« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »

2008年8月24日 - 2008年8月30日

2008年8月30日 (土曜日)

【Luxor2】最終面に到達&ダメダナ訂正

ニコ動に上げていた「Luxor2」のプレイ動画ですが、ようやく最終面にいきました。

これでエンディングが見られます。
最初にエキスパートクリアしたとき、エンディングにならなかったのには愕然としたな。

今回使った曲は以下の通り。

「特捜エクシードラフト」宮内タカユキ
「わにのゆめ」ZABADAK
「When Where Who Which」
「匍匐前進」PLANET
「彼は宇宙人」PTON!
「宇宙英雄賛歌」モンリオ・エリコーネJr
「たった1つの想い」KOKIA
「Song for…」HY

「特捜エクシードラフト」は同名特撮のOP。
ZABADAKが何なのかは実はよく知らないのだけど、一枚だけCDを持ってます。
「When Where Who Which」は「少女革命ウテナ」を見てた人にはおなじみのもの。
PLANETは…なんというか、迷彩ビキニのおねーちゃん三人組が歌ってます。

詳しい事はここに書いてあるかな。阿修羅で申し訳ないけど。
元記事は当然消えてるし。何でこんなCD持ってるんだろう?

自衛隊を応援するアイドルユニット「PLANET」デビュー(デイリースポーツ)

PTON!は徳島出身のバンドです。
詳しいとこはこれくらいか?

PTON!(知誕wiki)

デビューアルバムから持ってきたけど、買ったのはメンバーの中にボーイスカウトの人がいるから。
ぶっちゃけ知ってる人で、ウチの団が人いなくなってここに吸収されたんだけど、そこの隊長さんの息子さん。
早い話が義理だよね(笑)
モンリオ・エリコーネJrは田中公平の別名。
「宇宙英雄物語」のイメージアルバムから。
この人を初めて知ったのは「大熱血」のイメージアルバムか。
最終ステージは好きな曲を入れようとしてこんな結果に。
「たった1つの想い」は「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-」のOP。
「Song for…」はHYのアルバム「TRUNK」から。
意図したわけではないのにこの二曲に時間がぴったり収まった奇跡に拍手。

ここまでクリアできる(通しでなくて良い)腕があれば世界ランキング20位以内を目指せるかと思います。
ニコ動のコメントにあるとおり「Zuma」より数段易しいし。
「Zuma」はクリアできる気がしない(笑)

価格は800MSP、約1200円。
マーケットプレイスからダウンロード販売中。


----------
やっぱり「恋空」は凄い。
脚本も監督も狙ってやってるんだとしか思えない。
原作がどうしようもない場合、例えば「世界の中心で、愛をさけぶ」は基本設定とプロットを持ってきて、あとはひたすら泣かせるシーンだけこれでもかと詰め込んで名作にした。
そうでない場合はこのように「わかってやる」しかないと思うけど、これは見事だ。
このありえなさを狙って作るのは難しいから、原作の人グッジョブ!としか言いようがない。

いろいろ見てたら原作に挑戦してみようかと思ったよ(笑)
携帯で無料で読めるし。
ただ、以前5ページほど読んで挫折したんだよね。
これほど読むのにエネルギー使う小説も珍しいと思います。


----------
昨日の日記

【ストウィ】小ネタ&【あらびき団】チュチュ

で書いたエイラの翻訳は私が間違ってました。
まとめWikiので正しいですね。
恐らくはこう。

----------
継続戦争(フィンランド対ソ連の戦争)の比較的平穏な時期、(ユーティライネンの)中隊は後方へ下がっていた。
そこでは常にコマンドによる脅威があり、警備区域外からの恐怖があった。
ある日、コマンドたちは暗闇の中、森を通ってサウナに向かっていた。
突然サブマシンガンが木の陰から掃射され、そこらじゅうを薙いだ。
彼らは地面に伏せ、そしてイル(ユーティライネン)の笑い声を聞いた。

彼らは腰のナガンM1895に手をかけ、「ちくしょう!イルめ!我々はお前を撃つことが出来たはずなのに!」と、罵った。
暗闇から帰ってきたのは「オマエタチが私に当てるなんてムリダナ。私は岩の後ろに隠れてるんだから」という返事だった。
----------

ということで、エイラユーティライネンを襲撃しようとしたコマンドが逆にユーティライネンにサブマシンガンによる奇襲を受けたと。
そんだけ先読みできるから空中戦でも被弾は一発なんだという逸話だと思います。

今日は第9話ですが、坂本少佐がどうなるのかドキドキしながら見ますか。
次回予告見る限りはかなりほのぼのシーンがあるようなんですが(笑)

そういえば、アイキャッチの絵は島田フミカネ氏が前もって渡してあるやつで、ストーリーとは全く関係ないんですね。
うっかりストーリーのネタバレになるよう絵を描いてしまったときは慌てて描き直したとか。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月29日 (金曜日)

【ストウィ】小ネタ&【あらびき団】チュチュ

本当は昨日書こうと思ってたんだけど、雷で停電しまくりだったので断念。

「ストライクウィッチーズ」は2ちゃんのスレの加速具合も凄いというか、前に見たのだと放送日に関係なく直線で伸びるのが笑えた(笑)
で、そこらあたりから作られるまとめwikiの充実ぶりが素晴らしい。
けっこう参考にさせてもらってます。

