« 2008年12月14日 - 2008年12月20日 | トップページ | 2008年12月28日 - 2009年1月3日 »

2008年12月21日 - 2008年12月27日

2008年12月27日 (土曜日)

12月27日のココロ日記(BlogPet)

おなかすきました!はぅぅ~、ヴィーさんって帰ってくるのおそいですよ~。料理冷めちゃいます。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金曜日)

【ストウィ】DVD第4巻到着【ネタ】

スースーする神回収録の「ストライクウィッチーズ」DVD第4巻ですが、本当は昨日Amazonから来てたんですが、家に帰りつく10分ほど前の時間で不在通知が。
時間的にギリギリだったので、今日来てもらいました。

中身がBOXとはいえ相変わらず過剰すぎるAmazonの箱。
象が踏んでも中身は無事かもしれません。
Amazon

中に入ってたのはコレ。
Package

おや、右上に見慣れないものが…なんだろう?
Seal

そういえば、平成20年度の文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品になってましたね。
そうか、推薦作品になると文化庁からこんなシールが送られてくるんだ。

こんなシールを作るだけの独立行政法人が作られて官僚が天下りしてると思うとハラワタが煮えくり返る思いですが、「ストライクウィッチーズ」が認められたのだと思ったら腹も立たなくなる!ふしぎ!

これで政府のお墨付きが出たので今までためらってた人も躊躇なく買えます。
「政府が推薦」してるんだから!
こうなると、総統が「いずれ劇場版を家族とお茶の間で見れる日がくる」と言ったのは偉大な予言なのかもしれません。

左が限定版、右が通常版のパッケージです。
相変わらず通常版のパッケージは買う人に試練を与えていますね。
通常版はこのパッケージのスリムケース一つだけだし、やはり限定版がデフォルトなんでしょう。

Limited_edition

Normal_edition

今年の仕事も終わったので今週全く見れてない録り貯めたアニメやらを見る作業に入ります。

Xbox360は、PGR4を中古で安く買ったのでちょっとやってみると、数レースで実績がポコポコ解除されてビックリ。
未だに走り方がリッジレーサーなのでどうにもなってませんが。
これは年内に実績15000ポイント突破できるかも。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木曜日)

【航空機】 鳥衝突試験(グロ注意)

23日も、昨日も今日も変わらず仕事だったわけですが、クリスマスにちなんでチキンのネタでも。
昔からよくあるジョークのコピペなんだけど。

---------- ロールスロイスの技術者は、旅客機や戦闘機の風防に向かって死んだ鶏を高速で発射する特殊装置を製作した。 しばしば発生する鳥の衝突事故を模して、風防の強度試験をするためだった。 この発射装置のことを耳にしたアメリカの技術者たちは、是非それを使って最近開発した高速列車のフロントガラスを試験してみたいと考えた。 話し合いがまとまり、装置がアメリカへ送られてきた。 発射筒から鶏が撃ちだされ、破片飛散防止のフロントガラスを粉々に打ち破り、制御盤を突き抜け、技術者がすわる椅子の背もたれを二つにぶち割り、後部の仕切り壁に突き刺さった光景に技術者たちは慄然とした。 驚いたアメリカの技術者たちは、悲惨な実験結果を示す写真にフロントガラスの設計図を添えてロールスロイスへ送り、イギリスの科学者たちに詳しい意見を求めた。

そして返事の手紙が届いた…

「チキンを解凍してください」


----------

同様の装置は航空機開発の会社ならまず持ってて(神戸のほうの会社とかは知らん)風防への衝突試験に私も立ち会ってお手伝いしたことがあります。

が、この鶏って生きてるやつなんですよねえ。
MILで4ポンドの生きた鳥を400ノットでぶつけて大丈夫というか墜落はしないことを証明するんだけど、鶏は麻酔で眠らせてセットしたはずです。
死ぬと死後硬直で弾性係数が変わって意味が無くなるから、だったかな。

YouTubeにエンジンでの試験がありました。
これだと8ポンドとか言ってますね。
ものの見事に切り刻まれてます。
後ろから出る血煙がリアルですね。

風防への鳥衝突試験だとこんな感じ。
風防にべったりと血脂が付いてますが、鳥は粉々になってます。
高速度カメラで見ても当たった瞬間に風船みたいに弾けてるのがわかります。

高速度カメラでの撮影映像は、各務原市の航空宇宙博物館で、T-4ブルーインパルス仕様の試験のヤツが流れてましたがまだやってるのかな?

