« 2008年10月5日 - 2008年10月11日 | トップページ | 2008年10月19日 - 2008年10月25日 »

2008年10月12日 - 2008年10月18日

2008年10月16日 (木曜日)

10月16日のココロ日記(BlogPet)

満々より無いものといったら……?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水曜日)

【THE 地球防衛軍2】強攻突入してみた

ゲーム動画をニコニコに上げたのはけっこう久しぶりな気が。

面白くないだろうと思ってたけど再生数もコメントもまずまず。
これを「外から見てみたい」という人がいますが、それは二人同時プレイで片方をカメラにしろってことですね?
ウチは一人しかいないんですけど…

まあ、難易度INFでやってみたらなんかすごい絵にはなった。
向こうのほうでレーザーが一点集中してるの(笑)
とはいえ、INFではいろいろと話にならんので、ハデストでやってみるか。
実際のところ、EASYでやってもけっこうな絵になるとは思うけど。

それくらい「THE 地球防衛軍2」は難易度的に狂ったゲームです。

もう一つのプレイ動画はまだまだ編集が済んでません。
とりあえず声を置く順番を決めただけ。
後は動画に合わせて声を配置してエンコードで完了。
だけど、配置して具合見るのにエンコードしないと無理だからな。
プレビューもあるけどエンコ以上に時間かかるし(笑)


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火曜日)

【鬼太郎】第77話 クールスイカップ

劇場版に向けて妖怪四十七士を探すねこ娘たち。
鬼太郎も「見つけたら知らせてね」と良い子のみんなにお願いします。
ご褒美はヤモリの姿焼きや蛙の目玉だとか。
やっぱり妖怪だったら見上げ先生の給食はご馳走だったんだ。

そんな頑張ってる鬼太郎をよそに横丁ではサインの練習がブーム。
妖怪四十七士に選ばれたらサイン攻めになるから今のうちに練習しておこうということです。
アマビエはアイドルらしいサインで勝負ですね。
Photo

油すましが達筆であることも明らかにされましたが、その毛筆は既にサインじゃないだろ。
アマビエは油すましが同じ熊本出身であることを思い出し、危機感を抱きました。
油すましは妖怪横丁の町会長だから権力でも使うのか?
参考にすると言われている公式サイトの人気投票ではアマビエが油すましにダブルスコアで勝ってますな。

目玉のオヤジもノリノリでどっちのサインがいい?と鬼太郎に聞いたりしてます。
鬼太郎には区別がつかないし、私にとってもどっちでもいいことだ(笑)
サインなあ…昔はしました。本名じゃなく芸名ですが。

ねこ娘とねずみ男は山形県に妖怪四十七士を探しにきてます。
出羽三山といえば修験道の地ですか。
疲れて一歩も動けないと駄々をこねるねずみ男をねこ娘が引っ掻こうとすると雪が降ってきました。
夏はねこ娘の特別服でこの前終わったばかりです。

参考:【鬼太郎】第75話 少子化と存続

この季節外れの雪は豪雪になり、その中を二人が必死で歩くわけですが、突然「ダメよそっちは」という声が聞こえました。
「そっちは崖よ」という声と共に視界がハッキリすると、ねこ娘は崖っぷちに立たされてます。
ねこ娘たちは青白い影に導かれて歩き出しました。
このときのねこ娘が非常にカッコいい感じがします。
Photo_2

結局は寒さによる眠気におそわれて倒れてしまいますが。
すると、吹雪が止んで「生きてる?」と雪女に声をかけられました。
ずいぶんとスイカップ(この言葉もえらく古くなりました)な雪女です。
声優は園崎未恵さん。
ゲルトお姉ちゃんを思い出すか「昴は言った」を思い出すかで…たいして変わらないか。
「ミブリー&テブリー」のOPが思い出せる人は位階が一つ上がると思われます。
Photo_3

ねこ娘とねずみ男は雪女の城に導かれました。
これが本当に湖の中に浮かぶ西洋風というか魔女っ子の世界に出てきそうな城で、ここに和服の雪女が住んでるのは非常に違和感があります。
Photo_4

ねこ娘たちと対面してるのは、雪女を束ねる雪女郎。
第30話「鬼太郎 抹殺作戦」で雪女を率いて鬼太郎を助けた人ですね。

参考:【アニメ】『ネタバレ』鬼太郎30話

「こんな美人ぞろいの雪女のお城にお招きいただくわで」と鼻の下を伸ばすねずみ男ですが、その言葉に反応してる雪女が十人並みとはどういうことか。
あれか?2ちゃんで貼られた女性専用車両に関するインタビュー映像みたいなのか?

バケローも一緒についてきてるのですが、雪女は山形県で一番有名な妖怪だから四十七士がいるかもしれないと考えています。
もちろん山形にも雪女伝承はありますが、イメージ的には新潟あたりかと思ってました。
小泉八雲の怪談の雪女は現在の東京都青梅市あたりのようですね。
ご当地妖怪の人気投票を見ると「天邪鬼」「あみきり」「旧鼠」「古庫裏婆」「泥田坊」とかすりもしてません。
山形の場合、対象がぬらりひょん側とかばかりのような気がしますが。

四十七士の話は雪女にも伝わっているので、雪女郎は城の中を好きに調べてくれていいと言ってくれました。
案内役をつけようとすると「私が」と一人の雪女が立ち上がります。
さっき助けてくれたスイカップです。
名を「葵」というようですが、雪女郎は何か懸念を感じている様子。
とはいえ、拒否する理由もありませんので葵が案内役に。
ねこ娘にも親切ですが、そこで顔を赤らめると何か違うことを想像してしまうだろう。
Photo_5

ねずみ男には「お黒」というお歯黒べったりにソックリな雪女がつきました。
Photo_6

ねずみ男がタイプだとかでベタベタくっついてますが、ねずみ男を好きになる女性って骨女とかちょっと変わったのばかりですね。

参考:【アニメ】鬼太郎第41話 ねずみな恋の物語

葵がねこ娘を連れてきた場所は「動かずの森」
ここは絶対零度の木々が生い茂り、雪女たちの修行の場でもあった魔の森なんだそうです。
ねこ娘は寒さに震えながらそこで修行しているであろう雪女に会おうとしますが、今はここに近付く雪女さえいなくなってました。
例外は葵みたいに強大な力を求めるものだけです。
言われて周りを見たねこ娘が見つけたのは木に氷の槍で縫い付けられた藁人形。
修行用のものらしいですが、この藁人形が修行のときは動いたりするんでしょうか?

葵はねこ娘に「あなた、ゲゲゲの鬼太郎の恋人だって聞いたけど、本当?」と実に答えにくい質問をされました。
Photo_7

ねこ娘の頭の中では「正式の恋人ってわけじゃないけど、素直に違いますって言うのも何か悔しいわぁ」という言葉が生まれてます。
確かに外野から見ると微妙ではあるけど、鬼太郎視点では全然違うだろう。
これでわかったことは、妖怪世界では鬼太郎の恋人はねこ娘だという情報が出回ってるということです。
ともかく、「だいたいそんなとこ」と、こういうときに都合のいい答え方で返したねこ娘に、葵は「良かった」と何か企んでいる様子。

ゲゲゲハウスでは相変わらずオヤジがサインに頭を悩ませていました。
星マークとハートマークで悩んでいるようですが、その選択肢の時点で既にイタイです、オヤジ様。

そこに粉雪が舞い込み、鬼太郎にメッセージを形作りました。
「鬼太郎に告ぐ」で始まる文章の内容はわかりませんが、署名は「雪女」です。
雪女もいっぱいいることがわかったのにこれはないだろう。
犯行声明で、名前を「アメリカ人」と書いてあるようなもんです。
ともあれ、鬼太郎はオヤジには言わずに急いでカラスに乗って雪女の城へ向かいました。

ねずみ男は城の図書室で雪女の妖力パワーランキングを調べています。
それによると、

一位 真白
二位 葵
三位 池
四位 文

だそうで、二位は今回の葵ですね。
「二位って言うな~!」とは言わないと思いますが。声優違うし。
ねずみ男としては一位の真白に会いたいのですが、それを聞いたお黒は急に態度が変わってしまいました。

さて、動かずの森では突然葵がねこ娘に攻撃しています。
得意のスピードで何とかかわすねこ娘ですが、木の枝に乗ったのが悪かった。
ここの木は絶対零度なので、足が凍り付いて動けなくなります。
葵にどんな目的があるのか不明ですが、「あなた自身はどうでもいいの。ちょっと凍って辛そうに泣き喚いてくれればそれでいいの。所詮は囮なんだから」と。
さっきのメッセージを送ったのは葵で、目的は鬼太郎ですか。
そこでねこ娘はさっきの藁人形が鬼太郎に似てる事を思い出します。
ってそりゃさすがに無理ありすぎだろう。
どう見てもただの藁人形だったわ。

どうして葵が鬼太郎に復讐しようとしているかというと、第7話の「燃えろ! 目玉おやじ」で人間に恋して処刑された姉を嘆いて暴れまわり、鬼太郎に倒された雪女がいました。
これがパワー一位の真白で、真白の一番の親友が葵だったからです。
雪女郎は、そのときの一件が真白がぬらりひょんにそそのかされていたことを知ったので鬼太郎を許したのですが、葵は納得がいってなかったのです。
だから最初に雪女郎が懸念を示したのか。

ねこ娘は氷柱に半分体を埋められてるのですが、鬼太郎に対する恨みを滔滔と話す葵に「私なんか囮にしたって無駄よ。私は鬼太郎の恋人でもなんでもないんだから。私が勝手にそう思ってるだけで」と消え入るように話しかけます。
ねこ娘にとって、これはどんな攻撃よりも痛いぞ。
Photo_8

とはいえ、もちろん鬼太郎が仲間のために来ないはずはなく、ちゃんとその場に現れました。
ねこ娘を放せと要求する鬼太郎に、鬼太郎を殺せば放すと応える葵。
盾にするわけではありません。
それで勝っても復讐を遂げたことにはならないので。
真白の復讐とは雪女の力を使ってこそ遂げられるものなのです。

戦いを始めた鬼太郎と葵ですが、葵は修行を重ねて森の力を取り込んだ強大なパワーで攻撃しました。
鬼太郎も「あの時の雪女より遥かに強い」と認めています。
そんな鬼太郎に「地獄の炎とやらはもう使わないのか?真白のように、私を焼いてみろ!」と挑発する葵。
鬼太郎はあの時の悲しい気持ちをまだ覚えてるので地獄の炎は使いたくありません。
それにこんなことで使ったら地獄でが待ってると思うぞ。

手も足も出ない鬼太郎を凍りつかせるか?と思った瞬間鬼太郎の前に氷の防護壁ができました。
雪女郎率いる雪女軍団です。
「また、助けるのね」と憤りを隠さない葵は妖力を振り絞って巨大化、雪女郎さえ怯ませました。
Photo_9

動かずの森の力を手に入れたことを悟った雪女郎は、それでは雪入道のような化け物になってしまうと叫びます。
雪女郎が言うことを解釈すると、今は雪女たちは城に引篭もってるから真白の姉のように掟で処刑される雪女は出さない、ということなんでしょうか。
ねこ娘も、真白は妖怪大裁判のときに鬼太郎に味方してくれたと説得します。
ちなみに、このとき真白は証人として出てきただけで一言も喋ってませんけどね。

参考:【アニメ】鬼太郎第47話 検察側の証人

もちろん鬼太郎が悪くないことは葵だって理解しています。
だからといって許せるかどうかってのは別問題ですから。
こういうところで使っちゃうと葵に対して悪いんだけど「盗人にも三分の理」という諺もあるし。

諺を検索してて出てきたサイトが面白かったので紹介。

ことわざ珍辞典

それを聞いた鬼太郎は「いいよ。僕を君の好きなようにしてくれ」と体をさらけ出しました。
驚く葵に鬼太郎は「事の善悪は関係ない。もしねこ娘が死んだら僕も同じ怒りにおそわれるに決まってるものね」と答えましたが、これは鬼太郎からねこ娘への告白!?

「いいんだな?それで」と聞く葵に「たった一人の妖怪の心も救えないのに、地獄の鍵を授かって日本を救う資格なんか無いと思う。だから、だから君の気持ちが治まる一番の方法をとってほしい」と笑みを浮かべながら返す鬼太郎。
高潔な人格を見せ付けて格の違いをわからせるやりかたですが、葵は認めたくないと氷の槍を投げました。
これって性格的に卑しい人間に対してやったら逆効果だわな。
今回の場合は大丈夫だけど。
投げつけようとしたとき、鬼太郎の前に真白が立ちはだかります。
微笑みながら首を横に振る真白。
それを見た葵の目に涙が浮かび、集中が途切れて吹雪も治まりました。
この真白は葵にしか見えてなかったみたいですね。
約3分もの気合の入ったドラマでした。

葵は負けを認めましたが、葵が森の力を使いすぎたのでバランスが崩れて巨大な雪崩が起こります。
鬼太郎は雪崩の前に降り立ち、地獄の鍵で雪崩を溶かそうとしました。
地獄の鍵は使うときには地獄の承認が必要なのですが、それ以前に体力を消耗している鬼太郎では極炎乱舞が暴走して周りに大被害をもたらしてしまいます。
それでも呼び出すと譲らない鬼太郎。
こういう妖怪と人間の危機の時のために地獄の鍵はあるはずだからと。
いや、それはそうなんだけど、役に立つものでも体調不良で無理矢理使う人はいないでしょ?

まあ、呼び出してしまったものは止められません。
鬼太郎は極炎乱舞の炎を振り回して雪崩を蒸発させていきます。
極炎乱舞の炎は鬼太郎の髪の毛ですから、それを振り回してるってことは鬼太郎ヘッドがどえらいトランス状態なわけですが。
やはり鬼太郎は制御しきれずに倒れかけますが、その手を支えたのは葵でした。
「私が溶けてしまう前に、早く!」ってこりゃ嫌でも根性出さないといけませんな。
鬼太郎の気合と共に葵の胸に四十七士の紋章が浮かび上がり、例によってスーパーソニックの気合が迸って一気に雪崩が文字通り雲散霧消しました。

極炎乱舞を勝手に使った罰は五官王の軽い叱責で済みました。
四十七士になった葵はゲゲゲハウスの前に来ています。
今度の事で明らかになったのは、四十七士の紋章が覚醒するには鬼太郎と心を響き合わせることが必要だということ。
ねこ娘は女性の妖怪が選ばれるたびにヤキモキしないといけないの?
「ココロとココロで手を結んで」という歌詞が頭を回りだしたら末期です。

葵の帰り際にいつでも横丁に遊びに来て、と社交辞令を飛ばすねこ娘に「そうね。すぐまた来なきゃ。恋の戦いに負けちゃうもの」と宣戦布告する葵。
「なんてね。アナタ本当に騙されやすいから気をつけて。ね・こ・む・す・め」と続けてますが、これは本当は鬼太郎を好きなのかねこ娘を好きなのかよくわかりませんな。
少なくともねこ娘をいじめがいのある子とは思ってるようです。
どっちかというとゲルト姉ちゃんかなあ。
Photo_10

今回から新EDですが、歌はともかく映像はねこ娘主役のねこ娘ファン歓喜の内容です。
朝にご飯の支度をし、鬼太郎にぐうたらするなとでも言いつけてバイトに出かけるねこ娘。
やっぱり鬼太郎の使う金はねこ娘のバイト代じゃないのか?
ねこ娘が出ていった瞬間には鬼太郎欠伸でこれから寝る気満々ですが。
バイトは花屋、魚河岸、保母さんと非常に多彩です。
恐らくは早朝魚河岸、そのあと平日は保母さん、休日は花屋なんでしょう。
ある意味女工哀史だな。
と思ったら突然街に巨大な怪物が出現しました。
火の鳥と水の竜ですか。
同時に出現するにはあまりに相性が悪い気がしますが、共闘ではなく「ゴジラ対アンギラス」のような鬼太郎とは関係ないところで出現したのかもしれません。
それに対抗する鬼太郎は土の魔物?を召喚してその中に入り込み、怪物と戦いだしました。
なんかモロに怪獣映画な構図だな。
戦い終わって腹が減ったのかねこ娘が茶碗にうずたかくご飯を盛り付けます。
それを見て引きつる鬼太郎と嬉しそうに見つめるねこ娘。
台詞を入れたらヤンデレにもなりそうですが、やたら気合入ってます。
これが5つめのEDですが、作画枚数は最多だそうで、「妖怪横丁ゲゲゲ節」のいろんなパターンがあるものより多いってんだから「ねこ娘ファンは保存せよ!」ってなものでしょう。
ほっぺの赤に白いハイライトが私には今ひとつ馴染めない表現なんですが。
動画はいろんな都合(笑)で倍速で音もAMラジオ並にまで下げてお送りします。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月曜日)

【Xbox360】エースコンバットに明け暮れる

このところずっとXbox360で「エースコンバット6」をやってます。
オフライン関係の実績を全部取れる「かも」というところまできました。
難易度「ACE」で全ミッションSランクなんて無理だろと思ってましたが、実はクリアすればほぼSランクなので、こちらはそんなに難しくないのでした。
むしろ、「機銃だけでクリア」をどうしようかと思ってます。
全15ミッションのうちミッション5までしかできてない…

Sランクの壁は、まずはミッション1。
撃墜するのを忘れてランクが下がるのですが、高難易度になるとそこらじゅうで爆発する巡航ミサイルから逃げつつの撃墜が辛い。
まあ、落とされるというよりは撃墜数を稼ぐのを忘れてAランク止まりってのが多いですが。
あとはミッション13。
エメリア解放のミッションですが、一次ミッションは特に問題ありません。
二次ミッションのパステルナーク撃墜で、UAVを15機以上撃墜してAランク取らないと評価がAランクになってしまうので、ここが壁。
特に高難易度だと機銃弾でも致命傷になるし基地に帰ってもダメージは回復しないのが困りもの。
しかも、UAVはありえない機動でミサイルをかわしまくります。
その間にパステルナークを巻き込みで撃墜してしまうとオシマイです。
攻略Wikiには非常にお世話になりましたが、結局は架空機体を使っての地道な攻略になりました。
あ、Sランク取るのには架空機体が楽なので、これしか使ってません(笑)

やったのは、基地に帰還してからの再出撃のときに、だいたい自機上空にUAVが固まってるので、そこにEMLというレールガンをめくらめっぽうに発射、偶然で一機か二機落としたら基地に帰って再出撃を繰り返すという、いかにもゲーム的な方法。
これでも敵のミサイルで撃墜されるのを何度か繰り返しました。
まあ、「リッジレーサー」でも同じですが、必要なのは絶対的な腕ではなく根気ですね。

勲章獲得条件の一つに短時間クリアがありますが、基準は2時間15分以内。
私が2時間ちょっとでいけましたから、まあ、普通にゲームできれば大丈夫です。
各ミッションのクリア時間はこんな感じ。難易度はもちろんNORMAL。

ミッション 1   4:09
ミッション 2   2:47
ミッション 3   4:29
ミッション 4   6:14
ミッション 5   9:40
ミッション 6   7:51
ミッション 7  13:56
ミッション 8   7:53
ミッション 9   5:54
ミッション10   8:00
ミッション11   8:35
ミッション12   7:04
ミッション13   9:10
ミッション14  14:35
ミッション15  11:44

合計     2:01:41

最終ミッションはミッションがアップデートされるたびに墜落してリトライしたほうが楽でしょうね。
4までしかしてませんが、今までに比べてアホほど出てくる敵を味方がどんどん撃破していくのが気持ちいい。
全ミッションで考えると、撃破数は自機:味方機で6:4ぐらいじゃないでしょうか。
攻撃要請や援護要請に応えてくれる多数の味方が頼もしいですね。

機銃クリアなんてできるのか?と思いながら1ミッションずつ進めていこうと思います。


----------
ちょっと思い立って「ミブリー&テブリー」の攻略ページを作るべく再プレイ中。
ジェスチャーの答えはミエミエ魔法で確実にわかりますが、粘土の答えはヒント無しなので、けっこう詰まってる人がいるみたいです。
後半になると「そんなもんわかるか」みたいなの連発ですしね。
覚えてるから大丈夫だろうと思ったら最初のほうで早くもゲームオーバーになりましたよ(笑)
まあ、こちらも少しずつ進めて答えを書き止めていってページを作成するってことで。


----------
「THE 地球防衛軍2」のプレイ動画も久しぶりに作成。
今度のは見ててそんなに面白くないですが、このゲームの狂った難易度を実感するにはいい動画じゃないかなと思ってます。
数ヶ月前から編集を放置してあるプレイ動画がありますが、これを完成させて上げたら一応の終わりになるかな。


----------
甥っ子(6歳)が「ストライクウィッチーズ」を喜んで見てる模様。
妹の家では電波が入らないテレ東系のアニメを中心にDVDに焼いて送ってるのですが、アナログ放送なのでDVD-Rに5話分入ります。
一週間に2番組録画だったので、2週間分で一話分の余りが出ます。
そこに適当なものを入れてたのですが、「ストライクウィッチーズ」の1,2話がずいぶんお気に召した様子。
まだ「ズボン」がどうこうとかそんなに思ってないようなので、それなら見せてもいいかなと思った次第。
女の子が空を飛んでるのが楽しいみたい。
そんな甥っ子はこのアニメを「箒の女の子」と呼びます。
空を飛ぶ女の子は魔女で、魔女は「魔女の宅急便」のとおりに箒で空を飛びます。
で、この呼称に。
妹から送ってくれと頼まれましたが、最初は何かわかりませんでした。
しかし、「箒の女の子」だと少しも恥ずかしくないタイトルですね。
キミが好きだった「ネコさん(狂乱家族日記)」は最終回が火曜日か水曜日くらいに届くから楽しみにしてな。


----------
ブログのカウンタは4万を超えてます。
ブログを開設して3年半ぐらいになるような気がしますが、アクセス数の9割をこの一年ぐらいで稼いだような気がします。
実は番組感想のキャプチャ画像を古い順に差し替えてます。
昔は殆ど無圧縮をそのまま入れてるから、編集後は2/3ぐらいになる予感が(笑)
ノイズ消したり余計な部分をトリミングしたりしてます。
マイフォトの整理が非常に重いですが、どうにかならんのでしょうか?


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月5日 - 2008年10月11日 | トップページ | 2008年10月19日 - 2008年10月25日 »