« 2008年2月17日 - 2008年2月23日 | トップページ | 2008年3月2日 - 2008年3月8日 »

2008年2月24日 - 2008年3月1日

2008年3月 1日 (土曜日)

【ニコニコ動画】ノスタルジーに浸る

「3丁目の夕日」がヒットするのを見ても、人間はノスタルジーに浸るのが好きなわけですが、私みたいな30代が懐かしさで泣けるものといえば、こんなものだったりするわけです。

当時のパソコンはBASICなんかでプログラムを打って遊ぶのが当たり前だった頃。
市販のゲームもBASICで書かれてたので、CTRL+Cで実行を停止してプログラムが見られたり。
で、そんなゲームしかしない人たちは「ロードランナー」と呼ばれて格下に見られたりしたものです。
「ロードランナー」というのは、プログラムをロード、ランしかさせないってことですが、言葉自体はほぼカセット媒体の時代だし今どう説明すればいいのやら(笑)

2ちゃんねるのプログラマ板の書き込みに肯ける人がどれくらいいるのかな?

開発者が学ぶべきこと(アルファモザイク)

書き込みは以下。

>6 仕様書無しさん :2008/02/26(火) 21:36:51
>
>懐かしいな。俺もMZ-80-K2Eで円周率を無限に求めるプログラムを開発して、小学校時代の友達を驚かせたことがある。
>
>10 PRINT "3. 1 4 1 5 9 2 6 5";
>20 A=INT(RND(1)*10)
>30 PRINT A;
>40 GOTO 20

これ見て何してるか一瞬でわかる人は「同志」です。

ともあれ、昔喋ったパソコンがPC-6601なら、それを受け継いでる?のは初音ミクです。

同じ歌を同じ初音ミクに歌わせてもいろいろあるのが面白い。

ボーカロイドには初音ミクの他にMEIKOやKAITOもあるので、それと合唱させ、ゼビウスといえばナムコ!ということでアイドルマスターともコラボレーションさせたものが出ました。

アイドルマスターといえば、見てるだけでプレイしてもないのに楽しめるゲームとして主にニコニコ動画で大人気ですが、ゼビウスから25年経ちましたが、ナムコはここまで凄いCGを作れるようになりました。
この動画のキモは2:10からの演出です。
当時のアドベンチャーゲームはこんな風に線を描いて塗りつぶして…を数十秒待つと絵が出来上がるというやつでした。
それを再現して現代の技術とシンクロさせるこの方法にはやられました。

そんな歌に影響されてできたのが、これらしいです。
どうも初音ミクのオリジナルにはこの系統のノスタル爺を刺激するものが多いようですが。

恐らくは需要もかなりあるからでしょうね。

これ以外に無条件で涙が出るのはこんなものだったりします。
前にも紹介しましたが、いいものはいい(笑)

もちろん初音ミクにも歌わせます。

再再再調整版ぐらいで知ったのですが、久しぶりに見たらさらに調整されてた(笑)

そんな初音ミクもこんな使われ方までされるように(笑)
これは職人芸としか言いようがない。

実用性もバッチリです。

この動画で、息継ぎ無しのお経を聞くと息が苦しくなることを初めて知りました。

ノスタルジーに話を戻すとこんなものが。(アイマスやよいのEDネタバレ注意)
覚えてる人どれくらいいるかなあ?

これもそろそろナツメロの範囲に入るなあとちょっとビックリしたり。

「08小隊」は見てないのですが、米倉千尋さんのCD持ってるので。
話の組み立て方も非常によろしい。

ここまでくるとさすがに「知らねえよ!」の世界ですが。
CMで使われたかなんかで知ってるぐらいかな。

ま、昨日の「らき☆すた」に呼応したオチがついたところで。

「終了!」


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月29日 (金曜日)

【Xbox360】今日は4年に一度の日

今日はうるう年で4年に一度しかない日です。
厳密には違うけど、気にするな。

Xbox360の実績システムは、オンラインであれば取得した日付が付きます。
つまり、今日取得した日付は4年後にならないともう一度付けられないのです。

取りやすそうなのでも何でもいいから今日実績を取って記念にしてしまいましょう。

昨日発売された「アイドルマスター ライブフォーユー!」だと5~10時間で全実績解除らしいので、豪快に1000追加するのも面白いかもしれません。

アイドルマスター ライブフォーユー!

ま、私はこの一個でいいかなと。
COD4とかやれば50~100ぐらいは簡単に追加できそうですが、あえて一個で(笑)


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームやらドラマやら

ここ最近鬼太郎とハニーしか更新してなかったのは、Xbox360の「地球防衛軍3」を完全クリアした勢いでPS2の「THE 地球防衛軍」「THE 地球防衛軍2」とやってたからなんですが、「THE 地球防衛軍」は、INFERNOの「烈火」除いて単独クリアしました。
「烈火」だけはどうにもならなくて、二人プレイにして片方をミサイル撃ちっぱなしでバイクに乗せて逃げる戦法でクリアしました。
もう一人はリペアスプレー持ってると完璧。
達成率は100%になりましたが、「リペアスプレーV5」だけが入手できませんでした。
これのために延々プレイするのも何なので、これにて終了。
「地球防衛軍3」に比べると、敵の数が一回に20かそこらなので圧倒的に少ないのですが、武器がそれなりなので、けっこう苦労します。
セントリーガンって偉大だ。

「THE 地球防衛軍2」はどんだけ敵を撃退しても地球が終わっていく絶望感が凄い。
ラスボスもアホすぎるスケールのでかさだし。
難易度EASYでも何回もやり直しました。
今回は一回に出てくる敵も大幅増量ですが、PS2の能力は変わってないので、ものすごい処理落ちします。
敵の数と処理能力のトレードオフであっさり敵の数を取ったわけですね。
陸戦兵で難易度NORMALまでクリア、HARDは難しいなと思いながらも半分ぐらいまではクリアしました。
空中を飛べるペル子は自分には向いてないなと思いながらEASYをクリア。
前回の倍のステージを二人分ってどんだけのボリュームだ?と思います。
また、蜘蛛の怖さが異常。EASYでも考え無しに突っ込むと即死亡です。
難易度設定が尋常じゃないです。

息抜きに始めたのが「THE 宇宙大戦争」
フライトシューティングですが、相手はエイリアンというか、巨大生物です。
一応フライトシューティングらしいHUD表示なのですが、ベロシティベクトルもレティクルもないので自分の進行方向やガンの当たり所がよくわからない。
物凄い至近距離になったらレティクル出ますが、ほぼ衝突寸前みたいな状況で出たって使えるか!
敵との距離もわからないし、時速700キロ程度で失速する戦闘機ってどうなのだろう?と。
すぐにエンジンがストールして再点火に時間かかるし。
意外とフライトエンジンはリアル寄りです。エースコンバットのつもりでやると思うように動けません。
あと、特筆すべきことは普通のミサイルが役に立たない。
雑魚は墜としても墜としても湧いてくるし、巨大生物はあっという間に味方基地や都市を破壊して「MISSION FAILED」になるので、しゃにむに巨大生物やマザーシップに突っ込んで撃破しないといけません。
で、ミサイルのロックに数秒かかるので、一回に2発ぐらいしか撃てないのではダメなのです。
だから、アフターバーナー全開で離脱、エアブレーキで減速しつつ旋回(減速しないとロールに入るのはエアロダンサーなら経験あるはず)して8連射ミサイルの集中射が定番になります。
プレイ画面はまさにマクロス。

他の雑魚がミサイル撃とうが巨大生物から攻撃されようがわき目も振らずに巨大生物のみに集中ってのは帝国海軍航空隊のような気分になります。

ミッションをクリアすれば新しい武器が手に入るといっても、有効なのは8連射ミサイルと、ミサイルでは追いつけない素早い敵のステージで使うプラズマガンのみ。プラズマガンはロックオンすればその敵に銃口が向かいます。
というか、ロックオンしないと撃てません。
機体も武装もパワーアップするのですが、破壊力上がるけどスピード下がるとかのトレードオフになってるので、ヘタにいじらないのが正解だったりします。

爆弾で地上の敵に一撃必殺というのもあるようですが、2~4発しか搭載できないし、どうやらレティクルの場所に落ちるわけではなさそうです。
照準器無しで自由落下爆弾当てるようなもんですね。

ウイングマンも何をしてるのかさっぱりわかりません。
難易度EASYで全ステージ通算で3機ぐらい敵を墜としてくれたらいいんじゃないですか?

ウリはテレビでの実況をしているので、戦闘中にそれが流れることと、ボーナスステージでの女性オペレーターの「もっと」とか「すごいわ」とかアレな感じで狙ってるセリフぐらいでしょうか。

2000円(税抜き)で買えますが、エースコンバットのベスト版買ったほうが何倍もいいでしょうね。
私は特攻精神プレイを買いましたが。

つうことで、今は「THE 推理」シリーズをやってます。
昔「この事件のトリックは?」というのが一問一答形式で載ってた本がありましたが、あれのゲーム版です。
PSP版のレビューは私のレビューの中にありますが、PS2でも買ってるのでそちらをクリアしてしまおうという計画です。
PSP版は画面が小さいのにベタ移植だったので、ポインタを合わせるのに苦労したのですが、PS版は画面がボケボケです。想定しておくべきことでしたが。
まあ、お手軽なのは変わらないので楽しんでます。

----------
さて、ドラマ「交渉人」が最終回を迎えましたが、警察内部で陰謀があれば何でもできるんだと非常に感動しました。
収監中の人間が茶髪でいられるとは、日本の刑務所も随分自由になったもんだ。護送中の人間が白いボア付きコート着てるし。

そして、真理谷恭介が「羊たちの沈黙」のレクター教授バリだったのが、山荘突入数分でただの寂しがり屋の構ってちゃんだったことがわかる衝撃の真実!
たったの数分でここまでスケールが小さくなったドラマってそうそう見られないですよ。

「交渉人」公式サイト

何とか対抗できるのは「ジョシデカ」かな。
謎で盛り上げるタイプのドラマで最近どんどん尻すぼみになるのはなんなんでしょう?

「ジョシデカ!」公式サイト

「ケイゾク」「アンフェア」が特別なんですかね?

ドラマアーカイヴ「ケイゾク」

「アンフェア」公式サイト

----------
脱力しちゃったのでニコニコから適当なものを。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水曜日)

【特撮】ハニー第20話 自分らしさだと?自分はそこに居るじゃないか!

前回「アンドロイドは出て行け!」という仕打ちに泣き崩れ、ユキの思惑通りになったハニーです。
ここから浮き上がる術はあるでしょうか?

早見の事務所でも泣き崩れているハニーに早見が活を入れようとしますが、「ハニーはハニーなんだからハニーらしくハニーすればいいんだ!」というのは無意味な言葉の羅列でしかないだろう。
でも、「そっかな?」「そうだよね」「私、頑張る!」と立ち直りました。
意外とこういうときは内容の無い言葉のほうが効くのかな。

気を取り直して外へ出て行くハニーを見送りながら入ってきた源さんが、早見宛の手紙を渡します。
税務署からだそうですが、こんな住所不定な感じのところによく送ってくるな。
恐るべし、税務署。

中身は請求書で、名目は「存在税」という耳慣れないものでした。誕生日までに払う義務があるそうです。
支払い金額は240万円、大金です。
源さんは架空請求だと断じます。その言葉を真に受けた早見は丸めてくずかごに捨ててしまいました。
そういうものであっても内容はちゃんと読んでおくべきだと思うけど。

「Future」を捲る夏子のところにハニーがやってきました。夏子も夏子なりに色々考えてはいるようです。
ハニーは「アンドロイドだけど、なっちゃんのことは大好き!だから一緒にお弁当食べよう」と頼み込みます。
座り込んでほとんど土下座のようです。
それを見て何か言いかけた夏子のところにユキが割り込んできました。
ユキは、夏子に向かって「もう止めてください、これ以上ハニーさんを傷つけるのは」と強い調子で言います。
こうまであからさまだと反対にバレないか?
ハニーが慌てて否定しますが、そこで言葉を詰まらせるもんだから、夏子は居たたまれなくなって走り去っていきました。
ハニーってこんなに逆境に弱かったのか。

夏子に逃げられて落ち込むハニーに、もうすぐ誕生日だから一緒にお祝いしましょうと提案するユキ。
グッドアイデアだよということで、ミキにも知らせに行くハニーです。
これはこれでユキの策略なんだろうな。

今回の源さんの料理はマンモスのステーキです。だから、この近辺の生態系はどうなって(ry
ただ、マンモスのステーキだけど、皿に乗ってるのは一口サイズが3つ4つです。
「これだけ?」と訝る早見に、最近ホームレスが増えて割り当てとしてはこんなになってしまったと説明する源さんです。

ホームレスが増えた原因は「存在税」らしいです。
そんな話をしている最中に入ってきたスーツの人たちは税務署の中の人でした。
早見青児が目当てのようです。何かと思ったら「お誕生日おめでとうございます!」ときたもんだ。
拍手で喜んでる早見たちに、税務署の人間は存在税の徴収に来たと告げます。
早見は24歳、1年で10万円で240万円という計算だったようです。
もちろんそんな大金は無いので、税務署はそこにあるあらゆる物品に差し押さえの札を貼っていきます。全部で5万円にもならんと思うが。

税務署員の足に泣きついた早見が「これだけはご勘弁を~」と指差したのはノートパソコンです。
そんなもの持ってたんだ。
税務署員は「私たちも鬼ではありません。こちらで必要な額を御用立てしてください」とポケットティッシュを渡します。
そこには「金融魚」の文字が。
税務署がキャッシングを紹介するって何事?
しかも、魚って嫌な予感がするのですが、税金とパンサークローの掛け算の答えは田中じゃないのか?
Photo_78

ハニーは女子寮で寝ている夏子に向かってお誕生会の話をしています。
夏子にしたら針の筵だよな。悩んでる最中に部屋から出て行くこともできないんだから。
夏子は返事をしなかったのですが、様子が変です。
ハニーが額に手を当てたらすごい熱でした。
さっそく看護婦にフラッシュして手当てをします。どえらく古い看護婦だけどな。
まさに「ナイチンゲール」です。「ナース」ではありません。
Photo_79

その頃早見は「金融魚」で融資をしてもらってます。「納税ローン」というのをやってるようです。
こういうローンはリアルでありそうだな。ま、自動車税なんかは自動車ローンが使えるところがありますが。
早見にすんなり240万円融資してくれるのを見ても明らかな闇金なので、後が非常に怖いですね。
街金ぐらいだと債務整理や自己破産も調停の繰り返しでできる可能性がありますが、闇金相手に免責はありえないですからね。
皆さんも、借金を街金あたりに検討するようになったら限界だと考えましょう。

朝になって夏子が気付くと、ハニーが枕元で寝こけています。
看病してくれたことはすぐに悟ってます。さすがは夏子です。
「ハニーの手。あったかい」というセリフは何よりも温かい言葉です。

一方、早見の携帯には実家から電話がかかってきてるようです。
田んぼも畑も税務署に持っていかれたそうな。早見としては税務署に払ったはずなのに、実家に取立てが来てることが「意味わかんねえ」のようです。
そんな早見の事務所に税務署の中の人が。
税金は払ったと言い立てる早見に、存在税は納められたが早見が借金した240万円に利子の300万円、しめて540万円の取立てに来たと言い出します。
全然答えにはなってないのですが、どういう利子計算だ?
裁判になった闇金の利息だと1000%超えもあったから、まだマシではあるけど、これは数日でだからな。
そもそも、なんで税務署の人間が借金の取立てに?
嘆く早見に若いんだから働けばいいと言う税務署員。
確かに、日テレの「ボンビーメン」見てると500万円の借金なんて半年で返せそうだけどな。

料亭では、税務署長と田中が密談しています。やっぱり背後にいたのか。
Photo_80

所長は「存在税なんて、思いもつきませんでしたよ」って言ってますが、中世の頃から人頭税やら何やら、いつもあった税制だと思うのだが。
近代民主国家ではなかなか実行できないだけで、今でも世界のどこかにはあるだろう。
うまくいけば、国の税制として確立させるんだそうな。
だったら、早見やハニーの居ないところから攻めればいいのに。
実力面はどうあれ、「県立地球防衛軍」の「電柱組」は偉大だったということです。

「わずかではございますが…」と田中に手渡した賄賂は小判です。
今の御時世にどうやってこれだけ集めたのか?しかるべき筋に売ったら相当な値になるでしょう。
が、田中は「本当に僅かだねえ」と小判をもてあそんでます。
「アンタ~」と旦那を呼んで、小判を持っていくように指示します。
旦那は強いけど、力関係では尻に敷かれてるのは変わらない、と。

ミキを見つけたハニーは合同誕生会を持ちかけますが、いつものとおり、興味がないと断ります。
それでも、誕生会が友達と仲直りできる唯一の方法だと思ってるハニーはしつこく勧誘します。
ユキはハニーさえいればいいんだから、「無理に誘っちゃ悪いですわ」と窘めます。
まかり間違ってミキがハニーと仲良くなったら困るしな。

そんな三人の前に税務署員が。「お誕生日おめでとうございます」ってほとんどギャグの領域だな。
ミキとユキには17歳×10万円で170万円を請求しました。

ミキは聞き覚えの無い税金だからふざけてるのかと抗議しますが、世間知らずであるところのユキは「知りませんでしたわ。小切手で良いかしら?」と払おうとします。
ハニーが「私も誕生日なんですけど」と割り込みます。
が、納税者リストにハニーの名前はないと言われます。
リストの「如月光史郎」と「ハニー」の部分に消しが入ってるので、物故ということなんでしょう。
このへんにハニーたちの秘密がありそうです。
ちなみに、下の木島家は、長男であろう「大介」が第13話の合コンに出てきたゲームクリエイターですね。夏子が狙ってました。
Photo_81

【特撮】ハニー第13話 目指せ合コンクイーン!

早見は「早く借金返さないと」と便所掃除しています。そんなんで返せるのか?
早見にとってはトイレがデモーニッシュな臭いのようです。大の扉を開けると「流せよ!」とキレてます。
トイレ掃除の人ってこういうの度々あるんだろうな。

歩み去るミキに追いついた税務署員が納税通知書を渡しますが、一瞬で破り捨てます。
その前に「税金を納めるのは、国民の義務だよ」と田中が立ちふさがりました。
睨むミキを「自分が亡霊だってことを認めるつもりかい?亡霊なら税金なんか払う必要ないからねえ」と挑発します。
田中が言うには、ミキは如月光史郎が死んだ娘の代わりに作った亡霊なんだそうです。
年齢が17歳であるってことはサイボーグのようなもんなんだろうか?
ユキは何も知らないようですが、ミキは「アイツには言うな」とキツく言います。
「友達を気遣ってんのか~い?」とバカにしたような様子の田中。

そんな緊迫した雰囲気の中、ハニーが走ってきて税務署員に取りすがり、「私も税金払う」と駄々こねます。
今、ハニーにとって「存在」って非常に重い意味を持つから必死なんだろうな。
田中に気付いたハニーは「あ、悪いオバサン。こんにちは」と礼儀正しく挨拶します。
思わず田中も「こんにちは」

存在税が払いたいのかい?と聞く田中に、涙ぐんで「うん!」と答えるハニー。
しかし、田中の答えは「残念だねえ。アンタは存在していないから税金は払わなくていいんだよ」でした。
「だってハニーちゃんはアンドロイドじゃないか」と横目で言い放ちます。
アンドロイドならアンドロイドで物品税でもかけられそうですが、この場合はハニーを追い詰めるのが目的なんだろうから、こっちのほうが効果ありますな。
存在してるんだからと泣きながら抗議するハニーに空中元素固定装置を寄こしなと要求する田中。
後ろから税務署員が羽交い絞めにしてますが、税務署員はパンサークローだったのか。
ハニーが苦しめられてるのを見て、それまで隠れて見ていたユキがフラッシュしながら駆けつけます。
「ハニーさんに手を出すことは許しません」と、こういうときはカッコいいと思えるんだよな。
すぐに怖くなるんだけど。
Photo_82

ユキの攻撃を全て受け止め、おもむろに蛸を取り出した田中は墨で煙幕を張り、逃げ去りました。
ユキには中条も渡も敵わなかったけど、田中が一番強いかもしれないな。

借金返済のためにボロボロになるまで働いて倒れた早見の前に源さんが現れました。
後光を背負って「立て~」という姿はまさに神。
Photo_83

「立て、そして戦うんだ、早見青児!」と納付書を突きつける源さん。
いよいよ民衆が立ち上がるときがきたのか?これがあるから近代では難しいんだよな。

「私も払いたい、存在税。どうしたらいい?」とミキに聞くハニー。
ミキは呆れながら「何故そんなものを払う必要がある?」と問います。もっともだ。
ハニーとしては存在の証になるなら何でもいいという気持ちになってるわけですが、ミキは「存在は金で買うもんじゃない。自分らしく生きていればいい。それが存在するということだ」と諭します。
その一言で「自分らしく生きる!」と立ち直るのはさすがハニーというところでしょうか。
一言でコロコロ変わるのもまだまだ未完成故か?

税務署の前では存在税反対のデモが起こってました。
「やきいも」の幟はよくわかりませんが、段ボールで作ったプラカードってのはいかにも昭和かホームレスを感じさせます。
Photo_84

「法律は守っていただかないと」と言う税務署に「ふざけるな!断固として戦うぞ!」と言う早見。
60年代の闘争のようです。
ま、私の目から見ればあれは見苦しい我侭なのですが、この場合はちゃんとした民主主義の機構が働いてないからな。
デモの勢いで押し寄せる民衆を税務署員は片手で持ち上げて投げ飛ばしました。
やはりパンサークローか。

一気に形勢逆転、民衆を叩きのめしていきます。
まあ、短期で見れば税収は上がるんだろうけど、ホームレス増やして経済ガタガタにすれば、税収先細りだぜ。と、笑っていられないのが今の日本かもな。

税務署の二階では田中夫妻が無責任に見物しています。
今回のパンサークローは暴徒鎮圧だからナイフは持ってないのね。
源さんはハンドマイクで「暴力は止めなさい」と言ってるだけだし、このまま負けるかと思ったらハニーが飛び込んできました。

「存在税ハンタ~イ!」というのはいいんですが、「みんな自分らしく生きようとしてるんだからいいじゃない」というのは理由になりません。
が、ハニーフラッシュで解決するようです。暴力で解決なんだけど、相手がパンサークローだから仕方ないか。

手下をどんどんなぎ払うハニーの前に田中夫妻が立ちはだかります。
田中旦那は弘美のエプロンから何かを取り出します。
鰻でした。何をするつもりだ?
Photo_85

鰻二匹を振り回したかと思ったら、長い棒状にして構えました。
中国拳法の使い手らしい戦法です。
Photo_86

ハニーは棒を受け止めようとするのですが、鰻なので掴めません。
旦那は、ホラ、特殊な訓練してるから…ってことにしときましょう。

振り下ろされる鰻を早見が飛び出して白刃取りするのですが、ヌルヌルなので早見の頭どころかハニーの頭まで振り下ろされました。
ヌルヌル最強。

立てないハニーにトドメを刺そうとしたところに強烈な音波が。
「いい加減にせんかい!どうやら本気でオレを怒らしちまったようだな」と出てきたのは何と源さんです。BGMも演歌調に。
「いいか、よく聞けよ。ホームレスにとって存在してるってことだけが最後の誇りなんだ。俺たちの存在は誰にも利用させん」と啖呵を切ります。
そして、「源さ~んフラッシュ!」と変身か!?と思わせて横から服を剥ぎ取らせるだけでした。
後には見苦しい裸体が。
「大変お見苦しい点がございました。しばらくお待ちください」とのテロップまで入ってます。
これは「安田大サーカス」か?

安田大サーカス(松竹芸能の公式プロフィール)

源さんが変身するとガンダムモドキになるようです。
動くときのSEもまんま「チュイーン」ってアレだし。
Photo_87

田中旦那がカッコいいと拍手しています。そうか?
「源さ~んジェット、スタンバイ!」というのが何かと思ったらクレーンで吊り上げてのワイヤーアクションでした。
なるほど、ワイヤーアクションってこうやってるんだ。人が引っ張ってるんですね。
Photo_88

力では田中旦那に勝り、棒を振り回すとクレーンで空中へ。源さん最強伝説の始まりです。
上から落としたシールドで田中旦那は倒れました。

残るは手下のみ。ハニーが頑張ります。
手下に向かってバックしながら滑るなんてやりたい放題してるのは誰ですか?
Photo_89

力と力のつばぜり合いになっても、ハニーがフッと息を吹きかければ男なら力が抜けます。
これがハニーの戦い方です。
Photo_90

源さんの方の戦いも続いてました。鰻棒を奪い取り、「源さんアタックだー!」と皆に抱えられ、突撃します。
Photo_91

マトモに食らった田中旦那は相当に苦しそうです。
それに怒った弘美がミサイルを撃ちますが、間一髪でハニーが叩き落としました。
ハニーと源さんが構えてますが、これほど見苦しい決めポーズもそうそう無いな。
Photo_92

これはかなわんと田中夫妻ともどもパンサークローは撤退していきました。
民衆の勝利です。

その夜はホームレスが集まってハニーたちの誕生会です。
こういう場合だとミキも来るのね。
「ハッピバースディ ディア ハニミキユキちゃ~ん」という強引過ぎる歌詞はなかなか忘れられません。
Photo_93

ハニーは素直に楽しみ、ミキはいつまで続くんだと呆れ気味ですが、そこに誰かが来たのに早見が気付きます。
それは夏子でした。
走り寄ってきたハニーに「お誕生日おめでとう」とプレゼントを渡します。
それは夏子とお揃いの子鹿模様のパンツでした。
前にハニーが穿いて怒られたやつですね。

【特撮】『ネタバレ』キューティーハニー第5回

「今までゴメンね。アタシがバカだった。これからもずっと友達でいてね」と謝る夏子。
アンタ、最高だよ。
思わずミキも微笑み、ユキは不満顔です。こんなのが出てくると自分の価値が下がりますからな。

でも、こうやってユキの邪魔になるような存在になったら夏子は殺されそうだな。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年2月26日 (火曜日)

【アニメ】絶望先生は時事ネタの取り込みが命

ビデオからで画像悪いのが申し訳ないんだけど、昨日放送(関東では一昨日?)された絶望先生です。
8226211348

後ろに「DENKA洋品店」というのがありますが、これって下の事件ですよね?

「痛いニュース」より
「なめてんのか。おれの街だぞ」 ヒップホップのメンバー(35)、「面白くない」と購入したCDを返品し店長をリモコンで殴打。逮捕…水戸

2/12日の事件を織り込んでるってことは、少なくとも製作日はそれ以降、一週間か一週間半ぐらい前なのかしら?
かなりタイトなスケジュールだと思うけど、頑張ってるんですね。

背後にいろいろ書かれてるネタはVHSビデオで見るのは不可能に近いので、何が書いてあるかほとんど考えないことにしました(笑)


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【鬼太郎】第45話 萌え萌えメイド

今回の冒頭の案内役はネコ娘です。

ゲーム屋の試遊台で遊んでますね。ひたすら流れてくる魚を猫が叩き落すというシュールなものですが。
なんとなく「せがた三四郎真剣遊戯」を思い出します。
コントローラからするとスーファミのパチモンっぽいですが。
Photo

最近の人間の街はゲームた電化製品であふれていて面白いし、変わったお店が…と出てくるのがメイド喫茶です。
ネコ娘も着てみたいらしい。つうか、メイド服はバイトで着てるだろ。
Photo_2

「おかえりなさいませ、ご主人様。…にゃーんて恥ずかしい」ってぶりっ子しててもメイド服での撮影会はしてるんだろう?

街頭で一人芝居しているネコ娘の前で、メイドカフェ「Milky Melty」に入ろうとするねずみ男と鬼太郎がいます。
鬼太郎は入ることに非常に不安になっているようですが、ねずみ男は常連だし、オヤジもついてるから大丈夫なんだそうです。
「準備万端じゃからのう」というオヤジは事前リサーチはバッチリのようです。
どんだけ集めたんだってぐらいタウン誌、ミニコミ誌、専門誌を集めてます。
Photo_3

「新たな世界が君を待っている~」と連れて行くねずみ男を見てネコ娘は崩壊寸前です。

サブタイトルも「ネコ娘騒然!? 妖怪メイド喫茶」です。主眼は妖怪がらみの喫茶ってとこではなく、「ネコ娘騒然」ってとこですね。

扉を開くと「お帰りなさいませ、ご主人様」と出迎えてくれますが、一人異質物が混じってますか?
それとも樽ドルがウケるんだから、これも一ジャンルなのだろうか?
Photo_4

あまりの衝撃に後ずさる鬼太郎ですが、ねずみ男に止められます。
「あ~らねずみ男さん。お友達を連れてきてくれたのね」「ま~ったりしていってくださいね」と言われるところをみると、相当な常連なのですね。

店内では撮影会も行われてます。メイドカフェの定番、萌え萌えオムライスもあるようです。
ちょっと一般的ではないニッチな嗜好の顔のメイドもいるようですね。
Photo_5

萌え萌えオムライスはこれですね。
Photo_6

私は食ったことありませんが。
カウンターではメイドさんとじゃんけん大会やってます。
完璧なるメイドカフェですが、こんなところに鬼太郎が来た理由は妖怪ポストに届けられた一通のハガキでした。
この店に通ってた客で帰ってこないのがいるとか。

「そりゃあほっとけんじゃろ」と鬼太郎の頭から飛び出したオヤジは「まずはメニューからじゃ」と物色し始めます。
「萌え萌えオムライス」「お口にあ~んドーナツ」「ラブラブ注入コーヒー」というメニューがあるそうな。
「これが萌えか?」というオヤジに「これが萌え萌え」と説明するねずみ男。
鬼太郎は全くの異文化コミュニケーションで、戸惑うことだらけです。

「御注文はお決まりですか?ご主人様」ときたメイドに「ルナちゃ~ん。オレ、いつものやつね」と注文するねずみ男。こんなところで「いつものやつ」を注文できるとは…
「鬼太郎は?」と言われて慌ててメニューを舐めるように見ていると「ラブラブ注入コーヒーください」とこもったような声が。
「君のラブラブの入ったコーヒーの中でうっとりとろけたいです」とメニューの陰でオヤジが言ってます。
ちょっとオヤジ、病院行ってこい(笑)

「かしこまりました」と去っていくメイドに「違うんです!」と手を差し出しても全く効果はありません。
メニューの影に控えていたオヤジに「止めてください父さん。僕が言ったみたいじゃないですか」と抗議する鬼太郎。
「グズグズしておるからじゃ」と一言のもとに切り捨てられました。

ねずみ男はお気に入りの子とお話してくる、とテーブルを離れました。鬼太郎一人ぼっち(少し違うが)です。
ちなみに、ねずみ男のお気に入りはルナちゃんという眼鏡っ子です。

そんなねずみ男やオヤジに呆れ気味ですが、妖気を感じました。やはりこのカフェには何かあるのです。
しかし、かなり弱い妖気なので、妖怪そのものがここにいるのではなさそうです。
そうやって探ってる鬼太郎のところに「お待たせしました、ご主人様」とメイドが来ます。
メイドさんnamed蕾、相当可愛いですよ。
顔を赤くして「どうも」ぐらいしか言えない鬼太郎に代わってオヤジ大活躍です。
「僕、鬼太郎と言います。キミ、かわゆいねえ。」と。
それを聞いて頬を赤らめるのもかわえー!
Photo_7

鬼太郎がこっそりオヤジに抗議すると、「これも調査じゃ」なんだろうです。なんか違うだろ。

「鬼太郎さんは初めてなんですか?」と聞かれて「まあ…」とうつむき加減に答えてしまう鬼太郎に「だったら、張り切ってラブラブ注入しちゃいますね」と蕾。
何が?と思った鬼太郎の前で異世界の踊りが。これがラブラブ注入かぁーっ!

鬼太郎の衝撃度たるや、なまなかの妖怪に出会ったときの比ではありません。
「極楽極楽」とオヤジがカップの中って回ってますが。
つぼみがビックリしてカップをひっくり返しますが、鬼太郎はすばやくオヤジを隠して「大丈夫?」と訊ねます。
その時にお互いの手が触れたからって赤くなってうつむく鬼太郎。ネコ娘にもその1/10でいいから気にかけてやれよ。

そんな様子を見て、すっかり馴染んでると思ったねずみ男は出かけることにします。
この店のメイドは顔見知りになるとデートもしてくれるんだそうです。風営法に思いっきり引っかかりそうだな。

妖気は感じれども全く調査が進まないので、鬼太郎も出直すことにします。
扉を開けた鬼太郎に蕾が走り寄ってきて「ご主人様、お出かけですか?」と切なそうな顔をして言います。
ここはメイドカフェというよりはキャバクラに近いような気がするぞ。
Photo_8

「どうも僕にはこの店が合わなくて」と答える鬼太郎に「私がコーヒーこぼしたから不快な思いを…」と自分を責める蕾。
「そういうことじゃ…」と慌てて言い訳をする鬼太郎。実に微笑ましい光景ですが、ネコ娘は真っ黒なオーラを出して見ています。
メイドカフェの前にオープンカフェがあるのか。

追記)
オープンカフェじゃなくて普通の喫茶店でした。

Photo_9

今日のネコ娘はミステリートレインの時以上に顔が歪む回になりそうです。
こんな顔、それこそ「県立地球防衛軍」あたりに出てきそうな顔だぞ。
Photo_10

鬼太郎を見送る蕾は、同僚のメイドに呼びつけられ、また客を逃がしたと責められます。
「この落ちこぼれが!」と横の壁を殴ったらヒビが入りました。人間じゃないんですね。
「私たちにはやらなきゃいけない使命があるだろう!」と怒られてブルブル震える蕾ですが、蕾ってネコ系なのね。
だから、ほっとけないって感情が湧き上がるのか。
Photo_11

ねずみ男のほうはデートも終盤、「今日は本当に楽しかったね~」とか言うております。
「本当に楽しいのはこれからよ」とルナが髪を掻き上げると、ピンクの煙が出てきてねずみ男を包み、異形に変えてしまいました。
そのまま異空間の扉に入り込み、たどり着いた先には巨大な木とその周りにメイド、それに連れられた同じく異形にされた男どもがいます。

この木は「古椿」という妖怪です。
Photo_22

古椿にメイドたちが触れると吸収され、椿の花に戻ります。
そうすると、異形たちは蜂のようなものになって花に入り込みました。こうやって精気を吸うんですね。
いったんは取り込まれたねずみ男ですが、臭いおならは変わってないので、やった瞬間に花から追い出されました。

妖怪横丁に帰った鬼太郎は女性妖怪陣に凄い顔して睨まれてます。
「鬼太郎、どこ行ってたの?」というネコ娘が物凄く怖いです。

「ぜんっぜん怖くないから言ってごら~ん」って明らかに怖いって!
Photo_12

言葉に詰まる鬼太郎に「アタシ見ちゃったんだからね。とーっても楽しそうなお店から出てくるところ」と携帯を突きつけます。
妖怪も携帯持つのが普通なのか?
Photo_13

「隠し撮り!」って驚くところはそこですか、鬼太郎。
「横丁の女妖怪のみんなから説教してもらうから」ということで、全員から説教です。
「なんで?」と意味がわからない鬼太郎。そりゃ、名目上は調査だもんな。

ろくろ「鬼太郎、そりゃアンタも男の子」
お歯黒「女の子に興味を持つのは当然のこと」
アマビエ「だからってそういうチャラチャラしたとこへ」
砂かけ「行くっていうのはいかがなもんか」

と連続した見事な連携プレイです。ところで、蝿みたいなのが飛んでますね。
「いや、それは」と調査のことを口にしかけても、

ろくろ「恋愛ならアタシがいろはを教えてあげる」
お歯黒「恋に恋しちゃったんだねぇー」
アマビエ「だからアタイより可愛い子なんているわけないよー」
砂かけ「そんなにメイドがいいならワシがやってやろうか?お帰りなさいませご主人様」

と最後は砂かけのメイド姿というメガトン級の爆弾で締められました。
Photo_14

ネコ娘を筆頭に鬼太郎を責め立てていましたが、その間も周りをブンブン飛んでたのがいます。
うるさいと砂かけが潰すと「痛い!」の声が。
それは「蜂みたいなもの」に姿を変えられたねずみ男でした。
やはりあそこは妖怪喫茶だったのか!と話を戻したい鬼太郎ですが、扉の前でのラブラブぶりは写メにも撮られてますから、ネコ娘の顔を見ると萎縮してしまいます。
Photo_15

古椿という妖怪は、100年に一度目覚め、自分の花を美しい女に変えて男を誘い出し、それを食らって永遠に生き続けるという妖怪です。
メイドは古椿の使いだから妖気としては弱かったんですね。

古椿の本体をどうにかしないといけないわけですが、古椿の本体は異次元の森にあって、場所がわかりません。
鬼太郎はもう一度メイド喫茶に行って、罠にかかることを提案します。
虎穴に入らずんば虎児を得ずというやつですな。
「えーっ、また行くの!?」とネコ娘は非常に不満そうですが。

男を一人も連れてこられない蕾は、また他のメイドに責められて泣いています。
そこにやってきた鬼太郎ですが、なかなか用件が言い出せません。
「お嬢さん、僕もおデートに連れてってくれないかのう」とオヤジがフォローします。オヤジ大活躍だな。

鬼太郎と蕾はのん気にウインドーショッピングなんかしてます。
つうか、デートの最中でもメイドのカチューシャ付けたままなのか。
そんな鬼太郎たちを背後から観察する目が。
「鬼太郎一人では心配だ」と監視することにしたネコ娘です。
街中で全身タイツってものすごく目立たないか?
Coco

付き合わされる他の女妖怪もいい迷惑です。
ろくろさんの頭のバッジは鷲尾なのか。
Photo_16

「今回の我々の任務は、鬼太郎が女の子の色気にたぶらかされないよう…じゃなかった。妖怪にたぶらかされないよう監視することである」のだそうですが、冬の最中に全身タイツでは妖怪でも寒かろう。
ろくろさんなんか「この格好で?」ともっともな疑問を口にしますが、「隠れてすばやく行動するにはこれがいーの!」なんだそうです。

やってることはストーカーだが、この楽しそうな鬼太郎の顔見てると、思わず行動した気持ちはよくわかるな。

1

2

3

「何よ鬼太郎、そのアツアツぶりは!」と怒るネコ娘を「芝居じゃよ」となだめる砂かけですが、ネコ娘は完全に聞いてません。
Photo_17

鬼太郎は「これじゃ本当にデートしてるみたいだ。いつ古椿のところに行くんだ?」と内心で困ってますから、任務を忘れてはいません。

しかし、どんだけ金持ってるんだ?
ブティックでの鬼太郎ファッションショーは冷やかしとして、クレープとUFOキャッチャー、ボートは確実に金かかってるよな。
海にまで来てるし。
普通ならなんてことはない金ですが、鬼太郎は「ニート」です。

蕾は初めて見た海に感動しています。
風が強いもんだから、コッソリ見てたオヤジの目にゴミが入りました。
それがオヤジとはわかりませんから、蕾は鬼太郎の目を見てあげます。
背後から見ればキスに見えますわな。監視しているネコ娘は双眼鏡握りつぶしましたよ。
もう我慢できない!と展望台のモニュメント持ち上げるネコ娘です。本気を出せばかなり強いんだな。
Photo_18

岬の近くにある植物園で「そろそろ動くか?」と身構える鬼太郎に「来て」と手をとる蕾。
行った先は花壇でした。パンジーかな。
「お花ってね、すごく命が短いのよ。その短い時間で精一杯綺麗に咲いて、この世に生まれたことの喜びを表すの」と、いい話をしながら、幻想の中で蕾がメイド服のまま一面の花畑を回りながら笑ってます。
メルヘンだ。

とてもじゃないが、男を騙して連れて行く悪いものには見えません。

デートも終わり「これで思い残すことはないわ」と告げる蕾。
去ろうとする蕾に「君達は普通の女の子じゃないんだろう?」と聞く鬼太郎。
「僕を罠にかけるんじゃ」と鬼太郎に言われ、ハッとしたように「なんでそれを…」と言葉が続かない蕾。
「でも安心して。私は落ちこぼれなの。他の仲間みたいに男の人を犠牲にするなんて、とてもできない」と。
こんな顔して落ちこぼれとか言われたら全力で否定してあげたくなりますな。
Photo_19

だいたいの事情を飲み込めたのか、後ろの監視集団も大人しいです。
鬼太郎は騙したことを謝りますが、蕾はそんな必要はないとやさしく受け止めます。
が、そんな蕾に異変が。

「鬼太郎さん。もっと楽しいところへ連れてってあげる」と人が変わったようになりました。
古椿の完全コントロール下にあります。
Photo_20

ネコ娘たちがピンクの煙を浴びて様子がおかしくなった鬼太郎を追いかけますが、全身タイツを破りさったら中からいつもの服が。どんな仕組みだ?

古椿の前に蕾と鬼太郎はたどり着きますが、吸収される前に気がついた蕾は、ピンクの息を吹きかけて鬼太郎を元に戻しました。
それに怒った古椿が根っこを振るい、蕾を突き飛ばします。
花が百あると、一つはこんなのが出るそうです。不良率1%ってけっこう高いぞ。

それは違う、蕾は優しい花だと髪の毛針を飛ばす鬼太郎を見て、「貴様、人間ではないな!」と今頃気づく古椿。
妖怪同士って意外とわからないのか?

「お前はもう十分生きただろう。今日でそれも終わりだ」とどこかの北斗の拳みたいなことを言って倒そうとする鬼太郎に、「ワシを枯れさせたら、そこの蕾も死んでしまうぞ」と脅しをかける古椿。
その言葉に躊躇してる鬼太郎の背後から根を突き刺そうとする古椿。
それにいち早く気づいた蕾が鬼太郎の身代わりになって串刺しにされました。
ちょっと子供向けとは思えない描写ですね。
Coco_2

「いいの。どうせ私は短い命の花。ほんの少しでいいから楽しい思いを味わって消えたかっただけ。今日はその夢がかなったわ。本当に楽しかった。ありがとう、鬼太郎さん」と目を閉じた蕾。
「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」ですか。だからこそ「命短し恋せよ乙女」なのかな。

失意に沈む鬼太郎の周りではネコ娘たちが古椿の攻撃を撃退しています。
「横丁の女妖怪たちが、鬼太郎には指一本触れさせないよ!」と啖呵を切るネコ娘が本当にカッコいい。
Photo_21

鬼太郎の怒りは生半可なものではなく、古椿の繰り出す根っこ攻撃を、髪の毛を尖らせて次々と打ち砕き、本体を貫通、体内電気でトドメをさしました。

蕾も鬼太郎の腕の中で一輪の椿に戻りました。
その傍らに座り込み、「鬼太郎が楽しい時間をたくさんあげたじゃない。少し妬けたけど、蕾ちゃん、本当に幸せそうだったよ」と慰めるネコ娘。
「少し」どころではなかったけどな。これが勝者の余裕に見えてしまう自分は心が壊れてるのでしょう(笑)

それでも泣き止まない鬼太郎の涙が椿の花に当たると、花は椿の種になりました。
鬼太郎の妖力で新しい命が生まれたようです。
土に埋めて「ここで綺麗な花をいっぱい咲かせるんだよ、蕾ちゃん」と鬼太郎が言ってますが、鬼太郎の妖力込みだから、普通の椿ではないんだろうな。
もちろん古椿みたいな邪悪な存在でもないんだろうけど。
もしかすると、将来ここに妖怪メイドカフェができるのかもしれません。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月17日 - 2008年2月23日 | トップページ | 2008年3月2日 - 2008年3月8日 »