終わったあとはミンチと羽がそこらじゅうに散らばってるので雑巾持ってお掃除になります。

上の映像にあるような、鉄パイプの先から圧搾空気で射出するのですが、鶏は金属の底が付いた発泡ウレタン(けっこう硬い)のサボに入れられてます。
筒の中に眠った鶏を収めるわけですね。
で、空気を金属の底で受けて猛烈に加速、サボは鉄パイプの先にぶつかって止まり、鶏だけが出ていきます。
打ち終った後のサボは、もともとの大きさが35センチくらいのやつが10数センチにまで潰されてるので、いかに大きなエネルギーで打ち出してるかわかろうかってもんです。

今は鶏は試験のある朝に養鶏場から届けてもらいますが、昔は試験場の片隅で飼っていて、試験前に規定の体重になったら餌を止めて重さを調整してやったそうです。
で、古参の技官が言うには今はブロイラーだから骨も残らんが、昔はちゃんとした餌で育ててたから骨が残ったと。

まあ、ホラか都市伝説の類でしょう。

〆はミクが歌うクリスマスの歌で。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水曜日)

【鬼太郎】第87話 瓦礫の友

ぬりかべがお歯黒の銭湯の壁を塗りなおしています。
ぬりかべが壁塗り得意ってことになったのはいつからなんだろう?
それを見てねずみ男がふてくされていました。
手間賃を取ろうとしてお歯黒に噛まれたのだとか。
ぬりかべのほうは「困ったときはお互い様」と言って手間賃を取ろうとしません。
気がいいといえばいいんだけど、前にお金に困ってねずみ男から貰った事あるよな。

修繕を終えて帰るぬりかべに子ぬりかべが走ってきました。
灯篭の出口の先の海岸で誰かが行き倒れているのです。
行ってみると、何か生理的嫌悪感を催しそうな物体が。
ぬりかべにしてみれば「友達か?」なんですけど。
というか、これちょっと卑猥な形をしてるような気がするのは、私の心が腐りきってるからでしょうか。
妙にリアルなシワがその…
Photo

物体は起き上がって洞窟の中に入っていきました。
そこに居たのはゴーレムです。
ちょっと宮崎アニメっぽい。
Photo_2

ゴーレムは日本の妖怪か?鬼太郎の仲間か?と聞いてくると問答無用で襲い掛かってきました。

絶海の孤島のようなところでドラキュラ三世と二世が杖で激しく打ち合っています。
それを見ている先代狼男は羨ましそう。
息子は「ワイルド」とか名乗ってオネエキャラになっちゃいましたから。
ドラキュラ三世が鍛錬に身を入れるようになったのは、地獄で初代ドラキュラが死んだからのようです。
三世が敵いそうにない初代を鬼太郎は打ち破ったわけで、とりあえずは初代に近付かないと話にもならんのでしょう。

真面目になったのを見て面白くないザンビアが海岸へ歩いていくと、呼び止める声がします。
嫌な汗をかいている狼男ワイルドでした。
ヨナルデパズトーリが用意した秘密兵器を船ごと沈めたというのです。
さすがワイルドだ。

西洋妖怪がこの島に来ているのは、その秘密兵器をもって日本の霊場を攻めるためでした。
それが沈んでしまってはな…
なんでまた沈めたのかと思ったら、興味半分で動かしたら暴れだしてコントローラが海の底に沈んでしまったのだとか。
秘密兵器ってゴーレムだろうから、あれが暴れたら船なんかひとたまりもないわな。

涙を流して助けてと懇願する狼男ワイルドに「いいわよ」と答えるザンビア。
何か思惑がありそうな笑みを浮かべています。
Photo_3

場所は変わって海岸の洞窟。
気を失ってたゴーレムが気付くと、ぬりかべが自分の体をちぎってゴーレムを補修していました。
アンパンマンみたいな話になってきたな。
ゴーレムは痛みで気を失ったので助けた、とぬりかべは言います。
ゴーレムもぬりかべも口パクがないので、そのままでは絵が全く動きません(笑)
それを感じさせないために演出が頑張りました。
このシーンだと、ぬりかべが補修で手を動かしている横で子ぬりかべとさっきの気持ち悪いのが一緒に飛び跳ねて踊っています。

敵であるオレを何故助けるかと問うゴーレムに「困ったときはお互い様」といつもの言葉を口にするぬりかべ。
それを聞いたゴーレムは「オレに似てるな」とまたも気を失ってしまいました。
このままでは確実に死んでしまいます。
そこでぬりかべが取った対策が「夫婦揃って修理する」でした。
スピードが倍になったのが効いたのか、ゴーレムは痛みも取れて持ち直します。
しかし、ゴーレムはこのままではぬりかべが裏切り者になる、と心配をしていました。
ぬりかべ女房によると、あの気持ち悪いのはゴーレムの指が分離したもので、本体の危機を知らせるためにそうなったんだとか。
それは分身というより子供みたいなものなのかもねえ、と言うぬりかべ女房に感慨深そうに「オレの…子供」とゴーレム。
子ぬりかべと遊ぶような無邪気な子供の親が悪い妖怪なわけがない、というのがぬりかべ女房の持論ですが、実際ゴーレムはコントローラで操られなければ鬼太郎たちを襲うこともないしな。
さらに修繕を続けるぬりかべは、何か文字のようなものを見つけました。
Photo_4

何だろうと思いながらも塗り込めてしまうぬりかべ。
ここ大事な伏線です。

翌朝、ゴーレムはすっかり回復しました。
ぬりかべもゴーレムも壁塗りの要領で治療できるのか。
ゴーレムはチェコの伝説の巨人で、もともとは魔法学者が作り出した人造物です。
だから、「良いも悪いもリモコン次第」
デュークエイセスの歌はいいなあ。

背後から心配そうにねずみ男が見ていますが、鬼太郎は何もするつもりはありませんでした。
西洋妖怪だからって全てが悪いわけではなく、ゴーレムは利用されてるに違いないから、何かあれば守ればいいというのが鬼太郎の考えです。
それを聞いて明らかに安堵するねずみ男。
やはり何かと気になる相手ではあるらしい。
「他人を騙すのが専門のねずみ男様がねえ」と揶揄するように鬼太郎が言うと、顔を真っ赤にして黙れ!ニヤニヤすんな!と凄い剣幕です。
こいつあどえらいツンデレだ。いや、天邪鬼のほうがいいのか。
ゴーレムが元気になったことだし、鬼太郎はねずみ男に「一番嫌いなこと」について手伝ってもらう事にしました。

海の上ではゴムボートに乗った狼男ワイルドが水面を覗き込んでいます。
突然水柱があがって「冷た~い」と悲鳴を上げるワイルド。全然ワイルドじゃない。
海から飛び出してきたのはザンビアです。
黒ビキニですか。
普段は体の線が出ない服だけど、こうして見ると着やせするのね。
二枚目のザンビアの後姿についてはそんなシーンないけどいつものこと。
時間無くて細部が荒いけど気にしない方向で。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

「こっちはアンタの百倍冷たいのよ!」と怒るザンビアですが、しっかりコントローラを見つけるあたりはさすがです。

ゴーレムはすっかり元気になって野原を歩いていました。
分離した親指はぬりかべが復活させたので、分離したやつはゴーレムの家族になりました。
家族ができた事に嬉しそうなゴーレム。

子ぬりかべも一緒になってゴーレムの肩に登って遊ぶのですが、足を滑らせてしまいます。
それを助けようとしたゴーレムの手が地面に当たると大きな窪みを作りました。
恐ろしいほどの怪力があるんだな。
それを見たゴーレムが頭を抱えて苦しみだします。
「炎が…炎が…」と言ってますが、何か炎に包まれた街の映像がゴーレムの脳内にフラッシュバックしました。
「やっぱり、オレ直したの、間違い」とゴーレムはぬりかべに告げます。
「オレ、悪魔の巨人。何度も街壊した。ヨナルデパズトーリがコントローラーで、オレを、操れるようにしたからだ」と吐き出すゴーレム。
それには逆らえないので必ずまた悪い事をする、それが嫌だと苦悶の声をあげました。

「大丈夫、そしたらぬりかべ止める」とぬりかべは力強く約束します。
「お前、もう友達」と。

そのとき、ぬりかべ女房が海の向こうからやってくる筏に気付きました。
鬼太郎たちが乗っています。
硬い表情の鬼太郎に対して、ぬりかべが何とか取り成そうとしますが、鬼太郎は「わかってる」と遮り、横丁の皆で作った筏で故郷のチェコまで帰れると言ってやりました。
こんな筏で東シナ海、マラッカ海峡、インド洋、喜望峰を回って大西洋へ、そしてジブラルタル海峡を抜けていくのかと思うと気が遠くなりますな。
いや、ドーバーを抜けてドイツ辺りから上陸してもいいのか。
船体はつるべ落としが落ちてもビクともしない頑丈さ、帆はアマビエやろく子さん、ねこ娘といった女の子とチームが作りました。
それにしても、今回は見慣れない絵で別人のように見えますわ。
Photo_8

感激したゴーレムは、日本で暴れたくない、もし暴れて止められなくなったら壊してでも止めてくれとぬりかべに頼みました。
戸惑うぬりかべですが、お前だから頼むんだ。お前にしかできないとまで言われては断るわけにはいきません。
しっかりと了承しました。

ゴーレムが筏に乗った瞬間、どこからか炎が飛んできて帆を焼いてしまいます。
鬼太郎が振り向くと、狼男ワイルドとザンビアがゴーレムの場所を辿って来てました。
ザンビアの眷属のカボチャ頭が炎を吐くんだっけな、確か。

鬼太郎の仲間が居るのは好都合、とザンビアは持っているコントローラと称する玉から何かを召喚します。
「ボンジュール!」と飛び出してきたのは魔火でした。
Photo_9

これがゴーレムの顔につくと操られてしまうようです。
筏を投げ飛ばしてバラバラにしてしまいました。
ぬりかべとぬりかべ女房がダブルで止めてもアッサリ投げ飛ばすほどの怪力を発揮します。
ゴーレムを操るには魔火を統制しないといけませんが、ザンビアは魔女なので、そういうことはお手の物。
狼男ワイルドにはそういう素養無いもんなあ。
それで、ザンビアは手柄が立てられるとふんいたのか。
ザンビアの指令に「ウィ、マドモアゼール」と答える魔火。
さすがはおフランス。

何とか止めているぬりかべを伝って魔火を攻撃しようとする鬼太郎ですが、魔火は乗っ取った相手の能力を使えるのでゴーレム並みの不死身さを持っています。
ちょっと力を込めるとぬりかべが吹っ飛んでしまいました。
とりあえず弱らせない事にはなにもできないと弱点に向かう鬼太郎ですが、ゴーレムには額にあるはずの弱点がありません。
驚いた隙に掴まれてしまう鬼太郎。
ぬりかべがねずみ男に弱点を聞くと、ゴーレムの額にはヘブライ語のemeth(真理)という言葉が付けられていて、これのeを消してmeth(死)にすればゴーレムは壊れると目玉のオヤジが言っていたのだそうな。

詳しい話やヘブライ語については例によってWikipediaで。

ゴーレム(Wikipedia)

ヘブライ語のeは英語のnみたいな文字とねずみ男は言ってますが、あんまり見分けがつかないぞ、ヘブライ語。

イスラエル・ユダヤ情報バンク:ヘブライ語━ヘブライ語ってどんな言葉?

ぬりかべには思い当たるものがありました。
修繕のときに塗りこめた文字、あれがemethだったのです。
「オレ、場所、わかる。鬼太郎、助けられる」と四十七士の紋章を光らせて突進するぬりかべ。
しかし、直前で躊躇してゴーレムに思いっきり殴り飛ばされてしまいます。
ゴーレムと友達になったのに。直して元気になったばかりだったのに。
そんなゴーレムを倒す事なんてできないと。
それはぬりかべの甘さなんですが、ここはねずみ男が喝を入れます。

「バカヤロー!このままだとゴーレムがみんなを殺しちまうぞ。それでもいいのかよ!そんなことアイツが望んでるってのか!?

いやあ、いい啖呵だ。
そんなことをしている間にもゴーレムは迫ってくるわけですが、子ぬりかべたちが立ちふさがりました。
そんなもので何がどうなるわけでもないんですが、ゴーレム分身が前に飛び出していきました。
さながら「お父ちゃーん!」というところでしょうか。
必死に何かを訴えかける分身ですが、魔火が何事かを聞くわけもなく、蹴られて砕け散ってしまいます。
動画のサムネイルがまたジャストなところで…股の間に立つな。

惨殺」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

ぬりかべの中で先ほどのゴーレムの言葉が蘇りました。

「もしオレ暴れたら、オレでなくなったら、壊してでも止めてくれ。約束だ」

「約束守る」

とぬりかべの紋章が輝きます。
「お前もう優しかったゴーレムじゃない。ゴーレムがなりたくなかったゴーレム、だから、だから、友達の、オレが、倒す!」
と突っ込んでいきました。
期せずしてゴーレム(魔火)も突進してきます。
ぬりかべのパンチはゴーレムの拳を砕き、文字を壊しました。
ぬりかべ、涙の鉄拳です。

瓦礫となったゴーレムにぬりかべは涙して謝ります。
ゴーレムは「嬉しかった。約束守ってくれた。お前、本当の友達…ありがとう」と感謝の言葉を残して砕け散りました。

瓦礫に向かって手を合わせるねずみ男に「これ、お墓じゃない」と告げるぬりかべ。
いつの日か復活するかもしれないその日までゲゲゲの森で見守っていくのです。
だから、かける言葉は「ゴーレム、またな」

次回は地獄横断ウルトラクイズ?最大級にキャプチャ画像を用意する回になるかも(笑)


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火曜日)

【ストウィ】我を脳に刻めよ永久に

「ブックマーク ア・ヘッド」という曲があります。

「なんで同じ曲ばかり?」と思った人、違うんです。
同じ歌だけど歌ってる人が違うんです。

「別録りしてミックスしてるだけでしょ?」という人、そうなんですけど違うんです(何がだ)

11曲同じものが入っていて後はオリジナルカラオケとボーナストラックってのは、知らない人から見れば正気の沙汰じゃないと思いますが、ファンからしてみれば全然違うわけで。
まあ、あんまり言ってるとどんどん痛くなるので止めますが。

会社からの帰宅時間がだいたい40分。
ちょうど聞き終わる頃に家に着くので一日1ループというところ。
それだけ聞いてると、各バージョンごとの細やかな違いが見えてきます。
あ、編曲なんかは変わりません。

坂本少佐役の千葉紗子さんはテンション高すぎて有田しおんかと思いますが、ここは坂本少佐はマイクを持つと性格が変わると解釈したほうがいいのでしょう。

参考:鉄腕バーディー DECORD:02

ところで、ずっと「鉄腕バーディー DECORD:02」だと思ってたんですが、公式サイトのソース見るとタイトルは「鉄腕バーディー02 DECODE」なんですね。
titleタグにそのまま入れられない理由でもあるのかしら?

11曲あって、その回のエピソードに関連の深い二人がデュオで歌うようになってますが、後半のほうが複雑なミックスになってるのは気心が知れてツーカーになったってことでしょうか。

一番好きなのはもちろんエイラーニャですが、坂本少佐とペリーヌのやつもいろんな意味でいいな、と。
最終回直前に急激に株を上げてきたペリーヌですが、なんか坂本少佐と見つめあいながら歌ってる様子が浮かんできます。
最初の頃のバージョンだと1フレーズぐらいで歌い手が変わるのですが、これはワードごとに変わる部分もあったりして、しかも坂本少佐がリードしてる形になってるので、

・マイクは1本、坂本少佐が持っている
・坂本少佐は部下以上恋人未満を見る目でマイクをペリーヌに向けてやる
・ペリーヌは頬を赤らめながら

という妄想が浮かびます。
「愛されたい」という歌詞が後半出てきますが、これを「愛」「されたい」と分けて歌うのがミーナ&坂本とペリーヌ&坂本。
で、「されたい」を歌うのがミーナとペリーヌってのに意図を感じてしまうのは仕方ないでしょう。

ペリーヌとハルトマンが歌ってるバージョンだと

・スタンドマイク1本
・ペリーヌが終始リードを取ろうとする
・横からハルトマンがニヤニヤしながら割り込む

というのが浮かんでしまうのも仕方ないところです。

全員バージョンはフランス解放からペリーヌの表情を思い出してウルっとくるのは放送見てた人だけだろうけど、これだけ本放送でもフルバージョンでした。

言いたいことはアレだ、いい歌だから買っとけと。
そしてDVDも買えと。
パンツじゃなくてズボンも見てるうちに気にならなくなるし。

ただし、通常版は限定版より恥ずかしいパッケージの上にスリムケースだけの物悲しくなる仕様だから、限定版をオススメします。

週末には神回が届くけど、例によってかなりリテイクしているようなので楽しみです。

しかし、他に聞いてる曲がKOKIAはともかく菅野美穂とかちょっと普通では聞かないような曲だ(笑)

----------
「イノセントラブ」が最終回を迎えましたが、さすがは「ラストフレンズ」のスタッフ、期待に違わぬデキでした。
刑務所に入ってる兄が情緒不安定と知りながら、面会で不安にさせることを躊躇無く話す堀北真希、そのお兄さんは両親殺害の罪で服役してるんですが、「妹を守るために」というニュアンスがあったのので、てっきり堀北が殺したんだと思ってました。
自分は殺してないって否認し続けてたし。
けど、本当は両親とも兄が殺していたというオチで、設定と行動が全く整合性が取れていません。
一番驚いたのは刑務所から簡単に出てきて堀北に真実を知らせたことだな。
物語中でスルーされていたけど、脱獄じゃないのか?

その他の人物もその場の勢いでエキセントリックに行動する人間ばかり。
それを纏め上げてるスタッフの力量は並じゃないです。
そもそもそんな脚本じゃなければいいんですが(笑)

成宮の好きなのが北川だってのは最終回が始まったぐらいに気付きました。
内田有紀と一緒に暮らすようになっても全く手を出さなかったのが不自然だったからな。

ツッコミドラマという新ジャンルを開拓して対抗馬は「ブラッディマンディ」でしたがどちらも甲乙付けがたい内容でした。

「ブラッディマンディ」は中性子爆弾で人が「消滅」するらしいからな。
そんな話は初めて聞きました。
日本版24らしいですが、日本のドラマじゃ予算が無いから場所が広がらないし人も出てこないしスケールがどんどん小さくなるから止めたほうがいいんじゃないでしょうか?
フジテレビだってレスキューヘリあんまり飛ばせなかったでしょ。


----------
しおり代わりに張り付ける。
説明はいらないでしょ。


関連?商品----------

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年12月21日 (日曜日)

【ストウィ】1月からのCM枠はどこだ?

「ストライクウィッチーズ」のDVDのCMですが、第5巻、第6巻と最低あと2つ用意されてます。
そこまでで事前に収録したという12パターンを使い切るので、それで打ち止めだとは思いますが。

東海圏では岐阜放送で「フルメタルパニック?ふもっふ」の再放送があり、そこでCMが流れてました。
2巻の分をを見逃してニコ動に上げられなかったのは痛恨ですが、画質いいのが上がってるからいいや。

次は1月と2月にあるはずですが、この前「ふもっふ」が最終回を迎えました。
その最終回も凄かったんですが、それは別の話。地上波でお尻の線出したのね。
1、2と2クールだったのでこれもそうだと思い込んでましたが、1クールで終わるとは…

ということで、新年からのCM枠を探さないといけません。
提供されるのは角川書店のアニメです。
GONZOでやってくれたら「鉄のラインバレル」がありますが、さすがにそれは無理。
調べると、「鋼殻のレギオス」がそうなのかな。
とりあえず視聴予定に入れてあるから何とかなるだろう。

鋼鉄のレギオス アニメーション公式サイト

ちなみに「ふもっふ」の後は「空を見上げる少女の瞳に映る世界」だそうな。
どんな内容なのかは見ないとわかりませんが。

ムント公式サイト

岐阜放送は「ロザバン」の2期をやったり「純ロマ」を1も2もやったりと侮れない放送局です。
突然「REIDEEN」の再放送始めるし。

REIDEEN公式ホームページ

ところで、「フルメタルパニック」の枠では「純情ロマンチカ」「ストライクウィッチーズ」DVDのCMが流れるのですが、「純情ロマンチカ」の枠では「純情ロマンチカ」以外のCMがありません。
そういうもんなんでしょうかね?
「喰霊-零-」では何か余ったのか第3巻のCM流れてる時期に第2巻のCM入ったりしてましたが。

これから年末にかけて深夜アニメがお休みになっていくので、とりあえずその時間の予約を消していったり整理をしてたんですが、「ラオウ外伝」が1クールで終わる事に驚きました。
25話予定じゃなかったの?
因縁のライバルであるサウザーは前回ようやく声が出たばかりなのに。
一応の終了を迎えるとはいえ、どうも打ち切り食らったような感じですが、「続きはDVDで!」なんてことになるのでしょうか。
ただ義弟に送るだけなんでチェック程度にしか見てはいませんでしたが、覇業(笑)はどうなるんでしょう?

最後に「それはないだろ」と思ってしまった話を一つ。

「ストライクウィッチーズ」のコンプリートファイルが出ます。
角川書店がいつも出してるやつですね。
事前人気が最低だったから出るのが遅くなったようです。

当初は年内予定だったのが延期されてますが、それは別に重要じゃない。
このムック、当初のタイトルは

「ストライクウィッチーズ オフィシャルファンブック パンツじゃないから恥ずかしくないもん コンプリートファイル」

でした。
島田フミカネ氏の画集を手に入れられなくて第2刷まで待ったので、「この悲劇を繰り返さないために」行きつけの書店で予約をしました。
予約する本の名前をレジで口頭にて伝えるのですが、間違いがあってはいけないので省略せずにきちんと言いました。
さすがに長いので、レジのおばちゃんが聞き取れるまで何度も繰り返すハメになりましたが。
そうやって予約したのですが、一週間ほどで書名が変更に。
「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」がゴッソリ抜け落ちてます。
私は一体何をしてしまったのでしょう?
そんな仕打ちを受けるほど神様に愛されてなかったのかな。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月14日 - 2008年12月20日 | トップページ | 2008年12月28日 - 2009年1月3日 »