« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

2008年9月7日 - 2008年9月13日

2008年9月13日 (土曜日)

【恋空】ついに驚愕の最終回

昨日「魔王」と「コード・ブルー」のことを書いたらアクセス数が3.5倍(当社比)に。
釣りではないし、嘘は書いてないと思うけど、感動を求めて来た人はごめんなさい。

TBSが放つ脅威のラブストーリー「恋空」がついに最終回を迎えました。
近畿圏の人はプロ野球中継だったけど、明日の昼間に見てください。

冒頭、ミカが看護士になってます。
何が起こったのかと思ったら、ヒロが死んで現在の話なんですね。
でも、ヒロのいた病室にはまだそのときの千羽鶴が飾られてます。
恐らく病室をリザーブしてるんでしょうね。

話は過去に戻り、ヒロに3日間の外出許可が出ます。
最後の思い出作りかと思ったら元気になったかららしい?
いやあ、愛の力は偉大だ(棒読み)
ミカのお母さんも「元気になって良かったね」と言ってるし、ミカもそれに裏表無く「うん」とか言うてるし、間違いなく回復に向かってる。
若い人の癌ってあっという間に進行して死んじゃうんだけど。

ミカとヒロが向かったのは二人の思い出の高校。
けっこう簡単に入れるものですね。
泥と水溜りの校庭を二人乗りしていますが、そこに「族」のニオイを感じるのは変ですか?
教室も図書室も鍵をかけてないし、教室なんか扉解放状態でした。
荷物無かったし廃校か?と思ったけど図書室には本あったよな。
図書室の入り口には画用紙で「入り口」と書いたのが貼ってありますが、一緒に描いてあるのが5歳くらいの子供の絵。
さすが、細部までぬかりありません。

「今月のおすすめ」を書いていた黒板は隅っこに立てかけられてました。
使われなくなったとしても管理が杜撰すぎます。
そこには、ミカとヒロが書いた文字がそのまま残ってました。
そのためには黒板が使われると拙いけど、そのためにとった演出が斜め上。
ミカが「わたしも幸せです」と書き込んだから、学校の七不思議の一つになって怪談として語りつがれるかもしれません。

空を見上げ「死んだら空になってミカを見守りたい」と言うヒロ。
元気になったわりにずいぶん弱気です。
普通ならそれを否定する立場のミカもすんなり受け入れてます。
こんなに元気で手術も点滴もしない治療なのに死ぬ事前提にされてるヒロって可哀相。
まあ、始めのうちはしてたマスクをすぐに外してるところを見ると、生存本能そのものが無いのかもしれませんが。
ダーウィン賞というものがあるように、そのような人たちは確実に存在します。

ここで思い出したように病院で元カノが出てきます。
臨月間近って感じの腹をしてミカに謝りました。
ミカが「お腹触らせて?」と頼むので、凄惨な修羅場になるのかと思ったらただの和解でした。
ミカって嫌な事はすぐ忘れられるからな。

この子を出した必然性は全くわかりませんが、元気だったヒロは、ミカが写真を現像に出してる間に容態が急変、いきなりの危篤状態です。
医師が救命処置してるんですが、酸素マスクと点滴一本ぐらいでとても真面目にやってるとは思えません。
動作に切迫感も無いし。
それでも懸命?の作業中にヒロの携帯に着信がありました。
えーと、ペースメーカーは無いけど、蘇生治療中なんだよね?
携帯の電源を入れていていいものでしょうか?
既に病院から何から全力で諦めてます。

電話は病院に駆けつけているミカからのテレビ電話でした。
お姉さんが携帯をヒロの顔前にかざすと、ミカが必死で呼びかけます。
その声に意識を取り戻すヒロ。
いやぁ、愛って(ry

携帯に向かって「ミカ笑って」と搾り出すように言の葉を紡ぐヒロ。
酸素マスク越しのその声をきちんと拾う優秀な携帯です。
世界中から注文殺到でしょう。
待っててねとミカが携帯を切った瞬間ヒロ昇天。
携帯とヒロが連動してるみたいで爆笑しましたが、泣き所だったのでしょうか?
例えるなら「幻の湖」で道子が刺した瞬間にスペースシャトルが飛んだときのような。
…なんでこんなDVD持ってるんだろうorz

ヒロの遺品である日記帳を持って街をさまようミカ。
皆が想像するように橋の上から飛び降りようとするんですが、橋の下から二羽の白い鳩が飛び出して引き止めました。
チョウ・ユンファが二丁拳銃で敵を倒した後に白い鳩がぶわぁ!と飛び立ちますが、全く関係ないですね。

その橋なんですが、水面から5mくらいしか高さが無いように見えましたが、別にミカは確信を持って死のうとしてなかったので大丈夫です。

両親は街でミカを探すときに夫婦の危機だったときの破れた写真で探してます。
もっといい写真無かったのか?
そもそも何年前の写真だ。

日記帳に挟まれてたヒロからの手紙を見て自殺を完全に思いとどまったミカ。
貰ったのは前日の夜だったんだから、そのとき読んどけよと思いますが、そんな子ならこんな話は成立しません。

ヒロのことを踏まえてミカは看護士になったようです。
冒頭でも出てますね。
クリスマスの勤務明けに家族と外食するミカ。
お姉さんが子供二人を抱えてます。
ミカが波乱万丈の人生を歩んでいる間ちっとも男の影が見えなかったお姉さんも子供の年齢からすると直後に結婚して子供ができたようです。

ミカが思い出の川原で寝転んでると、3歳ぐらいの女の子が「ママー」と歩いてきました。
外食のシーンで出てこなかったので「死ぬ寸前のヒロと子作り」も無菌室のキスみたいに回避したのかと思ったんですが、しっかり作ってたようです。
でも、家族との外食のシーンでは二人とも男の子に見えたしどちらの子供も抱きかかえることなくシャンパンで乾杯してたから、絶対にあの場にはいませんね。
ネグレクトの疑いがあります。

あの原作を恐ろしいまでの確信犯で演出したこのドラマのスタッフの力量は侮れないものがあります。
6話で終わってるし、レンタルででも見る価値ありだと思います。

別にこのドラマの話というわけではありませんが、最近のドラマやアニメのシナリオが昔と変わってきてると思います。
昔は「白い巨塔」でも「華麗なる一族」でも天才がシナリオを書き、それに凡人が翻弄される筋書きだったのですが、最近は無能が動き回って事態を悪化させるのが多いです。
フォン・ゼークトの言う(本当に言ったかどうかと言う話は置いといて)「無能な働き者」です。

これだと、少なくとも自分には嘘がつけるので、シナリオ作りが楽になります。

設定と矛盾する事をしても「バカだから」
論理的におかしい行動をとっても「バカだから」

と「一応」の説明がつけられます。
設定がおかしいとか物語の見せ方が変とか言うほうがバカだと言い訳できるわけですね。
こちらのほうが「私だったら…」と思えるので、上から目線で見られます。
クイズ番組でバカ芸人が人気なのと関連あると思います。


関連?商品----------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【魔王】本当の「魔王」とは!

魔王公式サイト

TBSのドラマ「魔王」が最終回を迎えましたが、本当の魔王は真中友雄(大野智)ではありませんでした。

そもそもこの復讐劇は、芹沢直人 (生田斗真)が真中友雄の弟を虐めていて、誤って持ってたナイフで刺殺したことが発端です。

この、どうみても過失致死傷罪が適用されるケースで、芹沢の父である芹沢栄作(石坂浩二)が自分の保身のために正当防衛にしてしまったのですが、もしかしたら死ぬまで過失致死だと思ってなかったかもしれません。

前に真中に向かって「あれは事故だったのだよ」と告白するシーンがあります。
それが通用するなら便利な世の中ですね。

「言い争ってて、手に持った包丁が相手に刺さりました。事故です
「たまたま拳銃で脅してて、撃つつもりは無かったのに引き金を引いてしまいました。事故です

自分に対する言い訳かと思ったんですが、どうも本気でそう思ってるらしく、「ああしなければ事故だなんて信じてもらえなかった」とか言うんですよ。
そら一般的に言われるような事故じゃないんだから信じてもらえないだろう。

で、警察は復讐劇に関係者である芹沢直人を捜査に参加させて無意味に複雑化したりしたわけです。

真中の最後の復讐相手はもちろん芹沢直人ですが、殺すのではなく自分を殺させてその罪を背負って一生生きろというものでした。
これには少し感心しました。
死ぬに死ねない罰というやつですね。

しかし、今まで適当な言い訳や自己欺瞞で事件から逃げ回っていた芹沢がそんなことをする覚悟があるわけがありません。
だからこそ前に「オレが死ねばいいんですか」とかトンチンカンな事が言えるわけで。
お前が殺せないなら自分で死ぬよ、と真中は自分で自分の頭を撃ち抜こうとします。
真中、親切すぎだろ。
もちろん、罪を被りたくない芹沢はそれを阻止しようとして揉み合いになり、はずみで真中の持っていた拳銃の引き金が引かれて芹沢被弾、死への階段を新快速です。
つまり、真中が怪我で死の間際とはいえ、自分がこれまで背負ってきた罪の意識を「明確に」(真中は欺瞞のしようもない)真中に背負わせる事に成功しました。
弟を殺した上に兄の精神まで痛めつけるとは…コイツこそが本当の「魔王」です。
「これでいいんだ…」とか言って死ぬのも鬼畜ですよ、コレ。
自分は覚悟も無く勝手に救われた気持ちになってるし、まさに神も仏も無い世の中です。

馬鹿な人間が事態をどんどん悪化させるくだらんドラマだと思ってましたが、この最後の「悪」は見るべきものだったのかも、と思いました。

刑事課課長の中西弘道(三宅裕司)は、事件が終わってから穏やかな顔になったそうですが、捜査に私情を挟んで大変な事になった一番の問題児が死んで自分には処分が回ってこないんだから当たり前でしょう。
先週辺りでも自己弁護が凄かったので、あのまま芹沢が生きてれば自殺してたかもしれません。


----------
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 公式サイト

途中から見るのを止めてた「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」
勝手に「レスキューウィングス」とか「海猿」みたいなもんだと思ってた自分が悪かったんですが、寺島進は主人公じゃない、というところで気付くべきでした。
別にヘリ要りません

最終回は見ましたが、トンネルでの多重衝突事故において、ヘリで運ばれた山下らが飛び込み、その場で治療していきます。
並んでる消防車は飾りのようで、電動ノコなどのレスキュー器具を持った消防隊員は一人もいません。
事故にあったらレスキューなんて来てくれないと覚悟したほうがよさそうだ。
山下が4トンぐらいのトラックに挟まれた男性を緊急手術しますが、なんかジャッキアップされてなかったですか?
車の下にもぐってるはずなのにえらい天井高かった。

最後に助け出された負傷者もその場で手術でした。
その頃には後ろで消防隊員が走り回ってます。
これが本当に前後に走ってるだけ(笑)
で、負傷者がコンテナに挟まれて動けないからここで手術してるんだと思ってたら別にそんなことはなかったようで、術後は普通にストレッチャーに乗せて運ばれていきました。
死者12名の大惨事だけど、テントで救護所を作る事も無く現場で手術して感染症のリスクをいたずらに増大させましたが、妙に不活発な消防隊員とあわせ、ドクターヘリの権益拡大を狙いたい上層部が見た目の派手な演出を狙ったのでしょう。

ところで、Wikipediaから一瞬で削除された項目がありますが、これは本当でしょうか?
録画してなかったからな~。

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(Wikipediaの履歴)

>更にリアルタイムでのテレビの観覧をなぜかwindows vista上でのGOMプレイヤーで見ている(ドラマのクオリティーが低い)

GOMプレイヤーといえば、私のような低スペックのパソコンでも動画が軽くて助かってますが、間違っても「リアルタイム映像」は流せませんなあ。
スキンを変えるとか出来なかったんでしょうか?
ま、ドラマはそれ以前ですが。

GOMプレイヤー


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月11日 (木曜日)

【鬼太郎】第72話 絆

修復なった妖怪城を前にして高笑いするぬらりひょん。
蟹坊主に乗ってるのはわかるものの、何か変だな?と思ったら蟹坊主が無数の風船持って浮いてたのでした。
右上の黄色い風船に注目。
Photo

とある家でポルターガイスト現象が起きてます。
鋏が飛ぶわ入れ歯が鳴るわの大騒ぎ。
原因は「家鳴り」です。
Photo_2

これが柱を押して家鳴りが発生、その振動に共振して物が動くのです。
ぬらりひょんは全国の家鳴りを集めてるようで、ここには朱の盤が来ています。
家鳴りを捕まえようと縁の下に入り込むものの、あのデカい顔だから引っかかって動けなくなりました。
そこを家鳴りから殴る蹴るの暴行を受けて逃げ去ってしまうのはいつもの朱の盤。
それを影から見ていたのはかまいたち。
先ほどの家鳴りのところに行き、「旦那の名誉のために言っとくが、さっきのヤツは一番の雑魚だ」と一瞬でかまいたちを昏倒させました。
戦闘能力としてはぬりひょん陣営一番だからな。
翌朝鬼太郎とねずみ男が調査に来ましたが、当然家鳴りは見つかりません。

そうやって集められた家鳴りは妖怪城に集められます。
ぬらりひょんによると、家鳴りの共鳴現象によって妖怪城に命が吹き込まれるんだそうな。
「おっはよ、おっはよ、ボンジュ~ル♪」みたいなもんですか。

かまいたちだけでなく、蛇骨ばばあとかも目の前の籠にそれなりの家鳴りを入れているのですが、朱の盤の籠だけ空っぽです。
それをぬらりひょんに咎められた朱の盤は「実はこっちが俺の籠でして」とかまいちたちの籠を抱えました。
そんなバレバレの嘘を…と思う間もなく籠の中の家鳴りに刺された朱の盤が籠を倒して家鳴りが脱走、部下総出の大捕り物に。

あまりの事態にぬらりひょんの昇竜拳が朱の盤に炸裂、家鳴りを捕まえてこられなかったらという条件付でリストラを言い渡されます。

Photo_3

Photo_4

朱の盤のイメージではゴミ箱漁るとか川原でテントとか公園のブランコで所在無げにしてるのを子供に見られてるとかのいやに具体的なイメージが流れてます。
人間界でもいろんな悪事をやってるから俗世のことにも詳しいんでしょうね。

ぬらりひょんがかまいたちを前に「別にアイツがクビと決まったわけではない」と憮然としています。
かまいたちとしては今までの付き合いより実力で評価してもらわないと、自分がいつまでも下っ端なので、これは良いことだと捉えてます。
「無論だ。俺の部下に役立たずはいらん」と妖怪城で思いを馳せるぬらりひょん。
見事ビルを爆破して喜ぶ朱の盤に「でかした。腕を上げたな」と褒めた日のことを。
そのときはたった一人の部下とボスとして固い絆で結ばれてたんでしょう。
写真にもそれが現れてます。
Photo_5

朱の盤はリストラ回避のために家鳴りを探してますが、そこには鬼太郎が先回りしてました。
掴まって横丁に連行され、目的を聞かされる朱の盤。
「拷問されたって吐くもんか!」と強がる朱の盤ですが、「そんなこと言って、ホントは知らねえんだろ」とねずみ男が挑発、「妖怪城を目覚めさせるために必要なんだ」とあっさりと陥落しました。
鬼太郎たちの認識では妖怪城は既に燃え落ちてます。
さらに情報が欲しいところですが、ねずみ男の挑発にことごとく応えて全てを明らかにしてしまいました。
やりとりは全部蛇骨ばばあの蛇が見ています。
それを聞いたぬらりひょんは怒り心頭、朱の盤を助ける必要は無い、と家鳴りによる妖怪城復活の準備に入りました。

ねこ娘と一反もめんが妖怪城が無くなっているのを確認、朱の盤の自白が正しいことを確認しましたが、朱の盤の救出が来ません。
なので、リストラされたんじゃねーの?とねずみ男に確信を衝かれて「家鳴りを捕まえてこなければ」という条件まで明かす朱の盤。

鬼太郎は、朱の盤が家鳴りを捕まえてこない限りは妖怪城起動の作業には入らず、それまでに城を壊せばいい、と判断しました。
実際には既に作業に入ってるようですが。

夕方になってねこ娘が食事を持ってくると朱の盤が脱走していました。
どうして見張りを付けていないのか?
Photo_6

急いで追跡する鬼太郎たちですが、「だから言ったじゃろう。ちょうちょ結びじゃ縄がすぐほどけちまうって」と目玉のオヤジが言ってるのを聞くと見張りとかそれ以前の問題です。
「今更逃げちゃったものは仕方ないでしょ」と責任回避のねこ娘ですが、他の誰も直そうとしなかったんだからたいした責任ではないわな。
ねこ娘は悪くない。
すぐに追いかけて朱の盤を見つけた鬼太郎たち。
泳がせて妖怪城へ行こうとするも朱の盤は家鳴り捕獲に必死で妖怪城へは1ミリも近付きません。
そんなのを雨の中見せられる鬼太郎も災難だな。

妖怪城では起動のために家鳴りが配置されましたが、ぬらりひょんの言うことを聞きません。
「面白くない事はやりたくない」んだそうです。
正しく妖怪精神に則ってる。
そこでかまいたちがとった解決策は「人質をとって脅す」でした。
家鳴りは慌てて城を揺らしだしだものの、無理矢理なので息が合ってなくて起動の兆しすら見えてきません。
新たな手も思い浮かばず、「朱の盤、茶だ」と命令するぬらりひょんですが、朱の盤がここにいるはずもなく、ただただイライラを募らせるのみでした。

