« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »

2008年6月15日 - 2008年6月21日

2008年6月21日 (土曜日)

【ドラマ】真説ラストフレンズ

DVだの性同一性障害だのケータイ小説のような展開が好評だった「ラストフレンズ」
美知留(ミチル)、瑠可(ルカ)という名前も中二病全開のケータイ小説みたいだし。

あれは、「私たちの教科書」の伊藤淳史のように、ダメダメな長澤まさみを見るのが正解かと思われます。
ブログ見てもそんな感じのが多かったしな。

もはや犯罪級だった宗佑の美知留に対するDVも警察沙汰にはならず、美知留がグダグダやってるもんだから、周りが不幸になるというのがストーリーの軸。
長澤がいなければ、残りの人間は幸せだったでしょう。

最終回直前には、美知留を連れ戻すことに成功した宗佑が写真を見ながら何故か自殺。
「薔薇のない花屋」とかもそうだけど、心理描写を省略するな。
そんなことするからタミフってるんじゃないかと思うのだ。

「薔薇のない花屋」では、登場人物の急な心変わりは雫と一夜を過ごしてからだったので、夜中に寝ている登場人物に雫が暗示をかけていることで結論付けられましたが、今回の犯人は滝川エリでしょう。
美知留以外では一番宗佑に会ってますから、その時の暴言に暗示があったのでしょう。
そして、宗佑は操られたのです。
死ぬまで自分が何をしているのか、具体的にはわかっていなかったでしょう。

そして、今回の自殺で、前々から思っていた「この世界には警察が存在しないのではないか?」という疑問に答えが出ました。
このような形であれば警察の捜査が入りそうなのに、痕跡がありません。
宗佑がストーカー規制法で簡単にしょっぴけそうなのに、タケルが傷害罪が適用できそうなほど怪我したのに警察沙汰にならなかった謎がこれで解けます。
そら、最初から存在しなかったら警察沙汰にはならんわな。

タケルと瑠可が乗ったバイクの事故のときも警察が出てきた様子はないし。
そういや、このバイクは見通しのいいカーブで事故を起こしたのですが、タケルは前を見てなかったのでしょうか?
タケルがセンターラインをオーバーしたようですが。
ちなみに、こけたときには取れてたミラーは病院に行ったときには直ってましたね(笑)

まあ、それまであんだけ親友だと言っていた人間がいなくなっても探さないもんなんですね。

美知留が子供を産もうとするのにも驚きましたが、加害妄想に陥ってるような気がします。
「さよなら絶望先生」の加賀愛みたいなもんですね。
アレを見るとわかりますが、完全なギャグキャラなんですよ。
だから、最終回後半は大笑いでした。

小倉友彦は、Wikipediaではミラノへの転勤が決まって妻と行くはずだったけど、エリが忘れられなくて妻と離婚、エリと結婚したことになってますが、私はミラノへの転勤後に帰ってきたのだと思いました。
だから、「ミラノに妻を捨てて帰ってくるとは策士」だと思ったのですが。
これなら結婚式を邪魔されることもありません。
今頃奥さんは夜のミラノで街頭に立ってるのかしら?とか思ってました。

最後はグダグダでしたが、最初に広げた大風呂敷をたためなかったのだと思います。
「ホカベン」もそんな感じ。

上野樹里が新しい演技を見せたのが「良かったところ」でしょうか。

妙な急展開をしても「ケータイ小説だとこうだから」って予想した展開どおりになったのは、もう脚本家の頭を疑いますわ。

今、これは凄いかもと注目してるのは、NHKの「監査法人」
NHKは「ジャッジ」とか時々侮れないドラマを作ります。

「ごくせん」は舞台のようですね。
○○回公演の役者が今回の人ってだけで、内容は全く同じです。
場合によっては台詞まで同じ時がありますね。
これはこれで、水戸黄門のようで面白い。
いや、舞台だって毎回新要素を入れてくと思いますが。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年6月19日 (木曜日)

【ニコ動】ゲームプレイ動画を上げてみた

時々お世話になっていニコニコ動画。
ゲームのプレイ動画を上げてみました。
ゲームはPS2の「THE 地球防衛軍2」

難易度が高いことで有名で、そのために並の腕では尋常でない鍛え方を要求されます。
また、強力なシークレット武器の出現率が、陸戦兵では0.5%ほどと推定されてます。
実際、私も全ての武器が揃ったのはプレイ時間が230時間とかになってからです。
HP増強や武器は敵を倒すと落とすことがあるアイテムボックスで行うのですが、手作業ではとても追いつかないので自動で行う方法があります。

これがステージ69「灼熱」で行う自動稼ぎのお手本。

それを元に、「全く参考にならない」プレイ動画を上げました。

INFERNOクリア特典のジェノサイド砲を持ってます。
これは弾速は遅いながら、100万という常軌を逸したダメージと爆発半径70mという圧倒的な威力を誇ります。
つまり、これ使えば通常30分ほどかかる自動までの手順が10分ほどで終わるという便利なもの。
ステージ自体は終わってる(IMPOSSIBLEがあるけれどもあれは無理)ので、武器を全部集めるというぐらいしか利用法ありませんが。

この動画は、

(1)PS2を東芝のVARDIAにD1端子で接続
(2)HDDで録画
(3)DVDに焼く
(4)パソコンはDVD-RやDVD-RWを認識しないのでDVDプレイヤーをパソコンのキャプチャーボードに接続
(5)プレイヤーで再生しつつキャプチャーボードで録画
(6)MPEGに出力してVideostudioで編集
(7)サイズを小さくするためにSUPER(c)でAVI(コーデックはH.264)に変換

という作業で作られています。
パソコンで録画するときに0.5~1秒弱音がズレるので、後から音楽を被せてます。
被せた歌にたいした意味はありません。
Videostudioもwmvではビットレートの最高が2Mしかいかない古いものなので、たいした編集はできません。
変換も実時間の数倍かかるしね(笑)

今は体力だけをひたすら上げるために難易度はEASYでやってます。
体勢にもっていけば、あとは4時間放置しておけばHPが1000ほど上がります。
1000「しか」上がらないってことですけどね。

HPが3万を超えた時点で下の方法で陸戦兵単騎での「絶対包囲」攻略にも成功しました。

最初の蜘蛛をさばけるかどうかですね。
第二波なんぞ怖くありません。
蜘蛛もダロガもボルケーノ6Wをうまく食らわせたら6斉射ぐらいで沈みます。
百足は何故か近寄ってこないので、遠くからボルケーノ撃ってれば終わります。
近付いてくればハーキュリーで。

もう一個上げたのが、XboxLiveArcadeの「Luxor2」
これの楽しさを知ってもらおうと、最高難易度の「ホルスの試練」のステージ5-4のプレイ動画を上げました。
難易度エキスパートのこのステージである、12-9で詰まってる人がかなりいます。

動きが引っかかるようなぎこちないものですが、何故かえらい遅延があってまともに動かないのです…
あと、VARDIAの入力端子はD1なので、Xbox360が対応してません。
で、コンポジット入力になってます。
当然パソコンに取り込むときに音がズレてるので、歌を被せてます。

今見ると、ワイドスクリーンでやらなくていいよなあ、とか反省点がありますが、そのへんは次回があれば活かしていきたいかと。
もともとウチのVideostudioでは4:3以外の変換はできないし(笑)
というか、次は新しいパソコンにPV4あたりでやれれば…

----------
なんか面白い記事見つけたので。

----------(以下引用) 「台北101」の階段駆け上がりレース、今年はドイツ選手が優勝(AFP通信) http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2405816/3038966

【6月15日 AFP】台湾の台北(Taipei)にある超高層ビル「台北101(Taipei 101)」で15日、毎年恒例の階段駆け上がりレースが開催された。約2500人の参加者が91階、約390メートルを駆け上がった。

 優勝したのは、階段駆け上がりレースのスペシャリスト、ドイツのThomas Doldさん(23)。2046段をわずか10分53秒で駆け抜け、賞金の20万台湾ドル(約71万円)を獲得した。Doldさんは、今年の米ニューヨーク(New York)のエンパイアステートビル(Empire State Building)駆け上がりレースでも優勝していた。

 2着は前年チャンピオンのイタリアのMarco De Gasperiさん、3着は台湾のChen Fu-tsaiさんだった。

 女性部門では台湾のLee Hsiao-yuさんが14分53秒のタイムで優勝した。2着は、同じく台湾のChien Pei-yuさんで16分14秒のタイム。3着はイタリアのCristina Bonacinaさんだった。(c)AFP
----------(ここまで)

昔行った香川県の金刀比羅宮よりも遥かに階段の数多いです。
それをわずか10分53秒とは…
去年は11分半ぐらいだったらしいです。

それにしても、

>階段駆け上がりレースのスペシャリスト

なんてものが存在するとは思いませんでした。
映画見てないし原作読んでないのでよくわかりませんが、「学校の階段」はあながち荒唐無稽でもないってことでしょうか。

2500人もがどうやって競技したんでしょう?
ラリーみたいな一人一人が時間差で出発する方式かな?


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【アニメ】ネオアンジェリークAbyss二期決定

テレ東系で「ネオアンジェリークAbyss」をやってますが、続けて二期目が始まります。

まあ、そうでないと全然終わりそうになかったからどうするのかと思ってたので一安心です。

次回予告が毎度面白いんだよな。
下のサイトの「TRAILER」をクリックすれば見られます。

テレビ東京・あにてれ ネオ アンジェリーク Abyss

そんなアンジェのMADをニコ動から。

これはゲームのムービーから。

こっちはアニメから。アンジェが可愛く見えるとは…
ゲームのぱっけじを見ても1や2と比べると由羅カイリ先生の絵がかなり一般向けというか上手くなってきたような。

新しいアニメが出るたびに使われてるんじゃないか?と思う「最強○×計画」ですが、アンジェでもありました。
うまく合わせてあるし、ジェイドの使い方が最高です(笑)

私もこれ見たときはビビった。

ニコ動にゲームの動画をうpしたので、明日はそれについて。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月曜日)

【アニメ】鬼太郎第61話 ハングドマン

田舎の村に妖怪城から子供を生贄に差し出せという手紙が来ます。
この村ではそういうのを本気に捉える雰囲気があるようです。

いかにも田舎といった感じの木造の家のトイレの前で健太が座り込んでます。
妹の幸子が怖くて夜のトイレに一人で行けないからついてきてるんですね。
その幸子が、トイレの窓から変なものが見えると言ってきます。
それは山のように大きなもので、こちらに向かってやってきてるんだそうです。
健太は本気にしなくて、早く出て来いとか言ってます。
結局幸子は水を流して出てきました。
おぉう!水洗なのか。ウチはそうじゃないからな。少しビックリしました。

部屋に帰ろうとした健太と幸子の前にいきなり祖父さんが出てきました。
物凄い髭の老人で、こちらのほうが横丁の妖怪より妖怪じみてます。
祖父さんが「とうとう現れおった」と呟くと地面が揺れました。
集会場で手紙を検討していた大人たちも気づいて外を見ると城が動いてます。
祖父さん曰く「妖怪城」だそうです。

村人たちは恐慌状態で、集会所に逃げてくる者もいます。
祖父さんは「生贄を出さねばならん」と呟きました。
妖怪が人間の子供を欲しがるんだそうな。
健太は妖怪なんているわけないと否定しようとしますが、祖父さんは古くからの言い伝えを語りだします。
「妖怪城が現れるとき、子供が一人残らず居なくなり、妖怪の軍勢が押し寄せてきて、人間は皆息絶えてしまう」と。
その言い伝えどおりなら、生贄を差し出しても村は全滅じゃないのか?

雨戸や扉を閉めさせながら、呼んでおいた警察を待ちますが、パトカーは宙に吊り上げられて警官も太刀打ちできてません。
パトカーは送電線に放り投げられて爆発、村は停電しました。

健太は祖父さんに対策を聞きますが、祖父さんはどうしようもない、と諦め顔です。
村の皆が緊張に包まれる中、闇の中から「生贄を寄越せ」という声が聞こえてきました。
村長らしき人が拒否すると闇の中に大きく光る目が。

健太は幸子を部屋に隠れさせ、朝まで声を出さずに隠れてろと言い含めます。
「ゲゲゲの鬼太郎に手紙を出せば、きっと助けに来てくれるはずだ」と健太が言ってますが、けっこうメジャーな都市伝説なのかね。
走り出した健太は、ほどなく妖怪に捕まってしまいました。

ゲゲゲハウスでは、風呂に入ろうとしたオヤジがあまりの熱さに飛び出します。
鬼太郎が熱湯を用意してしまったようですが、鬼太郎は体が熱くて調子が悪いようです。
前々回に使った地獄の鍵の影響みたい。
あれだけ大きな力だから、当然ながら副作用もあるわけか。
どうもあの時の勢いがまだ残ってて、無意識に力が出てるようです。
火炎放射器を使った後に垂れてる炎のようなもんか?

そこにねこ娘がやってきて、鬼太郎にサツマイモを渡します。
鬼太郎の熱で焼き芋ができないか?と思ったようです。
Photo_149

別に鬼太郎も四六時中熱いわけではないし、そもそも芋が焼けるほど熱いわけではないだろう。
ねこ娘の本題は、妖怪ポストに入っていた手紙でした。
最近妖怪ポストが使われてるような気がします。
前は鬼太郎の周りで起こる妖怪騒動が多かったからな。
手紙の内容は先ほどの村のことで、対峙する相手は妖怪城の主です。

村に着いた鬼太郎たちは祖父さんの案内を受けます。
祖父さんが小さい頃は、山には妖怪がたくさんいたんだそうです。
入らずの山といって、妖怪の都と言われるほどだったそうな。
いくつかの山の集合体のようですが、妖怪城がどの辺りにあるのかは、人間にはわかりません。
夜に見えた妖怪城は、近いような遠いような、距離感がハッキリしないもので、明るくなってからはどこにも見えないという不思議なものです。

今夜も生贄を求めてやってくるだろう、というオヤジの見立てですが、一晩で村の子供全部を連れ去ることもできないのか。
囮が必要だと言った鬼太郎に対して、ねこ娘が生贄役をかってでます。
Photo_150

が、老人が「昔、子供の身代わりに、猫をお供えしたことがあったそうです。しかし、ニセモノだとばれて村は酷い目にあったとか」と、身代わりを立てるのは危険だと忠告します。
しかし、猫とねこ娘はかなり違うと思うが。
というか、「ニセモノだとばれて」って昔の村人は妖怪が人間と猫を間違うなんて本気で思ったのか?
ともあれ、幸子が身代わりに立候補します。
身を挺して助けてくれた兄のためならってとこでしょう。
Photo_151

村のはずれに「生贄の岩棚」という大きな岩があるので、そこに幸子を置いて鬼太郎は影から監視です。
しかし、昨日は村中を飛び回った妖怪がこちらに来てくれるんでしょうか?
と、思ったら来ましたよ、ねずみ男が。
すぐに鬼太郎とねこ娘が飛び出して問い詰めますが、ねずみ男は「たんたん坊先生!」と助っ人を呼びました。
たんたん坊はつるべ落としみたいな妖怪です。
他にも似たようなのがいるし、恐らくは同一の妖怪が地方でいろいろ変化したんでしょうな。
鼻毛がキュートです。
Photo_152

たんたん坊が言うには、妖怪が減り人間が増えすぎたので、人間を妖怪にして妖怪を増やし、妖怪の都よもう一度!ということらしいです。
鬼太郎は「今は昔とは違う」と諭そうとしますが、たんたん坊は聞きゃあしません。
昔ながらの妖怪は減ったかもしれないけど、くねくねとか高速ババアとか現代にも妖怪は次々生まれてるんですが。
たんたん坊は妖怪城の主で、つまり入らずの山はたんたん坊の領地だと。
「頭が高けえぞ!頭下げろ!」というたんたん坊の要求に「断る!」と毅然とした態度の鬼太郎。
「だが断る」なら面白いんだけど、シチュエーションが違うわな。

鬼太郎がたんたん坊に向かっていくと、たんたん坊は唾液を吐きかけました。
その唾液は鬼太郎を追いかけて固めます。
固められた鬼太郎は動けずに、唾液は石のように固まってしまいました。

たんたん坊は幸子を唾液で絡めとって帰っていきました。
チラっと振り向いたねずみ男の足を掴む手があります。
地面に穴を掘って逃れた鬼太郎でした。前にも似たようなことがあったな。
Photo_153

鬼太郎はねずみ男に妖怪城への道を案内させます。
たんたん坊はねずみ男のことなんか気にしてないからさっさと帰ってしまってます。
こういうツメの甘さのあるほうが負けます。

ねずみ男の案内で妖怪城に着きますが、オヤジが言うには妖怪城は封印されていたのだそうです。
例によって封印を解いたものがいる、となれば百目とかの前例でねずみ男が疑われます。
ねずみ男は必死で否定しますが、誰も信用しません。日ごろの行いですな。
妖怪城にはたんたん坊の唾液で子供たちが吊り下げられていました。
Coco

人間の子供をたんたん坊の唾液で包み、月の光で干すと妖怪になり、たんたん坊の忠実な部下になるのだとか。
妖怪になってしまえば元に戻す方法はありません。
急いで助けないと手遅れになります。
一反もめんに乗って飛び出す鬼太郎ですが、ピンク色の風に邪魔されました。
ぬらりひょんの配下、かまいたちです。
ぬらりひょんを見限ってたんたん坊に付いたのでしょうか?

襲い来るかまいたちをかわすと、その隙にねこ娘が飛び掛って山の斜面を落ちていきました。
子泣きとかは強いけど、この芸当はできんな。
ねこ娘救出を一反もめんに任せて鬼太郎は妖怪城に飛び込みます。
かまいたちに気をつけろと忠告を受けた一反もめんは「アイアイサー!」と敬礼してますが、八奈見乗児さんだとしっくりくるな。

妖怪城の扉は体当たりしても開かず、髪の毛針も効きません。
でも、鬼太郎が髪の毛槍を投げつけたら爆発しました。
あの槍にそんな力があったとは。
進入を果たした鬼太郎ですが、ねずみ男やかまいたちの様子からすると、仕組まれたもののようです。
妖怪城では朱の盤が手紙を山ほど書いてます。
周辺市町村へ子供の生贄を差し出すようにとの手紙ですが、たんたん坊は全国に出すためにもっと書けと命令します。
ぬらりひょんの部下がたんたん坊に全面協力ってことなのかな?

子供たちを助けようと階段を駆け上がっていた鬼太郎を迎え撃ったのは二口女でした。

Photo_154

Photo_155

声が金月真美さんってことは藤崎詩織ですか。
”鋤とか機雷とか♪”って共産主義みたいな歌でしたっけ?

金月真美プロフィール

パトカーを放り投げたのもコイツですな。
髪の毛に絡め取られた鬼太郎はいいようにやられてます。
二口女は鬼太郎を食おうとしてます。
鬼太郎を食った妖怪はたいてい酷い目にあってますが。
鬼太郎は体内電気で二口女を撃退しました。

ついに鬼太郎はたんたん坊のところにたどり着きました。
部下は二口女だけですか。そりゃあ少なくなったって嘆くわな。

横から声が聞こえてきます。
「たんたん坊先生が気にかけるような相手ではありませんよ。先生に歯向かうなど身の程知らずにもほどがある」とたんたん坊を持ち上げてるのはぬらりひょんでした。
Photo_156

しばらく潜伏してたと思ったら、妖怪城を探していたようです。
前々回にベアード様の要請を聞いてたときに言っていたのはこのことだったんですか。
つまり、妖怪城の封印を解いたのはぬらりひょんで、ねずみ男は無実だってことですな。
それで鬼太郎たちが謝ったりはしないでしょうけど。

鬼太郎の目の前で封印のしめ縄を切り刻み、妖怪城の封印ができなくなったことを見せ付けるぬらりひょん。
妖怪城の主こそが日本妖怪の支配者なのだそうです。
だから、部下も含めてたんたん坊に仕えているとのことですが、ぬらりひょんのことですから裏がありそうです。

外に吊るされている子供のうち、早々に掴まった健太は牙が生えて妖怪になりかかってます。
タイムリミットが迫っているようです。
ぬらりひょんはハクがつくからと鬼太郎をたんたん坊自らの手で倒すように提言します。
その気になって飛び掛かるたんたん坊。
本当に王者であれば、それ以上のハクはいらないのだから、黙って部下に戦わせるもんですけどね。
たんたん坊は強いので、鬼太郎を踏み潰しぺちゃんこにします。
Photo_157

そこに囚われたねこ娘と一反もめんが運び込まれました。
ねこ娘はともかく、一反もめんは一瞬何なのかわかりませんでした(笑)
Photo_158

たんたん坊はぺしゃんこになった鬼太郎を絨毯にして御満悦です。
朱の盤は、コッソリとぬらりひょんに鬼太郎が倒されていいのか?と聞きます。
鬼太郎を自らの手で倒すのがぬらりひょんの目的で、そのために鬼太郎を助けたことさえあるのがぬらりひょんです。
それを考えると、今回の行動は不自然です。

外では健太の牙が大きくなり、耳が尖ってきてます。
吸血蝙蝠か何かの妖怪か?あんまし日本妖怪ではなさそうだ。
それを見た幸子は鬼太郎に助けを求めます。
すると、たんたん坊の下から煙が出てきました。
「なんだかあったけえぞ」とか言ってる場合ではないと思いますが。
熱い!と飛び上がると鬼太郎が燃えていました。
地獄の力が漏れ出しているのです。前回漏れなくて良かったな。
炎は朱の盤が書いた手紙に延焼し、城を燃え上がらせます。

慌てたたんたん坊は口の中からコントローラーを吐き出しました。
そのコントローラーを操ると地響きがして複数の妖怪城が集まってきました。
地水火風の妖怪城です。

たんたん坊に気を取られてる隙にねこ娘が一反もめんの縄を切り裂きます。
ねこ娘の爪ってそんなに鋭いんだ。

地水火風の妖怪城に必死で助けを求めるたんたん坊ですが、延焼は続きぺしゃんこになった鬼太郎がジリジリと近寄ってきます。
何となく心霊ビデオを見てるような気分です。
火はたんたん坊にも燃え移りました。
ほったらかしにされたコントローラをかまいたちがぬらりひょんに渡します。
やはりそれが狙いか。

燃え上がって助けを求めるたんたん坊に「そうやって助けを請う相手を、お前は一度でも助けたことがあるか!」と復活した鬼太郎。
正義の味方であればそういうのは関係なく助けるもんだと思うけどね。
今回のケースで助ける事はないとはいえ、この台詞は正義の味方らしくはない。

まだまだ暴走が続いてるので、鬼太郎は炎に包まれてます。
その地獄の炎でたんたん坊を焼き、火達磨になったたんたん坊は城から飛び出して落ちていきました。
子供たちは一反もめんが助けてます。
ぬらりひょんはかまいたちの手で脱出しました。
鬼太郎は追いかけることもできず、一反もめんで脱出です。

事件は解決し、子供たちは親の元へ帰ることができました。
帰途につく鬼太郎たちですが、ねずみ男の前をさりげなくねこ娘が遮ります。
「どこへ行くの~?」って何か可愛いな。それだけに怖いですが。
言い訳をするねずみ男のヒゲを掴んで横丁まで引っ張っていくねこ娘でした。

燃え落ちた妖怪城の石垣の前で満足そうなぬらりひょん。
今回の目的は妖怪城を操るコントローラーだったんだから、作戦は大成功だったわけです。
燃えた天守の部分はあくまで外側にすぎず、本体はこんなのらしいです。
悪い夢に出てきそうというか、シュール系ギャグ漫画に出てきそうです。
Photo_159

さらに、地水火風の天守が合わさると、本当の姿を取り戻すのだそうです。
ぬらりひょんはどこにでも移動可能な最強の要塞を手に入れたことになります。
その手助けをしたのが鬼太郎というのも皮肉な話です。
ま、話的には大いなる戦いのための踊り場みたいなものでしたが。
あんましぬらりひょんとの決戦って興味ないんですよね(笑)

次回はアマビエ大活躍です。歌とか(笑)


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06月16日のココロ日記(BlogPet)

いいヴィーさんって意外にかっこいいですね?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »