« 12月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 【鬼太郎】第86話 イェイェイェイェ »

2008年12月15日 (月曜日)

【絶チル】田中宏紀氏が作画(再訂正アリ)

「間違ってるよ」と教えてくれた親切な人がいましたので、感謝して訂正します。
下に書いてあるシーン、田中宏紀氏ではありません。
ちゃんと見れば動きも絵も違いました。
田中宏紀氏の担当箇所は海中から薫が戦闘機を引き揚げるところ、真木 司郎との戦い、兵部京介とバレットとの戦いに薫が飛び込む直前あたりからシールド張るまで(その後薫がヒュプノを視覚化していることに気付く兵部の独白がありますが、これは違うかも)だと思います。
あと、いくつか薫を描いていたような気が。

慣れないものはちゃんと調べて書かないといけませんね。
すみませんでした。

見直して気付いたネタは、兵部の携帯にGONZOマーク。

それにしても、3年半で付いたコメントが50くらいです。
いっそわざと間違えたほうがツッコミが入ってコメント増えるか?とかまで思ったり(笑)
以下は「馬鹿なこと書いてるわ」と思いながらでも読んでください。

----------
訂正がさらに間違ってました。

詳細はコメント見てもらうとして、もら私は何も言いません。
知らない事を適当に話すと火傷してしまいます。
しかし、世の中には凄い人がいるもんだ。

----------


田中宏紀というアニメータがいます。
やたらウネウネ動く髪や、手を上にして左右に振る独特の走り方などの特徴的な絵を描くので、一目見れば「あ」とわかる。

アクションシーンで動きまくるのも特徴で、大胆な構図とズームを駆使して構成してるからこそだと思っています。

で、「絶対可憐チルドレン」第37話で作画をやってまして、「ストライクウィッチーズ」を思わせる空中戦が展開されました。

空中戦」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

かなりの時間にわたってこれぐらい素早い絵がすさまじい枚数で展開されます。

下の二枚のの画像の「穿いてない?」はパンチラできないが故に余計に凄い事になったという典型みたいなやつですね。

Photo

Photo_2

二枚目の繋ぎキャプでも、この人だからスカートをえらく揺らしてましたが、もはやこの程度ならどうにでもできるようになりました。
(というか、数十ドットしか修正してない)

GONZOが製作協力すると参加してるようですが、これからも機会があるのでしょうか?


----------
今期一番やりたい放題な「まかでみ・WAっしょい!」ですが、第10話でこの手のアニメのお約束、温泉が出ました。
もちろん湯気が付きますが、本編でも「DVDで湯気が消えるは必定」と言ってます。
しかし、消しちゃうもんとはいえ、このやっつけ具合はどうなんだろう?
Photo_3

もちろんギャグでやってるんだろうけど。

DVDは「むきだしバージョン」らしいですが、これ以外にも裸のときは全身タイツだったり「綺麗にまとめようとする気はないだろ(笑)」なものばっかりです。

ちなみに、本編を見た人は「こんなシーンあったけ?」と思うかもしれませんが、もちろんありません。
本編では、走ってくるタナロットに被さるようにファルチェが走ってきてました。
何枚も貼りたくなかったので並べてみましたが、こうなるとフォトショップが欲しいかなとか少しだけ思いました。


関連?商品----------

|

« 12月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 【鬼太郎】第86話 イェイェイェイェ »

コメント

>で、「絶対可憐チルドレン」第37話で作画をやってまして、「ストライクウィッチーズ」を思わせる空中戦が展開されました。

そこは雨宮哲かその手の金田系アニメーターか
少なくとも田中作画では無いことだけは確かです。

投稿: | 2008年12月15日 (月曜日) 12:36

掲載なされている動画部分田中さんじゃないですよ
田中さんは薫が突入してから薫のシールド辺りまでです

投稿: | 2008年12月15日 (月曜日) 12:38

ご指摘ありがとうございます。

訂正文を追加させていただきました。

投稿: ヴィー | 2008年12月15日 (月曜日) 18:10

度々申し訳ありません。
真木 司郎との戦いは砂山好世さんのカットです。
また推測ですが戦闘機引き上げのカットは田中さんではないです。
基本的に今回の絶チルはスタッフロールの原画リスト順にカットが振られてると思って間違いないです。(もちろん飛び飛びやってる方もいます)

投稿: | 2008年12月15日 (月曜日) 18:31

再度のご指摘ありがとうございます。

絵を見てそうかと思ってたんですが、全く違ってたわけですね。

正直作画を何人かでやってるのがわかるぐらいなので、エントリーそのものが無謀でした。

しかし、色々と興味深いお話が聞けました。
よろしければ、これからもよろしくお願いします。
ありがとうございました。

投稿: ヴィー | 2008年12月15日 (月曜日) 19:09

間違えることは決して悪いことではありません
絵をみて判断しようとする試みは大変立派なものです

投稿: | 2008年12月15日 (月曜日) 20:38

田中さんは髪の毛見たら分かるよ^^

投稿: | 2008年12月16日 (火曜日) 02:57

髪の毛見て判断した結果が訂正記事で、それも全然違ってたわけで(^^;

いやー、難しいです。

投稿: ヴィー | 2008年12月17日 (水曜日) 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89598/43424179

この記事へのトラックバック一覧です: 【絶チル】田中宏紀氏が作画(再訂正アリ):

« 12月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 【鬼太郎】第86話 イェイェイェイェ »