結局、楽しくしなければいけないということで、家鳴りの前で余興をしてみせることに。
演じるはかまいたち。
空中に放り投げた大根を一瞬で切ってみせたらこれがややウケ。
続いて家鳴りを投げて切る!ものの片方の角だけ切ってみせました。
これだと前回の脅しと一緒だから全く効果がありません。

そこへ朱の盤が帰ってきました。
手には一匹だけ家鳴りを捕まえてます。
これでリストラも無しだと喜ぶ朱の盤ですが、ぬらりひょんは掴まってからの経緯も知ってるし、さらに鬼太郎たちは朱の盤を追って妖怪城まで来ています。
「貴様はクビだ」と静かに宣告しました。
朱の盤の脳裏にかつてビルを爆破した時の記憶がフラッシュバックします。
さきほどはぬらりひょんから見た記憶、今度は朱の盤から見た記憶なのが細かくて上手い。
朱の盤の中のぬらりひょんってかなりカッコ良さ補正かかってると思う。
Photo_7

「さっさと立ち去れ」とぬらりひょんに言われても「嫌だあ」と大粒の涙をこぼすばかりの朱の盤。
しかし、思い切ったようにぬらりひょんとの思い出の写真を持って立ち去りました。

立ち去るって事は鬼太郎たちとの戦闘の場面に突っ込むわけですが、鬼太郎がかまいたち目掛けて飛ばしたリモコン下駄にモロに当たります。
鬼太郎も「あ、ゴメン!」と謝ってますが、何を謝る必要があるのだろう?
クビになったらからもうぬらりひょん一派じゃないからか。
ねこ娘の旧鼠を狙った膝蹴りも朱の盤にクリーンヒット、「あ、ゴメン」と言わしめました。
そこにぬりかべに押し倒されあた蟹坊主が倒れてきてまさに泣きっ面に蜂。

泣きっ面に蜂」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

これを見た家鳴りは大爆笑。
「面白いものを見せてくれたからやってやる」と妖怪城起動に入りました。
妖怪城は完全に復活、そのうちの風の塔が風龍になります。
たった一つの塔なのにものすごい威力で、ぬりかべさえ吹き飛ばされました。
これはもう撤退だろうと言うオヤジとここで逃がせばまた行方が…と躊躇する鬼太郎とで逡巡してますが、鬼太郎は瓦礫に抑えられた家鳴りを見つけて思わず飛び出します。
もちろん風龍にいいようにやられて掴まるのですが、一瞬影が疾ったかと思うと鬼太郎陣営全てがかき消すように居なくなっていました。
鬼太郎たちを助けたのは夜道怪。
リニューアル最初の第52話に出てきてやたら女の子の絵に気合をいれてた妖怪です(別にこの妖怪が描いたわけではない)

【アニメ】鬼太郎第52話 お前の望みを言え

夜道怪は家鳴りの様子からここを突き止め、鬼太郎に以前の恩義を返すために行動したようです。

妖怪城では朱の盤が最後の口上を述べています。
「おめでとうございます。妖怪城が目覚めて良かったですね。オレ、クビになっても翳ながら応援してますから」と泣きながら去ろうとしました。
それに対して「待て。どこへ行く気だ」とぬらりひょん。
妖怪城復活という偉業を成し遂げたのだからクビは無しというわけです。

ぬらりひょん「今回はお前の悪運が強かったに過ぎん。家鳴りを捕まえようとしていたときの気持ちを忘れるな。そうすればいずれ結果が伴うようになる。良いな、朱の盤」

とまあ、これはとんだツンレデだ。
朱の盤が肌身外さず持ってる写真もちゃんと写真立てに入れて飾ってあって、朱の盤に向けられる笑顔は昔と全く変わってないし。
とはいえ、これはあくまで朱の盤が見たぬらりひょんね。
Photo_8

お互いの立場をザッピングして見せて「想いは同じ」というのを見せ付けるのを鬼太郎で見られるとはな(笑)
こういうリストラにあった人が頑張って名誉回復する話は大好きです。

次回からは劇場版とリンクした話が展開される様子。
もしかして最終回へ向けての展開か?と思わされますがいかに?


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ストウィ】総統が国家を挙げて壊滅へと向かってます

例の作者とは違うようですが、ついに国家事業が始まりました。
しかも大変な方向に。

騙された世界中の紳士がナチスドイツを押しつぶすに違いありません。

ゲーム化計画も進んでるようで、「スカイデストロイヤー」を彷彿とさせます。
「スカイデストロイヤー」って初めて自分の金で買ったゲームだ。

そのバージョンアップがこれらしいです。

もはやバージョンどころかハードが変わってそうですが、マジな話としてXbox360で出てくれないものか。
もちろんネット対戦(模擬戦)アリで、ボイスチャット不可(笑)
台詞は全てLB/RBと方向キーの組み合わせで。
これで8種類出るから問題なし。

かなり設定的にかぶってる「サクラ大戦」のOPともコラボします。

凄く上手い。カッコいいんだけど、こっちよりは「激・帝国歌劇団」ではないかと思うので、是非頑張ってほしいところ。
差し替えならあるけどね~。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水曜日)

09月10日のココロ日記(BlogPet)

川へ洗濯に行くと大きなアーアーが流れてくるそうです。美味しそうですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月曜日)

【ストウィ】第10話 私に見えるもの。貴方に見えるもの。

【注意】
キャプチャ画像や動画をDVDから取り直しました。
基本的には差し替えですが、霧が晴れたりフィルターが進化していたりした場合は整合性を取るために並立で置いておきます。
==========


意識不明の坂本少佐に芳佳が治癒魔法をかけています。
が、無駄に気合を入れてるだけであまり効果は無い様子。
Coco

第1回のみっちゃんのときと同じです。
本当に芳佳は学習しない。すぐに感情で我を忘れます。
結局医師と看護婦に運ばれていきました。

力尽きて倒れた芳佳をリーネが看病しています。
健気だなあ。芳佳はいろんなおっぱいに目移りしまくりだったろうに。
目が覚めた芳佳はリーネに坂本の容態を聞きますが、すぐに答えられるリーネではありません。

坂本は一命は取り留めたものの、予断を許さない状況。
その坂本のベッドにはペリーヌが付き添っています。
1944年なのに、この世界にはベッドサイドモニタがあるんですね。
Photo

坂本少佐の髪がそのまま流れてますが、新鮮だな。風呂でさえ髪はまとめられてたからな。
その病室に来た芳佳の横っ面をペリーヌがはたきました。
「あなたのせいよ」と。
もともとはペリーヌが決闘とかいう言葉にかこつけて連れ出した事はどう考えてるんでしょう?
「今までのうのうと寝ていたんでしょ」とも言ってるから正常な判断が全くできていないんだとは思いますが。
芳佳を擁護するリーネに「貴方は黙りなさい」と断ずるペリーヌ。
それに対して「黙りません!芳佳ちゃんは全力で治療していたんです!」と一歩も引かないリーネ。男前過ぎる。
Coco_2

その喧騒を無視して坂本に駆け寄り治癒魔法を施す芳佳。
やっぱりがむしゃらなだけなんでほとんど意味ないですけど。

食堂ではシャーリーとフランチェスカ、エイラとサーニャという2ペアが坂本の身を案じています。
今は待つしかないからこれを食えとシャーリーが出したのは「SPEM」
今日の食事当番はシャーリーか。
フランチェスカは「またこれぇ?」と嫌な顔をしますが、「贅沢言うな」とシャーリー。
スパムが不味いとは思いませんが、私が食べたことあるのは60%減塩のやつです。
あれならそのままでも食えますが、オリジナルをそのまま食うのは拷問では?
普通はピラフだとかの材料として使います。

サーニャは芳佳の命令違反を気にしてますが、どうもこの後のみんなの反応見るとそんなに気にすることか?と思いました。
エイラはタロットで芳佳を占ってたのですが、出たカードは「死神」です。
エイラのタロットは当たる、と私は思ってるのでこれが何を暗示するのか…私の見解は最後のほうで。

「独断専行、命令違反。その結果上官を負傷させてしかも敵を取り逃がすとは重罪だな」とサラっと言っちゃうバルクホルン。
「え?もしかして軍法会議でバァーン?」とハルトマンがおどけて言うと、「そこまでは言ってない」とバルクホルンが返しました。
それに対してハルトマンが「そうだよね。だったら私なんて何回も死んでるよねー」とふさけると、ミーナがハっとした表情で「判断は、坂本少佐が目覚めてからにします」と保留の態度を示しました。
つまりはバルクホルンとハルトマンが共謀して軍法会議を回避させたわけか。
ミーナの判断こそ独断専行なんだけど、これがまかり通るのがウィッチーズならマロリーが潰したがるのもわかるし不満を持つものが多いのもわかります。
もうバルクホルンの「甘いぞ、ミーナ」というのもアリバイ作りに見えるし、その後のミーナの憂いの表情が「してやったり」に見えてしまう私は末期だ(笑)

坂本の病室では未だ芳佳が治癒魔法をかけていますが、坂本の容態は急変して苦しんでいます。
その様子に「こんなとき、お母さんお婆ちゃんがいてくれたら」と泣き言を言う芳佳。
この前はミーナ株が暴落でしたが、これは芳佳株暴落への道なのか?
私は芳佳ってもともとこんな子だと思ってるから想定内ですが。
気落ちして魔法を止めてしまった芳佳に「貴方にしかできないの」と活を入れるペリーヌ。
その言葉で目が覚める芳佳。
今度は集中して魔法を放出、坂本の様態は安定しました。
「もう大丈夫です。この子の魔法のおかげですよ」と言う医師は、葛藤とか抱かないんですかね?
もちろん芳佳の魔法だけではなくその後に適切な治療があったわけですが、どうやったって医療は魔法には勝てないわけで、赤城艦上のときのように負傷したばっかりのときはまず止血という医療行為のほうが重要だけども、その後の治癒に関しては専門知識を持つわけではないウィッチのほうが無敵です。
よくこんな世界で医療技術が発達したなと思いますが、ウィッチの絶対数が少ないからでしょうね。

坂本が意識を回復しましたが、右目は魔眼ではなく普通の目になってます。
史実のように右目の視力を失ったってことでしょうか。
ただ、次回予告では魔眼を使ってると思しき描写があるので魔眼と普通の目は使い分けできるのかもしれません。
Photo_2

坂本のまっすぐな目を見て「それでも、飛ぶのね」と呟くミーナ。
坂本も目で肯定します。
ちょっとだけ「紫電改のタカ」を思い出しました。
坂本も気持ちはわかるけど、ワガママを通せば通すだけ目的からは遠ざかるような気がします。
何があってもブレないのは坂本らしいですが。

夜が明けて目覚めた芳佳は、坂本がおきてるのを目にします。
喜びで思わず大声を上げようとした芳佳を制した坂本が指差したのは肩を寄せ合って寝ているペリーヌとリーネ。
お互い想う相手は違えども、二人の世界に入れないのでこうなってるのでしょうか?(笑)
Photo_3

坂本は芳佳に「何故撃たなかった?」と静かに聞きます。
撃てなかったと言う芳佳に人型だったのはお前を誘い込む罠だと断じる坂本。
それに対して何かを感じたと言い訳する芳佳。
しかし、坂本は「ネウロイは、だ」と断言しました。
お約束からすると芳佳のほうが正しくなるかもしれんが、ここはそうなってほしくないな。

芳佳はミーナの執務室で処分通達を受けます。
「貴方は軍法会議の開催を望みますか?」というミーナの問いに芳佳は口ごもるばかり。
ミーナはお構い無しに「返答が無いので軍法会議の開催は望まないと判断しました」と結論を出しました。
あまりにも強引すぎる(笑)
処分は10日間の自室禁錮です。
「異議は?」と聞くミーナにネウロイとの接触の話をしようとする芳佳。
ミーナはそれを聞こうともしませんが、当たり前でしょう。
真剣に聞いたとすれば同席しているバルクホルンやハルトマンにどんな影響与えるかもわからんし。

外で待っていたリーネが芳佳に坂本少佐の回復を伝えますが、芳佳は上の空。
Coco_3

そんな芳佳を「ん?」と上目遣いで覗き込むリーネ。
なんて可愛い奥さん(違)だ。
あのさえなければランク上昇なのに。
Photo_4

唐突にリーネは芳佳を風呂に連れて行きました。
風呂にはシャーリーやバルクホルンたちも入っています。
坂本と付き添いのペリーヌ、ミーナを除くオールスターなので、これは芳佳のための風呂なのでしょう。
そしてここでも犬掻きで泳ぐハルトマン。

しかし、湯気が濃い。
本当に「湯気が7割、他が3割」って感じで何も見えません。
D(DVD)-Dayにならないと霧は晴れないのだろうなあ。
Photo_5

【注記】ものの見事に晴れよりました。

シャーリーは自室禁錮が今まで4回、ハルトマンが6回だそうです。
Photo_6

ウィッチーズは無法者集団か。
ハルトマンはわからんでもないが、シャーリーもこの前の音速突破みたいに聞こえないフリいっぱいやらかしてるんでしょう。
恐らくはあのときも何らかの処分を受けたと思われます。
芳佳を元気付けるために「みんなやってるよ」ということなんでしょうが、これがまかり通るところにこの部隊の問題があると思いました。
結局芳佳を矯正してくれる人はいないわけで、こんな環境では芳佳が全く成長しないのもわかる気がします。

みんなが笑って和やかにしようとしてるのに「みんな聞いて!」と空気を読まない芳佳。
「今回のネウロイは、他と違います!」と反論した芳佳に「お前は、違いがわかるほど戦ったのか!?」とバルクホルン。
Coco_4

カールスラントは蹂躙されて、それを目の前で見てきてるからなあ。
どう考えても芳佳の分が悪い。
その凍った場を崩したのはハルトマン。
やはりただのフリーダムではない。

人型ネウロイの噂は今までにもあり、カウハバ基地での戦闘で報告例があります(小説版)
ただ、それはここでは噂でしかありません。
それをエイラが言うのはカウハバ基地が地元のスオムスだってことで、ハルトマンが知ってるのは双子の妹がそこにいるからでしょうか。
それはあくまで噂ですが、サーニャたちは歌うネウロイに遭遇しています。
「それが罠だったじゃないかぁ」とエイラが言っちゃったので、サーニャのフォローは芳佳を叩きのめす結果に。
しかし、サーニャの頭を洗ってやるエイラって狙いすぎだろう(笑)

Coco_5

Photo_7






どうにも動けなくなった芳佳を解凍したのはフランチェスカの尻揉み。
Coco_6

湯気で真っ白ですが、何とか湯気を見通そうとした幾多の紳士がいて、ますますDVDに期待がかかる結果のようです。
さらに胸を揉まれる芳佳を見て「少しは育ったか?」と言うエイラ。
それを聞いて、さらにエイラの胸と見比べて「無い…」と呟くサーニャが可愛すぎる。

フランチェスカが「やっぱものたんな~い」と言ったらあからさまに芳佳が安心しました。
揉むのは好きだが揉まれるのは嫌いか。
いや、実際には揉んだことがない(坂本のは事故)だからヘタレなんだが。
そんなフランチェスカが目をつけたのはリーネの胸。
Incoco

フランチェスカの目が猫の目に変化、リーネに襲いかかりました。
Photo_8

でも、結局は「やっぱりこれだよね~」とシャーリーの胸に帰ってきます。
シャーリーもまんざらではない様子で、やはり正妻のものが一番ってことでしょうか。
Coco_7

しかし、こういうぼやけた場面では色滲みが凄いなあ。
他のキャプチャ画像もそれなりに描き込んで修正してますが、これは無理。
CRTのコーティングも剥げ剥げで見づらいし(笑)
そしてこの作業のためにボールマウスだったりする。

【注記】当時はアナログ放送で、色滲みやゴーストを描くことで修正してました。
そして、現在ボールマウスは壊れてレーザーマウスが我が家に居ます。

閑話休題
病室ではペリーヌが坂本に芳佳がどれだけ酷いのかを説いています。
かなり激昂してるんですが、決闘に連れ出したという自分の失敗を糊塗してるようにしか見えないのが痛いなあ。
Coco_8

だからこそ坂本が「看病してくれて感謝する」と話題をそらして頭をなでるという行為が聞き分けのない子供をとりあえず宥めるものに見えてしまって…
ウィッチーズで「大人」なのは二十歳の坂本だけかよ!というツッコミが入りそうです。
Coco_9

風呂の後に自室禁錮になった芳佳ですが、「やっぱり確かめたい」と脱走してしまいます。
誰でもいいから規律というやつを教えてやれ。
格納庫を歩く芳佳をリーネが呼び止めます。
出て行くのを止めるのかと思いきや、「私も一緒に行く!」ですよ。
本当にどこまで男前なんだか。
なのに、「私一人でやるって決めたの」とリーネの同行を許さない芳佳。
許しちゃうと展開上不味いんだろうけど、どうせなら巻き込めないとか理由付ければいいのに。
そんな別にリーネのことを微塵も心配していない言葉を投げつけられても「ずっと待ってるからね」と抱擁するリーネ。
今まであんまり目立たなかったリーネ株が急上昇か?
Coco_10

芳佳の脱走はすぐにミーナの知るところとなり、ウィッチの緊急招集となりました。
「これが司令部に知れたらやっかいだわ」というミーナの言葉が既に軍隊ではないだろうというか旧帝国陸軍の悪いところみたいな…
しかし、すぐに電話がかかってきて司令部から芳佳の撃墜命令が出ます。
リーネがこの電話を予期してるような描写だからリーネスパイ説が出るわけですか。
ブリタニア出身は他には居ないからなあ。
男は山ほどいるけど。

ブリーフィングも終わり各自解散のときにミーナはリーネに基地待機を命じます。
これにも何か深い意味があるのかな。
ミーナが「全く…扶桑の魔女って」と呆れた瞬間に坂本がクシャミ。
確かにミーナにとって坂本も頭痛のタネだわな(笑)
それを心配するペリーヌに坂本が「お前にしかできないことだ」と頼みごとをします。
ガリア貴族だからその社交力を使うのかと思いましたがどうなんでしょう。

飛び出した芳佳の前には例の人型ネウロイが出現、巣へ誘い込みました。
ミーナたちもそれに追いつきましたが、出撃したのはミーナ、バルクホルン、ハルトマン、シャーリー、フランチェスカの五人。
あれ?エイラは?
ブリーフィングの時には居たよなあ?
実は後ほどとんでもないところで登場?

バルクホルンが言うにはネウロイの巣には近付くことすらできなかったようですが、芳佳はネウロイに連れられてあっさり入ってしまいました。
芳佳を助け出そうと飛び出すフランチェスカをミーナが制止、「様子を見ましょう」と静観の構えに入ります。
ミーナとしても上層部に追いついてないネウロイ情報をここで得ようという目算があるのかもしれません。

巣の中でネウロイが芳佳に見せたのはこれまでの戦闘の経緯。
その中には墜落したネウロイの残骸を調査している一団もいます。
コアがむき出しになってるので回収されたのでしょう。
回収したコアが液中に入れられている場所ではロボットらしきものも見えます。
これが時系列で語られてるのだとしたらコアの回収は1939年以降なのですが、もしコアの回収が今回のネウロイ侵攻前だったら、今回の侵攻はコアの回収が目的なのかもしれません。
芳佳はまたしてもネウロイと触れ合おうとします。
坂本の忠告は全く頭に入ってないようですが、後先考えないのも10代の特権でしょうか。
触れ合う直前にまたしても邪魔が入り、ネウロイは外に飛び出しました。
ネウロイを見たミーナたちは散開して迎撃しようとしますが、それを追い抜いてネウロイに襲い掛かる影が。
「グラディウス」のビッグバイパーです。
Photo_9

この前は「クォース」だったし、コナミのテクノロジーも入ってるのか。
まあ、フィギア出してるところだしネウロイに通じててもおかしくはない。

【注記】モデルはTa283&Fi103(エンジン部)とのこと。

ネウロイの反撃は激しいもので、四方八方に撃ちまくられるレーザーにウィッチたちも回避が精一杯です。
回避の機動は「板野サーカス」そのままで、スピード感は凄いが具体的に意味のある動きをしてるとは思えない(笑)

ビッグバイパーは人型に変形してます。
魔法障壁はウィッチみたいな魔法円ではなくてネウロイと同じ六角形。
そりゃ、ネウロイの巣で見た映像からすればネウロイの技術を使ってるんだからな。
Photo_10

ビームの一撃で人型ネウロイは消滅、巣もやられたようです。
これはとんでもない威力だとシャーリーたちが話し合ってるとき、フランチェスカが落ちていく芳佳を発見しました。
一度目の隅に捉え、もう一度見る動作が細かい。

芳佳に向けてフランチェスカが突っ込んでいるときに衝撃波のようなものが見えますが、湿度が高かったのでしょう(笑)

その頃、基地では

ペリーヌ「うまく入りますか?
坂本少佐「もうちょっと奥まで…よし、いいぞ。そんな感じだ」

と怪しげな会話が繰り広げられてます。
タンポン?というかこれが「お前にしかできないこと」?
暗闇の中で行われてたのですが、突然ライトの光が浴びせられ、坂本が「始まったか」と呟きます。
坂本は事あることを予想してたってことですな。

基地に帰投したミーナたちを出迎えたのはマロリーでした。
その背後に先ほどのロボットが降り立ちます。
そして、ウィッチたちはステン短機関銃を構えたブリタニア兵に包囲されました。
いよいよウィッチ粛清が始まるってことでしょうか。

ステン短機関銃はイギリスで大量生産された短機関銃。
いかにもやっつけで作ったような外見が特徴です。

ステン短機関銃(Wikipedia)

ブリタニア兵であることは、その不恰好なヘルメットから一目瞭然(笑)

EDは芳佳&ミーナ。
坂本&ペリーヌにしてやれよと思いますが、どうしても許されないのでしょうか?(笑)

次回は第501統合戦闘航空団は解散、それでも飛ぶために結集する話に見えます。
そうだとすると「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」みたいになるのか?

さて、エイラのタロットの解釈ですが、これはあくまで私の願望であって実現率は0%であることを断っておきます。
ネウロイの侵攻の目的は回収されたコアとそれによって生み出されたビッグバイパーの回収だった。
まだ人の技術では完全自律のロボットは難しく、脳や神経系には宮藤博士のものが使われている。
これで第6話のお父さんと会えるという予言が実現します。
真相を知った芳佳は怒りでマロリーを殺害、あおりでウィッチーズも全員死亡、人類の最後の砦も消滅し、まさに誰にとっても死神となる。
なんてことになったら凄いのになとは思いますが、ありえんわな。
タロットの死神の意味からすると新秩序構築のための破壊はあるかもしれんが。

なんか本編が途中から二期を意識した運びになってるように見えてしょうがないんですよね。
今の話があと2話かそこらで終わるように思えないし。
でも、アフレコは8月14日に終わっててそれまでに二期が決まるのかな?って気もするし。
佐藤大輔の小説みたいに本編グダグダで外伝楽しいみたいなもののような気がしてきました。

余談ですが、私の想定を根本から覆す話が島田フミカネ氏から出てきたので記録。
私はエイラ、サーニャ、ペリーヌはズボンの下にパンツを穿いてるんだと思ってましたが、サーニャはズボンの重ね穿きで、あのスカートに見えるものは「ベルト」だそうです。
そんなもん想像もしてなかったわ(笑)
サーニャがそうであれば、当然エイラもズボンの重ね穿きでしょうな。
あの世界には「パンツ」が存在しないのかもしれん。


関連?商品----------

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2008年9月 7日 (日曜日)

【恋空】ついに次回最終回&スパム

TBS系列にて絶賛放送中の「恋空」
その素晴らしいストーリーに引き込まれてる人多数だと思いますが、いよいよ次回で最終回です。
今回もいつもと変わらず目が離せない展開でした。

まず、父の会社の危機は去ったようで、全く出てきません。
ミカが泣いただけで乗り切れるのなら、母が離婚まで持ち出して反対したのも納得です。
安易な方法に逃げなかったことを感謝しろよ、父。

ミカは新しい彼氏(エセ関西弁使い)と同じ大学に進学、また12月24日がきて、例の公園ではた迷惑にも流産した赤ちゃんの供養をします。
自治会が後始末してるんだろうなあ。
驚くべきはミカの鬼畜ぶりで、その思い出の公園まで彼氏に車で送ってもらってます。
普通は一人で行くもんだと思いますが、彼氏の心中やいかに。

去年はヒロが供養に来てましたが、今年はヒロの友達です。
「そんなどうでもいいことになったんだ」と思うミカですが、どうでもいいならそもそも友達を寄こさないだろう。
友達はヒロに頼まれて供養に来てるのですが、毎年供える手袋を百年分預かってます。
永代供養をタダでさせるとはヒロも鬼です。
親戚に法事を頼むのでもこんな無茶はしません。

ヒロの病気を知り病院に忍び込んだミカ。
真相を知ってヒロとよりが戻ります。
ということで、彼氏とは別れるのですが、このシーンだけはいいと思った。
ヒロが死んでしまうと打ち明けるミカ。
ただ、説明が足りないので「ミカが来なきゃ死んじゃうぞ」というワガママ言ってるようにしか聞こえないのですが、ミカにとって大事なのは自分だけなので、ヒロがどう思われようが無問題です。
彼氏から貰った指輪が落ちて、拾おうとしたミカに「拾うな!」と叫ぶ彼氏。
そんなもんほっといてヒロのもとに行ってやれってことですね。
あえて自分が悪いように言ってみたり、この彼氏、健気です。

病室でヒロとキスをするミカ。
原作では無菌室でやっちゃったもんだから非難轟々でしたが、ドラマでは無菌室にしないことで回避しました。

ミカはヒロの看病のために大学を退学することを選びます。
打ち明けられた両親も「ミカのやりたいようにしなさい」とか言ってますが、なんで休学だとダメなんだろう?
両親も言ってやれよ。
それとも、相変わらず家計は火の車で休学させるような余裕は無いのでしょうか?

二人だけの結婚式をするんだと、ヒロとミカは病室のカーテンを持って中庭に出ます。
検査の結果では免疫力が落ちてるのは間違いないんでこれだけでも肺炎とかで死にそうですが、ターミナルケアの観点からするとこちらのほうがいいのかも。
持ってきたカーテンをベールにするのですが、明らかに縫い縮めてあったり加工がされてます。
これはヒロがやったのか?
ミカは編み物も怪しいぐらい不器用だからな。

来週はもちろんヒロが死にますが、ヒロの子供が出来てるのかどうかに注目です。
原作のキモだからここを削除はしないと思うけど。

一番の注目どころは、MBS(毎日放送)が阪神vs広島戦のために最終回は日曜の14:00からに変更したこと。
せっかくの最終回なのに野球の試合(しかも優勝が決まるかどうかもわからん)でズレるのね。
確かにこちらのほうが視聴率3倍は稼ぎそうだが(笑)


----------
最近はこんなスパムも少なくなった。


==========
芽ばえくらぶ 新春増感号
==========
~天使と戯れた時間(とき)~

「ケンジおじちゃんずるいよぉ。それっ最後の1こぉ~っ」と、いとこの真由ちゃんの声がした。

チョコレートの箱をのぞいて彼女が怒っている。といってもそれを、口に放りこんだあとのこと。

「楽しみにしてたのに~」

あどけない少女が、唇をとがらせ、ぽっぺたを膨らませたまま私に言い寄ってきた。

「わりぃわりぃ」と言いながら、私は辺りを見回した。

「だれもいないな・・・」

そっと彼女の肩を抱いて、唇を重ねる。
私の口の中のチョコレートがつるっと彼女の口に入っていった。

そのままの状態で、彼女の唇はしばらく離れる事はなかった。

にっこりと笑った彼女の口のなかでチョコレートがとけていった。

「真由ちゃんもすこしは大人になったんだね・・・」

私の言葉に彼女がキョトンとする。

「この間までペッタンコだったのに・・・少し大きくなってるよ」

顔を真っ赤にして暫くうつむいていた彼女が、私の頬に軽くキスをくれた。

つづく

http://www.xxxxx

凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸

PR:ロリータ愛好者はその対象と肉体的関係を持つべからず!

絶対に肉体的関係を持ってはいけないということ。
(法律でも禁止されています)
何といっても、相手に一生残る心の傷を残すことになります。
少女を本当に愛し、幸せになって欲しいのなら、関係を持つことは厳禁。
心が通じ合えば、その柔らかなほっぺにキスくらいは許されるかも知れませんが、それ以上はたとえこの世が滅びてもだめ。

「男たるものその信念を貫き、心に刃を伏せる「忍」の心境」

このことが究極的には、一番の悦びであることを感じなければならない。
単純な性欲を大人の女性で発散できないのであれば、アダルト系のロリコンサイトやロリータ小説を読んで、バーチャルな世界の中で発散するべし。

http://www.xxxxxx

==========


読んだ事はありませんが「LO」あたりで使われてそうな文章です。
特にPRの


>心が通じ合えば、その柔らかなほっぺにキスくらいは許されるかも知れませんが、それ以上はたとえこの世が滅びてもだめ。

のあたりが。
まあ、そういうことですな。
これを守る限りはロリコンが非難されるいわれはない。
この言葉を胸に刻んで今日も元気に生きていきましょう(笑)


「男たるものその信念を貫き、心に刃を伏せる「忍」の心境」


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »