« 2008年8月24日 - 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月7日 - 2008年9月13日 »

2008年8月31日 - 2008年9月6日

2008年9月 5日 (金曜日)

【あらびき団】BBゴロー&塊魂&勝谷誠彦

BBゴローを「あらびき団」で初めて見て面白かったので紹介。

これの面白さの6割は稲川淳二のおかげだと思うんだけど、物真似がナイス(笑)
これが面白いと思った人はYahoo動画とかにあるこの人の番組とか昔懐かしのセガサターンの「百物語」(PCエンジン版でも可)を見て笑い転げましょう。

----------
「ビューティフル塊魂」、「200回クリア」の実績を取るために繰り返してたらダウンロードコンテンツの素敵コレクションも100%に。
どちらも全て取ると○○%って文字がレインボーになるんですね。
実績にはならんのだけど(笑)
全部で3600アイテム。Xbox360だからですね。

あとは、「100時間プレイ」「200回クリア」「オンライン対戦50回」ぐらいだけど、一番厳しいのが「オンライン対戦50回」
もう人が居ない(笑)
外人がときどきやってるのでそこに混ぜてもらってます。
日本人の人のところに入ったら抜けられた上に新しい部屋は入室拒否でした。
クッキーの数からしてもベテランさんだからつまらないと思われたかな?
誰かと談合だったら放置して50回対戦とクッキー1000枚を解除して「ビューティフル~」完結になるのだけど(笑)

フレンドの人から見ると、今24時間に近い感じで「ビューティフル塊魂」やってると思うけど、ほとんど放置ですから(笑)

「Zuma」も記録更新できるかと思ってやりだしたけど、9-7で大量死。
やはりこのステージがネックになるか。
もうダメかと思ったら10-5あたりまでスイスイいって機数も3機になったり(笑)
でも、スコア更新はできそうにありません。

あと、発売日からコツコツコツコツやってきたDCの「マーズマトリックス」
スコアでのお買い物の最後、BGカラーチェンジを買いました。
これを買うためには99兆9999億点稼がないといけません。
普通にクリアできる人なら一回で兆とか簡単に取るんでしょうけど、私にはスコアアタックモードでステージ6を延々やるしか方法がありませんでした。
一回4分ほどで1500~2000億点。長い道のりです。
ようやく買えましたが、微妙?です。
変わったのって背景の一部がさりげなくだけ?ネタにもならないけども…
仕方ない、これで終了して次は「ゴジラジェネレーションズ マキシマムインパクト」だ。

----------
TBSラジオの「ストリーム」が一部コーナーをポッドキャスト配信してます。

コラムの花道「勝谷誠彦」(音が出ます)

自民が負けるために世論調査で騙してやれとかとんでもないこと言ってますが、これはマスコミでも報道番組でもないし勝谷氏はデマゴーガなので大丈夫です。
しかし、勝谷氏の言う民主党って何かおかしいなと思ってたら実際の民主党ではなくて、勝谷氏の思う「理想の民主党」なのね。
だから「一回やらせてみればいいんだ」に首肯できなかったんだ。

今回の放送でようやく心のモヤモヤが晴れました。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水曜日)

【鬼太郎】第71話 南海?の大決闘

椰子の木を満載し、南国風な館が乗った暑苦しい船が航行しています。
乗ってるのは南方妖怪五人衆で、この暑いのに炎の前で「ウッハウッハ!」と踊るヤツら。
左からアササボンサン、アカマタ、ランスブイル、やし落とし、ポです。
Photo

アカマタは前に横丁で妖怪大運動会をやったときに鬼太郎と名勝負を繰り広げた妖怪です。
アササボンサンはアサンボサムとかササボンサムと呼ばれる吸血妖怪、ランスブイルはラングスイルという名前でマレーシアの妖怪、お産で死んだ女が40日経つとこれになるようです。
ポは本来ならチンポですが、大人の事情で改名となったのでしょう。
そんなものを規制してどうなるんだと思いますが。

南方妖怪の目的は世界征服。
その第一歩として東京を征服するんだそうです。
既にやし落としとポはそれを忘れてるようで、将来に不安を残しました。
しかし、そういう段階を踏もうとするなら大分県からだろう。
その辺の大雑把なところが南方らしいのか?

