛び込む辺りは乙女。
ユキが手におえないって報告でしたが、報告した手下もすぐにユキに投げ飛ばされます。
最後にカメラを壊されたところは怪獣映画のノリですか。

早見のところに夏子が来ます。
ずっとハニーが帰ってこないから探してもらおうとしたのですが、早見は目を開けたまま寝ています。
そんな状態でハニーはどこだ?とか寝言を言ってるのだから、相当な心労があるのでしょう。栄養ドリンク飲もうと持ったまま寝たみたいだし。
そんな状態の早見に無理やり持ってる栄養ドリンクを飲ませる夏子。ある意味鬼です。
効果はてきめん、ハニーはどこだ!と走り出していきました。

ミキはハニーを抱えて野原を歩いています。
それが重くて苦しいと感じるほどミキは悪くなってます。そりゃ、前回腹に攻撃食らってるしな。
連れて行った先は烏川の蛤学園です。本当に頼りにされてるな、烏川。
もちろん、烏川はミキが来た目的はわかってます。
ミキは、自分の体を使ってハニーを生き返らせるのが望みです。
が、それは烏川に断られました。「愛はいつか終わる。お前への愛は終わった」と。
意外とアッサリしてんのな。あんだけ攻めて受け入れられなければ当然かもしれんが。
ミキは土下座までしてますが、それで烏川の気持ちが変わるとは思えないな。

場所は変わって「田中鮮魚店 中央養魚場」です。こんなものを持ってたのか。
Photo_161

地下がアジトになっていて、そこでユキのパンサークローへの参入の儀式が始まりました。
何故か田中夫妻は着物に紋付袴の喪服、ユキも黒い喪服です。
Photo_162

三方にパンサークローのマスクをを乗せて「汝はパンサークローにその身を捧げ、変わらぬ愛と忠誠を誓うか」と訊ねるのは和洋折衷というかチャンポンという感じです。

烏川は、腹を撫でながら「今や私の中には、お前への憎しみしかない」と告げます。
「望みをかなえてほしいなら、お前の全てを私にささげろ」ときました。妥当なところではあります。一度は殺しかけたんだし。

ミキは面を上げ、「好きにしろ」と一言。
烏川に顎をつままれ、上から崩れた生卵がベタベタと。いつでもどこでも卵の用意は忘れない烏川です。
Photo_163

そのまま烏川がキスをしようとしても無抵抗です。
突然ミキの顔を振り払って「バカな女」と呟きました。私もこれでは烏川が興味を失うと思います。
が、烏川は「ついてこい」と歩き出しました。何となく呆れに近い感情があるように思います。
で、さっきから柱の影で早見が見ているわけですが、警備とかどうなってるんでしょう?

ユキは参入の儀式の途中で、まだ誓いの言葉を発しません。
早く誓えと急かす田中弘美ですが、「ちょっと待ってちょうだい」とネットリした声が。
ヒカルです。「ちょっとまったコ~ル!」ってわかるのどれくらいの年齢の人だろう?
扉が開いて入ってきたのは渡でした。中条に改造されてからいいように使われてます。
渡ロイドと名付けましょう。

渡ロイドや手下と戦うのは、たすきがけした田中作之助です。
棒術で次々手下を打ちのめしますが、その棒は太刀魚か?
渡ロイドも体から棒を出していました。全身に武器が隠れてるみたいだしな。
激しく打ち合いますが、渡ロイドのほうが一枚上手でした。
作之助を打ち倒し、ユキに攻めかかかる渡ロイド。
しかし、ユキは渡ロイドのほうを見ることもなく殴り倒し、腕を取り、顔を蹴り飛ばします。
渡ロイドはハニーより弱くなってるし当然か。

それを見て安心した弘美は「改めて忠誠を誓うのよ」とマスクを突きつけますが、ユキははたき落として踏みつけます。
慌てる弘美を蹴り飛ばすユキ。意思を持っている?

ユキ「お遊びはここまでよ。私は誓う。お前たち全てを倒し、私がこの世界を支配すると」
Photo_164

魔王の誕生です。だから言わんこっちゃない。
自分が一番大事なユキがそうそう自由意思を失うはずが無い。
ハニーフラッシュしたユキは田中夫妻を追い詰めます。
弘美の言葉から、ユキの体内に制御装置が埋め込まれていることはわかりますが、ユキの自分大事を見誤ったようです。
弘美が帯からネックレスを取り出し、それを使ってバックアップを起動させるように作之助に言いました。

歩み寄るユキを取り囲んだのはヒカルの手下&渡ロイドです。
ヒカルは「田中鮮魚店 中央養魚場」の二階から顔を出しました。そこまで潜入はしてたんだ。
「私の空中元素固定装置、返してちょうだい!」とヒステリックに叫ぶヒカルを鼻で笑うユキ。
こういうサディストの表情が似合うな。やはり天然の顔は仮の顔か。
Photo_165

手下が前後から襲ってもパンチと後ろ蹴りで撃退し、渡ロイドの足技もかわすユキに勝つ方法などあるのでしょうか?
一応は田中夫妻もたすきがけとエプロン(四次元ポケット付き)を用意してますが。

その頃、烏川の地下実験室で手術が始まりました。
外で騒ぎが起こったと思ったら早見が暴れてます。ほとんど一方的に殴られてますが、辛うじてミキに何をするつもりなのか問いただします。
そんなもん聞かんでもわかるだろうに。

追い出そうと手下に命じた烏川を、「待て」と止めるミキ。
いったん起き上がって想いを言葉にします。「これから、私の体を使ってハニーを生き返らせる」と。
早見は何を言ってるのか理解したくないようです。
「どうせ私は長くない。それにこれは、ハニーのためじゃない。私のためにすることだ」という言葉にも耳を傾けようとはしません。
「ダメだよ。ミキさんが死ぬなんて」ってミキは何もしなくても、もうすぐ死ぬんだが。
聞きたくないからって「聞こえな~い」をやってると、大事な場面に居合わせることができなくて後悔することになるぞ。

「違う。私は生きるんだ。私にも、ハニーのような時があった。ただ生きているだけで全てが輝いて見える。そんなときが」

という言葉をしっかり胸に刻み込んで送り出してやれ!早見。
「わかるか。私はハニーの中で生きるんだ」と呟くミキ。
「早見。最期の頼みだ。ハニーに伝えてくれ。ユキを救ってやってくれと」これがミキの遺言です。
ハニーもミキも自分より相手のことを思いやる心を持っていました。ユキに通じるときがくるでしょうか?

暴れかけた早見は手下に殴られて気絶、外に運び出されました。
ちゃんと言われたこと覚えてるだろうな?

「始めてくれ」とベッドに横たわったミキは、用意を始めた烏川の手を取りました。
最期の最後に愛に報いようとしたのでしょうか。
「烏川真由美、ありがとう」と。
ここまでのシーン、一瞬も見逃せない名場面です。

ユキはヒカルの手下と戦ってます。
渡ロイドは手に爪を装着しました。ほんとにいろんな武具持ってるな。
もちろんそんなものは軽く跳ね返され、空中から一瞬で取り出したユキの武器で吹っ飛ばされます。
空中元素固定装置の性能もタダゴトでないほどアップしてます。

転げ落ちた渡ロイドの顔に武器を押し付けると、その部分が焼け爛れました。
弱い渡って見たくないんだけどな。
苦悶の表情で痙攣した後、またしても壊れて動かなくなりました。
それを見たヒカルは激昂してハニーフラッシュします。どれくらいもつかな?

ミキからハニーへの移植手術は続いてます。
これって不完全な装置からの移植だし、ハニーの命も一時のものになるんじゃないの?
処置の様子を見守る烏川がいきなり腹を押さえます。やはり前回のミキの一撃は致命傷に近かったようです。

ヒカルとユキの戦闘は一方的です。もちろんユキ側に。
ユキは、ヒカルがどんなに攻めても受け止め、どんどん攻撃を当てていきます。
格闘ゲームでいうところのエアリアルレイブだって決めるし、もう無敵ですよ。
浮く武器に乗って「弱い。変わったのは見た目だけですわね」と嘲笑うユキ。
武器が浮くようになったから、それを使って空中コンボもできるようになってるのか。

興奮したヒカルが両手パンチを繰り出しますが、あっさり武器で受け止め、ヒカルの両手を拘束、宙吊りにしてサンドバック状態です。

新たな武器を出現させ「痛いですか?よろしいですか?」と笑う姿はまさにドS。

回転する武具を中に浮かせたまま、後ろに回りこんで「それじゃあ、終わりにしましょうね」とあくまで口調は爽やかなユキ。

「ハニーフラッシュ」と呟くと、武器がヒカルの腹を貫通し、ヒカルの全人格が飛び出しました。一応中には入ってたのか。
Photo_166

「死にたくない」と地面を這いずるヒカル。その手が渡ロイドの足に触れたとき、渡ロイドの足からブレードが出てヒカルの手を切りました。そういやそんな機能持ってたな。
英語の悪態も復活し、昔の渡に戻ったようです。
ヒカルは容赦なく蹴り飛ばされ、気を失いました。
渡ロイドはそのまま憤怒の表情でユキに歩み寄りますが、数歩で倒れて機能を停止してしまいました。
それを見て「ミジメね~。不完全なアンドロイドは」と笑うユキ。
自分がその苦境から脱出すれば、相手の境遇に共感することなく侮蔑するタイプですか。
「ああ、無情」のジャベールが似てるのかな。

この瞬間がチャンスだと、作之助は弘美ランチャーで飛び出し、ユキの首に制御装置であるネックレスをかけました。
ネックレスは空中元素固定装置と融合しました。どうやらうまくいったようです。
ユキは膝をついたまま動かなくなりました。田中夫妻はうまく使えますかね?

ハニーは一面のコスモスの中で目覚めます。これも正月の予言の中にあったイメージか。
「気がついたか」と声をかけたのはすぐそばに居た早見。
ハニーは自分が生きている理由がよくわかってません。そりゃ、一度は死んだんだしな。
「ユキちゃんは?ミキちゃんは?」というハニーの問いに目をそらして沈黙する早見。
言うのは勇気がいることだろうけど、ミキと約束したよな、早見。

早見が何か言おうとしたとき、ハニーは空中元素固定装置にミキを感じました。
その理由がわからずパニックになるハニーと、それを見ていられない早見。
ハニーは自分が生きている理由、ミキを装置に感じる理由に到達したようです。
半狂乱でミキを呼び、捜し求めるハニーを早見が必死で取り押さえようとします。

湖に浮かんだボートに座る烏川と横たわるミキ。烏川は初めて望むものを手に入れたのかも。
烏川の戦いはここで終わるのでしょうか。
Photo_167

「お前に謝らなきゃいけないことがある。一度だけ嘘をついた。もう愛してないと。だが、お前への愛はけして変わらない。永遠に」と死人に口付けし、頭を抱きしめる烏川。
ようやく得た愛がこんな悲しい形なのは切なすぎます。
今の烏川の涙は一番純粋な涙ではないでしょうか。
今回のエピソードで烏川が一気に好きになったわ。

生まれた家で泣き崩れるハニー。
「どうして私なんて作ったの?私のせいで、大切な友達が死んじゃったんだよ!」と。
そこにパンサークローを引き連れて現れるユキ。
ユキがハニーフラッシュすると、その光はハニーのものであるピンク色でした。
それが意味することをハニーは知っているはずです。
額の装置は予想外にしてもな。
Photo_168


関連?商品----------

|

« 【イカロス出版】玉と石とどっちが多いんだろう? | トップページ | 【航空機】中国はバーチャル世界へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89598/40668092

この記事へのトラックバック一覧です: 【特撮】ハニー第24話 魔王降臨:

« 【イカロス出版】玉と石とどっちが多いんだろう? | トップページ | 【航空機】中国はバーチャル世界へ »