« 【猫】新しい遊びを覚えやがった | トップページ | 【ファミリーステーション】第50回感想 »

2009年12月16日 (水曜日)

【ミラクル☆トレイン】大江戸線刑事

既に東海圏でも放送されて4,5日経ってますが、『ミラクル☆トレイン』の第10話が凄かったので。

いきなり『西部警察』みたいなものが始まってチャンネル間違えたかと思いました。

この『大江戸刑事(デカ)』という時代劇みたいなドラマの新作が作られることになり、注目は前作のボスの娘である真琴が出演すること。
真琴は『大江戸刑事』の魅力はアクションにあり、と思っていて、アドリブでアクションをしてみせたら、監督から二度とアクションをするなと怒られてアクションシーンはスタントの吹き替えにされちゃったという…
もちろん納得がいかないので、それが悩みになってミラクルトレインに乗車するわけですな。

『大江戸刑事』の大ファンである都庁前(とちょう さき)はアクションが魅力なのではない、と力説するも、もちろん真琴が納得するはずがありません。
あ、都庁前は大江戸線の都庁前の擬人化です。

大江戸線:都庁前駅

そこで、『大江戸線刑事』を仕立てて体でわからせようとするのですが、車両に乗り込んできたのが大門哲也。
もちろん大門駅の擬人化です。
どう考えても大門圭介@渡哲也ですね。ありがとうございました。
Photo

大江戸線:大門駅

駅情報の検索は駅ナンバーでたちどころにできるのが『ミラクル☆トレイン』のいいところ。

いつものメンバーも「パソコン」(六本木史)「もんじゃ」(月島十六夜)
Photo_2

「リキシ」(両国逸巳)「ピッツァ」(汐留行)
Photo_3

とニックネーム付きのデカに早変わり。
各ニックネームの由来はググればそれなりに。

大江戸線:六本木駅

大江戸線:月島駅

大江戸線:両国駅

大江戸線:汐留駅

都庁前は当然のようにボスになりましたが、他のデカのようにテロップが付かなかったので作ってみました。
Photo_4

ちなみに、コイツら無茶苦茶若くて、最年長の都庁前でさえまだ12歳になってません(2009/12/15現在)

事件は暴走車を取り押さえろというもので、その暴走車がコレ。
Photo_5

どう見ても大江戸線の車両ですね。
そんなものが道路を疾走してしまうとは。
と、驚いていてはこのまま川に飛び込んで航行する車両で腰を抜かすことになります。
Photo_6

車両を追いかけて走っていたらピッツァが殉職してしまいました。
Photo_7

死因は「走りすぎて疲れた」

リキシはバイクで追跡しますが、これがGSX-1100S?KATANAで、これはつまり舘ひろしですか。
Katana

結局バイクやボートによる追跡は失敗して、ついにはヘリで追いかけるわけですが、ボートに対してはRPG-7を撃ってきよりました。
Rpg

どこの誰が女性向けアニメでRPG-7が出てくると思いますか。

そうやって逃げる犯人から犯行声明がメールで来ました。
Photo_8

実際に犯行声明がこんな文面で来たらキレるだろうなあ。
捕まったら極刑は免れまい。

犯人はなんと新宿凛太郎。
Photo_9

大江戸線:新宿駅

ミラクルトレインに乗せられて女性の悩みを解決し続けることに疑問を持ったとかで、意外と本音を言っているのかも。

最終的にヘリから飛び降りた真琴が新宿を取り押さえて終了!となるわけですが、この疑似体験によって大事なのは正義を愛する心だとわかって列車を降りるわけです。

当初は駅たちがイケメンなのに失恋し続けるというパターンでしたが、ここんとこは最終回に向けてかいろんなアプローチで作られていますね。
これが1クールで終わるなんて勿体無い。
中央線なども使ってシリーズ化されたりするんだろうか?

キャラクターデザインが甲斐智久ということで、一部の人たちはセンチメンタルな気分になるんじゃないでしょうかね?
そういえば、あのゲームは1時間ぐらいしかプレイしてないな。


関連?商品----------

|

« 【猫】新しい遊びを覚えやがった | トップページ | 【ファミリーステーション】第50回感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89598/47033208

この記事へのトラックバック一覧です: 【ミラクル☆トレイン】大江戸線刑事:

« 【猫】新しい遊びを覚えやがった | トップページ | 【ファミリーステーション】第50回感想 »