東京上陸!らしいのですが、東京にも岩ばかりの自然溢れる海岸があるのでしょうか?
と、思ったら険しい山まであるし…

アササボンサン「ここが東京か」
「しーずかだポ」

とかいってる場合じゃないだろ。
その前を通ったのが雪男。
「たまには海を散歩するのもいいもんだべさ」「ホントホント。いつも山の中ばっかりだもんな」という会話をしています。
ここは日本のどこだ?
雪男たちは南方妖怪を見つけて何をしに来たか聞きました。
当然世界征服の第一歩としての東京征服を口にするのですが、雪男の返事は「ここは北海道だど」
なるほど、後ろの山は日高山脈か何かか。
よく聞いたら雪男も北海道弁らしきものを喋ってるし。

それを聞いたランスブイルは逆ギレしてどこでもいいから征服してやるとか言い出しました。
北海道から征服って普通なら時間かかるぞ。
陸上自衛隊の第7師団や第2師団とかもあるし。
しかしこれは妖怪同士の戦い、雪男と南方妖怪ではどちらが強いでしょうか?
雪男の凍える息吹で凍らされたものの、ランスブイルの「俺たちは冷え性だぞー!」で体の氷を砕き逆襲、やし落としが投げる樹脂に固められポの超音波攻撃?にたちまち雪男は白旗を揚げて降参しました。
南方妖怪強ェ。

その頃、ゲゲゲハウスでは目玉のオヤジがロック風呂に入ってます。
いつもの茶碗の風呂にロック氷を入れて入ってるのですが、さすがに冷たくないか?
そこにねこ娘が飛び込んできていった言葉が「北海道が南国になっちゃったの!」ですよ。
普通ならついに暑さでやられたかと思いますわな。

しかし、これはどう見ても南国です。
北海道にハイビスカスってありえんだろ。
Photo_2

これ全部南方妖怪の仕業みたいです。
椰子の木もやし落としが椰子の実を落としていった先から巨大な木に成長しました。
世界征服とかちっさいこと言わずにロケットに乗せて火星に飛ばしてテラフォーミングさせろ。

雪男はカキ氷製造マシーンにされています。
よくそんなものが食えるなというものではありますが、雪男の吐く氷は綺麗なんでしょうか?
Photo_3

環境が快適になったので、鬼太郎の事は後回しになってるところも南方らしいのでしょう。
アカマタはお付き合いで来てるのですが、当然鬼太郎と戦いたくはありません。

鬼太郎とねこ娘は鴉に乗って北海道へ向かいます。
今回のねこ娘はTシャツにピンクのオーバーオール。
オヤジが「北海道が南国化するとは、妖怪以外に考えられん」と言ってますが、これは地球温暖化への警鐘なのかもしれません。
関係ないけど洞爺湖サミットあったし。

「地球温暖化は南方妖怪の世界征服だったんだよ!」
 Ω ΩΩ <ナ、ナンダッテー!!

ということで、地球温暖化の要因をCO2にしないための陰謀だったのです。
こんなアニメにまで手を伸ばすとは闇の政府は恐ろしい。

南方妖怪上空まで来た鬼太郎を見つけたアカマタが「げ、鬼太郎!」とか言うもんだから鬼太郎の上空からの奇襲は失敗です。
南方妖怪は無警告で鬼太郎に攻撃をかけました。
いくら鬼太郎とはいえこんなもんに対処できません。
落ちたところをランスブイルの舌に掴まってアカマタを除いた四人から袋叩きです。
ねこ娘に粘液が…
Photo_4

樹脂のせいで鬼太郎の髪の毛針もちゃんちゃんこも封じられてます。
耳を塞いで(∩. ゚д゚)アーアー聞こえないをやっていたアカマタですが、ランスブイルに言われて鬼太郎の精気を吸い取りました。
「ちょっと寝ててくれ」ですから後から助ける気マンマンですが。

その夜、勝利の宴で盛り上がる仲間から離れて鬼太郎を助けようとするアカマタですが、ランスブイルに見つかってしまいました。
そこで出た言い訳が「日本を征服した証としてさあ、コイツラを日本政府に送りつけてやろうと思ってな」というもの。
まだ日本を征服してないだろう。
でも、南方妖怪たちはすっかり信じて大喜びで送り出してくれました。

アカマタがどうやって鬼太郎を助けるのかと思ったら、コンビニから宅配便で送り届けるつもりのようです。
でも、これで届くとはとうてい思えませんが。
Photo_5

案の定店員から「郵便番号と住所をきちんと書いていただかないと」と言われます。
結局小さな筏を仕立てて自分で持っていくことになりました。
なんというか健気ですが、横丁への入り口ってどこにでもあるんじゃなかったですか?
それとも、つるべ火の設定しない限りは特定の入り口しかないのか。
大海原を漕ぎ続け、都会の雑踏の中を歩いてきたアカマタは、横丁に着いた安心感から気絶してしまいます。

アカマタの持ってきた箱を開けたアマビエたちは、中に樹脂で固められた鬼太郎たちを見つけました。
砂かけによれば、砂を煎じた熱湯に浸ければ溶けるんだそうです。
確かに溶けはしましたが、熱湯なんだからこうなるわな。
TVジョッキーを思い出します。
Photo_6

急いで氷水に飛び込む鬼太郎たちですが、このねこ娘に色気を感じるようになった私はもう終わってますか?
Photo_7

アカマタはかわうその介抱を受けていますが、まだ意識が戻りません。
でも、うわ言で仲間が北海道にいると言ったもんだから一反もめんが迎えに来るようにメッセンジャーとして飛んで行きました。
当然アカマタの裏切りは南方妖怪たちの知るところとなります。
でも、それを深刻に考えてるのはランスブイルだけのようで、一反もめんを人質に鬼太郎を呼び出そうとポに手紙を書くように命じるのですが、ポは「暑中見舞いか?」といたってのん気。
結局届いた脅迫状は暑中見舞いのようなハガキでした。
表には「げげげのきたろうさま」とあるしな。
Photo_8

一瞬ギャル文字にさえ見えそうですが、

「まいにちあつい ポ
 いったんもめん ポ
 ここにこい ポ」

と書いてあります。
オヤジが一瞬にして脅迫状だと解読しました。凄い。

北海道へ行くか、と思った鬼太郎に「その必要はないかもしれん」とアカマタがテレビを指差しました。
テレビでは臨時ニュースをやっていて、北海道から茨城辺りまでの太平洋沿岸で椰子の木が大量に成長しているそうです。
しかし、文面では北海道に来るように言っていたはず。
一体何が起こったのか?

原因はランスブイルでした。
待ってるのが退屈なので、暇つぶしに沿岸を南国にしてたらいつの間にかここまで南下した、というのが真相です。
そんなことにつき合わされても、南国が増えているので南方妖怪たちは「イイ感じ!」と踊りだしました。
どこまでもいい加減だな。
その性格をよく知っているアカマタは「きっとアイツラ、ノリでどんどん来ちゃったんだろうな」と真実を言い当てました。
ねこ娘も「なんて計画性が無いの」と呆れてます。

何はともあれ一反もめんを救出しないといけません。
今回は全編にわたって緊張感が無いから鬼太郎もなかなか本気モードになれないようです。
何とか動こうとした鬼太郎をアカマタが引き止めました。
自分に説得をやらせてくれと。

ついに、東京も椰子の木生い茂る南国と化してしまいました。
暑さと湿気で仕事にならず、休暇をとって昼間からビアガーデンにプールとだらける人多数。
これでいいのか?(笑)
というか、南国の人から抗議来ないか?

東京を歩く南国妖怪の前に鬼太郎が現れました。
ランスブイルは鬼太郎たちに人質になった一反もめんを見せ付けて手が出せまいと得意になってますが、その一反もめんはポの腰巻になってます。
可哀相な一反もめん。
昔、ねこ娘がバスガイドのバイトしたときにねこ娘のバッグのなかでパンツに包まれてたのは許してあげるよ。

説得に出てきたアカマタに、ランスブイルは「一緒に世界征服しようって誓い合った仲じゃないか。ずーっと仲良し五人組だと思ってたのに」と怒ります。
それに対してアカマタは「オレはこんな風に鬼太郎を倒したくなかったんだ。鬼太郎とまた妖怪大運動会で正々堂々と勝負したかったんだ」と胸のうちを語りました。

アカマタの真意を知り感動する鬼太郎とオヤジ。
南方妖怪も少ししんみりします。
が、「わかった、だったら今ここで鬼太郎と正々堂々勝負しよう!」と思考回路が斜め上の方向に直結してしまいました。
アカマタも予想外の展開です。

南方妖怪の一斉攻撃が始まりましたが、鬼太郎も相手の攻撃はわかっていますので、対抗手段として傘化けとのチームプレイを導入しました。
ちゃちゃんこと傘化けの回転で竜巻を作り南方妖怪にぶつけたのです。
「台風は苦手だ~」と地面に這いつくばるランスブイル。
南方なら台風なんて日常のことだと思うのだが?
トドメに砂を投げられて、行動の自由を奪われた南方妖怪は竜巻に巻き上げられてしまいました。
高空から地面にめり込むほど打ち付けられた南方妖怪ですが、「まだまだー!こんなことでやられるかー!」とあっさり復活します。
そのハイテンションぶりに驚きながらも、今度は一反もめんも加わっての台風攻撃を繰り出しました。
またしても地面に打ち付けられる南方妖怪。
やっぱりあっさりと復活です。コントの基本だ。
風の威力だけではダメだと悟った鬼太郎は、体内電気フルパワーを込めて攻撃します。
この攻撃、ほとんどのカットが使い回しですね(笑)

もちろんこんな攻撃でもさっさと復活します。
しかも「なんか楽しくなってきたぞー」とか言ってるし。
ねこ娘も呆れて座り込んでしまいました。
そもそも攻撃に加わってないし、横から見ててずっと呆れてたんだろうな。
Photo_9

もうぬりかべも砂かけも限界、鬼太郎の指でっぽうも不発、傘化けが極炎乱舞か無頼針は使えないのかと聞きますが、これだけ消耗してては東京が壊滅するだけです。
万事休すの鬼太郎に、アカマタが思いついた打開策を伝授しました。
その場面ものどかに過ぎるんだよなあ(笑)

その打開策とは!

「いやぁ、凄いですねえ。さすが南方妖怪さんたちお強い」とおだてて「負けました」と白旗を振るという作戦でした。
白旗は一反もめんです。
今回の一反もめんはとことん不憫です。

こんなもんで通用するのかと思ったら大喜びで涙さえ流してます。
どうしてこれで感動の名場面を作るんだ(笑)
何となく「びっくり日本新記録」のエンディングを思い出しました。

オヤジ「妖怪横丁は南方妖怪が征服したも同然じゃ」
鬼太郎「どうか、思う存分椰子の木を生やしてください」

ということで、妖怪横丁が南国になってしまいました。
妖怪たちも大喜びだな、オイ。
座敷童子の水着姿なんか滅多に見られるもんではありません。
妙にスタイルのいいお歯黒べったりとか。

Photo_10

Photo_11






ねこ娘は前と同じ水着。それを言えばお歯黒もそうなんだけど。
Photo_12

砂かけの需要は無いと思いますが、紹介しておきます。
やはりそこはキッチリと。
Photo_13

南方妖怪は楽しかったと帰っていきました。
世界征服は忘れてませんが、そのおおらかさを利用して、アカマタが「妖怪大運動会優勝」に摩り替えるようです。
最後は鬼太郎とアカマタの運動会での健闘を誓い拳をつき合わせました。
英語だとKnucksとか言うみたい。
Photo_14

次回はぬらりひょんの回で、私はぬらりひょんとの因縁はあんまり好きではないのですが、これはちょっといい話でした。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09月03日のココロ日記(BlogPet)

最近、ヴィーさんは旦那のことが気になってしょうがないみたいですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火曜日)

【ストウィ】イェーガー始まった(捏造)

これからPCには殺し合いをしてもらいます…ではなくて夜を徹してエンコードしてもらいます。
いつまでも100G超のデータほったらかしにはできんのよ。
しかし、10分ちょっとの動画データの生データがこんだけ容量食うんだから、MAD職人のPCのスペックたるや相当なもんがあるんだろうな。
ウチでは音声や映像加工した後でチェックがまともに動かない(笑)ので、HALF-D1のMpeg1にして見てます。
もちろんエンコードに時間はかかるけど見られないのでは仕方ない。

それはともかく、今日の小ネタ。
なんかこの画像を見て噴いた。
2008aug21202219_6655

イェーガーがオタクになってしまってる!?
シャーリーのフィギアはスタッフが許可を貰いにいったときにプレゼントしたのは聞いたけど、なんで後ろにポートレートが(笑)
と思って調べたら出てきたのがこの画像。
Cyat_2

コラじゃねーか(爆)

さすがにないわな。

公式サイトでは第10話予告が上げられ、テレビのほうの予告の重苦しさはどこへやらの大変に湯気が濃い予告。
7話に続くアホ回にはならんだろうけど、これまたDVDがすごい事になる回のような気が。

ロマーニャの解説では8話のフォローのようなものも織り交ぜてるけど、それ以上に私が危惧した百合を心配するミーナが(笑)
とうか、すぐに乳とか乳に話題をそらす芳佳とリーネはろくに講義聞いてないだろ。

ストライクウィッチーズ公式サイト

----------
ついさっき「ビューティフル塊魂」で素敵コレクション100%の実績が解除されました。
もうニ個残ってると思ってたので「バグか!?」と驚いたり。
よく見れば、その二個はダウンロードコンテンツの分でした。
残る素敵コレクションはダウンロードコンテンツ分のみだけど、ドキドキデパートで100点を取ってエターナルモードにしないと取れる気がしない。
実績にも関係ないし無視していいわな。

そんなXbox360が値下げされて、一番安い機種ではWiiより安い値段に。
ってもそのままではセーブできないからメモリーユニット買わないといけないから+2,100円。


==========
(追記)「訂正」
Xbox360アーケードには256MBのメモリーユニットが付属してました。
なので、とりあえずの追加投資は必要ありません。
256MBでもオンラインでは力不足なのは明白(体験版には1GB超のものもそれなりに)なので、やはり通常版をお勧めしますが。
==========


合計で21,900円なので、まだWiiよりは安いけど、メモリーユニットではオンラインに全く対応できないので+9,975 円となり29,775円とWiiよりも高額に。
しかし、そこまでするなら9.11から発売される60GBHDD搭載の通常版を買った方がいい。
通常版にはD端子付いてるから買ったその日からハイデフ環境で遊べるし。
普通のブラウン管だよって人もこのD端子ケーブルはコンポジットと兼用だから問題無し。
しかし、今から買う人は60GBなのか。
私が買って一年半ぐらいで20GBがカツカツになってて旧Xboxソフトのダウンロード販売どころかアイドルマスターの衣装さえ躊躇するような状態になってるの考えたら羨ましい話だ。
秋のアップデートでDVDをHDDにインストールできるって話もあるし。
ま、私みたいな人はこの19800円の本体と120GBHDDを買うのがいいんだろうな。
それならエリートは?という人がいるかもしれんけど、エリートってフェイスプレートの選択肢が無いでしょ。

とにかく、Xbox360が買い時になってきたかと。
一緒に買うのは「あつまれ!ピニャータ」なんか勧めてみる(笑)
私はまだ体験版しかやってなくて製品版は積みゲー状態だけど、かなり楽しくて可愛くて残酷なゲームです。

あつまれ!ピニャータ公式サイト

関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月曜日)

【ストウィ】第9話 Deadline

【注意】
キャプチャ画像や動画をDVDから取り直しました。
基本的には差し替えですが、霧が晴れたりフィルターが進化していたりした場合は整合性を取るために並立で置いておきます。
==========


前回のミーナが坂本に銃を突きつけた状態からですが、大方の予想通り魔力を失った坂本を力ずくで引退させようとするものでした。
ただ、ミーナの意思がカッチリとは固まってないので坂本に話題そらしのように揺さぶられて動揺してしまいます。
最初のうちなら完璧超人に見えたミーナも前回でダメな部分もあることがわかったので、こんなことでグダグダするのも納得できます。
しかし、これが指揮官ってんだからかなり危うかったな。

坂本は「私は、まだ飛ばねばならないんだ」と部屋を出て行ってしまいました。
その背中に銃を向けつつも何もできないミーナ。
坂本のまっすぐな目と思いに完全に負けてます。

どう見てもバカで不条理なことをしてるんですが、人間そうそう論理的にとか賢くとかで動けないもんです。
どう見ても理解しがたい行動を取る事は歴史を見てもままあることだし、何より数々のテレビドラマで学びました(笑)

第501統合戦闘航空団の朝はサーニャで始まります。
夜間哨戒を終えたサーニャはまたしてもエイラの部屋で服を脱ぎ散らかしてベッドの中へ。
もうこれは絶対にわかってやってます(笑)
エイラも「今日だけ…だかんな」とキルトをかけてやる優しさ。
この二人には何があっても見せ場を作るつもりか(笑)
もはや朝が来たという記号になってます。

ミーナの執務室に坂本が書類の束を抱えて入ってきました。
第6話に出てきたネウロイの調査データです。
各地で謎の電波が傍受され、それはあのネウロイが歌っていた声。
ネウロイは何らかの意思を持ってサーニャの行動を真似ており、それはネウロイが知的生命体である可能性を示します。
これは大規模な調査が必要だと感じている坂本ですが、その辺を探られるのを上層部は嫌がってるんではないでしょうか?
坂本はバルクホルンやハルトマンにも情報として入れておきたいと思って呼ぼうとしますが、非番だったバルクホルンはハルトマンを運転手にロンドンへ向かってました。
意識不明だった妹のクリスが目を覚ましたからです。
Photo_13

車はキューベルワーゲンですね。

キューベルワーゲン(Wikipedia)

ジープも使ってるけどこれもあるのか。
車種統一とか無いのかそれとも自家用車なのか…

バルクホルンは報を聞いたときにはストライカーで出ようとしたようです。
それを皆で止めました。
やってたら私的利用の最たるものになるとこだったですよ。
そんな「飛んでいく」を本当にやってしまってもな。

それを聞いたミーナは「妹は戦う理由そのものだもの」と理解を示し、「誰だって、自分にとって大切な、守りたいものがあるから勇気を振り絞って戦えるのよ」と続けます。
その「守りたいもの」がミーナにとっては坂本であるけれども、坂本にとっては自分自身ではないから齟齬が生まれるわけですが、こればっかりはどうしようもないですな。

ロンドンの病院に着いたバルクホルンは慌ててるのでそこらじゅうに騒音を撒き散らして駆けてきます。
「病室では静かに」と看護婦さんが怒りますが、看護婦さんも穿いてません
Photo_14

考えてみれば当たり前の話で、この世界では「穿いてない」のが普通でした。
怒られるバルクホルンを見て笑うクリス。
芳佳にソックリです。
Photo_15

このクリス、かなりのマセガキで、「お姉ちゃん。私がいなくて大丈夫だった?」とかぬかします。
「大丈夫に決まってるだろ!」と言い返すバルクホルンですが、ハルトマンがあっさりやけっぱちで戦ってたことをバラしてしまいました。
それを言われてテンパるバルクホルンが可愛いですが、既に第7話で変態認定されてるしな。
慌てながらもハイテンションぶりが楽しげな様子の姉に気付くクリスですが、「それは宮藤のおかげだな」とハルトマン。
会話のつなげ方が上手い。
ただのフリーダム少女ではないってことか。

芳佳に会ってみたいというクリスに「今度来てもらおう」と安請け合いするバルクホルン。
ロンドンってそんな簡単に行けるとこなのか?
第6話では飛行機に乗って行っていたけど、芳佳が不案内なだけなのかも。

「お前に少し似ていてな」と芳佳を表現するも、「似てると言っても当然お前のほうがずっと美人だからな」と姉バカぶりを隠さないバルクホルン。
Coco_4

これが島田フミカネ氏のブログの

>お姉ちゃんモード全開のトゥルーデ

だったのか。

バルクホルンたちが帰ろうとすると、キューベルワーゲンのワイパーに手紙が挟んでありました。
宛先はミーナ。
バルクホルンは勝手に開封して中を見ます。
「深入りは禁物。これ以上知り過ぎるな」という文面でした。
ネウロイ調査への警告ですね。あまりにも下品でベタすぎますが。
軍の上層部というよりギャングの所業です。
「差出人に心当たりは?」と聞くハルトマンに「あり過ぎて困るくらいだ」と返す坂本。
それをバルクホルンやハルトマンが知らないのはちょっと意外な気がします。
ミーナと坂本は確実に知ってますが、第6話でお供した芳佳も知ってるはずです。
今まで同行させなかったのでしょうか?
坂本には手紙の差出人の見当はついていて、それは第3話冒頭に出てきたトレバー・マロニーです。
ミーナが報告の際にケツをキュッとしてた相手ですね。
バトル・オブ・ブリテンを指揮したダウディングと対立してて後に彼を失脚させました。
それで、策謀家で汚いという印象が付いているようです。
本当は「マロリー」ですが、何故か坂本は「マロニー」と言ってます。
おかげで「マロニーちゃん」の顔をマロリーに差し替えたものが出回るハメになりました(笑)
「そこに山があるから」で有名な登山家、ジョージ・マロリーと兄弟らしいですね。

【訂正】私は最終回のかなり後まで「マロリー」だと思い込んでました。
よく考えたら本名そのままで出るなんてないですよね。

ペリーヌは廊下の先に坂本がいるのを見つけて思わず隠れました。
もはや行動がストーカーみたいになってるんですが。
さすがにそれが変な行動だと気付いて、堂々と近寄ろうとします。
「いつから私は物陰からコソコソと盗み見るような真似ばかりするようになったんでして?」と憤り、その原因を芳佳という豆狸に転嫁しました。
完全にペリーヌの自意識過剰なんですが。

坂本に追いついたペリーヌは左捻り込みを教えてくれるという約束を実行してくれるように頼むのですが、坂本は全く気付かずに芳佳の部屋に入ってしまいました。
魔力の減退でよほど焦ってるのでしょうけど、何となく本妻の目の前で愛人の部屋に入るみたいだ。

坂本は、芳佳に先日の戦いのことを褒めにきたのです。
あれが芳佳の撃墜第一号なので。
言われて初めて気付いたわ(笑)
第2話ではコアの露出まではやったし、第3話でも第6話でもアシストして大活躍だったので、今まで撃墜したことなかったなんて印象がありませんでした。

それに対して「それもみんな坂本さんが鍛えてくれたおかげです。これからもいっぱい、いろんなことを教えてください!」と返すもんだから坂本少佐頬を赤らめちゃいました。
Photo_16

やはり芳佳は天性のジゴロだ。
「いろんなこと」ってナニを教わるのか気になります。

ところで、坂本少佐の眼帯の水色の帯ですが、ずっと光の反射だと思ってました。
けど、史実の坂井機のマーキングがモトネタらしいですね。
これか。
Photo_17

芳佳の言葉に触発された坂本は訓練メニューを三倍に増やそうと無茶を言い出して芳佳を慌てさせます。
ガンダムといい三倍って便利な係数なのかな。

扉の外で盗聴していたペリーヌは「なんて羨ましい」と歯軋りしてますが、一緒に訓練すればいいだろうに。
坂本は拒まなかったぞ。
でも、それだと「二人のために世界はあるの」にならないのか。

そこへ後ろからリーネが声をかけたもんだから、慌てたペリーヌは開く扉に気付かず思いっきりおでこを床に打ち付けます。
状況をいぶかしむ坂本にリーネが事情を説明しようとしましたが、ペリーヌは「がるるる」と犬になって緘口令を敷きました。
使い魔猫なのにね。
Photo_18

ペリーヌの気持ちなんかどうせ(ほぼ)全員に知れ渡ってるんだから素直に接すればいいのに、これがツンデレってやつか。
苦手だ…

リーネは訓練のために芳佳を呼びにきたのです。
右手がなんかおかしいような気がするけど気にしたら負けなのかな。
Photo_19

訓練は、芳佳、ペリーヌ組とシャーリー、フランチェスカ組に分かれての模擬空戦です。
初めて戦闘訓練が出てきました。
恐らくはイングランドの田園地帯上空、低空でのペイント弾を使ったものです。
芳佳の後ろに付いたフランチェスカが射撃をしようとしたら、左捻り込みで背後を取った芳佳が反撃、シャーリーとフランチェスカは撃墜判定を食らいました。
見よう見まねだったから最後で体勢が崩れてるけども、高等技術であることには変わりありません。

シャーリーに褒められて喜ぶ芳佳ですが、フランチェスカに胸を揉まれて「こっち成長してない」判定を受けて怒ってます。
だからこそおっぱい魔人になったのだな。
Photo_20

空戦技術の進歩を認めたフランチェスカですが、高高度だったらこうはいかないと言ってます。
やはり零戦は中高度までのものなのか。
というか、日本機全般中低高度専用だし。
二式複戦「屠龍」のエンジンをハ45に換装した機体の話を読んだことがありますが、低空ではF6Fに勝てたそうです。
そんな操縦の難しい機体を操れるのはベテランだからという要素もありそうですが。

ペリーヌに向かって「あたしたち、案外いいペアなのかもしれないね」と言う芳佳ですが、見る限りはペリーヌは何もしてないのに何の皮肉ですか?

訓練が終われば風呂。何を差し置いても風呂
芳佳がリーネに褒められてますが、湯気が濃いなあ。
「まだまだだよ」と言う芳佳に「羨ましいなあ」と伸びをするリーネ。
胸がスライムのように跳ねだしました(笑)

リーネの胸の中には何かが住んでるに違いない。
それを見て「私はリーネちゃんのこと凄いと思うけどな」と返す芳佳。
「どこが?」と聞かれて見とれる芳佳。
なんて顔してるんだ(笑)
Photo_21

脱衣所で「いつの間にあんな大技覚えたんですの?」と芳佳に詰問するペリーヌ。
それに対する答えが「あれ、ペリーヌさんいたんですか?
一緒に訓練してたんだから風呂だって一緒に入ってるだろう。

「左捻り込みは坂本少佐の得意技ですのに、何故貴方が!」と憤るペリーヌ。
見よう見まねでやったという芳佳の言葉なんか信じません。
内緒で坂本に教えてもらったんだろうと決め付けてます。
帝国海軍では太平洋戦争前後だとそういうのは教官から盗むものであって、誰も教えてくれなかったみたいな手記がたくさんあります。
なので、同じ左捻り込みでも人によって違ってたとか。
坂井三郎の得意技であって、これを使えば確実に背後につけるという自信があったのは確かですが、実戦ではほとんど使ってないといいます。
坂井の空戦はファーストルック・ファーストキルですから、使うような状況に陥った時点で負けなんですな。

そんなものが豆狸に使えるわけがないと決め付けているペリーヌは芳佳に決闘を申し込みました。
欧州の人間の悪い癖だ。
訓練用の銃を取ろうとした芳佳に「そっちじゃなくてよ」と実銃を取り出すペリーヌ。
決闘だから銃は本物であるべきだというのです。
様式とはいえ実銃を人に向けられないという芳佳。
最初のほうで言ってた「戦争は嫌です」の本質が見えてきました。
もともとハッキリした思想ではなく、お父さんのことで感じてたものでしかなかったので、お父さんの死をもって克服したと思ってたんですが、「守りたい」と言ってもそれはネウロイ相手だからで、人相手に撃つのは嫌、それは誇りを持って戦うペリーヌにしてみれば理解不能な考えでしょう。
私も甘いと思いますが、実際の戦場でも人に向けて撃つことのできる人ってのは限られるようです。

ところで、今回のアイキャッチは楽しいですね。
坂本姫を助け出すペリーヌ王子ですか。
魔物は芳佳にシャーリー、フランチェスカ。
芳佳が2ちゃんで作られたAAソックリだと言われてますね。
Photo_22

ペリーヌとの決闘は10秒以上後ろを取ったほうの勝ちという、ペイント弾無い場合の空戦訓練の形態です。
芳佳は安全装置がかかっていることを確認したうえで反航戦に入りました。
軽快な零戦らしく、ロールの繰り返しでペリーヌに背後を取らせません。

