« 【恋空】ついに次回最終回&スパム | トップページ | 09月10日のココロ日記(BlogPet) »

2008年9月 8日 (月曜日)

【ストウィ】第10話 私に見えるもの。貴方に見えるもの。

【注意】
キャプチャ画像や動画をDVDから取り直しました。
基本的には差し替えですが、霧が晴れたりフィルターが進化していたりした場合は整合性を取るために並立で置いておきます。
==========


意識不明の坂本少佐に芳佳が治癒魔法をかけています。
が、無駄に気合を入れてるだけであまり効果は無い様子。
Coco

第1回のみっちゃんのときと同じです。
本当に芳佳は学習しない。すぐに感情で我を忘れます。
結局医師と看護婦に運ばれていきました。

力尽きて倒れた芳佳をリーネが看病しています。
健気だなあ。芳佳はいろんなおっぱいに目移りしまくりだったろうに。
目が覚めた芳佳はリーネに坂本の容態を聞きますが、すぐに答えられるリーネではありません。

坂本は一命は取り留めたものの、予断を許さない状況。
その坂本のベッドにはペリーヌが付き添っています。
1944年なのに、この世界にはベッドサイドモニタがあるんですね。
Photo

坂本少佐の髪がそのまま流れてますが、新鮮だな。風呂でさえ髪はまとめられてたからな。
その病室に来た芳佳の横っ面をペリーヌがはたきました。
「あなたのせいよ」と。
もともとはペリーヌが決闘とかいう言葉にかこつけて連れ出した事はどう考えてるんでしょう?
「今までのうのうと寝ていたんでしょ」とも言ってるから正常な判断が全くできていないんだとは思いますが。
芳佳を擁護するリーネに「貴方は黙りなさい」と断ずるペリーヌ。
それに対して「黙りません!芳佳ちゃんは全力で治療していたんです!」と一歩も引かないリーネ。男前過ぎる。
Coco_2

その喧騒を無視して坂本に駆け寄り治癒魔法を施す芳佳。
やっぱりがむしゃらなだけなんでほとんど意味ないですけど。

食堂ではシャーリーとフランチェスカ、エイラとサーニャという2ペアが坂本の身を案じています。
今は待つしかないからこれを食えとシャーリーが出したのは「SPEM」
今日の食事当番はシャーリーか。
フランチェスカは「またこれぇ?」と嫌な顔をしますが、「贅沢言うな」とシャーリー。
スパムが不味いとは思いませんが、私が食べたことあるのは60%減塩のやつです。
あれならそのままでも食えますが、オリジナルをそのまま食うのは拷問では?
普通はピラフだとかの材料として使います。

サーニャは芳佳の命令違反を気にしてますが、どうもこの後のみんなの反応見るとそんなに気にすることか?と思いました。
エイラはタロットで芳佳を占ってたのですが、出たカードは「死神」です。
エイラのタロットは当たる、と私は思ってるのでこれが何を暗示するのか…私の見解は最後のほうで。

「独断専行、命令違反。その結果上官を負傷させてしかも敵を取り逃がすとは重罪だな」とサラっと言っちゃうバルクホルン。
「え?もしかして軍法会議でバァーン?」とハルトマンがおどけて言うと、「そこまでは言ってない」とバルクホルンが返しました。
それに対してハルトマンが「そうだよね。だったら私なんて何回も死んでるよねー」とふさけると、ミーナがハっとした表情で「判断は、坂本少佐が目覚めてからにします」と保留の態度を示しました。
つまりはバルクホルンとハルトマンが共謀して軍法会議を回避させたわけか。
ミーナの判断こそ独断専行なんだけど、これがまかり通るのがウィッチーズならマロリーが潰したがるのもわかるし不満を持つものが多いのもわかります。
もうバルクホルンの「甘いぞ、ミーナ」というのもアリバイ作りに見えるし、その後のミーナの憂いの表情が「してやったり」に見えてしまう私は末期だ(笑)

坂本の病室では未だ芳佳が治癒魔法をかけていますが、坂本の容態は急変して苦しんでいます。
その様子に「こんなとき、お母さんお婆ちゃんがいてくれたら」と泣き言を言う芳佳。
この前はミーナ株が暴落でしたが、これは芳佳株暴落への道なのか?
私は芳佳ってもともとこんな子だと思ってるから想定内ですが。
気落ちして魔法を止めてしまった芳佳に「貴方にしかできないの」と活を入れるペリーヌ。
その言葉で目が覚める芳佳。
今度は集中して魔法を放出、坂本の様態は安定しました。
「もう大丈夫です。この子の魔法のおかげですよ」と言う医師は、葛藤とか抱かないんですかね?
もちろん芳佳の魔法だけではなくその後に適切な治療があったわけですが、どうやったって医療は魔法には勝てないわけで、赤城艦上のときのように負傷したばっかりのときはまず止血という医療行為のほうが重要だけども、その後の治癒に関しては専門知識を持つわけではないウィッチのほうが無敵です。
よくこんな世界で医療技術が発達したなと思いますが、ウィッチの絶対数が少ないからでしょうね。

坂本が意識を回復しましたが、右目は魔眼ではなく普通の目になってます。
史実のように右目の視力を失ったってことでしょうか。
ただ、次回予告では魔眼を使ってると思しき描写があるので魔眼と普通の目は使い分けできるのかもしれません。
Photo_2

坂本のまっすぐな目を見て「それでも、飛ぶのね」と呟くミーナ。
坂本も目で肯定します。
ちょっとだけ「紫電改のタカ」を思い出しました。
坂本も気持ちはわかるけど、ワガママを通せば通すだけ目的からは遠ざかるような気がします。
何があってもブレないのは坂本らしいですが。

夜が明けて目覚めた芳佳は、坂本がおきてるのを目にします。
喜びで思わず大声を上げようとした芳佳を制した坂本が指差したのは肩を寄せ合って寝ているペリーヌとリーネ。
お互い想う相手は違えども、二人の世界に入れないのでこうなってるのでしょうか?(笑)
Photo_3

坂本は芳佳に「何故撃たなかった?」と静かに聞きます。
撃てなかったと言う芳佳に人型だったのはお前を誘い込む罠だと断じる坂本。
それに対して何かを感じたと言い訳する芳佳。
しかし、坂本は「ネウロイは、だ」と断言しました。
お約束からすると芳佳のほうが正しくなるかもしれんが、ここはそうなってほしくないな。

芳佳はミーナの執務室で処分通達を受けます。
「貴方は軍法会議の開催を望みますか?」というミーナの問いに芳佳は口ごもるばかり。
ミーナはお構い無しに「返答が無いので軍法会議の開催は望まないと判断しました」と結論を出しました。
あまりにも強引すぎる(笑)
処分は10日間の自室禁錮です。
「異議は?」と聞くミーナにネウロイとの接触の話をしようとする芳佳。
ミーナはそれを聞こうともしませんが、当たり前でしょう。
真剣に聞いたとすれば同席しているバルクホルンやハルトマンにどんな影響与えるかもわからんし。

外で待っていたリーネが芳佳に坂本少佐の回復を伝えますが、芳佳は上の空。
Coco_3

そんな芳佳を「ん?」と上目遣いで覗き込むリーネ。
なんて可愛い奥さん(違)だ。
あのさえなければランク上昇なのに。
Photo_4

唐突にリーネは芳佳を風呂に連れて行きました。
風呂にはシャーリーやバルクホルンたちも入っています。
坂本と付き添いのペリーヌ、ミーナを除くオールスターなので、これは芳佳のための風呂なのでしょう。
そしてここでも犬掻きで泳ぐハルトマン。

しかし、湯気が濃い。
本当に「湯気が7割、他が3割」って感じで何も見えません。
D(DVD)-Dayにならないと霧は晴れないのだろうなあ。
Photo_5

【注記】ものの見事に晴れよりました。

シャーリーは自室禁錮が今まで4回、ハルトマンが6回だそうです。
Photo_6

ウィッチーズは無法者集団か。
ハルトマンはわからんでもないが、シャーリーもこの前の音速突破みたいに聞こえないフリいっぱいやらかしてるんでしょう。
恐らくはあのときも何らかの処分を受けたと思われます。
芳佳を元気付けるために「みんなやってるよ」ということなんでしょうが、これがまかり通るところにこの部隊の問題があると思いました。
結局芳佳を矯正してくれる人はいないわけで、こんな環境では芳佳が全く成長しないのもわかる気がします。

みんなが笑って和やかにしようとしてるのに「みんな聞いて!」と空気を読まない芳佳。
「今回のネウロイは、他と違います!」と反論した芳佳に「お前は、違いがわかるほど戦ったのか!?」とバルクホルン。
Coco_4

カールスラントは蹂躙されて、それを目の前で見てきてるからなあ。
どう考えても芳佳の分が悪い。
その凍った場を崩したのはハルトマン。
やはりただのフリーダムではない。

人型ネウロイの噂は今までにもあり、カウハバ基地での戦闘で報告例があります(小説版)
ただ、それはここでは噂でしかありません。
それをエイラが言うのはカウハバ基地が地元のスオムスだってことで、ハルトマンが知ってるのは双子の妹がそこにいるからでしょうか。
それはあくまで噂ですが、サーニャたちは歌うネウロイに遭遇しています。
「それが罠だったじゃないかぁ」とエイラが言っちゃったので、サーニャのフォローは芳佳を叩きのめす結果に。
しかし、サーニャの頭を洗ってやるエイラって狙いすぎだろう(笑)

Coco_5

Photo_7






どうにも動けなくなった芳佳を解凍したのはフランチェスカの尻揉み。
Coco_6

湯気で真っ白ですが、何とか湯気を見通そうとした幾多の紳士がいて、ますますDVDに期待がかかる結果のようです。
さらに胸を揉まれる芳佳を見て「少しは育ったか?」と言うエイラ。
それを聞いて、さらにエイラの胸と見比べて「無い…」と呟くサーニャが可愛すぎる。

フランチェスカが「やっぱものたんな~い」と言ったらあからさまに芳佳が安心しました。
揉むのは好きだが揉まれるのは嫌いか。
いや、実際には揉んだことがない(坂本のは事故)だからヘタレなんだが。
そんなフランチェスカが目をつけたのはリーネの胸。
Incoco

フランチェスカの目が猫の目に変化、リーネに襲いかかりました。
Photo_8

でも、結局は「やっぱりこれだよね~」とシャーリーの胸に帰ってきます。
シャーリーもまんざらではない様子で、やはり正妻のものが一番ってことでしょうか。
Coco_7

しかし、こういうぼやけた場面では色滲みが凄いなあ。
他のキャプチャ画像もそれなりに描き込んで修正してますが、これは無理。
CRTのコーティングも剥げ剥げで見づらいし(笑)
そしてこの作業のためにボールマウスだったりする。

【注記】当時はアナログ放送で、色滲みやゴーストを描くことで修正してました。
そして、現在ボールマウスは壊れてレーザーマウスが我が家に居ます。

閑話休題
病室ではペリーヌが坂本に芳佳がどれだけ酷いのかを説いています。
かなり激昂してるんですが、決闘に連れ出したという自分の失敗を糊塗してるようにしか見えないのが痛いなあ。
Coco_8

だからこそ坂本が「看病してくれて感謝する」と話題をそらして頭をなでるという行為が聞き分けのない子供をとりあえず宥めるものに見えてしまって…
ウィッチーズで「大人」なのは二十歳の坂本だけかよ!というツッコミが入りそうです。
Coco_9

風呂の後に自室禁錮になった芳佳ですが、「やっぱり確かめたい」と脱走してしまいます。
誰でもいいから規律というやつを教えてやれ。
格納庫を歩く芳佳をリーネが呼び止めます。
出て行くのを止めるのかと思いきや、「私も一緒に行く!」ですよ。
本当にどこまで男前なんだか。
なのに、「私一人でやるって決めたの」とリーネの同行を許さない芳佳。
許しちゃうと展開上不味いんだろうけど、どうせなら巻き込めないとか理由付ければいいのに。
そんな別にリーネのことを微塵も心配していない言葉を投げつけられても「ずっと待ってるからね」と抱擁するリーネ。
今まであんまり目立たなかったリーネ株が急上昇か?
Coco_10

芳佳の脱走はすぐにミーナの知るところとなり、ウィッチの緊急招集となりました。
「これが司令部に知れたらやっかいだわ」というミーナの言葉が既に軍隊ではないだろうというか旧帝国陸軍の悪いところみたいな…
しかし、すぐに電話がかかってきて司令部から芳佳の撃墜命令が出ます。
リーネがこの電話を予期してるような描写だからリーネスパイ説が出るわけですか。
ブリタニア出身は他には居ないからなあ。
男は山ほどいるけど。

ブリーフィングも終わり各自解散のときにミーナはリーネに基地待機を命じます。
これにも何か深い意味があるのかな。
ミーナが「全く…扶桑の魔女って」と呆れた瞬間に坂本がクシャミ。
確かにミーナにとって坂本も頭痛のタネだわな(笑)
それを心配するペリーヌに坂本が「お前にしかできないことだ」と頼みごとをします。
ガリア貴族だからその社交力を使うのかと思いましたがどうなんでしょう。

飛び出した芳佳の前には例の人型ネウロイが出現、巣へ誘い込みました。
ミーナたちもそれに追いつきましたが、出撃したのはミーナ、バルクホルン、ハルトマン、シャーリー、フランチェスカの五人。
あれ?エイラは?
ブリーフィングの時には居たよなあ?
実は後ほどとんでもないところで登場?

バルクホルンが言うにはネウロイの巣には近付くことすらできなかったようですが、芳佳はネウロイに連れられてあっさり入ってしまいました。
芳佳を助け出そうと飛び出すフランチェスカをミーナが制止、「様子を見ましょう」と静観の構えに入ります。
ミーナとしても上層部に追いついてないネウロイ情報をここで得ようという目算があるのかもしれません。

巣の中でネウロイが芳佳に見せたのはこれまでの戦闘の経緯。
その中には墜落したネウロイの残骸を調査している一団もいます。
コアがむき出しになってるので回収されたのでしょう。
回収したコアが液中に入れられている場所ではロボットらしきものも見えます。
これが時系列で語られてるのだとしたらコアの回収は1939年以降なのですが、もしコアの回収が今回のネウロイ侵攻前だったら、今回の侵攻はコアの回収が目的なのかもしれません。
芳佳はまたしてもネウロイと触れ合おうとします。
坂本の忠告は全く頭に入ってないようですが、後先考えないのも10代の特権でしょうか。
触れ合う直前にまたしても邪魔が入り、ネウロイは外に飛び出しました。
ネウロイを見たミーナたちは散開して迎撃しようとしますが、それを追い抜いてネウロイに襲い掛かる影が。
「グラディウス」のビッグバイパーです。
Photo_9

この前は「クォース」だったし、コナミのテクノロジーも入ってるのか。
まあ、フィギア出してるところだしネウロイに通じててもおかしくはない。

【注記】モデルはTa283&Fi103(エンジン部)とのこと。

ネウロイの反撃は激しいもので、四方八方に撃ちまくられるレーザーにウィッチたちも回避が精一杯です。
回避の機動は「板野サーカス」そのままで、スピード感は凄いが具体的に意味のある動きをしてるとは思えない(笑)

ビッグバイパーは人型に変形してます。
魔法障壁はウィッチみたいな魔法円ではなくてネウロイと同じ六角形。
そりゃ、ネウロイの巣で見た映像からすればネウロイの技術を使ってるんだからな。
Photo_10

ビームの一撃で人型ネウロイは消滅、巣もやられたようです。
これはとんでもない威力だとシャーリーたちが話し合ってるとき、フランチェスカが落ちていく芳佳を発見しました。
一度目の隅に捉え、もう一度見る動作が細かい。

芳佳に向けてフランチェスカが突っ込んでいるときに衝撃波のようなものが見えますが、湿度が高かったのでしょう(笑)

その頃、基地では

ペリーヌ「うまく入りますか?
坂本少佐「もうちょっと奥まで…よし、いいぞ。そんな感じだ」

と怪しげな会話が繰り広げられてます。
タンポン?というかこれが「お前にしかできないこと」?
暗闇の中で行われてたのですが、突然ライトの光が浴びせられ、坂本が「始まったか」と呟きます。
坂本は事あることを予想してたってことですな。

基地に帰投したミーナたちを出迎えたのはマロリーでした。
その背後に先ほどのロボットが降り立ちます。
そして、ウィッチたちはステン短機関銃を構えたブリタニア兵に包囲されました。
いよいよウィッチ粛清が始まるってことでしょうか。

ステン短機関銃はイギリスで大量生産された短機関銃。
いかにもやっつけで作ったような外見が特徴です。

ステン短機関銃(Wikipedia)

ブリタニア兵であることは、その不恰好なヘルメットから一目瞭然(笑)

EDは芳佳&ミーナ。
坂本&ペリーヌにしてやれよと思いますが、どうしても許されないのでしょうか?(笑)

次回は第501統合戦闘航空団は解散、それでも飛ぶために結集する話に見えます。
そうだとすると「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」みたいになるのか?

さて、エイラのタロットの解釈ですが、これはあくまで私の願望であって実現率は0%であることを断っておきます。
ネウロイの侵攻の目的は回収されたコアとそれによって生み出されたビッグバイパーの回収だった。
まだ人の技術では完全自律のロボットは難しく、脳や神経系には宮藤博士のものが使われている。
これで第6話のお父さんと会えるという予言が実現します。
真相を知った芳佳は怒りでマロリーを殺害、あおりでウィッチーズも全員死亡、人類の最後の砦も消滅し、まさに誰にとっても死神となる。
なんてことになったら凄いのになとは思いますが、ありえんわな。
タロットの死神の意味からすると新秩序構築のための破壊はあるかもしれんが。

なんか本編が途中から二期を意識した運びになってるように見えてしょうがないんですよね。
今の話があと2話かそこらで終わるように思えないし。
でも、アフレコは8月14日に終わっててそれまでに二期が決まるのかな?って気もするし。
佐藤大輔の小説みたいに本編グダグダで外伝楽しいみたいなもののような気がしてきました。

余談ですが、私の想定を根本から覆す話が島田フミカネ氏から出てきたので記録。
私はエイラ、サーニャ、ペリーヌはズボンの下にパンツを穿いてるんだと思ってましたが、サーニャはズボンの重ね穿きで、あのスカートに見えるものは「ベルト」だそうです。
そんなもん想像もしてなかったわ(笑)
サーニャがそうであれば、当然エイラもズボンの重ね穿きでしょうな。
あの世界には「パンツ」が存在しないのかもしれん。


関連?商品----------

|

« 【恋空】ついに次回最終回&スパム | トップページ | 09月10日のココロ日記(BlogPet) »

コメント

>無法者集団

501部隊のモデルになった「いらん子中隊」からして、色々やらかしてますからね。実績からモデルケースにされたのでしょうが、部隊での命令違反も珍しくないという・・・。
結成前の個人プロフィールからして、勝手に訓練飛行に出た挙句、空母レキシントン搭載の飛行脚を全て全損にしたアホタレとか、営巣入り55回に軍法会議8回に銃殺刑未遂3回のツワモノとか・・・。
部隊結成後も、仲間のセクハラの事しか考えていない、致命的なバカも居ますし・・・。

>ベルト

ズボンについてはほぼ相方の推察通りでしたが、流石にこれはヒドイ(ホメ言葉)。到底受け容れられませんが、この発想力は貴重です。

投稿: マッドハリケーン | 2008年9月 8日 (月曜日) 20:24

>マッドハリケーンさん

恐ろしいほどの無法集団ですね。
小説は三冊とも買ってあるので今度読みます。

ベルトに関しては完敗です。
他の誰もこんなの思いつかないでしょう。
まさにビョーキ(ホメ言葉)です。

投稿: ヴィー | 2008年9月 8日 (月曜日) 20:47

フミカネ氏のブログによるとあのビッグバイパーはTa283&Fi103(エンジン部)らしいです。
確かにそう言われるとその通りだな。
でも、私の中ではあくまでもビッグバイパーで、そのうちネウロイから「オトメディウス」が出てくるのです!(爆)

投稿: ヴィー | 2008年9月 8日 (月曜日) 20:48

やはり負けたな証拠品干渉になってしまったな。明らかに塗り潰す下手くそすぎ同じんものに期待はっきり言ってキャラもぱくりだしね、別人が書いてるのか。

投稿: アリス | 2009年1月13日 (火曜日) 03:28

>アリスさん

日本語の意味がよく取れないのですが。

「やはり負けたな。
証拠品干渉になってしまったな。
明らかに塗り潰す下手くそすぎ。
同人モノに期待。
はっきり言ってキャラもパクリだしね。
別人が書いてるのか。」

でしょうか。
それでもこの記事に書き込まれた意味がわかりませんが。
もう少し詳しく説明していただけないでしょうか?
意味がわかる方がいれば、Web拍手でもなんでもいいですから教えてください。

投稿: ヴィー | 2009年1月13日 (火曜日) 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89598/42418117

この記事へのトラックバック一覧です: 【ストウィ】第10話 私に見えるもの。貴方に見えるもの。:

» 第10話 『信じて欲しい』 前編 [日々閑話]
 今回、かなりキツイです。  この作品が当たり前に面白いと思っている方。  特に宮藤芳佳のファンの方。  撤退願います。  それでもご覧になる場合、不快になっても自己責任に於いて胸の内に収めるようご了承を。 '..... [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月曜日) 20:12

» タロット占い無料 [ワンオラクル]
タロット占い無料−「ワンオラクル」へようこそ。こちらは、人生の壁にぶつかったとき、少しだけあなたの・・・ [続きを読む]

受信: 2008年9月 9日 (火曜日) 14:20

» 頑張れ!東京MX「ストライクウィッチーズ」 [Anime in my life 1号店]
女の子の友情は男同士よりも臭くない。もとい、汗臭くない。 お風呂シーンがとっても伸び伸びします。 それなのに、こんなベストシーンに... [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土曜日) 16:26

« 【恋空】ついに次回最終回&スパム | トップページ | 09月10日のココロ日記(BlogPet) »