« 【EDF2】自爆しまくりやりたい放題 | トップページ | 【ストウィ】第8話 いつかいっしょに見たあの灯 »

2008年8月23日 (土曜日)

【Luxor2】ステージ4の最後まで

再生数からしても需要無さそうな「Luxor2」のプレイ動画ですが、ステージ4の終わりまで上げました。

使った曲は順番に

「バトル野郎~100万人の兄貴~」筋肉少女帯
「陽のあたる坂道で -remix version-」東京少年
「夢へのポジション」宮前真樹
「BORO BORO」吉田栄作
「Dream City Neo Tokio」HARRY
「私の太陽」KOKIA
「星の手紙」HUMMING BIRD
「ヤットデタマンの歌」トッシュ
「カッコマン・ブギ」PUFFY
「誰のためでもないと言えるか?」錦織一清

古いとか言わないで(笑)
「バトル野郎~」はSFCのスト2のCMで使われてたと思うので、知ってる人もいるか。
「陽のあたる~」は最後に出たベスト版のアレンジ。
「夢への~」はCOCOの宮前真樹が何故かスト2のチュンリーの曲でボーカル曲を出してたもの。
「ネオトキオ」はウラシマンのED。
「誰のためでも~」は飢狼伝説のテリーを少年隊の錦織がやっていて、劇場版の主題歌を出しました。それのカップリング。
映画館に見に行ったな(笑)

曲のネタも尽きてきましたが、既にラストステージまで動画は作ってあるので大丈夫です。
エンコードは一晩一個の割合でするしかないけど(笑)

----------
「恋空」はやっぱり凄かった。
妊娠して、産みたいというのに反対する両親。これは当たり前。
でも、おろさずに認めてくれるのを待つという戦法。
こんなもん卑怯としか言いようがない。
で、学校では友達にもバレてて「認めてもらえるといいね」とか言われてるフリーダムぶり。
なんで退学とかならんのだろう?
お腹に子供がいるわりには無頓着すぎてクリスマス(妊娠4ヶ月?)に外で待ち合わせしたりするので必要なとき以外は四次元ポケットに入ってるに違いありません。
終業式前にヒロの元カノが思い出したように襲ってきて、そのときこかされたのが原因でクリスマスイブに流産するのですが、今まで何してたんだろう?
恐らく、必要になるときまで薬で眠らされて倉庫に保管されてたに違いありません。
この後も出てこないし。
ヒロはミカのために高校を辞めて働くというのですが、見つけてきた仕事が「月給17万5千」です。
東証一部上場企業の平均で、大卒が20万4333円、短大卒で17万2907円だそうです。
ヒロはもちろん中卒です。成績もいいとは思えません。
それが短大卒(しかも一部上場企業だから普通はもっと下)よりいいってんだからどこに就職したのか気になります。
私がここだと思ってるのは、街金なり闇金なりの取立て屋です。
結局クリスマスに流産して結婚の話もお流れになり、ヒロは学校に戻っているので何の仕事なのかわかりません。
退学届けとか無かったことにしてくれたのか。
仕事納め直前に一月から働くことになってたのを取り消された会社も大変だな。
ミカはヒロの目の前で腹痛を起こして、病院で母親から胎児が死んでたと知らされるのですが、何故かヒロがいません。
ミカたち家族が病院から出てくると走ってくるヒロの姿が。
なんで?と思ったのですが、安産祈願のお守りを買ってお祈りしてたのだそうです。
倒れた彼女を病院に運び込んだ後ダッシュで神社に走って祈る彼氏って何のギャグですか。
こんな性格では死に目には会えませんな。
ところで、病院から出た後、お父さんはヒロにミカを託します。
ちょっと考えて欲しいんですが、ミカは妊娠3~4ヶ月のはずです。
この頃の流産はそれ以前の中絶とは違うのだから、数日の入院が必要だと思うのですが。
いよいよ両親からも見放されてきたのかもしれません。

やっぱりこのドラマすげえよ。
なんか確信犯でやってる気がしてきたけども(笑)


関連?商品----------

|

« 【EDF2】自爆しまくりやりたい放題 | トップページ | 【ストウィ】第8話 いつかいっしょに見たあの灯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89598/42252067

この記事へのトラックバック一覧です: 【Luxor2】ステージ4の最後まで:

» 妊娠 [妊娠]
妊娠届は、母体やこれから生まれてくる赤ちゃんの健康を保護し、赤ちゃんが無事生まれてこられるようにするものです。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月曜日) 12:51

« 【EDF2】自爆しまくりやりたい放題 | トップページ | 【ストウィ】第8話 いつかいっしょに見たあの灯 »