そんな決闘のさなか、寝ているサーニャから耳と尻尾が生えました。
ネウロイの出現です。
ペリーヌは決闘を訓練ということにして先行するとミーナに報告します。
そんな予定は聞いてないと慌てるミーナは、坂本が外に出たのを見て現状待機を命じました。
偵察ぐらいさせればいいだろうに。
どうも前線指揮の才能はあんまり無いように思うのですが。
実戦での指揮は坂本、事務を含めた地上業務をミーナみたいな分担なんでしょうか。
前回はちゃんと指揮しましたけど、テンパったときの突発的事態への対処に問題ありそうです。
大事なときに思考停止して仲間を窮地に立たせるんではないでしょうか。
坂本を何とか止めようとするミーナですが、坂本自身が「私ももう二十歳だ。魔法力のピークはとっくに過ぎた」と自覚したうえでの出撃です。
ちなみに坂本少佐の誕生日は8月26日ですが、お祝いしてもらえたのでしょうか?
第8話の空戦がこの前日です。
で、既に二十歳を超えたってことは少なくとも「今日」が8月の26日です。
第6話の戦闘が8月18日~19日の話なので、それから一週間の間にズボン騒動があって出撃があったわけですね。
ネウロイの出現間隔一週間にもだいたい合います。
今回はイレギュラーすぎる話なのでOK。
今ちょっと考えたんですが、扶桑を出るときには蝉が鳴いてたし7月ぐらいだと思います。
で、ブリタニアに着くまで一ヶ月かかってます。
前向きに考えると8月頭前後に基地に到着したわけです。
そう考えると、あの中破判定の赤城を一ヶ月弱で修理したわけか。
さすがはブリタニア。
そうなると、私が考えた「扶桑からの96式艦戦の補充と一緒に小豆が来たのでようやくおはぎを整備兵に差し入れできた」というのにも説得力が(笑)
赤城の損耗を聞いて急遽補充を搭載した空母を出発させたらギリギリ間に合う。
よしっ。

坂本は自分が終わっていることを自覚しながらもそれでも飛ばないといけないという。
それは芳佳を鍛えるため。
芳佳が指揮官の器だと思ってるんですな。
それを見届けるまで死ぬつもりはないから心配するなと言ってますが、それならなおさら後方支援に徹しないといけないだろう。
前線でのサポートはミーナをはじめとして複数いるんだから。
でも、芳佳の成長を「前線で」見守りたいんだろうなあ。
これは少佐のエゴです。

命令に従って大人しく待機していようとしたペリーヌですが、芳佳は先行してしまいました。
「足止めぐらいならできる」と思ったようですが、みんなに褒められて増長しちゃってないか?
今回のネウロイは小さい子供みたいなやつ。
Coco_5

もう懐かしくなったこれを思い出しました。

『オレたちゲーセン族 クォース』 うまく四角形を作っていこう!

ネウロイは芳佳に近付いてきて人型に変形しました。
これはサーニャを模してますね。
Coco_6

こうなると芳佳は引鉄が引けません。
ネウロイは芳佳の周りをグルグル回りだしました。
これに気付いた人は偉いと思いますが、この動きは第6話で初めて夜間飛行した芳佳が上空で喜んで舞い上がっていたときの動きです。
サーニャの歌といい、いろいろ人間を模して何かしようとしてるんですね。

ネウロイは芳佳が触れようとすれば逃げ、まるで猫のように遊んでます。
芳佳はその追いかけっこに夢中になって笑い声さえあげるように。
Photo_23

さすがに妙な状況だと思った芳佳が見たのは胸のコアをむき出しにするネウロイの姿でした。
胸のコアに触ろうとする芳佳。
リーネのおっぱいに触ろうとしてたのはこれの訓練だったのか!
それをやらせようとしたリーネはネウロイのスパイ!というのは

触る直前に坂本が追いつき、「撃て!撃つんだ!」と命令、芳佳はこのネウロイは特別だと必死で訴えます。
坂本は「惑わされるな!そいつは人じゃない!」と断じました。
私も坂本少佐が正しいと思う。
ネウロイがコアを触らせようとしたのは芳佳の情報を得るためだと。
芳佳が撃たないので坂本が撃ちだしました。
攻撃に対しては反撃するネウロイ。
その攻撃を魔法障壁で受け止める事はできなくなってるので、攻撃は障壁を貫通して坂本の機銃に当たり爆発、坂本は墜落しました。
バルクホルンのときもそうだけど機銃を盾に使うから爆発しちゃうのな。
Photo_24

坂本墜つ!の報告に、半狂乱でネウロイを追うことを命じるミーナ。
戦力減の状態でその命令とはますます指揮官としての資質を疑うけども、これがミーナの限界なのかも。
坂本が上官でなかったのは所属軍隊での階級と事務能力、あとはここが欧州ってことが原因か?
芳佳が必死で治癒魔法使ってますから死ぬような事はないと思います。

EDは芳佳とペリーヌ。
ペリーヌと坂本だと思ったんだけどな。
次回は坂本と芳佳の復活?

次回予告見ると芳佳がネウロイは敵ではないと訴えて孤立する話みたいです。
「戦闘妖精雪風」みたいな話になってきましたが、「ネウロイはいいヤツだった」は止めてほしい。
「雪風」ならあくまで理解不能の敵だったし。
そういえば、「雪風」のDVD見てないや(笑)見ないと。
ミーナの髪のなびき方が凄い。
でも「紅」が時々やってたやつのほうが凄いんだけど。

【注記】同じ田中宏紀氏だから凄くて当たり前ですね。
「紅」の場合はミュージカル回の印象が強かったので。


関連?商品----------

| | コメント (4) | トラックバック (4)

« 2008年8月24日 - 2008年8月30日 | トップページ | 2008年9月7日 - 2008年9月13日 »