ストライクウィッチーズ(アニメ) まとめwiki

2ちゃん見てなくても今北産業が要領を得ているので大丈夫。

で、何より素晴らしいと思ったのは海外紳士元ネタ解説
海外の掲示板などで書かれたストライクウィッチーズに関するネタを翻訳で紹介してくれます。
翻訳に怪しいところはあれども概要を掴めるので便利です。
なんかミリネタに関しては海外のほうが遥かに詳しいのが驚き。
帝国海軍とかでも向こうに勝てんのか(笑)

あの島がモン・サン=ミシェルだというのもここで、いろいろ盛り上がった第7話のハルトマンのモトネタ、帽子騒動もこれでわかりました。
ただ、実際にあの島が実際のモン・サン=ミシェルだとは思えないんですが、そんなにガリアに近いところにあるんでしょうか?
ドーバーのブリタニア連邦寄りだと思ってたんですが。

モン・サン=ミシェル(Wikipedia)

その際に一番期待したのは第6話のエイラのサウナネタ。
でも、翻訳が残念なものになってる気が。

第6話「いっしょだよ」の元ネタ解説翻訳

これだとナガンを持ってるのはフィンランド軍だけど、ナガンってソ連が大量に使用した拳銃じゃないの?
しかし、私の解釈が正しいという保証もないので手も付けられない(笑)

----------(
追記:間違ってました。訂正は

【Luxor2】最終面に到達&ダメダナ訂正

にて。
----------(

原文と私の翻訳を書くと、

原文----------
It was the more peaceful time of the Continuation War, and the squadron was in the back. There was constant threat of saboteurs, and feared by all outside guarded areas. One time the men were marching to sauna on a path through forest, in darkness. Suddenly a SMG fires from the woods and bullets whisked all around. The men flung themselves to the ground - and then they heard Illu's laughter.

"Goddamn Illu, we could have shot you!" the men complained, after all each had a Nagan pistol on their belts. "You couldn't hit me. l'm behind a big rock," came the answer from the night.
ここまで----------

翻訳----------
継続戦争(フィンランド対ソ連の戦争)の比較的平穏な時期、(ユーティライネンの)中隊は後方へ下がっていた。
そこでは常に工作員による脅威があり、警備区域外からの恐怖があった。
ある日、男たちは暗闇の中、森を通ってサウナに向かっていた。
突然サブマシンガンが木の陰から掃射され、そこらじゅうを薙いだ。
彼らは地面に伏せ、そしてイル(ユーティライネン)の笑い声を聞いた。

工作員たちは腰のナガンM1895に手をかけ、「ちくしょう!イルめ!我々はお前に当てることが出来たはずだ!」と、罵った。
暗闇から帰ってきたのは「オマエタチが私に当てるなんてムリダナ。私は岩の後ろに隠れてるんだから」という返事だった。
ここまで----------

私はこう理解したけど、英語に堪能な人に添削してほしい(笑)
それにしても、最近わかったのは公式サイトも基本設定も見ないで見てる人がけっこういること。
「病気」と言われる公式サイトは是非おさえておくべきだろう。
坂本少佐の解説とか。
その原稿を書いてるのは軍事考証の人みたいで、そんな人が坂本少佐に斬られそうな芳佳や芳佳にウイスキー勧めるリーネの台詞書いてるのか…

その考証の人のブログでステキなものが紹介されてました。

闇文社電子出版局「501パッチ」
501

第501統合戦闘航空団のパッチですよ。
これ本気で商品化してほしいなあ。

コミック買ったんですが、なんかいろいろと残念なデキですね。
海軍が97戦使ってたりちゃんと集合排気管付いてるのにV型エンジンの排気管も付いてたり。
ハイブリッドなんだろうか?
中島疾風という名前もどうかと思うけど、一番「おい!」と思ったのは芳佳たちが穿いてること。
世界の根幹をぶち壊しちゃ不味いだろ…

で、最後はFlashを。
最近ニコ動ばっかりでこんなの廃れたのかと思いましたが、職人が作ると凄いですね。
Flashムービーはこう作るんだっていうお手本みたいな作品です。

E-501

----------
エンタの神様もレッドカーペットも見ない私が唯一見てるバラエティ番組が「あらびき団」

あらびき団公式サイト

面白くないヤツはとことん面白くないが、「まだまだ世界にはすげぇのがいやがるぜ」の世界です。
しかも、だいたいは他の番組なんかには出ないからかなりの部分が一期一会。
どことなく「イカ天」っぽくもあります。
8/27に放送されたやつの一番最初が「チュチュ」という二人組。
バレリーナのショートコントなんですが、えらいツボにハマって大爆笑でした。

でも、2回目ってほとんど無いんだろうなあ(笑)
YouTubeに上がってないかと思ったんだけど、無かったので上げてみました。
持ったより荒い動画になってしまってて、もう少しビットレート上げとけば良かったと反省。
ニコ動と違ってYouTubeはどんな動画データであれ再エンコードするからどう処理すればいいのかわからない部分があります。
今回が初めてでいろいろググってはみたんですけどね。よくわからない。
黙って600kbpsぐらいでやっとけば良かったか。


関連?商品----------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水曜日)

【鬼太郎】第70話 日本人ならコメを食え

新興住宅地に引っ越してきたみのりちゃん親子。
車の中で自然が豊かだみたいなことを言ってるんですが、奥さんが旦那さんのほうを向くまでの絵が3枚だったんですが、止め方がおかしいのでカクカクして見えます。
PCがおかしくなったか?と思ったんですが、最初からそうでした。
これなら途中無いほうが良かったんじゃないか?そういうのはよくあるし。

親子の車の前に立っている爺さんがいます。
ヒバゴンみたいな顔をしてますが、今回の妖怪というわけではありません。
私は勘違いしてました。
Photo_79

この爺さん、ここは人の住むところじゃないから出て行けと言い出します。
祟られるんだそうですが、そう言われて数千万で買った家を手放すわけにはいかんだろう。

家は新築なのに、壁に泥汚れが付いてました。
こういうのはたいてい妖怪の仕業ですね。

引越しの荷物の整理をしている間に飯時になったのでおにぎりを出す奥さん。
そのおにぎりはめっぽう美味いらしい。
来る途中で買った米で作ったおにぎりで、この辺りが米どころなのでこんな美味しい米が食べられるのです。
R・田中一郎が存命なら狂喜乱舞だな。
名前は「多田の米」というあんまりにもあんまりな米ですが。

外は雨が降っているのですが、玄関のほうからうなり声のようなものが聞こえてきました。
みのりちゃんが玄関の窓を見ると動く泥の塊が見えます。
お父さんがドアを開けるとそこに立っていたのは一つ目の泥の化け物でした。
「田を返せ」と言いながら泥を吐いてきます。
必死でみのりちゃんを泥から守るお父さん。
みのりちゃんの顔が怖い。
小学校低学年ぐらいのはずなんですが…
どうも今回絵の作り方がおかしいです。
Coco_5

本来のみのりちゃんはこういう子。
声は生天目仁美さん。
強気なお姉さんばっかりやってると思ってたので意外でした
Photo_80

泥の化け物はなおも迫ってくるのですが、雨が止んで玄関から日が差したら泥に戻りました。
キャシャーン並に気象条件に左右される化け物です。
化け物がいなくなって一安心かと思ったらお父さんが倒れてしまいました。
妖怪の出すものがただの泥であるわけないわなあ。

お父さんは意識不明のまま病院にかつぎこまれ、病室では鬼太郎が事情を聞いています。
妖怪の泥でこうなったことは明白なので、鬼太郎たちは土地の事情を聞くために不動産屋に行きました。
そこにいたのはねずみ男。
人間界で働くとき用の紫のスーツを着ています。
鬼太郎たちはまた何か詐欺っぽいことをやってるのかと疑うのですが、これはちゃとした仕事だとねずみ男は主張しました。
さて、不動産屋の社長によると、ここは一面の田んぼだったのを埋め立てて住宅地にしたようです。
電車も通ってスーパーもできる予定って、とても平成の住宅地とは思えないバブリーさです。
今、新しい鉄道なんてそうそう通さないだろ。

人が増えれば被害も増える、今すぐ開発を止めろと鬼太郎は主張します。
ここはもともと妖怪の住処なんだからと。
そんな押し問答をしている間に水道工事の現場の泥から泥の化け物が生まれました。
泥田坊です。
Photo_81

もともとは田を残して死んだ爺さんが、放蕩息子に怒って出てくる妖怪だったんですね。
昭和になってから、太平洋戦争で田を徴発された農民の恨みから生まれたというかなり新しい説もあるようです。

この泥田坊、4~5mありそうなのですが、鬼太郎たちはともかく社長やみのりちゃんまで走り寄ります。
怖くないのか?
鬼太郎がリモコン下駄で泥の手を切断してもすぐに再生しました。
こんな相手ではまともな勝負にならないので、鬼太郎は「泥田坊、ここにはお前の住める田んぼはもう無い。他の田んぼへ行くんだ」と説得に入ります。
もちろん泥田坊は聞きません。
というか、言語を理解できてるのかどうか怪しい。
仕方がないのでちゃんちゃんこで捕縛して太陽で乾かす作戦に出ます。
今が夏で良かった。
乾いた泥田坊は粉々に砕け散りました。
鬼太郎は、再度社長に開発を止めるように言いますが、社長としても社運をかけて資金を突っ込んでますので止めるわけにはいきません。
社長は退治されたんだから大丈夫だと半ば自分に言い聞かせるように叫んで拒絶しました。
鬼太郎は、せめてみのりちゃんたちだけでも引っ越すように言いますが、旦那は入院中で家買って引越したばかりなのにそんな金があるわけない。

