« 2008年5月4日 - 2008年5月10日 | トップページ | 2008年5月18日 - 2008年5月24日 »

2008年5月11日 - 2008年5月17日

2008年5月17日 (土曜日)

【アニメ】今期中間

4月からのアニメも半分ほどの話数を消化し、それなりに見えてきたので、独断と偏見で順位付け。
なお、こちらでやってない&見ていないアニメは対象外です。
あと鬼太郎、ヤッターマンは別格なので除外(笑)

・紅
今期一番だと思われるアニメ。
7歳の女の子「紫」と高校生「真九郎」との同居生活を描いたアニメ。
OPからしても源氏物語の紫の君が入っていると思う。

紫の声優は若干15歳ながら、7歳でありながら妙にませている紫を見事に演じています。
7歳の女の子らしい動きも手を抜くことなく書き込み、通常のアフレコとは違うプレスコなため、声の演技や絵との同調も素晴らしい。
そのうえでこの作画レベルは驚嘆すべきものだと思う。

・純情ロマンチカ
まさかの地上波放送BLアニメ。
深夜とはいえ、ちゃんとSEXシーンをするとは思わなかった。
基本的な展開はただのエロマンガ(笑)だけど、絵も綺麗だし見てて面白い。
主題歌も(・∀・)イイ!!

・イタズラなKiss
夭逝した多田かおる先生の遺作のアニメ化。
「ときめきトゥナイト」とか古き良き時代の少女漫画って感じが好き。
思えば、「ときめきトゥナイト」「愛してナイト」で少女漫画の世界に入り込んだのでした。

・二十面相の娘
親族に殺されそうだった良家の娘が二十面相と一緒に家を出ていき、世界で活躍する話。なのかな?東海圏で始まったのが比較的遅いので、まだあまり進んでません。
昭和30年代らしいのだけど、どう見ても昭和初期とか大正浪漫の雰囲気がする。
それを置いておいても面白い。
チコがこれからどのように成長していくのかが見もの。

・フルメタルパニック
WOWOWで昔やったやつの再放送だろうとかいうツッコミは却下(笑)
続きもちゃんとやってくれんかな。

・ネオアンジェリーク Abyss
アンジェリークってことだけでランクが上がる(笑)
正直「遥かなる~」のファンタジー版だろって気もするけど、まあいいか。

・マクロスFRONTIER
内容の良さは当たり前。ヒロインの声が「頑張れ」ってところだけど、こういうのもアリ。

・ドルアーガの塔
結末がどうなるとか、話の展開がどうとかは気にしていない。
単発のインパクトで頑張っておくれ。

・狂乱家族日記
OPとEDが全て。

・図書館戦争
国内に武装集団が複数あるのに図書館以外での戦闘は行われていないという法律をガッチガチに守る集団の戦い。
電撃さんはハードカバーを文庫化してくれないのでしょうか?

・仮面のメイドガイ
面白いけど、勢いだけの作品だよなあ。

・絶対可憐チルドレン
やはり作者は関西の人なんだなあと安心しました(笑)

その他大勢(笑)

隠の王、ヴァンパイア騎士、クリスタルブレイズ、ペルソナ、ToLOVEる、我が家のお稲荷さま。、RD潜脳調査室、xxxHOLIC◆継、フタコイオルタナティブ、ゴルゴ13、あまつき、S・A、コードギアス、ネウロ

その他大勢に関しては特に言う事もなし。
面白くないわけじゃないけど、自分には語るべき何かが無い。

あ、ゴルゴの舘ひろしのギャラはどれくらいなんだろう?とは思う(笑)
他の声優が実力派なので、余計にゴルゴが喋ると浮くのよね。
台詞少なくて良かった。
岡本麻弥のキャラが乳首モロの全裸であえいだのには驚いたが。

そんなゴルゴのCM提供枠で流れるCMにJFKが。
こういうの、肖像権とかどうなるんだろう?


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年5月16日 (金曜日)

【面白メール】遠い日の思い出

536048_w300

画像はこちらから。

キャットプリントタンクトップ

最近は少なくなったが、こんなメールも届いている。
少なくなったってのは文面に力を入れるのが少なくなったってことね。
スパムは毎日百通弱来ます。

----------
題:綺麗なおねいさんのタンクトップは好きですか?

今から10年ほど前の夏、まだ私が子供だった頃とある場所を、通りかかった時の出来事です。

一人の女の子が隣の人のスカートの裾を直そうとしていました。
その女の子が上体をかがめた時、胸元が緩くなりオッパイが丸見えになっていました。

その女の子はブラジャーを付けていなく、僕がよく見ると、豊満な色白の胸には綺麗な乳輪と乳首ハッキリと見えました。

そしてその日以来、その女の子を見るたびにその時のオッパイを想像してしまい、緊張してたまりませんでした。

毎日毎日、もう一度でいいからその子のオッパイを見る事を夢見ていましたが、時と共に淡い思い出として私の記憶の底に消えていったのです。

それから幾たびかの歳月が過ぎたある日、私は、有る偶然に遭遇したのです。

私は、とある公園の脇道を一人で歩いていたところ、公園のベンチ付近で女子校生と思われる女の子が2人で、何かをしている様子が目に入りました。

よく見てみると、片方の女の子がもう一人の女の子のスカートの裾を直そうとしていました。

そうです。
あの時のあの光景が、まるで再現フィルムの様に展開されていたのです。

上体をかがめた女の子の胸元から、はっきりとその美乳が見えていました。
「あぁ、やっと夢が叶った」と、私は一人つぶやきその場を立ち去りました。

それからの私は、女性がかがんでいる姿を見かけるたびに、その胸元を凝視する事が楽しみとなってしまい、胸元を凝視しているとその女性からにらみ返される事もしばしばありました。

何とかこの癖を直そうと努力もしましたが、いっこうに直る気配がありません。

ある日、ふと私はある事に気付きました。

「オッパイを上着の胸元から覗くのではなく、上着を剥ぎ取ってしまえばいいのではないか?」
「そうしたら、こっそりと覗き見をするのではなく、堂々と正面から美しいオッパを観る事が出来るではないか!」

そうして、私はある決意をしたのです。

続く・・・
http://www.wwwww/
----------

「男の子」なら誰しも「あるある」という感覚ではないでしょうか。
特に12歳ぐらい、小学生であればブラもしてないときが多いので、そんなときのTシャツからのぞく胸の谷間というのは何かしら甘酸っぱい思い出として残るものです。
それが、

>「オッパイを上着の胸元から覗くのではなく、上着を剥ぎ取ってしまえばいいのではないか?」
>「そうしたら、こっそりと覗き見をするのではなく、堂々と正面から美しいオッパを観る事が出来るではないか!」

こういう気持ちになってしまうのは「穢れて」しまったことを意味します。
フェチの立場からは「それは違うだろう」という意見もあるでしょうが、大人になるってのはこういうことではないでしょうか。

ま、「続く…」の後を読みたくはないです。なんか興ざめだし。
しかし、業者としては「夏の日の思い出」で終わってもらっては金儲けにならんのでしょうね。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【CD】「君=花」を買ってしまった

Wiiでゲームキューブのゲームができるのを知って早速買ったのですが、セーブにはメモリーカードが要ると言われて大滝秀治のナレーションだけ聞いて終わりましたorz

これで何のゲームかわかる人も、「これが一番最初に買うゲームであってはならない」とか言い出しそうだ。

それはともかく、「純情ロマンチカ」の主題歌「君=花」を買ってきました。
新品のCD買うなんて2年ぶりくらいかも。
前にも紹介しましたが、こういう歌です。

歩いていける(徒歩1時間以内)距離にCDショップは無いので、まずはGEOに行ってみましたが置いてなく、聞いても取り扱いしてないとのこと。
Amazonで買ったら送料かかるよなあと思って、何気に「e-hon」で検索すると在庫がありました。

オンライン書店e-hon

ここで注文して最寄の書店で受け取るのをよくやってます。
今日、CDを引き取りに行ったら今月の18日で閉店するらしい(爆)
まあ、こちらの方が家に近いけど、メインで使ってるのは系列店だったし、そっちに業務移管の予定だとかで、こちらとしてはより便利になるのかも。
「CONTINUE」の定期購読は系列店では受けてくれてなかったけど、そちらも移管するとのこと。
確定じゃないから、まだわからんけど。

パッケージを取り出すとこんな感じ。
Photo

非常にシンプルです。
販売はフロンティアワークスです。アニメイト系列の会社ですね。
アニメの主題歌なんだし、もうちっと考えたパッケージじゃないのかと思ってひっくり返すと…
Photo_2

やっぱりちゃんとわかってるようです。
このCDを聞く美咲を秋彦が後ろから抱きかかえるというお約束の構図です。
なんでまた美咲はこのCD聞いてるんだか…

当然、開けると中にCDが入ってますが、最初「イマドキCDシングルか?アダプタあったっけ?」と思いました。
よく見ると、アルミ蒸着面をシングルの分だけ作ってるんですね。
CDの製造方法からすれば難しいことではないか。
Cd

できることならテレビOPをノンテロップで収録したDVD付けて欲しかったですけどね。
OP好きだし。

ジャケットをスキャンしたやつを貼っておきます。
好きにお使いください(何に?それ以前にお前が言えることか?)
Photo_3

----------
未だ新しく買った家電の使い方に慣れていないので、HDDレコーダーにあった「純情ロマンチカ」の録画データを消してしまいました。
HDDレコーダーで見る場合とDVDに焼く場合でチャプター区切りが違うようで、普通にCMカットしただけだとDVDに焼いたときにCMが残ってしまいます。
フレーム単位で編集するのもリモコン片手で楽にできますが、プレイリストを作った後に元データを消したらプレイリストも消滅しました。
当たり前と言えば当たり前なのですが、そういう信じられないことほどやっちゃうもんです。
これから先、本格的に使うための練習だったと思えばいいか。

----------
「紅」の第6話がぶっとんでいたので記録。
そんなに大きなテーマとかがあるアニメではないと思いますが、今回は地元の祭りでミュージカルをやることになって、その練習に終始します。
つまりは、ほとんど真九郎の部屋のみで進行するわけで、それだけでも異色なのに、最後はいきなりミュージカルが始まりました。
プレスコでやってるだけあって、絵と声が見事にマッチしてるし、その絵も描き込まれたものがグリグリ動きます。
今期一番のアニメだと思うなあ。原作ファンからは何か言われてるみたいだけど。
「原作どおり」のアニメって好きじゃないのでその辺の偏りは考慮してください。

「紅」アニメ公式サイト


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木曜日)

【ニコ動】アイマス職人の腕は異常

以前にアイマスと地球防衛軍3のコラボ動画のライブ場面だけ抜き出したのを紹介しましたが、もともとは10分以上のミニドラマ仕立てです。

少し長いですが、通常の職人の域を超えています。

何が凄いって、普通のMADはシーンの切り貼りでタイミング合わせ、あとはテロップ追加ぐらいですが、これは動画の切り抜きから合成までしています。
久々に見たら10万再生突破してる(笑)

両方知ってる人は腹筋が壊れたんですが、なんとSECONDがきました。

今回も10分超のミニドラマですが、編集技術がさらにアップしてます。
ローディング画面の「ありかっか」から何をしてるんだ?というやつですが、冒頭、いきなりの765ビル崩壊で度肝を抜きます。
これ、地球防衛軍3の市街地にあるビルを破壊して切り抜いたものです。
全然違和感ないんですけど(笑)

続いてアイドルが登場したとき、喋るアイドルの上にスピーカーアイコンがついてます。
これ、地球防衛軍3の味方が喋るときに喋った隊員の頭上に出るんですよね。
芸が細かいです。

りっちゃんのツッコミが入りますが、アイマスのゲーム画面で三人並んでいても喋るのは真ん中の一人だけです。
つまり、これりっちゃんが喋る動画から切り抜いて貼ってるんですね。

ここまでくるとある意味素人の技ではありません。
数は作れないでしょうけど、次の作品が楽しみになります。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火曜日)

【オモチャ】ラインナップがシブすぎる

100円ショップでスチレンペーパー・グライダーを見つけました。
昔駄菓子屋によく売っていたスチロール製の飛行機です。
よく飛ばして遊びました。
ゴムのパチンコで飛ばすやつなんか、とんでもなく飛びましたね。

買ってきたのはこれ。アメリカ機軍戦闘機シリーズのようです。
写真はよく見るとピンボケですが、マクロで撮影しなかったのが敗因です。
まだ使い方よくわかってないので、メモリにある画像を確認する方法さえわかっていません(^^;
Fj4

FJ-4Bフューリーです。

FJ-3/-4フューリー
(以下、断りなき場合は戦闘機のリンク先は「WORLD MILITARY GUIDE」)

中身はこんな感じ。
Photo_14

右上にある白いのが飛ばすために機種に付けるオモリです。
印刷は昔に比べて細かく綺麗になってますね。

スチロールに機体の説明も書かれています。
以下、抜き出し。

----------
★ノースアメリカン FJ-4B フューリー

1954年10月28日に初飛行したフューリーはかの超傑作機F-86セイバーを海軍型にしたFJ-2/FJ-3の改良型だが、単なる改良に止まらず、ほとんど新型の高性能なものになった。
その素晴らしい飛行特性はいまだに語りつがれるほどでパイロット好みの名戦闘機である。
モデルは1958年に空母ベニントンに搭載されていたVA-151のもので、ATG-1の”流れる一番星”のマークを300番台スコードロンカラーのブルーでドカーンと描いたハデなものだ。
変わった形の増加タンクは”バディ・システム”という同型機同士の空中給油に使われたものでタンク後方からホースを後に伸ばして仲間に燃料を補給したものである。
----------

ところどころ「てにおは」とか日本語がおかしいですが、なかなか楽しい解説文かと。
「流れる一番星」って「Shooting star」でしょうか?
なんでまた普通の増槽じゃなくて空中給油タンクにしたのか悩みます。

飛ばし方も解説されてます。

----------
〔フューリーの飛ばし方〕

主翼が先細りの後退翼のためにスチレンペーパー・グライダーにはあまり向かないのだが、それでも良く飛ぶのはさすがにフューリーです。
増加タンクはつけない方が軽快に飛びます。
ペーパーグライダーの手投げはともかくまっすぐに投げることに集中するのが大事です。
----------

肝心の飛ばし方の説明は「まっすぐ飛ばせ」だけ。
まあ、そんなもんですが。

こういうのは組み立てて遊んでナンボですから組み立てます。
スタンドやエンブレムも用意されていて、ちょっとしたデスクトップモデルのようです。
Photo_17

オモリも付けてみました。
Photo_15

今日は台風接近で外は雨なので、室内で飛ばしてみましたが、昔のものに比べるとヤワな感じです。
厚みが昔のものの半分ほどしかありませんし。
ちゃんと投げられるようになったらよく飛ぶのかな?

これは「No.4」で、他のラインナップは袋に印刷されています。
Photo_16

左から

ダグラス F4D スカイレイ

グラマン F11 タイガー

チャンス・ヴォート F7U カットラス

・ノースアメリカン FJ-4B フューリー

・グラマン F9F クーガー
F9F(戦闘機)(Wikipedia)

・ダグラス A-4E スカイホーク
A-4(攻撃機)(Wikipedia)

と、50年代~60年代の戦闘機ばっかりです。
朝鮮戦争後~ベトナム戦争前の他に比べると注目度の少ない時代じゃないでしょうか?
確かに、この時代の戦闘機はグライダーにしやすいオーソドックスな外形とナチスからの遺産と潤沢な予算で「とりあえず作ってみよう」というのが両立していた時代ではありますが。
まだまだ理論が確立してないから妙な形の機体が多かったんですよね。

発売元は「マルカ株式会社」です。
HPを見ると駄菓子屋に置いてたようなオモチャや花火を製造・販売してる会社のようです。
が、この製品は商品情報にはありませんでした。何年か前の製品かもしれませんね。

ググってみてそれらしきものが出てきましたが、なんか違います。

プレイルーム

半分ちょっと下あたりに紹介がありますが、製造元が「タミア模型」となっています。
しかし、デザインは全く同じです。
どういうことなんでしょう?
ところで、機体名称の紹介に違和感を感じるのは私だけですか?

たまたま一個だけあったんですが、もし、入荷されていたら「F7U」が欲しいです。
あの形が大好きなんです(笑)


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ココロ】交換日記

5/11の日記より。

>川へ洗濯に行くと大きなツチノコが流れてくるそうです。美味しそうですね。

ツチノコを食うな。
ちなみに、ちょっと前テレビでやってた川の中のツチノコは明らかにヒルだったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【アニメ】鬼太郎第56話 あたしィィィの赤ちゃあァァァん!

今回は、鬼太郎の語りからシームレスに話に入ります。今まであったかな?

海辺で釣りをしている二人の少年がいます。
釣果はさっぱりのようで、場所を変えてみようと歩き出しました。
行った先は地面がヌルヌルの場所。人が入っていないってことで、魚がいるポイントさえあれば期待できそうです。

そこにしめ縄を張ってある場所がありました。
「この先入るべからず 白浜漁業会」とあります。
普通は「危険だから」というふうに思いますが、「すごくいいスポットを独り占めしようとして立てたんだよ」と結論付けます。
そういう理由で漁業会の名前をかたったらヘタすれば警察に突き出されますが、そこまで考えないのが子供の浅はかさ。
立て札を無視してしめ縄の張ってあるトンネルを抜けます。
その先は綺麗な岬でした。そこらへんに石積みがあるのは気持ち悪いですが、子供だからわかんないのでしょう。
魚がいそうだと歩き出しますが、和也が石積みを崩したら赤ん坊の泣き声が聞こえました。
にわかに空が掻き曇り、「何か聞こえたか?」とか言ってますが、お構いなしに釣りの準備を始めます。
もう一人の少年、翔は気味悪くないか?と不安そうですが、和也は気にしない、気にしないと取り合いません。
つうか、空がそんな急に曇ってるんだから、霊現象とかじゃなくても帰る準備をしたほうがいいだろう。
こういうやつが悪天候で海に投げ出されて死んだりするんです。

案の定、海から水の渦巻きが立ち上ってます。
翔は「やっぱり変だよ!」としごくまっとうなことを言ってますが、和也は「バカ言うなよ。せっかく見つけた場所なのに」と動こうとしません。
お前は釣りと自分の安全とどっちが大切なんだ。

渦巻きから何かが出てきたと思ったら磯女です。九州の妖怪ですね。
Photo_82

磯女(Wikipedia)

「ウチの坊やを泣かしたのは誰だ?」と出てきてますから、鬼子母神みたいなエピソードになるんでしょうか?

鬼子母神(Wikipedia)

逃げようとする二人ですが、和也が磯女に捕まってしまいました。そのまま海の中に連れ込まれてしまいます。

同じ海辺でねずみ男も釣りをしていました。
こちらも全然釣れていないようです。海だから魚がいるってわけでもないしな。
ねずみ男の前の海面からかわうそが出てきました。
「魚獲れたか?」とねずみ男が聞くと、一匹だけ吐き出しました。かわうそを鵜みたいに使ったのか。
しかし、かわうそが吐いた魚、川魚に見えるのですが…
Photo_83

「これだけかよ!?」とガッカリのねずみ男ですが、かわうそは「おれ海は得意じゃないんだよ」と言い訳します。
そらまあ、そんなマルチロールな妖怪そんなに居るか?とは思います。
だけど、ねずみ男は「川も海も魚がいるってことは一緒だろうが」一蹴します。
こういう「体を靴に合わせる」精神論が行き着くと、太平洋戦争のガダルカナルやニューギニアみたいになります。

そこに「誰か助けてー!」と翔が走ってきました。
話を聞いたねずみ男は妖怪の仕業だろうとあたりをつけ、「君のおうちはお金持ちなのかな?」と聞いてきます。妖怪退治で金をせしめるつもりか。
「ウチは違うけど、いなくなった和也のウチは金持ちだよ」と翔が言いました。
あの一種傲慢なほどの無神経ぶりは金持ちゆえか。

これは儲けられるとほくそえむねずみ男のすそをかわうそが引っ張ります。
「鬼太郎に知らせたほうがいいんじゃねえか?どうせねずみ男一人じゃなにも解決できないもんな」と納得の一言。
さすがに怒るねずみ男です。

鬼太郎の家では下で行水をしています。
ゲゲゲハウスを支える木の根元がくりぬいた行水用のタライになってたのか。
オヤジは「青空の下は開放的な気分になるのう」とシュノーケルを付けて飛び込みました。
いつも裸なのに、それ以上の開放的ってなんなんだろう?
少し泳いでみますが、「木目ばかりでつまらん」のだそうです。
「やはりシュノーケリングは海じゃないとなあ」と言われても、海でやったらどこかへ流されるんでは?
Photo_84

上からねこ娘が「そろそろ差し湯する?」と聞いてきました。
「頼むぞねこ娘」とオヤジが言ってますが、ねこ娘は家政婦ですか。
そこにカラスがやってきて、鬼太郎に海で妖怪が人間の子供をさらったことを知らせます。
ねずみ男が知らせなくてもこうやって知らされるのだな。

オヤジは磯女の仕業だと見抜き、急いで行きましょう!と鬼太郎が立ち上がりました。
ケツが見えるのかと思ったらパンツ穿いてました。ちぇっ。

鬼太郎のスポンサーには桃屋があって、「ごはんですよ」のCMは鬼太郎オリジナルをやってますが、新バージョンができたようです。
さすがにこれを動画でうpしてもすぐに消されそうなので一枚だけキャプチャ。
作画がものすごく綺麗です。
Photo_85

漁協の集会所らしきところで大人が集まって子供がさらわれたことを話し合っています。
磯女の祟りだってことはわかってるようです。もちろん子供にも言い聞かせてますが、今の子供が聞くかっていったら…なわけで。

大人たちの前に立ったねずみ男は「妖怪の仕業に間違いないだろう」とまず最初にカマしておいて、「妖怪を退治してほしくば、ゲゲゲの鬼太郎を呼ぶしかない」と続けます。
なんだ、やっぱり鬼太郎に頼むのか。
鬼太郎に世話をしてやってるから、俺の頼みを断れん。なので、一人五千円で鬼太郎を呼んでやろう、ということです。
大人たちも五千円なら仕方ないと財布を取り出します。
詐欺もこの程度の値段で数を集められるなら、一番成功しやすいですね。
これ以上だと、数千億とかありえない金額のほうが成功します。

が、そこに鬼太郎がやってきました。
ねずみ男の儲け話はこれでフイになったか?

鬼太郎は事件の詳細を翔に聞いてしめ縄のある洞窟にやってきました。
そこを抜けると先ほど見たとおり、綺麗な海がひろがります。
磯女が独占する海だから、綺麗だし魚もたくさんいるんですね。

オヤジが「海の様子を見てくるから、ワシを釣り糸に結び付けて、海に垂らしてくれ」と言い出しました。
鬼太郎は「大丈夫かな?」と心配そうですが、やることはやります。
オヤジは餌の蛙みたいになってます。
Photo_86

なるほど、オヤジが海でシュノーケリングをするときにはこうするのか。

しばらくして糸が引っ張られました。
最初に「おい、食われてるぞ」と気づいたのはねずみ男です。やっぱり浮きは必要だ。
急いで上げると親父が蛸に食われるところでした。
Photo_87

「だから言わんこっちゃない」と巻き上げる鬼太郎。
オヤジを蛸から外すと、赤ん坊の泣き声が聞こえてきました。またしても空が掻き曇ります。
こうなるとさっきのパターンです。海から磯女が出てきました。
「うちの坊やを泣かしたのは誰だ?」と台詞まで一緒なので、このカットはさっきと同じものかもしれません。

鬼太郎がさらった子供を返すように言いますが、聞くような磯女ではない。
髪の毛を伸ばして攻撃する磯女に体内電気、髪の毛針、リモコン下駄と技のオンパレードで攻撃する鬼太郎ですが、磯女には効いた様子もなく、磯女は潜ってしまいました。
効きはしないけどうっとうしいってところか。

後を追って飛び込んだ鬼太郎は磯女に捕まってしまいます。
相手のテリトリーで戦うなんてやっちゃいけないことだろうに。
しかも、髪の毛針やリモコン下駄、ちゃんちゃんこといった攻撃を出すたびに技の名前を叫ぶもんだから、息が続かなくて溺れます。アホか。

後を追うしかないというオヤジに「行きましょう!」と躊躇なく言うねこ娘。
鬼太郎を助けるためなら命も惜しくないようだな。
Photo_88

かわうそは「海の水しょっぱいからな」と躊躇しています。
ねこ娘が飛び込んだ後も迷ってるのは仕方のないところか?
そんなかわうそを「お前、友達のくせに裏切るってわけ?」と責めるねずみ男。
そこまで言われたら飛び込まないわけにはいきません。

海面に浮かぶねこ娘、オヤジ、かわうそに早く入ってこいといわれますが、やることあるから止めておくと断るねずみ男。さすがです。
鬼太郎もねこ娘も居なければ、さっきの集会所でまた金集めができます。
まあ、鬼太郎が勝たなければその金持って帰る事はできんのですが、鬼太郎が負けるとは思ってないのでしょう。

鬼太郎は、磯女の住処に放り出されました。
海底トンネルから入るようですが、大きさがおかしいと思います。
Photo_89

「お前は何が目的なんだ!?」と鬼太郎に聞かれても無視して奥へ行く磯女。強い妖怪は違うな。
そこには和也の鼻を吸っている妖怪の赤ん坊がいました。人間をおしゃぶりにしてるんですね。
磯女は和也を引き剥がし、赤ん坊を鬼太郎に投げます。
赤ん坊は鬼太郎の鼻を思いっきり吸い始めました。
こうやって人間を与えておしゃぶり代わりにして泣き止ませているんだとか。
最初からおしゃぶり用意しろよ。
Photo_90

それを説明した和也は壷に放り込まれました。
他にも鼻を吸われた人がいます。磯に入ってくる人間が他にもいたのなら、事件になってるだろうし、他のところで行方不明扱いになってる遭難者か何かでしょうか?
ここにさらわれてる人たちは、一生赤ん坊のおしゃぶりになるんだそうです。
成長するのに何十年もかかるのかな?

磯女の赤ん坊は繊細だから、人が磯に入るだけで泣いてしまうんだそうです。
「ウチの坊やを泣かすやつは誰だって許せないんだよ!」という親バカぶり、芸能人に居そうです。

赤ん坊の吸い付き力はものすごく、鬼太郎でも引き剥がせません。
鼻を吸われてるから鬼太郎は極端な鼻声です。
それでも人間をさらっておしゃぶりにするのは酷すぎると抗議する鬼太郎。
磯女がそれで反省するはずもなく、人間の味方をするような妖怪は食べてしまえと言ってます。
食ったら鬼太郎並の妖力を得ることができるんだとか。

そこにねこ娘たちが上陸してきます。よくこの場所がわかったな。
ねこ娘たち3人がかりで鬼太郎から赤ん坊を引き剥がそうとしますが、全く外れません。
磯女が外せるのはお母さんだからってことと、新しいおしゃぶりがあることがわかってるからですな。

けんめいに引っ張っているにも関わらず、鬼太郎は赤ん坊に飲み込まれてしまいました。
つうか、飲み込まれてるのに赤ん坊だけ引っ張ったって無意味だろうよ。

ねこ娘たちは磯女の「鼻息」で吹き飛ばされてしまいました。
水で飛ばすのかと思ってたのでちょっと意外。

赤ん坊はこれ以上ないほど膨らんでいます。これからゆっくり消化するのか?
赤ん坊を抱き上げて、「鬼太郎を平らげるなんてさすがは私の坊や」とベタ褒めの磯女。
上機嫌の赤ん坊は空気を吸い込みだしました。
しかし、様子がおかしい。何か強制的に吸い込まされてるようです。
そんな赤ん坊を見て泣き出す磯女。その泣き声で岩が震えだしました。なるほど、強敵だ。
さらに海も荒れてます。磯女の力ってそれほどのものなのか。

その頃、金を回収してホクホク顔のねずみ男のいる集会所に海が荒れてるとの知らせが入ります。
海が荒れてるのは磯女の祟り、インチキだなとねずみ男は糾弾されました。
何とか逃げ出すねずみ男ですが、海の男が諦めるわけもなく、追いかけられてます。

洞窟ではさらに赤ん坊が膨らみ、抱きつく磯女を叩きさえします。
鬼太郎が中で操っているのです。変に力のあるものを取り込んでも、まさにただの寄生虫になるわけですな。
鬼太郎は「空気ポンプの術」を使っているのだそうです。そんな術があったんだ。
それを使うと、赤ん坊の中で膨らんで内側から操れるんだとか。
ここまでくると「実はこんな能力がありました」って行き当たりばったりの展開する漫画みたいだな。

鬼太郎がやっているのだとわかっていても、磯女に自分の赤ん坊を殴るなんてことができるわけがありません。
これって人質を盾にする、みたいな一番卑劣なやり方だよな。
磯女がさらに嘆くので、岩が激しく揺れて洞窟が崩れるのも時間の問題となりました。

そこに入ってくるねずみ男。
逃げるなら海中しかないもんな。磯女の岬には誰も入ってこないし。
今頃何だ?と責められるねずみ男ですが、それどころじゃない、村に竜巻が近づいてるんだ!と話をそらします。
それを聞いて「磯女の叫ぶ声で起こる振動が海に伝わり、竜巻を起こしているんじゃろう」と解説するオヤジ。
その台詞は説明的に過ぎますよ、父さん。

嘆き続ける磯女に「僕の話を聞く気があるのか?」と持ちかける鬼太郎。
完全に人質とった強盗か何かのパターンじゃねえか(笑)
「もっともっと膨らむこともできるぞ」と脅す鬼太郎に「やめておくれ、やめておくれよお願いだから」と悲痛な声で嘆願する磯女。
ここだけ見るとどっちが悪いのかわからんな。

「人間たちを解放するんだ」と言う鬼太郎に「ここに勝手に入り込んでくる人間のほうが悪いのに」とあくまで主張を止めない磯女。
嘆きで天井が崩れだしました。竜巻も相当な大きさに成長してます。

「勝手に人間が入り込んで海を荒らさなければ坊やも泣かないんだ。昔からこの浜は私たちのものと決められてきたのに、最近の人間はそれを守らないじゃないか!」と正論を吐く磯女。
言う事はある程度もっともではある。もともとこの地にいたのかどうかで判断は分かれそうだけど、磯女との共存をするべき状況ではあるし。
ただ、赤ん坊の躾はちゃんとしろよ。

状況に同情するオヤジとかわうそ。
ねずみ男にはよくわからないらしいですが、「お前には失うものが何にもないからな」と言うかわうそも酷いぞ。

「もう勘弁してやったらどうじゃ」と鬼太郎にオヤジが提案します。
「わかりました」と術を解除すると、赤ん坊が縮み始めました。
ちなみにこの赤ん坊、色が黒かったら拙かったりするんでしょうか?下らない話だとは思いますが。
Photo_91

元に戻った赤ん坊を抱きしめる磯女。竜巻も治まりました。

壊されずに美しいまま残った漁村。美しい光景です。
皆が感動しているところに「鬼太郎はどうなったんだ」とかわうそからのツッコミが入りました。
まだ赤ん坊の体の中ですから、ねこ娘が赤ん坊の口の中を覗き込みます。
そこに鬼太郎がしぼんでいました。
オヤジ曰く、「これが空気ポンプの術のやっかいなところじゃなあ」なんだそうです。
仕方がないので、オヤジが口の中に入って鬼太郎を回収します。
しかしまあ、見事にぺちゃんこだな。
Photo_92

ねこ娘が引っ張り出すと、息を吸った鬼太郎が元に戻りました。
それを見て笑い出す赤ん坊。子供をあやすのにはいい芸のようだな。

鬼太郎は、磯女に「今頃どんなに家族が心配しているか、お前ならわかるだろう。子供たちを返してやってくれ」と諭します。
磯女は子供たちを返したようです。まさに鬼子母神のエピソード。

村では「鬼太郎さんに感謝する会」が開かれています。
和也も素直にお礼を言って、鬼太郎の「立ち入り禁止の札を無視したりしないようにね」という忠告もちゃんと聞き入れます。
人間、痛い目にあわないとなかなかわからないもんだよな。
浜のほうは、誰も入れないように、「完全に」封鎖することになったようです。
しめ縄や立て札では効果が無いと思ってるんだろうな。

本気にはしてなかったという村人に、昔からの言い伝えには必ず理由があると答える鬼太郎。
初期はそういう話ばっかりだったな、そういえば。
「感謝する会」に出される料理は漁村ですから、刺身にロブスターなどの海の幸満載です。
ねこ娘は大喜びですが、かわうそは「やっぱり川魚のほうがいいな」と不満顔。
食えるだけありがたいと思え。

テーブルの下から伸ばしたねずみ男の手はねこ娘に叩かれました。
逃げ出したのに、刺身食べる資格なんて無いということです。
が、箸がねずみ男に当たってたら大変だろうに、そのへんはやっぱり妖怪か?
Photo_93

「細かいこと言うなよ」となだめにかかるねずみ男ですが、「インチキねずみだ!」と村人に追いかけられていきました。
そりゃそうだろう。なんでこんな場所に入れる神経持ってんだか。

追いかけられて浜から海に入ったら溺れてます。泳げるだろうに…
それを見て笑ってる鬼太郎たちもたいがいですが、見た感じ10mも沖へ行ってないので、冷静になったら足がつく深さなんだろうな。
と思うけど、今回の背景全般に言えるのだが、距離感やスケールがおかしい。
横の埠頭と灯台はなんだ?
Photo_94

ところで、鬼太郎たちが笑ってるシーンでは絵が全く動きません。
普通は最低2枚用意して表現すると思うんですが、時間が無かったのでしょうか?


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日曜日)

05月11日のココロ日記(BlogPet)

川へ洗濯に行くと大きなツチノコが流れてくるそうです。美味しそうですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ニコ動】地球を防衛するアイマス

流して書きたいときにはニコニコ動画に限る。
ということで、地球防衛軍のいきなりINFプレイです。

「地球防衛軍3」はXbox360のゲームですが、難易度はEASYからINFERNOまであります。
普通はNORMALあたりから始めて体力と武器を稼ぎ、それをもって上の難易度へ移行するものですが、最初から最高難易度のINFERNOに挑戦する人もいます。
そんな動画ですが、凄いのは自分の貧弱な武器は敵の足止めに使って仲間に倒させてるところです。
仲間の体力や武器の威力は難易度で変わってくるので、この時点では仲間のほうが強いんですね。
ま、普通は仲間はあっという間に死んでますが。
エンディングまでどんどんリンクされてますが、「地球防衛軍」をプレイしたことがある人なら是非見て欲しいです。
特にスナイピングが尋常じゃありません。
ちなみに、私がクリアしたときには体力が一万を超えてました。

この人は、最近「地球防衛軍2」でもいきなりINFプレイをやってます。
「2」はとてもじゃないがクリアできる気がしないってレベルの難しさですが、正攻法でちゃんとクリアしています。
そんな人もいるんですね。
私は、今日4時間ほど自動で稼いでみましたが、シークレット武器は一つも出なかったですorz

そしてアイドルマスターと地球防衛軍がコラボ。
この動画が頭にあったので、「L4U!」でなんで「EDF!」の掛け声が無かったのか?と一瞬本気で不思議に思ったほどです。

アイマスの千早が癒してくれる動画。私も千早好きなので癒されます。
再生時間が1分12秒ですが、これは72秒で、千早のバストサイズが72だからですね。
本編プレイもしてないのにこんな知識だけ持ってるのって無駄以外の何者でもない(笑)

ザナドゥ・ネクストの曲から。
雰囲気が好きなんだけど、見ないうちに荒らされたみたいですね。

数々のMADでネタにされた「最強○×計画」のアイマス版。
完全に「ずっとゆきぽのターン」って感じですが。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年5月4日 - 2008年5月10日 | トップページ | 2008年5月18日 - 2008年5月24日 »