« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

2008年11月2日 - 2008年11月8日

2008年11月 8日 (土曜日)

【鬼太郎】第80話 バッフーンドッカーン

町の雑踏で一瞬だけ強い妖気を感じる鬼太郎。
行った先には爆発事故があったかのような惨状のレストランがありました。
被害者に話を聞くと、「突然巨大な物体が押し寄せてきて…気付いたらこんなに」ということで、ガスではなく実体をもったものが原因のようです。
鬼太郎にもイメージが流れ込みますが、何かの塊であるという以上のことはわかりません。

皆が倒れてる中、ただ一人立ち上がって恋人の一太郎を探す遥。
美人ではありますが、怪しさ大爆発ですな。
声はくぎみーですが、ツンデレではありません。
Photo

遥が言うには、突然目の前から消えたんだそうです。
ごく普通のカップルに見えますが、なにが起こったんでしょうね?
Photo_2

鬼太郎が事件を整理してくれますが、現場から消え去ったのは一太郎だけで、一太郎と遥は事件現場のレストランで食事中でした。
誰が妖怪で何が起こったのか?
今回の鬼太郎はミステリー仕立てです。

鬼太郎たちは、まずは図書館にて類似事件を探す事から始めました。
ネットで調べるのは便利だけど、時間が経つとデータが消えて有料版になるとことかあるし、一番爆実だ。

類似事件は何件か見つかり、いずれのケースでも男性が一人行方不明になってます。
となれば怪しいのはその男性で、同一人物の可能性もありますが…
過去の現場へ行こうとした鬼太郎は、途中で会ったねずみ男に今回のように目の前から突然消えるようなケースが起こり得るか聞いてみました。
ねずみ男は消えたのが宇宙人か妖怪なんじゃないの?と重要な示唆を与えました。
うん、ゲゲゲ世界では普通なら消えた男性が妖怪であるという推論が出てくるわな。

各地で事故を起こしたのが一太郎なら、一太郎の周辺を調べれば何か出てくるはず、と鬼太郎とねこ娘は打ち合わせをしていますが、鬼太郎はバケローで電話をかけています。
ねこ娘は人間界で契約した携帯があるけど、鬼太郎もバケローのおかげで便利になってますね。

鬼太郎は5年前に事件のあった場所に来てみました。
事件の後、買い手がつかずに空き地になってますが、鬼太郎が地面に手を着くと強烈な肉の塊のイメージが襲ってきました。
サイコメトリーができるんですね。
最初に見たやつとの相乗効果でえらくハッキリとわかったようです。
つまりは、肉が広がってあたりを押しつぶしたってことか?

30年前の現場となると、スーパーか何かになってしまっていて面影が全くありません。
それでも何か残ってないか探す鬼太郎たちですが、ねこ娘は人目を気にしたほうがいいと思います。
Photo_3

鬼太郎のサイコメトリーも30年前では思念も拾えず、どうしたものかと思ったとき、道端に花を供える人を見つけました。
事情を聞くと、30年前の事故で行方不明になった男性の知り合いだったとのことです。
男性が好きだった花を供えておけば、自分を思い出してくれることがあるかもしれない、と時々持ってきてるそうですが、薔薇じゃなくて百合で良かったですね。
男性の写真があるということで、見せてもらった鬼太郎は驚きました。
何が写ってたんでしょうか?

公園で泣いてた遥を見つけたねずみ男が、その美貌につられて相談に乗ってますが、こういう場合騒動に発展するのはお約束。
ともあれ話を聞くと、一太郎はレストランでプロポーズをしたらしい。
婚約指輪にしてはチャチすぎるものをしてますが、気は心なんでしょう。
Photo_4

手がかりの無い男探しでは割に合わないと鬼太郎に話を振ろうとしたのですが、遥の目を見てまたしても「お任せください」と引き受けてしまいました。
どうやら魔性の目を持っているようですな、この遥サン。

ねずみ男と一緒に方々探す遥サンですが、もう見つからない気がする、と気弱なことを言い出します。
相手の男性が行方不明になったのは今回が初めてじゃないと。
この話と30年前の事件がリンクすると遥サンが凄い事になりますが…

ここで朝から何も食べてないねずみ男の腹が鳴りました。
そんなになってまで一緒に探してくれて…と遥サンのねずみ男への好感度大幅アップ!
家で食事をご馳走しますわと幸せ全開のフラグがビンビン立ってます。

その頃、鬼太郎は写真を見せてもらっているわけですが、そこに写っていたのは遥でした。
30

30年前と容姿が変わらず、同じように男性が行方不明になっている。
これはもう遥が妖怪で決まりでしょう。
ここまでは男性のほうが妖怪だと思ってましたが、見事に誘導されました。
カットも流れもミステリーに乗っ取った素晴らしいものでしたよ。

ねずみ男は遥サンの家でご馳走になっていますが、出される食事の量が二人分ではありえません。
それを遠慮なくがっつき「遥サンと結婚できたら幸せだよな~」と言ってしまうねずみ男。
この恋愛が成功しなければ定常なんですが、「私もねずみ男さんに出会えてよかったわ。一太郎さんがいなくなって私すごく落ち込んでたんですけど、ねずみ男さんがいろいろと励ましてくれてすごく嬉しかったんです」とこれまた悪くない返事。
こういう場合、たいてい女性のほうが普通じゃありません。

幸せな空気の中、「私もお腹が空いてきちゃった」と食べだす遥サンですが、食べっぷりが尋常じゃありません。
「男の人と食事をしてるときに幸せな気持ちになると、すごく食欲がわくんです」とか言ってますが、既に常人の5人分ぐらい食ってますからギャル曾根レベルでしょうか。
結局用意した料理の大半を食べつくし、「なんだか眠くなっちゃった」と倒れるように寝こけてしまいました。
ねずみ男は悠長に「だが、そこがいい」とか言ってますが、眠った遥はどんどん膨れて肉の塊になっていきます。

肉太り」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

ねずみ男の必死の呼びかけに一度は目が覚めるものの、ガラスに映った自分の姿を見て悲鳴をあげ、またしても気を失ってしまいます。
意識が途切れると際限なく膨れていくのな。

遥が妖怪だということに気付いて急いで走ってきた鬼太郎ですが、目の前でマンションの窓が割れ、肉槐がマンションを覆っていきました。
この妖怪は寝太りといって、たくさん食べると寝てしまい、肉の塊になる妖怪なんだそうです。
Photo_5

オヤジによると寝太りが大きくなるのは一瞬の事で、こんなに際限なく大きくなるものではないはずらしいのです。
レストランでも遥はすぐに普通の姿になってたしな。
どうやら気絶したことでこうなってるらしいが、意識レベルの深さとかで変わってくるのかしら?

遥を起こそうと、一反もめんに乗って上空から呼びかける鬼太郎。
それに答えたのはねずみ男でした。
ねずみ男に遥の頭まで案内させるためにリモコン下駄で通路を啓開して進んでいく鬼太郎。
肉に揉まれて内部へ入っていくってのは何かにモチーフがあったような気がしますが思い出せません。
中ではねずみ男と鬼太郎の苦闘が続いてますが、外では一区画ほど肉に飲まれてます。

ついにテーブルを見つけ遥の頭付近まで来た事を確信したネズミ男たちですが、肉を開いても頭が見つかりません。
どうやら流されてたようで、鬼太郎の耳に遥の鼾が聞こえてきました。
しかし、力尽き埋もれる鬼太郎。
それをバカ力(ついでに放屁)で支えたのはねずみ男です。
「長くはもたねえー」というセリフも定番ですが、屁の切れるときが力尽きるときってどうよ?
鬼太郎でなければ窒息死してたかもな。

鬼太郎が頬を叩いても遥が覚醒することはなかったのですが、ねずみ男の屁の臭いで気が付き、この騒動に幕が降りました。

縮んでいく肉塊から男性が出てきては逃げ出していってますが、今まで肉太りにひっかかっていた、つまり「事件の行方不明者」たちです。
数十年ぶりに帰還という浦島太郎みたいなことが同時多発に起こったわけで、新聞記事が楽しみですな。

元に戻った遥は眠ったところまでしか覚えてませんでした。
一太郎も肉塊から見つかりましたが、こちらも何があったのかよくわかってない様子。
遥は自分が妖怪だと自覚していないのですが、このままでは悲劇は繰り返されます。

鬼太郎がとったのは「今後、食べ過ぎないと約束できますか?」という非常に抽象的な提言でした。
そんなもん、遥でなくても「どうしてですか?」と聞きたくなりますが、ねずみ男が深刻な顔で「わけは言えねえんだ。けど、もし一太郎さんと離れたくなければ聞いてくれ。食い過ぎは絶対ダメだ!」と言うと、「よくわからないけど、ねずみ男さんがそう言うなら、私我慢します」と納得してくれました。
何か強いものを感じたのでしょうね。
言ってる事は同じなのに。
ねずみ男がカッコいいけど、ねずみな恋はやはり悲恋で終わるのか。

妖怪と人間カップルったら鷲尾さんとろくこさんがあるけど、あれとは違った微妙な付き合い方になるんだろうな。

次回は息つく暇の無い手に汗握るアクションです。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金曜日)

11月07日のココロ日記(BlogPet)

物をなくしたら、地獄用意横ととなえると見つかるみたいですよ。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月曜日)

【テレビ】前シーズン&今シーズン仮まとめ

今期のドラマ&アニメの第一話が放送されたので、前期の総括を含め簡単にインプレッション。

まずは前期ドラマ

トップは何度か書いたけど「恋空」
ツッコミどころありまくりの原作を放送コードの範囲内で見事に再現した傑作。
一人で見るものではなく、最低二人で、もしくは感想ブログなどでツッコミあいながら見ると物凄く楽しい。
間違いなく今年一番。
続いて「33分探偵」ノリと勢いだけで進める強引なドラマ。
キャストも見事でした。
「魔王」は特別に記事を書いたほどの良作。
「バカが動き回ると最悪の事態になる」というのを示して見せた点ではすばらしすぎる。
「TOMORROW」は医療の問題がどうにも解決できないことを示した点では面白いのかな。
最後は町と病院が心中したような感じだったけど。
「あんどーなつ」「学校じゃ教えられない!」「ヤスコとケンジ」「正義の味方」は定番を安心して見られるもの。
あえて見るべきかはわからない。

「仮面ライダー牙」はだんだん面白くなってきました。
過去の出来事が未来に影響を与えるというコンセプトが個別エピソードではなくメインストーリーに関わってきてようやくいろんなことがわかってきたからだけど、反対に言うとここまでで挫折した人の気持ちもよくわかる(笑)
個人的にはキングとして山本匠馬が出てきた時点で全てOK。
再放送だけど「怪奇大作戦」も良かった。後番組が「ミラーマン」ってどうかと思うけど(笑)
「ミラーマン」って鏡を探して必死になるイメージしか残ってないけどなんかえらくシリアスです。

アニメは「鬼太郎」「ストライクウィッチーズ」は言うまでもなく(笑)
「夏目友人帳」は私が何かを言うまでもなく評判は上々、「ネオアンジェリーク」も安定した面白さ。
「ネオアン」のDVDで各キャラとの個別ED用意ってのは吹いたけど。
「西洋骨董洋菓子店」は原作の絵をCGの背景に乗せるというあんまり見ない手法だったのが新鮮。
内容はほぼ原作どおり。
「スレイヤーズ」は恐ろしいほど10年前と同じでアニメって凄いなあと思わされます。

2クール終了としては「マクロスF」が最終回で笑いどころを山ほど用意してくれて大満足。
「コードギアス」は「今考えました」みたいな展開の連続でネタとしては最高に面白かったです。
5年か10年したらまた戦乱の世になるんじゃないの?
「20面相の娘」は最後に核融合みたいなのが出てきたけど、未来に生きるってテーマなんだろうな。
「隠の王」は惰性で見たけど一期でわくわくさせられた謎や設定がどんどんダメな方向に動くのが…
「S・A」は2クール目に演出がはっちゃけて面白くなりました。
今は「スキップ・ビート!」が受け継いでるのかなあ。
「いたずらなKiss」は構想メモから起こした新規部分が注目だったけど、うまくまとまったんじゃないでしょうか?
妊娠してから琴子はどんどんたくましくなり、直樹がどんどん弱くなるのが印象的でした。
Wikipedia見ると私と同学年で結婚も同じ年にしてるんですね。
その後は全く違ってしまってますが…

今期ドラマは見るものがグっと減ってます。

山本耕史がやたら裸を見せたがる「陽炎の辻」はお約束。
「流星の絆」はコメディ要素が入りながらもちゃんとシリアスもやってるので、今期一番面白いのでは?
「ラストフレンズ」のスタッフが作ったと聞いて見ずにはいられない「イノセント・ラヴ」
兄が少々難な性格なのを知りながらその兄に精神的ダメージを与えて駆り出所させない堀北真希がストーカーしたりまともに喋る事もできなかったりだったので、イノセントに知的障害の意味でもあったかしら?とまで思いましたよ。
いろいろ謎のようなものをちりばめてますが、やはり常識をどっかに置いていってる(恐らくドラマ世界では存在しないという設定)内容がステキすぎます。

「恋空」に続いた「ブラッディマンディ」も期待に違わず突っ込みどころ満載。
原作では3時間以内に発病して死亡率ほぼ100%という「どうやって感染すんの?」みたいなウイルスのようですが、さすがにそこは変更されている様子。
第1話の偽ウイルスのときに血を吐いた原因も説明されないし携帯に送ったメールを縦読みさせたりと矛盾点をついたらいくらでも出てくるでしょう。
携帯のメールって機種や環境で見え方が全然違うと思うし、それでなくても私が見た瞬間に縦読みとわかる内容はどうなんだろう?
そして、連行している犯人を「スパイ」に拘束させるという非常識さ。
どう考えたって逃げられるだろうよ。もちろんその時点でスパイである事はわかってます。
「オーマイガール!」はもこみちがロリコンになるドラマかと思ったら飛び込んできた子供は姪っ子だそうで、ちと残念。
加藤ローサとの恋愛なんて話になったら視聴終了でしょうな。
「夢をかなえるゾウ」は話は単純なんだけど、水川あさみが突き抜けた演技をしてるのがナイス。

アニメは再放送である「フルメタル・パニック? ふもっふ」の前作とのあまりのギャップに笑い転げ、「ロザリオとバンパイア CAPU2」「のらみみ2」「CLANNADO AFTER STORY」「純情ロマンチカ2」のあまりの変わりのなさに安心するというところでしょうか。
いろいろ見てますが、「ヒャッコ」は切るかもというラインで「黒執事」がもう少し手前のライン、あとはまあ見続けますかなという感じ。
「キャシャーンSins」がロボットを使って人間の醜さを表現してる感じだけど、絵柄とあいまって石ノ森章太郎の「キカイダー THE ANIMATION」を思い出します。
あれは傑作でしたが、今見ると手描きとデジタルセルの違いが如実にわかりますね。
「まかでみ・WAっしょい」はときどきアニメならではのパースが狂った構図を見せてくれて感心してるんですが、DVDの「むき出しバージョン」ってのはどうかと思います。
「鉄のラインバレル」は主人公のイタさが面白かったのですが、その主人公が友人の死をもってようやく更正しました。
でも、次回予告の「アナタ、最低です」は無くならず、今度からは予告のナレーションの人が「最低です」なのかもなあと思ってます。
「ラオウ外伝」は義弟の依頼により録画して送ってますが、宇梶の声を聞くだけでシオシオに(笑)
編集途中で聞くだけでこれなのによく見続けられるなあ。
そのうちサウザーが出てきたら違和感にショック死するかもしれん(昔のアニメは銀河万丈、今度は関俊彦)
「ガンダム00」はテロリストであるソレスタルビーイングがどんどんやられて気持ち良かったのに主要人物は生きてましたってオチで最終回だったので、今度こそ殲滅されてほしい。
またしても「気に入らないから」って理由で世界を壊すみたいだし。
連邦政府を作る目的もかなったのに今度は「独裁だ」とか無茶苦茶言ってるようにしか見えないしな。
心情的には沙慈・クロスロードに近いです。

「今日の5の2」は何でアニメ化されたのかよくわからんけど、「みなみけ」の評判が良かったからでしょうか。
原作は「みなみけ」の巻末オマケしか見てませんが、そもそもこの人の原作をアニメ化して面白いと思う人がおかしくて、「みなみけ」では演出や声優を使いまくったアレンジが絶妙だったんですが、今度は[原作を忠実にアニメ化してみました」という感じなので、(オタクの中で)一般受けしないのではないか?とは思ってます。私は好きですが。
エンディングがZONEのカバー曲なのも好印象。

「ガンダム00」に関しては「録画して送ってくれ」と言われていて、向こうで見られないわけではないのですが、DVDに焼くのができないらしい。
ほぼ同じ機種なんだし操作的には面倒な事は無いだろうとは思うのですが、ついこの間まで番組表さえ使えなかったようだからな。
「ガンダム00」が2クールだとすれば後半から地デジになって1枚1話という恐ろしい事態になりますな。
で、「夏目友人帳」の二期目、「あさきゆめみし」も頼まれてるから毎週DVD-Rが3枚消えていくのか。
甥っ子に送る余裕はあるだろうか?
送ってるやつはちゃんとアバン、OP、Aパート、Bパート、ED、次回予告とチャプター切りしてサムネイルも設定しています。
チャプターのサムネイルなんか全然見てない気もするんですが。

「ガンダム00」に関してはピクチャーレーベルを御所望なので、とりあえずネットからセツナとロックオンのタキシード姿を拾ってきましたが、「モビルスーツのほうがいい」ということでこんな感じになりました。
印刷して防水スプレーを噴いて送付ですね。
Dvd


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »