« 2008年1月20日 - 2008年1月26日 | トップページ | 2008年2月3日 - 2008年2月9日 »

2008年1月27日 - 2008年2月2日

2008年2月 1日 (金曜日)

【温泉】さ~ら~ば~ラバウルよ~♪

スカパーの旅チャンネルでラバウルの温泉に行くという企画があったようです。

山崎まゆみのラバウル秘湯探訪記

ラバウルというのはニューブリテン島というニューギニア島のちょい北にある島の都市で、太平洋戦争中は日本軍の最前線主要基地で、ここがトラック諸島防衛の要でありました。
Rabauru20hanabukisann1
本当はここをニューギニア、オーストラリアへの足がかりにするつもりだったんですが…

で、ここには火山があるので温泉が湧いてます。
戦時中の手記を読むと湯治の話がよく出てくるんですが、戦時中の写真にその温泉が記されてたので行ってみた、というもののようです。

山崎まゆみさんというのは混浴を含めた世界中の温泉を訪ね歩くライターさんのようです。

山崎まゆみオフィシャルサイト

スカパーはアンテナもチューナーも無いので見られないんですが、ウルルンででも行ってくれないかしら?

Wikipediaを見るとまだラバウル市外は火山灰に埋もれたままのようですね。
戦時中の基地の写真を見ても砂埃をもうもうと上げながら離陸している零戦の写真をよく見ます。

とにかく、こんなところでラバウルの文字を見るとは思いもしませんでした。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月31日 (木曜日)

【特撮】ハニー第16話 大漁旗父ちゃん

前回捕らえられたハニーがスキャンされてます。
中条は予想通りのようですが、何がわかったんでしょう?
そのとき、突然部屋に飛び込んできた男がいました。
白衣の研究員たちを華麗に叩きのめしてます。
正体は田中の旦那でした。
Photo_54

大漁旗をマントみたいに翻して何やってるんだ?
「カーチャン、おまたせ~」と言って、田中が「遅いじゃないか、アンタ」とハニーを抱えてます。
どういうことだ?と詰め寄る中条たちに蛸の墨を吹き付ける田中。早い話が裏切りですな。
ハニーを独り占めしようというわけですが、この旦那、なかなか強い。
旗を踏まれても強引に引き抜いて反撃しちゃうんだもんな。

蛸の墨が煙幕になり、視界が晴れたときには田中たちは完全に消えてました。
もちろんハニーは田中鮮魚店の車の荷台です。
ただのぐうたらオヤジかと思ったらこんな秘密があったとは…
この旦那、田中作之助役の人は喜多川務というアクション俳優で、戦隊物のスーツアクターをよくやってた人のようです。
なるほど、中国拳法が特技というだけあって動きが軽やかだわ。

それだけで逃げ切れるはずもなく、車の前に渡が立ちはだかります。
中条と二人でかかってくるのに対してこちらも二人。
「えらっしゃい!」とポージングも決まってます。
Photo_55

わりといい勝負のようで、どちらも決め手に欠けてます。
そんな騒ぎの中、ハニーが目を覚ましました。もう普通のハニーに戻ってます。
どうしてここにいるのかはわからないながら、車の外を見るとパンサークローが戦ってます。
「しょうがないなあ」と言いながら車外へ。
「ハニーフラッシュ」とポーズをとるも、変身しません。
これは一体どういうこと?というところで早見がミキに説明するシーンへ。
前回暴走した余剰エネルギーを解放したわけですが、そうすると数時間はフラッシュできなくなるんだそうです。

渡と作之助の戦いはお互い攻めきらないところに、田中弘美がタチウオソードを渡します。
でも、ソードを振るったら反対に足で押さえられて危ないんですけど。
弘美がうまくフォローしてるけど、中国拳法の使い手みたいだからあまり場違いな武器は不味いんじゃないかしら?

そこから一人抜け出した中条は、ハニーを車に放り込んで走り出しました。
盗んだ車で走り出す~♪ってやつですな。
何がなにやら状態のハニーですが、運転してる中条は子供モードです。運転できるのか?

その前に渡が手を上げて現れました。コイツの瞬間移動は凄いな。
「よくやった中条」とか言いますが、裏切り者がどうとか言い続ける渡を中条は轢いてしまいました。
さらに、後ろで苦しんでいる渡をバックでぶつけます。
ひき逃げで確実に殺すための常套手段ですね。

どうやら悪魔モードに入ったようです。
走り去る車を見て、倒れた渡に駆け寄ろうとする部下ですが、「触るな!」と言われてしまいました。
渡が部下に助けられるなんてありえないか。

中条だけの秘密基地があり、そこでハニーをバラバラにして分析する、というのが悪魔モード中条の考えのようです。
今度は田中夫妻が立ちふさがりました。
弘美が腹のミサイルを撃ったので、中条はハニーを抱えて橋からダイブです。
Photo_56

落ちるのかと思ったら、指の部分が羽になって飛びだしました。
弘美はミサイルで撃ち落そうとします。
一発がかすって中条は川原に落ちてしまいました。

追いかけろ!と旦那を橋から突き落とそうとする弘美ですが、旦那は乗り出した瞬間にギックリ腰になりました。
橋の上で整体が始まりました。なんとものどかです。おかげで中条は逃走できました。

中条は落ちた時に足を怪我してますが、それをハニーが手当てしています。
何故逃げない?という問いに私のこと助けてくれたからというハニーは何かずれてますが、さっきから中条のことを何と呼んでるんだ?と思ったら「ギザ」君ですか。
そういえば、悪魔の性格の時はギザだったな。

ハニーは、何故自分をバラバラにして研究するのか聞きます。ハニーは自分の価値がわかってないのか?
もちろん、目的は金儲けです。
ハニーシステム、正式名称「空中元素固定装置」は、原子を再構成して望みのものを作り出すことができます。
これを使えば無限に金を生み出せるでしょう。

それに対してハニーは「ギザ君可哀相」と言い出します。
「お金よりもっともっと楽しいこと他にたくさんある」のだそうです。
基本はお金だと思うが。
隅に咲いてた花をちぎってきて「綺麗でしょ」と言い出しました。
あまり無闇にちぎるもんじゃないぞ。花だって生きてるんだから。
そうやって差し出された花を食ってしまう中条。不味いって。
ハニーは「あなたの心を私が治してあげる」とまで言い出しました。そんなことできるのか?

その頃、蛤学園にミキがいました。烏丸にハニーの居場所を聞きにきたようです。
「教えて欲しかったら私の欲しいものを寄こしなさい」という烏丸。
欲しいものったら一つしかないわな。ミキの足をバイオリンの弦で撫で回してるし。
ミキのイメージではレズそのものになってますが、さて、どうなりますやら。
Photo_57

影で見ている早見はドキドキですが、ミキは「アンタは男を知らないね」の一言に平手打ちを食らわそうとします。
結局あっさりと中条の秘密基地の場所を教えてくれました。

中条は足が痛くて歩くのもようようです。
で、ハニーが「はいどうぞ」と背中を差し出します。おんぶですね。
ふざけるな!と激昂する中条。そりゃそうだろう。
意地で歩き出した中条に肩を貸しながら「けっこう可愛い、ギザ君って」とのたまうハニー。
いろんな意味で特定の人間をムカつかせる人種だな。

すると、後ろからバスがやってきました。
ハニーは、文字通り中条を放り出して手を振り、バスを停めます。
走ってるのは渓谷ですから、風光明媚なわけですが、「ねえねえ、見て見て」と足を叩かれる中条はたまったものではありません。
ともあれ、研究所まで行けばちゃんとした手当てが出来るからというハニーに、「どうかな?」と言う中条。
バスの乗客が全員マスクを被りだしました。渡の仕掛けた罠だったのです。

変身しようとしても、まだフラッシュできません。
それでも、それなりの運動神経があるらしく、一応パンサークローと渡り合ってます。
吊り革で体操みたいに一回転したり、たいしたもんだ。

中条が一人を窓から外に放り出しました。
それを見たハニーが次々と窓から放り出します。パンサークローの手下ってどんだけ弱いの?
ついに運転手がハニーに掴みかかりましたが、中条がぶち当たり、奪ったナイフでメッタ刺しにして運転席に座りました。
とりあえず研究所までの足は確保できたようですね。

ユキはミキがフラッシュできることがショックでさ迷ってます。
ユキの頭の中では父は自分にしか笑ってなかったのが、ミキの前でも同じように笑ってるという妄想が浮かび上がります。
ついには非常に怖い顔になってます。やっぱり性格に問題あるんだな。

その頃、バスがガス欠で止まってしまった中条たちは、そこから歩きで研究所を目指します。
その前に現れたのは田中夫妻でした。ギックリ腰になった作之助を弘美が背負って戦うようです。
それを見た中条はハニーにおぶれと命令します。ハニーに足になれというわけですな。
おんぶした同士が対面するという、対決シーンとしてはありえないシュールな構図ができあがりました。

弘美は作之助を投げ飛ばして攻撃します。
Photo_58

避けたら跳ね返って、今度は回転無げです。中条の胸に決まりました。
ヒット一本ってところですが、今度はお互いが背中のモノを投げました。
作之助と中条は空中で打ち合い、弘美とハニーは下で殴りあいです。
やってるうちに中条たちは落ちてきますから、中条はハニーのトスを受けて飛び上がり、作之助も弘美に投げられました。
もはや腰がいってるとか足を怪我してるとかの設定はどこかに吹っ飛んでます。
空中ですれ違ってからは作之助はハニーの胸に飛び込みます。
想像しなくても気持ちいいことですから、ハニーが投げ飛ばすまで離れません。
弘美のところまで転がっても、ヒラメで叩かれます。そりゃそうだわな。
その隙をついて、鉄塔に掴まってた中条が襲い掛かって勝負を決めました。
しかし、よくこんな戦闘シーン思いついたな。

夜になって、中条はハニーに魚を焼いてやります。
それをもって「ギザ君って本当は優しいんじゃないかな」とかいうハニーもハニーですが、「大事な金づる」とかいう中条もツンデレに見えてしまいます。

それに対してやっぱり「お金より大切なものがある」と言うハニー。
夜空を指差して、「お金と違って、お星様には指紋なんて付いてないから」と。
中条は完全に呆れてますが、流れ星を見つけたハニーは願い事なんかしてます。
「ギザ君の心が治りますように」ということらしいですが、これってギザでなくてもムカつくよなあ。
案の定ハニーを押し倒して「今すぐテメエをバラバラにしてやってもいいんだぞ」と凄む中条です。
Photo_59

そんな中条に「最高に最低だよ」と言い放ち、「ギザ君にはアタシが必要なんだよ」と抱きしめるハニー。
まさしく勘違い女ですが、ハニーが勘違い女なのはいつものことなので、問題ないです。
Photo_60

そこに入ってきて「ラヴラヴってやつですか?」とくるのは渡です。
パンサークローの幹部ってすぐに居場所がわかるようになってるのか?
ハニーは羽交い絞めにされ、中条は渡の蹴りを食らいまくります。
マーク武蔵の足技冴え渡るってやつですな。

いよいよハニーが連れ去られる!というときに登場するのがミキです。
どうやって居場所を掴むんだろう?
ミキがフラシュをしたのを見て、ハニーもフラッシュしてみると、見事にフラッシュできました。
花火が上がりそうな勢いの喜び方です。

テンションも高くなってるので、渡の攻撃も受け止めて胸で吹き飛ばしてしまいます。
部下もお尻で飛ばすなど、ノリノリです。
ミキ共々パンサークローをどんどん打ちのめしますが、ミキが中条に目をつけて踵落としをしようとしたのを体を張って止めてしまいました。
助けてくれたから攻撃しちゃダメってことらしいです。

それを見た渡が蹴りこんできますが、それを受け止めたハニーは中条に「逃げて!早く!」と叫びます。
中条は羽を広げて逃げていきました。

ハニーはレイピア構えてミキと二人で渡と対峙します。
こうなるとハニーたちのほうが有利で、ハニーにブレードを折られて、それを受け取ったミキに足を刺されてしまいました。
二人並んだ構えってのはハニーが前に妄想してたダブルフラッシュに近いものだな。
そこからの突撃に雄たけびで応えた渡。
画面がホワイトアウトしますが、結果は血まみれの渡でした。
渡がやられキャラになるなんて、当初は予想もしてなかったな。
足を引きずりながら歩く渡の前に現れたのはユキでした。

「ねえ、教えて。私だけだよね、パパが愛してくれたのは」

これは質問じゃありません。というか、ユキは壊れかけてるな。
「何のことだ?」と言ってしまう渡。
「教えてくれないなら…もう死んでいいから」とフラッシュするユキ。
今度は武器まで持ってます。
Photo_61

フラッシュしたユキに対しては恐怖しかない渡ですから、悲鳴を上げながら逃げようとしますが、そんな渡をユキは笑いながら切り刻んだようです。
血まみれの顔で去っていくユキのあとには動かない渡だけが残されました。

無事に戻ってきたハニーですが、夏子によると三日寝てないそうです。
ベッドの上で物思いにふけるハニーを見て夏子は恋じゃないか?と疑いますが、早見は信じてない様子。
でも、ハニーはギザに恋したようですね。ほとんど母性本能ですが。
ダメ男に貢ぐ幸薄い女みたいだな。
Photo_62


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水曜日)

【科学】火星人の正体

一週間ほど前に報道された、NASAが撮影した火星の画像に火星人の人影が?というニュースですが、私は見た瞬間に正体を理解しました。

350124634_38

上の画像が撮影された画像ですが、下のように輪郭をわかりやすく描くと一目瞭然です!

A

そう、この画像に見覚えのある人もいるでしょう。
Muyshi_0

これは、「風の谷のナウシカ」の原作に出てくる「蟲使い」です。
右手を前に出して、ナメクジのような蟲を使役しています。

火星は腐海だったのですよ。

ということは、ナウシカ(俺の嫁)も火星に行けば居るに違いないのです。
NASAは有人月探査やISSなどとっとと中止して、火星有人飛行計画に全力を注ぐべきなのです。


関連?商品----------

「蟲使い」のキーワードで何故かトップに出ますが、原型師とかで何かあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火曜日)

【鬼太郎】第41話 ねずみな恋の物語

今回冒頭の案内役はねずみ男です。
Photo

マントにシルクハットなんぞで着飾ってますが、いつから「妖怪研究家」になったんでしょうか?
と思ったら、ホテルに妖怪がとり憑いてるから何とかしろという霊感商法の類でした。
このご時世によくやるよな。時事的には最高のタイミングですが。
疑うホテルの人間に対して呪文を唱えると、照明が消えて地の底から聞こえるような声と共に外には水がトバトバ噴きかかってます。
やりすぎだろと思ったら、外にいたのは呼子とかわうそ、傘化けでした。
なるほど、タネがあるうえにねずみ男が使いやすいやつを揃えたわけか。

後一押しというところで怪異?が収まってしまいました。
急いで出てきて何サボってんだ!と怒るねずみ男ですが、そこにいたのは鬼太郎でした。
「コイツラの能力を活かす仕事を紹介」とかなんとか言い訳してますが、そんな嘘はすぐ見破られてネコ娘に引っかかれました。
いつものことですね。しかし、それを影から見ていたものが一人。

仕事がうまくいかずに腹を減らして歩くねずみ男のところにどこからとなく美味そうなスープの匂いが漂ってきます。
匂いの元は洞窟の中で、そこでは「ねずみ男の大ファン」と称する女がいました。
スープを御馳走するわけですが、骨からたっぷり出汁を取った濃厚スープらしいです。
Photo_2

その骨は「私の骨ですの」だそうで、相手は骨女でした。
Photo_3

ねずみ男の口から魂が抜けそうになりましたが、骨女のスープを飲むと美味しくて魂が抜けるんだそうです。
しかし、さっきからこの女、ねずみ男のことをダーリン、ダーリン、うるさいな。
ファンだという証拠としてアルバムを出してきます。
そこには隠し撮りされたねずみ男の写真がこれでもかと。
白黒写真もあるから、相当長い間ストーキングしてきたことになります。

その写真の中には鬼太郎を騙して危機に陥らせるという、過去のクール?な写真もあって昔のアンタはこんなクールで自分のためなら鬼太郎さえ裏切るやつだったと諭されます。
「みんな鬼太郎鬼太郎って褒めはやしているけど、でもアタシは知ってるわ。ダーリンのほうが、鬼太郎より妖怪的に断然才能があるってことを!」と涙ながらに言うわけですよ。
ある意味「可愛い女」ですわなあ。
Photo_4

そんな、ダークでクールなねずみ男を蘇らせるための物がここにあると案内した先には「舞首」がありました。
どでかい首が三つ眠ってます。「うしおととら」に出てくる餓民様でしょうか?
Photo_5

今はいびきなんかかいてますが、目覚めたら敵うものなしだとか。
三つの首は、それぞれ「火首」「風首」「雷首」という名前で、その名のとおりのものを操り、現代日本でさえ三日で全滅させるといいます。
ねずみ男はその力で世界一の金持ちになれる(要は独裁者か)と思ってますが、それは舞首を完全に制御できての話じゃないかい?
ねずみ男もそこには気づいていますが、骨女は「二人の愛の力」で可能だと語ります。

骨女は自分の体から四本の骨を取り出して二本をねずみ男に渡し、一緒にコツカツ鳴らしてと頼みます。
骨を打ち鳴らすとなにやら情熱的な音楽が聞こえてきて、舞首が動き出しました。
古文書には愛する二人が奏でるリズムだけが舞首を操ることができると書いてあるのだそうです。
これぞ愛の力。「究極のラブダンスパワー」です。
Photo_6

人間の街が妖怪に~といつものように鬼太郎の家に来たネコ娘ですが、鬼太郎はお歯黒の銭湯です。
オヤジは湯舟に浮かんだオケに入ってるのな。
Photo_7

ねずみ男は「幻の珍味ツアー」とやらを企画して人間を山奥に連れて行ってます。
骨女の洞窟が行き先なんですが、ここまで一時間以上歩かないといけないようです。
人間を連れてきた目的はその魂でした。
舞首を復活させるには百人以上の魂が必要なのです。
人集めならねずみ男にはお手の物ですから、さっさと百人集めてしまいます。
これがネコ娘が走ってきた原因か。

その頃銭湯では、河童が1キロ太ったとかでショックを受けてます。1キロぐらい勝手に上下するぞ?
それにたいして日頃の鍛錬が足りんからじゃと言うオヤジ。
鬼太郎に自分の体重を聞きますが、オヤジの体重測定は分銅です。難しそうだな。
Photo_8

鬼太郎によると、33.25gだそうです。0.01gも増えてるんだそうです。0.03%の体重増加がそんなに驚くことなのか?
河童さえも「ただの誤差じゃないの?」と言ってます。
例えば60キロの人間が18グラム増えてどうなるというんだろう?
オヤジは慌ててジョギングじゃ!と喚いてます。
その騒ぎを聞きつけたネコ娘はようやく事件の話を鬼太郎にすることができました。
のれんをめくっただけだから中は見てないな。
数十人ではきかない人間の行方不明情報と、消えた森付近でのねずみ男の目撃例が鬼太郎にもたらされます。

洞窟では骨女とねずみ男が舞首にせっせと魂を流し込んでます。
ついに目覚めた風首に吹き飛ばされ、火首に尻を焼かれるねずみ男。
「ダーリン、ラブダンスいくわよ!」の声と共に骨を打ち鳴らす二人。
首は音楽聴いて喜んで踊ってますが、まだ雷首が目覚めてません。まだ魂が必要のようです。
舞首は三つそろって最強の存在なので、このままではいけません。さらなる魂が必要です。

そこに鳴子が鳴って侵入者を知らせました。鬼太郎たちです。
ねずみ男は舞首で出撃を決めます。骨女は雷首が目覚めてないことを問題にしますが、問題ないとねずみ男は走っていってしまいました。
「単純な男」と心で呟く骨女。やっぱり利用されてたのか。

鬼太郎の前に舞首が現れ、風首が吹き飛ばそうとしました。これには髪の毛を木に巻きつけて耐える鬼太郎。
その程度の威力では日本壊滅など夢のまた夢では?
次は火炎放射ですが、鬼太郎にはちゃんちゃんこがあります。
これはねずみ男が言うには1000度の熱にも耐えられるんだそうです。
意外と弱いな。テルミット反応使った爆薬には無力なのか。

髪の毛針にしろ、指でっぽうにしろ、ねずみ男には鬼太郎の戦術がわかってるので、対処が的確です。
ちなみに、今回のネコ娘は力になれないので、鬼太郎に抱きかかえられて守られる役どころです。
これはこれで、ネコ娘的にはおいしいポジションなんだろうな。

鬼太郎は自分の行動が先読みされているのにショックを受けてます。
サトリみたいに攻撃読まれたらなかなか勝てないですからな。
でも、そこでねずみ男に考えが至るのが鬼太郎の頭のいいところ。
気づいたのは良かったのですが、時既に遅し、鬼太郎は舞首に上から乗られて深遠なる穴の底に連れて行かれました。

が、その穴を見て泣いているオヤジやネコ娘の後ろの地面から手がボコリ。
鬼太郎が出てきました。潰される寸前に自分から地面に潜ったんだそうな。鬼太郎には穴掘りの能力もあるのか。
Photo_9

残りの魂をせっせと集めるねずみ男たちですが、骨女が「鬼太郎は生きてる」の情報をもたらします。
鬼太郎が人一倍しぶといのはねずみ男もわかってるので、奥の手で鬼太郎を抹殺することにしました。
ねずみ男が鬼太郎の家に行くと、鬼太郎が包帯だらけの痛々しい姿で寝込んでます。
Photo_10

鬼太郎は、舞首にやられた、ボクはもうダメらしい、ねずみ男よ、何か知ってるんだろう?と聞きだそうとします。
「死ぬ前に教えてくれ」と言われて骨女だとあっさり答えるねずみ男。詰めが甘いなあ。

そして、持っていた缶詰を爆発させます。
それはねずみ男のおならを圧縮させたおなら爆弾、並の人間なら一瞬で即死です。
これが奥の手かよ。

洞窟ではいよいよ雷首も目覚めて完全体制になりました。
これを使って世界中を脅迫して、ありとあらゆるお宝を奪う、というのが目的のようです。
いざとなったらためらい無く核ミサイル撃ちこまれそうだが。

そうやって喜んでると、また侵入者です。
傘化けやかわうそまで含んだ鬼太郎軍団(除く鬼太郎)でした。
横丁魂を見せるんじゃ!とオヤジは一反もめんの上で言ってますが、鬼太郎が一瞬でやられる相手に敵うはずもなく。
と、思ったらただの牽制でした。
そちらに目をひきつけさせ、ねずみ男たちの持ってる骨を砕いたもの、それは鬼太郎の下駄でした。
重傷だったのはねずみ男をおびき寄せる罠だったと。

で、舞首を操る骨を壊されたんですけど、舞首どうなるんでしょう?
…喧嘩してました。
どうやら操ってないと主導権を巡って争いだすようです。
勝手に争ってる外側からダメージ与えればいいんだから、いきなり弱っちくなってしまったもんです。

鬼太郎はねずみ男に責任を取れと迫りますが、ねずみ男は骨女とさっさと逃げようとします。
そんな不甲斐ないねずみ男を張り倒して骨から作った刀を持ち出した骨女。
が、鬼太郎の体内電気でアッサリやられました。

舞首もぬりかべが打ち上げたところでオヤジが封印札貼ってオシマイです。

観念しろと歩いてくる鬼太郎の前に立ちふさがったのはねずみ男でした。
助けてくれるのか、と感涙に咽ぶ骨女ですが、ねずみ男が発した言葉は「骨女は俺が倒す」でした。
ここの骨女の顔が見物です。一転して裏切られた女の顔ですな。
ねずみ男のおならが直撃しましたが、むしろ後方の一反もめんやネコ娘がダメージ受けてる気がします。
ネコ娘なんざ涙目で倒れました。

骨女はバラバラになってしまいました。
Photo_11

「やっと骨女を倒すことができたぜ」と言うねずみ男に「相変わらずだな、ねずみ男」と鼻を塞ぎつつ言う鬼太郎。
臭さも寝返りの早さも相変わらずです。
「屈辱に耐えながら待ってたんだよぉ、鬼太郎、大親友のお前を助けるこのチャンスをな」って勝負がついてるし、助ける必要もないだろ。
当然のようにネコ娘からお仕置きくらいますが、逃げようとするその足を掴んだ骨の手が!
「アタシも連れてって、ダーリン!」だそうです。
Photo_12

最初は使い捨てるつもりだったけど、ダンディな裏切りっぷりに本気でホレたんだそうです。
こういう裏切りでもいいのか。
「骨まで愛してダーリーン」と付き纏われてしまいました。
これからも出てくるのかしら?

次回予告のときにはネコ娘に「恋心のわからない者同士」と言われてますが、鬼太郎はツンデレ、骨女はヤンデレかな。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年1月20日 - 2008年1月26日 | トップページ | 2008年2月3日 - 2008年2月9日 »