砕け散った泥田坊ですが、その泥はその辺りのガードレールなんかにいっぱい付いてます。
ねずみ男がふき取ろうとしてるんですが、全く落ちません。
さすがは妖怪の体です。
結局バケツの水をぶっかけて擦ることにしました。
このアバウトさがさすがねずみ男。
干からびさせてて砕けた妖怪に水を与えるとはな。
泥が少し動きましたが、暑い日射によってまたたくまに乾きます。
それで動かなくなりましたが、実質不死身かもしれません。

全然関係ないけど擦るといえば「polish」
あいにくその言葉が有名なゲームはやってませんが、同じようなコマンド入力のADVはそれなりにやって苦労しました。

鬼太郎は、放浪の旅から帰ってきたココンから泥田坊の情報を得ます。
あまりにもバケローに頼りすぎるから拗ねて家出してたんじゃないでしょうか?
ココンを持ってきたねこ娘はカーディガンにミニスカートからTシャツとホットパンツになってます。
戦いで泥に汚れちゃったからね。
ココンによると、泥田坊は熱を嫌って水を好むとあります。
夏の間は不活発か夕立などで元気になるかの二択です。

その頃、みのりちゃんの方では雨が降ってきました。
みのりちゃんがお母さんを探すと泥田坊に食われています。
どうも冒頭のみのりちゃんの顔といい、「子供向け」ということを忘れたような感じがします。
ある意味怪談みたいで夏休みの子供向けですが。
Photo_82

雨で泥田坊が復活、数人で徒党を組んで人を襲いだしました。
タバコ休憩に入った社長のところにもきますが、ライターの火に怯みます。
怯むのはいいんだが、百円ライターで普段からどんだけデカい火にしてるんですか、社長。
Photo_83

火が怖いことを知って急に強気になった社長ですが、所詮は百円ライター、軒から出れば雨で消えて泥で倒されました。
町中のそこかしこで泥田坊が生まれ、群れを成して人を襲撃しています。
映画「ゾンビ」というより「バイオハザード2」の世界が出現しました。

みのりちゃんは家中の戸や窓を閉め切って震えています。
ちなみに、お母さんは泥に埋もれて玄関にもたれかかっていました。
みのりちゃんは家の中に隠れていれば大丈夫と自分に言い聞かせているのですが、みのりちゃんを見つけた泥田坊はあっさりと窓ガラスを割ってきました。
ゾンビより力あるし始末に負えないな。
スピードは遅いからみのりちゃんの全力疾走で何とか追いつかれませんが。
Photo_84

雨に煙る景色の向こうに立つ人影に助けを求めるみのりちゃんですが、その影は泥田坊でした。
ああ、お約束の展開。

泥田坊に囲まれて絶体絶命のピンチ!
のときに軽トラが突っ込んできて泥田坊を跳ね飛ばしました。
冒頭に出てきた爺さんです。
あくまでパニックもの映画の展開に忠実なのね。
Photo_85

車にこびりついた泥から泥田坊が生まれたのを急ハンドルで振り落とすなんてベタすぎる展開には少し呆れますが。
一難去ったと思ったら急に軽トラが停止。
泥に突っ込んだので周りを泥田坊に囲まれたのです。
お約束ってステキだ。
もちろん、こういうときに鬼太郎が助けに入ります。

泥田坊は「タフすぎて そんはない」ヤツなので、髪の毛針を受けてもすぐに復活します。
それを見て驚くねこ娘。
やっぱり今回いつもと違う人が作ってるのかな。
Photo_86

倒しても復活するしそこらへんの泥から生まれるので、足元の泥に掴まれて倒れた鬼太郎は泥に埋もれてしまいます。
しかし、そうやって一つに固まったということは一気に殲滅するチャンス。
鬼太郎は「水は電気をよく通すんだ」と体内電気をフルパワーでかけて脱出しました。
確かに泥はよく電気が通るな。
それを使って砂利の選り分けをするというような英語論文を、学生時代に「機械工学科」の友達の宿題として出ていたのを訳しました。
私は「電気工学科」ですが、寮の部屋に次々と複数人が来るんです。
教官は個別に範囲を指定してるんですが、私はほぼ全部読むことができました(笑)
何となく英文の意味を掴むというのが学校での英語の教育方針でしたが、けっこう役に立ってます。

それはともかく。
体内電気フルパワーでも泥田坊は復活します。
こりゃ極炎乱舞でも使わなければ退治は無理ですな。
どうすればいい?と思った鬼太郎に、爺さんがあっちへ誘導するんだと指差しました。

逃げる爺さんが躓いて転び、それを体を張って守ろうとする鬼太郎ですが、泥田坊は鬼太郎の手前で進路を90度変えます。
その先にあったのは小さな田んぼでした。
爺さんが泥田坊の避難場所に用意したのです。
爺さんは去年まであの住宅地で米作りをしていました。
例の「多田の米」というやつです。
この爺さんが言うには、あの辺りには肥えた土壌といい泥があったので美味しい米ができるんだそうな。
水田には泥は重要だからな。
目玉のオヤジの補足によれば、泥田坊はいい田んぼにしか住まないから、泥田坊の住む田んぼからは美味しいお米が収穫できるという言い伝えがあります。
だから、田んぼをないがしろにしない限りは幸運のバロメータみたいな妖怪だということですな。
さすがに「もともとは田んぼの底で静かに暮らす大人しい妖怪じゃ」というのはどうかと思いますが。
これまでの鬼太郎でも巨大化して暴れる強敵でした。

泥田坊は田んぼの中に消えていきましたが、さすがに10m四方ぐらいしかないのでは窮屈です。
もっと広げられるといいんですが、これ以上の広さをこの爺さんが作るのは無理。
だからこそ田んぼを売ったんだし。
手入れしなければ泥田坊が出てくるしな。
そこまで田んぼにこだわるなら泥田坊が自分で米作りすればいいだろうと思うけど、それだと妖怪にならないか。

そこでみのりちゃんがナイスアイデアを出しました。
「みのりはかしこいなあ」ですよ。

住宅地では、「田んぼ付き住宅」の分譲をしています。
もとの田んぼに戻すのは少し手間だったと思うけど、もともと米どころなので、美味しいお米が取れるのは泥田坊を含めて保証付き。
エコライフに乗っかって大人気のようです。
一世帯辺り1アールぐらいだし、できる米はだいたい60kg。
親子三人家族で2~3か月分?
10月あたりに収穫だろうから、年末から新年あたりまでは自分で作ったお米が食べられます。
もちろん専業の農家じゃないからそこまでの収量は望めないでしょうが、指導はあの爺さんです。
これって専業主婦世帯でないと無理そうだな。
だって手を抜くと泥田坊が襲ってくるんだよ?ハイリスクだ。

みのりちゃんが「一緒に美味しいお米を作ろうね。泥田坊さん」と田んぼに声をかけながら田植えをすると、チャポンと泥が動きました。
やっぱりリスクを考えると怖いわ。

EDのオヤジの絵は、原案のようなものが演出の人の親戚の子供によって描かれています。

ゲゲゲかわら版「真夏の魔物」

なんというか、大胆に過ぎる絵だと思います。
その雰囲気を壊さずに描いた原画の人たちに拍手。

次回は南方妖怪登場で、運動会で鬼太郎と名勝負を繰り広げたアカマタが久々に出てきます。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08月27日のココロ日記(BlogPet)

空を見ると挿入のことを思い出します……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火曜日)

【Luxor2】ステージ5-2まで

いよいよステージ5まできました。

5-2なんか思いもよらぬ長帳場になったので3曲も入ったり(笑)
残りもエンコード済んでるので、適当に上げ。
そしたらエンディングの映像までたどり着きます。

使用した曲は

「もう一度」すだち
「超兄貴ショー」
「愛のうた」STRAWBERRY FLOWER
「ゴールは未来」宮内タカユキ
「裸足のフローネ」momo-i

の5曲。
「すだち」は徳島のインディーズバンドというかラジオ番組で生まれたもの。
たまたま里帰りしてるときにCD買ったけど、恐らくはこの一枚きりなんだろうな。
「超兄貴ショー」は曲じゃないけど郷里大輔と岩田光央のかけあいをお楽しみください。
「愛のうた」はピクミンのCMソングですが、ピクミンがもう懐かしい部類のゲームになってしまいました。
「ゴールは未来」は「特捜エクシードラフト」のエンディング。
変身するときは自分で装着するという貧乏ぶりで、おかげで次のジャンパーソンは車にヘリコプターが埋め込まれるほどリッチになりました。
「裸足のフローネ」は「ファミソン 8-bit」で桃井はるこが歌ったもの。
随所にファミコンのSEみたいなサウンドが出てきます。

ゲームのほうは「ビューティフル塊魂」をやってます。
オフラインで取れそうな実績はけっこう取ったと思いますが、「塊サイズ 1500000km」がまだです。
1497000kmくらいまではいったのですが、惜しいところでブラックホールを巻き込んでしまいます。
もっと余裕でできるように星を増やさないといけないのかな?
そしたらクリア100回とか解除されるかも。


----------
「学校じゃ教えられない!」がすごい事に。
裏番組の「モンペ」は早々に見る気を無くしたんですが、こちらは明快で面白い。
今回はホモ疑惑に決着をつけました。
主演の子が腐れ縁の男の子に恋をしているという「ネタ」だと思ってたのですが、本当だったようです。
結局告白して男同士でキスまでしましたよ。

俳優って大変だなあ。
まあ、表現の差はあれ同じような事は「中学生日記」でやってるような気がしますが。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月曜日)

【ストウィ】第8話 いつかいっしょに見たあの灯

【注意】
キャプチャ画像や動画をDVDから取り直しました。
基本的には差し替えですが、霧が晴れたりフィルターが進化していたりした場合は整合性を取るために並立で置いておきます。
==========


芳佳が格納庫でストライカーを整備している人たちにおはぎを持っていきます。
感謝の気持ちを表したわけですが、一応は振り向いた整備兵たちもすぐに背を向けて整備を再開しました。
別に芳佳が嫌いという話ではなく、基地要員に限らず男性はウィッチ隊との会話が禁じられているようです。
Photo

ミーナの命令ということはミーナに何らかの思惑があるわけですな。
隊内恋愛禁止とか。
公式サイト見ると芳佳とリーネはちょっとただならぬ関係になってるかもしれんのですが、こちらはOKなのか。

あと、あんまり関係ないですが、前回の「穿いてません!」とか「スースーします!」を整備兵も聞いてたのでしょうか?

芳佳とリーネが洗濯物を干しています。
非常に風が強いので、普通のアニメだとスカートが「モーレツ」とか期待するところですが、穿いてないですから。
前回、同じように見えてもパンツズボンの違いがあったことがわかったのですが、芳佳が持ってるのはどちらでしょう?
Photo_2

【追記】このとき芳佳の髪が風にそよいでるんですが、こういうのに弱いかもしれない。
Photo_3

芳佳はリーネに格納庫で聞いた規則の話をします。
芳佳としては男性と会話が出来ないということが不自然でしょうがない様子。
リーネは兄弟以外の男性と話したことがほとんど無いそうな。
父親って悲しいですね。
早くから父親がいないのかもしれませんが、8人姉妹の真ん中なんだからそれも無いだろうし。
だから、規則の事は気にもしてなかったようです。
他の男性と触れ合おうにもずっと女子校だったから機会が無かったと。
芳佳も女子中学でしたが、このへんは性格の違いでしょうか。
家が診療所ともなれば男性であろうが人見知りしてる場合じゃないし。

話をしていると、前の海を赤城が横切りました。
中破判定ぐらいに見えましたが、修理されたようです。
こんな短期間で修理できてしまうとはさすがは大英帝国もといブリタニアってことでしょうか。
もしかしたら他にすることが無いほど海軍力がやせ細ってるのかもしれませんが。

ミーナに呼ばれた芳佳が行ってみると、そこには赤城の艦長がいました。
今まで出てこなかったぶん男性キャラの大盤振る舞いだな。
今までは理由の無い限りの接触を禁じられてたことと、必要が無ければ描写しなかったからでしょう。
居るはずだからって無意味に男性がいる描写はアホのすることですから。

芳佳を見つけて挨拶しようとした艦長の前にミーナが割って入って紹介します。
徹底的に男性と接触させないようにしてますな。
しかし、中佐が大佐を妨害したわけで、艦長も驚いてます。

艦長は、赤城が直って次の任務に就く前に芳佳に礼を言いにきたのです。
第1話~第2話にかけての芳佳の活躍は見事でしたからね。
そらもう「トップをねらえ!」を髣髴とさせる…いやいや。
艦長が全乗員で話し合って決めたというお礼の品を芳佳に渡しました。
そのお礼の品はこれ。
Coco

小説「スオムスいらん子中隊」の主人公ですね。
ストライカーは97戦がモデルです。渋い。
それにしても、「全乗員で決めた」のがフィギアかよ。
一応「扶桑人形」だから「日本人形」と同じ位置づけではありますが、こんなデザインのものを送ること自体が「この世界の日本オワタ」でしょう。
実際の日本人形の職人がこんなものを作り出したらどうしよう?

赤城はこれから反攻作戦の前哨として出撃するようです。
船体は直ったろうけど、壊滅した航空隊の補充はできたんでしょうか?
これは「ノルマンディー」をやるわけですね。

出港は明日なので、その前に芳佳に赤城を訪問して欲しかったようですが、ミーナが出撃を理由に断ります。
出撃ったって数時間ぐらいの話なんだから訪問する時間ぐらいあるだろうに。

リーネと一緒に部屋に帰ろうとする芳佳の前に男が立ちはだかります。
「先の戦いでの宮藤さんの勇戦敢闘には大変敬服しました!船を守っていただき大変感謝しています」ということで「受け取ってください!」と手紙を差し出しました。
リーネはラブレターじゃないの?と色めきたっていますが、まだまだ恋に恋するお年頃なんでしょうか。
赤毛のアンとかブリテンの人間はそういう少女時代を過ごすのか。

リーネが受け取ってあげたら?と妙に勧めるもんだから、芳佳は顔が真っ赤です。
本当に豆狸の名に相応しい。
Photo_4

受け取ろうとした手紙が風で飛ばされて二人で追いかけるなんてどこのテンプレだ。
それを見て「わー、わー」って盛り上がってるリーネは妄想王の名が冠せられるかもしれません。
壁に引っかかった手紙を取ろうとして手が触れ合ってお互い赤面するのも、バカらしいほどのお約束。
赤城乗組員は二十歳前ぐらいだろうから、これは十分にロリコンと呼ばれるものではないだろうか。
芳佳はお豆で小さいんだし。

そんな甘酸っぱい想いも、飛んでった手紙をキャッチしたミーナに打ち砕かれました。
ウィッチーズとの接触は厳禁です、とミーナは本気で怒ってます。
何がミーナをそこまでさせるのだろう?

ミーナは対岸の欧州大陸を見ながら過去に想いを馳せています。
それは炎に包まれた港。
ミーナのズボン白いですな。
Photo_5

日も落ちて暗くなった部屋に坂本少佐が入ってきます。
先ほどの手紙を突き帰したことを聞くのですが、「規則だから」の一点張り。
「まだ忘れられないのか」と坂本少佐は何か理由を知っているようです。

翌朝、ガリア方面から敵が侵攻してきました。
ここのところ予測より早い段階でネウロイが来るのが当たり前になってましたが、今回は珍しく予測どおりです。
してみると、今までのことは芳佳が来たのを察知したネウロイの威力偵察だったのかもしれません。

敵の高度は1万5千、まっすぐ基地に向かっているとのこと。
カールスラントなのにフィートを使うんだ。
ま、ブリタニアやリベリオン、扶桑海軍もフィートだからこちらのほうがいいのか。

搭乗割は、前衛がバルクホルンとハルトマン、後衛がペリーヌとリーネ、芳佳が坂本とミーナの直援、残りは基地待機ってことで、今までにメイン回があったキャラで戦闘に必要不可欠でないメンバーがお留守番です。

今回の敵は300m級の立方体。何がモデルというわけでもありません。

【訂正】オフィシャルファンブックによると、エニグマ暗号機がモデルだそうな。
Photo_6

突撃をかけるシーンではハルトマンとバルクホルンがエルロンロール(のようなもの)で降下しながら突撃していきました。
昔のフィルムで見るそのまんまだな。

前衛と後衛が突撃してくるのを見たネウロイは、いきなり多数のキューブに分裂しました。
ミーナによると「右下方80、中央100、左30」ってことで、200以上の大群です。
ミーナは目を閉じて集中することにより敵の概数と分布を把握する能力があるようです。
AWACS代わりですね。
正確には6×6×6なので、216いますが。
戦法を決定するのもミーナの仕事なので、それぞれに目標を指示しました。
モデルであるヴォルフ・ディートリッヒ・ヴィルケも空中指揮能力に秀でてたんでしょうか?
オスプレイ・シリーズでいいから買わないとついていけないな。

芳佳は予定通り坂本少佐の直援。
坂本少佐はコアを探さないといけないのでほぼ無防備、芳佳の責任は重大です。

ここからのミーナやバルクホルンの戦闘機動が凄い。
3DCG使わないのに板野サーカスと遜色ない見せ方をしています。

Photo_7

Photo_8

右翼を攻撃するペリーヌ隊では、ペリーヌがリーネに指示を与えています。
しかし、リーネはともかくペリーヌ(フランス)が「右翼」を攻撃って偶然にしても恐ろしいな。
ペリーヌが突っ込み、リーネが後方から援護します。
ペリーヌは「これを使うと、後で髪の毛が大変なのよね」と言ってますが、その攻撃が「トネイル」という雷攻撃です。
Tonnerre

電撃を食らった周囲のネウロイが一瞬で消滅しました。
「トネイル」はフランス語で雷のことで、スペルは「Tonnerre」です。
攻撃を終えて前転しながら停止、「私にかかればこのとおり」と髪を撫で上げるペリーヌ。
まさかこんなに強いとは思いませんでした。
2ちゃんでも「急にペリーヌが活躍したり」とか書かれてます。酷い。

油断したらすぐ側にネウロイが来たりしますが、リーネがきっちり援護します。
Photo_9

リーネも成長したもんだ。

その戦闘を上から見ながらコアを探す坂本ですが、下方で蝿のように飛んでいるのが全てネウロイで、数えた人によると400以上に増えてるそうです。
恐るべしネウロイ。
Photo_10

芳佳は下での鬼神のような戦いぶりに見とれてますが、近寄ってきたネウロイを撃墜する事は忘れません。
こんな短期間でこれだけこなすとは、やっぱり天性の才能があるんだな。

ハルトマンは追ってきた複数のネウロイをオーバーシュートさせ、そこをバルクホルンが撃墜しました。
この動きは是非放送かDVDで見てほしい。
Photo_11

そろそろウィッチたちにも疲れが見えてきましたが、坂本少佐はコアを見つけられません。
コアは戦っている集団ではなく、別のところにいるようです。

突如太陽を背にしてネウロイが襲撃してきました。
坂本少佐の魔眼はあくまで驚異的な視力なので、敵がよく見えません。
芳佳が飛び出して援護、ネウロイの攻撃を受け止めます。
芳佳は並外れた魔法障壁を張れるから、前面に飛び出せばそれで援護になるんですね。
ハルトマンやバルクホルンが魔法障壁より機動に頼ってるのとは対照的です。

坂本たちの横をすり抜けたネウロイにコアを発見したミーナたちはコアを追撃、芳佳の攻撃によってコアは破壊されました。
こんな不規則に動く物体にも命中させられるようになったのか。
Coco_2

ミーナたちは爆発飛散したコアを魔法障壁で防ぎます。
コアの無いネウロイだとさっきペリーヌも全然気にしてなかったけど、コアは当たると危ないんだ。
バルクホルンは構わず突っ込んで破片の中を浮いてたけど、あのときは静かに落ちてたもんな。
ネウロイによってもいろいろあるのかもしれないしバルクホルンも瞬間的に防御してたのかもしれない。

坂本少佐は魔法障壁を維持するのに苦労しているようで、一発が障壁を突破して少佐のこめかみを掠めました。
芳佳は前方にいたので、気付いてるのはミーナだけです。

落ちていくネウロイの破片は、バルクホルンのときもそうですがそりゃあ綺麗なもんです。
それを見ながら「綺麗な花には棘が…って言いますわね」と言うペリーヌに、ハルトマンが「自分のことかぁ?」とまぜっかえします。
ペリーヌは気位の高さがからかいの対象になってるんだろうな。
キャラ人気投票見たらハルトマンとペリーヌでワースト1,2フィニッシュしてますが(笑)

戦場は大陸に近付いていたので、陸上に車を見つけたミーナが降りていきます。
そこは、パ・ド・カレー。
過去に撤退戦を行ったところでした。
オストマルク(オーストリア=ハンガリー帝国)が陥落した頃にミーナは最前線に転属になっています。
同時に音楽家を目指していたミーナの彼氏も軍に志願しました。
音楽家の夢を捨てるのかと責める目のミーナですが、ミーナ自身もウィーンに行きたがっていたとか。
サーニャの他にも音楽家を目指す人がいたか。

ミーナは持っていたドレスを暖炉にくべました。
燃え上がるドレス。
戦場へ赴くために過去と決別したのでしょう。

パ・ド・カレーからの撤退作戦はダイナモ作戦、実際の作戦名と同じです。
ますますネウロイはナチスっぽくなってきました。
民間人まで含めたガリア全域からの脱出という数段大きな作戦になってますけどね。

ミーナのストライカーを整備した彼氏は基地を放棄して撤退するからブリタニアで会おうと約束します。
一点の曇りも無い死亡フラグですね。
さらに、ミーナの出撃直前に「後で渡したいものがあるんだ」とダブルの死亡フラグで駄目押ししました。
結局基地からは誰も撤退できませんでした。
救出されなかったということだとカレーで包囲されてたイギリス軍だと思うのですが、この場合は素直にダンケルクだと思っていいのかな。

ミーナが見つけた車には手紙と共に真っ赤なドレスが残されていました。
ミーナの黒いズボン喪服だったのか。

出港する赤城を坂本、芳佳、リーネの三人が見送りました。
ミーナが許可を出したんですね。

そのとき通信が入ってきました。
聞こえてきたのは歌声です。
その歌は「リリー・マルレーン」
日本語詞は軍事考証の鈴木貴昭氏によるものです。

「リリー・マルレーン」といえばマレーネ・ディートリッヒが有名ですが、YouTubeで見つけたのは歌い方が軽い感じです。
どちらにしろいい歌で、ドイツ、イギリス双方で流行したというのもわかります。

先ほどの赤いドレスを着ているということは、珍しく「穿いている」わけです。
ピアノ演奏はサーニャ。第6話の話がここで効いてきましたか。

「とってもステキな歌でした」と感激する芳佳のほっぺを後ろから引っ張って「サーニャのピアノはどうした?」と褒めることを強要するエイラ(笑)
今回出番無しかと思ったらちゃんと用意してくれてました。
忘れなかった監督に感謝、です(笑)

ピアノの前で照れるサーニャがキュート。
Photo_12

芳佳がとりあえず褒めても引っ張るのを止めないエイラ。
キャラ投票二番人気だけのことはあります。

その夜、部屋で語り合うミーナと坂本少佐。
ミーナは彼氏を失った辛さを誰にも味合わせたくないから、親しくなることを禁じていたようです。
個人のトラウマで実質的な命令ができるってのも凄いな。
ウィッチーズにはかなりの自由裁量が許されているとはいえ、ますます軍隊らしくないわ。
「こんな思いをするなら好きになんてならなければ良かった」と思っていたニーナですが、今回のドレスの発見で考えを改めたようです。
思い出は確実に心に残るものだから、その時間は何ものにも代えがたいものなんです。
それでも失うのは恐ろしいから、失わない努力をすべきだと言うミーナ。
坂本に銃を向けました。
Coco_3

坂本少佐の魔力の衰えに気付いてるから力ずくでも引退させようというのでしょう。
坂本少佐がどう出るか…
これまでしつこいほど芳佳に訓練を施していたのは後継者育成だったのかも。
坂本少佐が引退するとなれば魔眼は誰が引き継ぐんでしょうか。

エンディングはミーナと坂本少佐。
順当ですね。
次回はなんとペリーヌの回。
エンディングの一人はペリーヌで確定として、もう一人は坂本少佐でしょうか。
次回予告見る限り、坂本少佐は右目を負傷して引退すると思います。

DVDのCM15秒バージョンが新たに流れました。
まあ、物足りないですけどね。

物足りないからって市場をパンツで埋め尽くすのは止めてほしい(笑)

DVD特典の「501統合戦闘航空団 全記録」の表紙は芳佳とみっちゃんです。
みっちゃん表紙とは意外だな。
いや、むしろよくわかってると言うべきか。

EDをゴールデンに持ってきても大丈夫なように修正してくれた人がいました。
…水着をマジックで塗ると卑猥だというのが非常に実感できます。
ペリーヌの扱い酷いしエイラの黒い棒はなんなんですか(笑)

あと、第7話のこのシーンを改変した人、多分多くの人が共感したと思います。
Photo_10_2


関連?商品----------

| | コメント (5) | トラックバック (3)

« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »