« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年4月5日 - 2009年4月11日 »

2009年3月29日 - 2009年4月4日

2009年4月 4日 (土曜日)

1~3月期視聴番組のまとめと新番組

購入して7年ほどになり、当時は最新鋭と言ってもよかったウチのPCもいろいろ無理をさせながら動かしてる状態になりました。
内蔵HDDも不良セクタがポコポコ出てくるようになり、非常にヤバかったので、換装する事に。
歩いていけるヤマダ電機に行ってみましたが、内蔵HDDは棚に並んでいるものの、選択肢が無い。
まあ、いまどきパラレルATAのHDD置いててもほとんど誰も買わないでしょうけど(笑)

「80GBでこの値段かよ」と思いつつ買ってきて換装しました。
今のHDDより遅いとはいえ、USB接続のものに比べたらかなり速いですから、動画編集でも重宝するでしょう。

さて、1~3月期のドラマから。

Q.E.D. 証明終了
コミック原作のドラマ。
謝罪訂正があったものの、全体的には10話でまとめるために青春ものにしてエピソードも上手く選んであったんじゃないでしょうか。
最終回の裁判員制度の話は参考になったと思うし。
ただ、最後に燈馬が日本に残ったのは何か違うだろうと思う(笑)

歌のおにいさん
なんのヒネリもないけど安心して見られた。
大野もこれだったら演技問題ないよね(笑)

キイナ -不可能犯罪捜査官-
オカルトと科学をそれなりに上手く融合させて話を作ってあると思う。
最後が「サブリミナル」ってなんじゃそりゃというものでしたが。
毎回食べまくる菅野美穂にも注目。

銭ゲバ
金のためになんでもしてくれて結構なんですが、最後の自殺の時のいつまでたっても短くならない導火線よりも、外で見ているミムラが巻き添えをくうんでないかと思うぐらい近くで見ていたのが気になりました。

次アニメ。

ゲゲゲの鬼太郎
まさかの最終回。人気もあっただろうに…
このブログを見ている人には説明不要にハマってました。
萌えや熱血、深い話から中二病全開のばか話までバラエティ豊かに100話を届けてくれました。
早く感想を書ききらないと(笑)

鉄のラインバレル
中二病全開だと言われようが面白いものは面白い。
死亡フラグさえ易々と叩き折る圧倒的な強さの主人公が魅力。
ガンダムでメメント・モリが出てくるたびに内容やサブタイトルに出し、最終回ではトランザム化したうえにサブタイトルもガンダムとほぼ同じ(笑)
サブタイトルは原作から持ってきてるから、スタッフ間で連絡があったのではと陰謀論を唱えてみる(笑)

キャシャーンSins
恐らくは苦しくても生き抜けということと、生きるなら目的を持って生きろということを伝えたかったんではないかと。
最終回はちょっと「バオー来訪者」入ってると思いました。

まりあ+ほりっく
新房監督&シャフトらしい好き嫌いのはっきり分かれると思われる作品。
毎度の小ネタにバーチャルボーイやドリキャスはおろか、ネオジオやX1らしきものまで出てくる詰め込み方は今までと同様。
ミュシャ調の静止画も好きでした。

絶チルも夏目もみなみけも良かったんじゃないの?
源氏物語は雅で耽美でございました。「あさきゆめみし」読もう。

4月からの番組は

月曜日
TVA  17:30~18:00  夏目友人帳(再放送)
岐阜  24:30~25:00  ミラーマン(再放送)
TVA  26:28~26:58  咲-Saki-
中京  27:14~27:44  タユタマ -Kiss on my Deity-

火曜日
東海  21:00~21:54  アタシんちの男子
NHKE  19:25~19:55  すイエんサー
岐阜  19:30~19:57  REIDEEN
TVA  25:28~25:58  アスラクライン
メーテレ  27:25~27:55  涼宮ハルヒの憂鬱(再放送)

水曜日
中京  22:00~22:54  アイシテル -海容-
CBC  25:29~26:00  戦国BASARA
CBC  26:00~26:30  亡念のザムド
CBC  26:30~27:00  バスカッシュ!
TVA  25:28~25:58  夏のあらし!
TVA  25:58~26:28  鋼殻のレギオス
TVA  26:28~26:58  宇宙をかける少女
TVA  26:58~27:28  Phantom ~Requiem for the Phantom~
メーテレ  26:50~27:20  黒神 The Animation

木曜日
NHKG  20:00~20:45  ゴーストフレンズ
中京  21:00~21:54  BOSS
岐阜  25:45~26:15  神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS
CBC  26:00~26:30  けいおん!
CBC  26:30~27:00  PandoraHearts
東海  26:05~26:35  東のエデン
TVA  25:58~25:28  シャングリ・ラ
TVA  26:58~27:28  ハヤテのごとく!!

金曜日
CBC  22:00~22:54  スマイル
メーテレ  24:22~25:20  名探偵の掟
TVA  25:58~26:28  07-GHOST
CBC  26:30~27:00  戦場のヴァルキュリア
東海  27:35~28:06  リストランテ・パラディーゾ

土曜日
NHKE  18:30~18:55  獣の奏者エリン
NHKG  19:00~19:30  陽炎の辻3
CBC  19:56~20:54  ゴッドハンド輝
中京  21:00~21:54  ザ・クイズショウ
東海  23:10~23:55  魔女裁判
TVA  23:20~23:45  真マジンガー 衝撃!Z編 on television

日曜日
中京  7:00~7:30   ヤッターマン
メーテレ  8:00~8:30   仮面ライダーDECADE(ディケイド)
CBC  17:00~17:30  鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
NHKG  20:00~20:45  天地人


相変わらず水曜日と木曜日の殺人的な過密スケジュールが特徴的な東海圏です。
もちろん、最初から見ないものは除外してますよ。
とにかく、原作とか知らないもんだからとりあえず見る、的なものがたくさん。
ドラマに関しては「アイシテル -海容-」はすぐに見なくなって、「スマイル」は中井貴一がどんな感じで出てるかを確認したら終了の予感(笑)
アニメの方は「神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS」「PandoraHearts」あたりがすぐに消え去ると思います。
「鋼殻のレギオス」「黒神 The Animation」は前クール見ちゃったしな、程度のもので、あえて見るまでのものではないので、いよいよ時間が無くなったら打ち切るかも。

「夏目友人帳」は再放送を地デジで録画してDVDで焼いて送るため。
そのうちレーベル作成にかからないといけません。
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」も、私は全く興味ありませんが、甥っ子から「鋼の錬金術師をそれだけDVDに焼いて送ってください」と言われたら送らざるを得ない。
ま、カードダスなんかで好きとはいえ、前回のアニメが放送されてた頃は生まれてなかったんだから、これを言わせてる背後の組織があるわけだが(笑)
その背後の組織は「最遊記」も大好きだったはず。

ちなみにレーベルはこんな感じ。
Hagaren

「ゴーストフレンズ」は始まったのに気付かずに初回を見逃してしまったけど、「戦国BASARA」はOPで吹いた(笑)

「戦国BASARA」 sengoku basara OP(YouTube)

足軽が踊ってるよ!
ということで時代設定としては無茶苦茶(それ以前に本田忠勝はやっぱり巨大ロボらしいが)だけど、戦国アクションだから別にいいよね。

ミラーマンはまだ半分ぐらいだけど、こうも度々ウジウジと悩むヒーローってのも珍しいな。
個人的には今シーズンは中休みではないかと思ってます。

関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

04月04日のココロ日記(BlogPet)

今度、ブログ妖精の世界にヴィーさんを連れていってあげますね!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木曜日)

【鬼太郎】第97話 猫ハ世界ヲ支配スル

都会の街を見下ろし「もうすぐだ…もうすぐ猫の世界がやってくる」と呟く猫が一匹。
なんか尻尾が多い。

とあるマンションに帰ってきた子供は夕食を食べ漁る猫を見ました。
肉の部分ばっかり食ってますね。
実際には刺身よりツマを食いにいくとか、不可思議なことがけっこうあります。
Photo

高速道路では車を運転する猫たちが。
缶ビール飲んでたり、フリーダムすぎ。
Photo_2

ねこ娘とクロが猫たちを追いかけています。
こういうときのねこ娘は四足ですが、前や後ろから見るとちょっと何とも言えませんな。
Coco

結局猫たちは猫街と呼ばれる異空間に逃げ込んでしまいました。
猫しか入れないらしいんですが、ねこ娘やクロはなんなんだろう?

妖怪横丁には猫又の薬売りが来てました。
こんなおどろおどろしい紹介のされかたですが、実際の顔は至って呑気。

Photo_3

Photo_4

声が島田敏さん(「宇宙船サジタリウス」のトッピー)だから呑気度がさらに倍。

「お待ちかねの薬を持ってきたニャ」と店を開きますが、かわうそが「妖怪はあまり病気しないぞ」とツッコミ。
そう言われても全くくじけることなく営業活動を展開するのが行商人。
「おー、そこの妖怪さん」
「わたし?」
「あんた~首長くて困ってるみたいだな。この塗り薬は首を短くする薬だニャ」
「わたしは、首長くていいんです!」
「何~?せっかくいい薬があるのにニャ」
「わたし、ろくろ首ですから」
とまあ、これも他の客を引き込む話芸だと思うのだがどうか。
それにしても、「首を短くする薬」なんてものをちょうどよく持ってるとは思いがたいが、もしかして詐欺か?

猫又は富山出身なので薬売りなんだそうな。
子泣きじじいもちゃんと仕事をすれば藍を売って大金持ちだったりするんだろうか?

猫は長く生きると猫又になり、尻尾が二股になるという目玉のオヤジの解説ですが、どれくらいの期間でなるんだろう?
10年生きると人の言葉を理解し話すというけど、それならウチの猫はとっくに喋ってないといけない。
猫又になるには30年かかるらしいが、さすがにそこまで生きるのは難しいな。

ちなみに、尻尾が二つある猫の写真がここに。
羽のある猫ってのは「毛の手入れをちゃんとしなさい」としか言えませんが。
ウチのチンチラは抜けた毛がどんどん外側に浮き出て落ちる仕様なので、毛が絡まったり固まったりすることがありません。

WINGED CATS - WHAT ARE THEY?

そこにねこ娘が「鬼太郎~大変よ~」といつものように駆けてきました。
先ほどの猫街の話をしてるんですが、猫街は大きな妖力を持つものでないと作れないとか。
それを横から聞いていた猫又が「詳しい話を聞かせてくれねーかニャ」と出てきます。
猫又には心当たりがあるようですね。

夕焼けに染まる橋の下で何かを待つ猫又。
そこは30年前に猫又が捨てられていた場所でした。
左が猫又、右が兄弟ですか。
Photo_5

友達は第75話で見上げ先生のところにいた猫に似てますが、別人ですね。

参考:【鬼太郎】第75話 少子化と存続(ブログ内記事)

猫又はそのときの兄弟が今回の騒動に関わっていると見ています。
夜になり、橋を見上げると、そこに光る目が二つ。
それは、やはりあのとき一緒に段ボール箱にいた兄弟でした。
猫又は懐かしそうに放しかけ、人間が付けてくれた「ノラ」という名前を名乗っていることを明かします。
それを聞いた相手の目が険しくなりました。
それに気付かないノラは相手の名前を気軽に聞こうとします。
それに対して「名前など無い」と冷たく言い放つ相手。
声は櫻井孝宏さんだからイケメンなのかもしれません。
今までの役だと「ドルアーガの塔」のニーバが近いかな。
ちょうど源氏物語で光源氏もやってますし。
有名なのはギアスのスザクとか純ロマの美咲でしょうか。

コイツ、猫又ではなく猫ショウなんだそうです。
Photo_6

猫又がさらに修行を積んで無限の命を得たのが猫ショウとされます。
ショウの漢字は鬼に肖で魈と書きます。難しい漢字です。
語感からハリウッドザコシショウを思い出してしまう私はダメな人間なのでしょう。

バリウッドザコシショウオフィシャルブログ
「南海ホークスは今!?」

猫ショウは人間に強い恨みを持っていて、それがために厳しい修行をして猫ショウにステージアップし、今こそ人間に復讐の鉄槌を!ということらしい。

ノラとは段ボール箱で別れた、というかさっさと一人で外に出てしまったのですが、そこでいきなりトラックに轢かれてしまったようです。
Photo_7

このとき追った傷は生涯消えないもので、それ故に人間に拾われることも猫のコミュニティに入ることもできず、孤独に生き抜いてきました。
そうやって猫ショウになって、この傷を負わせた人間どもに復讐する機会が訪れたというわけです。

それを聞いたノラは人間が全て悪いわけじゃないと説得にかかります。
現に、自分は可愛がってもらったおかげで30年生きて猫又になったわけだし。
しかし、猫ショウは「恥を知れ!」とノラをふっ飛ばしました。
片手をチョイと動かすだけでそんなことができるとは、やはりたいしたものなのでしょう。
人間に恨みが全く無いはずがないのにそんなことを言い出すノラが許せなかったのです。
ノラは薬売りとして満足できる生き方をしているし、恨みだけで生きるなんて虚しいと思っています。
これはもう埋まりようのない深い溝です。

お前の根性を叩きなおしてやる、と飛び掛るノラですが、猫ショウはあっさりと返り討ちにしてしまいました。
妖力に圧倒的な差があるのです。

「お前は一番の理解者になると思っていたのだがな。残念だ」とトドメを刺そうとした猫ショウを止めたのは鬼太郎の髪の毛針でした。
猫又の様子がおかしいと後を追ってきていたのです。
…それならもっと早く助けてやればいいのに。

猫ショウは「邪魔をするな」と配下の猫をけしかけました。
動けなくて大変らしいのですが、絵面はどう見ても猫と戯れてるようにしか見えません。
なんて幸せな攻撃だ。
Photo_8

鬼太郎は弱い体内電気で気絶させるというスタンガン作戦をとりましたが、その間にねこ娘を人質にとられてしまいました。
「邪魔はさせない。猫妖怪のくせに歯向かうコイツをもらっていくぞ」と、抵抗するならねこ娘の命はないと脅す猫ショウ。

鬼太郎が「ねこ娘を放せ!」と激しく一喝。
この前のバレンタインといい、ねこ娘には嬉しいシチュエーションが多いですな。
そのせいかねこ娘の声も妙に色っぽい。

「猫目の月が満ちたとき、人間の世は終わり、猫の世が来る。今夜その野望が実るのだ。もう誰にも止められないぞ」と猫街に消えていく猫ショウ。
半月ぐらいなのが今晩には満月になっちゃうのか。それは大変だ。

今晩の集会を止めないといけないんですが、鬼太郎たちでは猫街に入ることができません。
ねこ娘も拉致されたし…なんだけど、ねこ娘だって猫街に入れなかったと思うのだが。
そのとき、満身創痍のノラが富山の猫又山に生るネコヤナギの実を差し出しました。
猫又山は毛勝三山の一つです。

この実を食べれば一晩だけ猫になれるんだそうで、それなら猫街に入れます。
それだけノラは猫ショウを止めてほしいんでしょう。
「頼む…アイツを止めてくれ」という言葉に気迫を感じました。
Photo_9

これで猫街に入れますが、猫街の入り口は猫にしかわかりません。
「やっぱりオレが」と起き上がろうとするノラを慌てて抑える砂かけばばあ。
全身包帯では動くこともままなりません。

そこでいいアイデアを思いついた鬼太郎。
「猫のことなら詳しいやつがいる!」とねずみ男を誘い出しました。
猫街には宝がある、と騙してるようですが、今までも鬼太郎はねずみ男を騙すことにたいして罪悪感を感じていないように見えるのはどうなんだろう?
実のところ、ねずみ男のほうがよほど「良心」というものを持っていると思います。

夜になり、猫ショウの言葉が猫たちの間に響き渡りました。

「時は来た。集まれ猫たちよ。いよいよ我々の力を集結させるときがきた。今まで我々を弄び、虐げてきた人間たちに復讐するのだ。今こそ!猫族全ての力を合わせ、人間の世界を乗っ取るのだ!」

と宣言してますが、既に猫に弄ばれてますが何か。

その頃、ようやく猫街への入り口を見つけた鬼太郎たちは、さっそくネコヤナギの実を食べて猫化します。
Photo_10

ねずみ男も無理矢理食わされて猫になりました。
そら「最悪」だわ。
Photo_11

一番キモいのは目玉のオヤジ。
夢に出てきそうだ。
Photo_12

砂かけはわりと普通、子泣きは狸と合体したような不気味な姿、一反もめんはこれを猫と呼んでいいのか?というただの空飛ぶ絨毯。
足が生えてるのが不気味です。

Photo_13

Photo_14

Photo_15

次々猫街に飛び込んでいくのを見て、「しょうがないニャ~」と一緒に飛び込むねずみ男。
猫街にはお宝がある(鬼太郎情報)なんだから仕方ないですわな。

猫街には本当に猫しかいませんでした。
猫の群れから一匹がこちらに気付き、他の猫も集まってきます。
明らかに敵意を持っていますが、仲間とは見られてない?
Photo_16

原因はわかりませんが、とにかく逃げようと身を翻したとき、ねずみ男がバランスを崩して落ちてしまいました。
そこでわかったことは「尻尾がないからバレた」というものです。
日本猫だと尻尾切られてるのいっぱいいるだろうが。

そこらあたりの草で尻尾らしきものを作ってしのごう」というオヤジの言葉に従って、材料調達に走る鬼太郎たち。
ねずみ男を助けようなどという気持ちは微塵も見せません。
ひでぇ(笑)

鬼太郎たちは草で偽の尻尾を作り、猫の集会に紛れ込みました。
こんな尻尾で騙せるのか?(笑)
なんとかなってるみたいだが、一反もめんはさすがにいないようだ。
Photo_17

集会では猫ショウが演説を始めました。
ねこ娘も完全に操られてます。
Photo_18

演説をする猫ショウを見て「あれが猫ショウ?」と言う鬼太郎ですが、さっき戦ったばかりだろうに。
猫ショウは目的達成のために力を寄こせと猫たちに演説し、凄い力が集まって猫ショウがオーラに包まれはじめました。
元気玉?
Photo_19

集まった猫たちには飼い猫も相当数いるのですが、それら全て猫ショウに操られています。
猫ショウに集まった光は上空へ伸び、月を満ちさせようとしました。
止めようと飛び掛る鬼太郎。
「なにやつだ?」という誰何に「ニャニャニャの鬼太郎…じゃなくて、ゲゲゲの鬼太郎だ!」とちょっと恥ずかしい鬼太郎。

鬼太郎たちを噛み殺せ!と号令をかけると猫たちが一斉に襲い掛かってきました。
やはり猫ショウに操られているようです。
オヤジが上空で待機していた一反もめんに「例のものじゃ!」と予て用意していたものを投下させました。
それを浴びた猫たちは酩酊状態に。
投下したものはマタタビだったのです。
一反もめんも猫になってるのによく酔わなかったな。
まあ、実際にはマタタビに酔う猫って思ってるよりは少ないけど。
ウチの猫は粉を舐めはするものの、それ以上のことはありません。
酒はどうだろうと思いますが、実家の犬は非常に行動が怪しくなりました(笑)

猫たちには効果覿面だったマタタビですが、「我輩はあらゆる修行を積んだ猫ショウだぞ。マタタビなど、とうの昔に克服しておる」と猫ショウには一蹴されました。

逆に、それが当たった子泣き猫が酔っ払う始末。
呆れた砂かけが砂攻撃をしようとしますが、猫の手では砂が掴めません。
緊迫した空気が一気に弛緩してしまいました。

鬼太郎はなんとかして攻撃しようとしますが、髪の毛針は猫毛で針にはなりません。
指でっぽうも肉球でっぽうになって全く威力無し。
Photo_20

「猫になったことが仇になったようだな。軽々しく猫になるからだ。猫の気も知らないで!」と怒る猫ショウ。
全くその通りだ。
猫になるにはそれなりの覚悟がなくてはいけない。

猫ショウが繰り出す気弾攻撃に逃げる一方の鬼太郎でしたが、ふと横を見ると猫じゃらしが。
「体が勝手に」とじゃれついてしまう鬼太郎。
何のコントだこれは。
Photo_21

そんなことしてるもんだから、猫ショウの気弾が直撃してしまいました。
鬼太郎に近寄り、「死ね」と妖力を吸う猫ショウ。
干からびる鬼太郎も今期は多いな。
Photo_22

ノラが飛び込んできて、猫ショウに噛まれた傷跡に薬を塗りました。
そんな体で無茶するなあ。
おかげで傷は急速に治りました。
陸軍中野予備校のジェネシス軟膏並の薬効だ。

「さあ!猫の時代の幕開けだ!」と振りかぶった猫ショウの動きが不意に止まりました。
体が急に動かなくなったのです。
なんと後ろで鬼太郎が猫招きの術を行っていました。
「今はボクも猫。だから僕も猫の力を使えばいいんだ」と逆転の発想に至ったようです。
「俄仕立ての猫になど負けはせぬ」と猫ショウも同じ術を使いだしました。
苦しむ鬼太郎ですが、さらに気合を入れると3本の尻尾が生えてきます。
さすがは鬼太郎、猫ショウと同レベルの猫に進化しました。
必死の攻防なんですが、どう見てもそうは見えないのは猫の魔性です。

空中で激突した鬼太郎と猫ショウ。
勝負は鬼太郎が制しました。
猫ショウは既に尻尾が1本のただの猫です。
Coco_2

猫を操っていた力も無くなり、ねこ娘も正気に戻りました。
Coco_3

洗脳が解けた猫たちは飼い主や住処へ帰りだしました。
こういうときに自分本位で動くのは猫だから仕方ない。

折り合いをつけて生きてはいけないかという鬼太郎の問いに人間の仕打ちを忘れることなどできぬと拒絶を返す猫ショウ。
これだけやっといて今更元には戻れないわなあ。
復讐など虚しいし、妖力も既に無いと説得するオヤジに対して「まだ方法はある」と不気味に笑う猫ショウ。
Photo_23

「死んで怨霊となり、人間どもを呪ってやる!」と自刃しました。
助けるために薬を塗ろうとするノラの手を振り払う猫ショウ。
ノラは構わずに「すまねえ…すまねえ兄弟」と薬を塗り続けます。
Photo_24

兄弟が苦しんでるのを知らずに人間の下でノホホンと生きてきたことを悔いているのでした。
「もっと早く来るべきだった」と。
Photo_25

「死んじゃいけない。貴方に生きてほしいと願っているものがいるんだから」と鬼太郎も妖力を分け与えます。
「生きて…どうしろというのだ」と既に復讐する手段の無い猫ショウには行き続ける意味が見出せません。
「このワシに生きる世界など、どこにも無い」という猫ショウの言葉が深く刺さります。
アウトサイダーとして育ってしまった者に世間は冷たく、孤立したアウトサイダーを受け入れるコミュニティは裏社会にも存在しません。
猫ショウは静かに死んでいきました。

すると、嘆くノラの手に四十七士の紋章が。
Photo_26

鬼太郎と紋章の力が猫ショウを子猫に戻しました。
もう一度人生をやり直すチャンスが与えられたのです。
昇る朝日を見ながら、「始まりの朝だ。そうだ、お前の名前はアサっていうのはどうだい?」と呼びかけると、嬉しそうに返事をするアサ。
今度は名前をもらえました。

Photo_27

Photo_28

横丁を出て行くノラたちを見送る鬼太郎たち。
ねこ娘の体型がすごい事になってる気がします。
Photo_29

次回はテレビゲームで大暴走。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水曜日)

【鬼太郎】第96話 想いを花に 風は南から

なにやら少女が苦しんでいます。
名前はまゆみちゃん。
写真立てから、船乗りのお父さんがいることがわかります。
Photo

目が覚めると写真立てが落ちていました。

次の日、まゆみは学校に行く準備をしています。
Photo_2

ここで驚愕のセリフが寮母さんから。
「来年は高校卒業なんだから、しっかりしなきゃ」ってこの子高校生だったのかー!
ヘタしたら小学生かと思ったぞ。
これでもうすぐ17歳なのか…
この子は女子寮に住んでますが、どうも生きる意欲というものに欠けているようでした。

海岸ではねこ娘が金属探知機を手に、ねずみ男がゴミ拾いをしています。
海岸の美化と落し物探しのバイトなんだそうで、ねこ娘はどこからこんなバイトを見つけてくるのか。
ねこ娘の格好はガールスカウトっぽい。
Photo_3

ねこ娘がまゆみを見つけました。
何で目がいったかと言うと、存在感が無いからだそうな。
アニメキャラにそういうこと言うのは酷いことだと思いましたが、そんな意味じゃないんですね。
まゆみは堤防に座ってお父さんと一緒に撮った写真を持ってるんですが、その手が透けて見えました。
Photo_4

まゆみのほうは空を流れる赤いものを見つけます。
Photo_5

それはタンポポの種のようなものでした。
種がお父さんの顔に落ちてるのも今思えば伏線だったのかもしれません。
Photo_6

まゆみは持ち帰って育ててみることにしました。
こんな毒々しい色の種を持ち帰る気になるというのは、何か超常的な力が働いてるに違いありません。
予想通り、種が開いたら見るからに怪奇なものでした。
Photo_7

まゆみはやっぱり寝るときに苦しんでいるんですが、シーツに埋もれていくような描写は夢の中のできごとらしい。
それでも消耗することに変わりありませんが。
Photo_8

起きたまゆみが見たものは、部屋一面に成長した花でした。
Coco

この花は「妖花」です。
それを見たまゆみは気絶してしまいました。
まゆみが目覚めると、いつもねこ娘と一緒に居るクロが傍にいます。
他にも砂かけやねこ娘、目玉のオヤジの姿も。
さすがにオヤジを見るとまゆみはビックリしてしまいました。
この子の口はフニフニですなあ。
Photo_9

もちろん鬼太郎も来ています。
こういうとき、過去のねこ娘ならヤキモチ妬いてたと思うのですが、ねこ娘も成長したんでしょうか。
鬼太郎好みの年上の可愛い子ですよ?

まゆみは鬼太郎のことを知っていました。
都市伝説のような形で活躍が知られているようです。

オヤジが言うには、妖花は南国にしか咲かない特別な花で、日本で咲いたということは何か理由があるはずだ、と。
その理由を突き止めるために持ち出してきたのが、夜行さん所有の妖怪飛行船。
クジラが空を飛ぶんですか。
Photo_10

この歌は飛行船を見た人が作ったのかもしれませんね。

鬼太郎がまゆみのところまで来たのは、南の島までまゆみに一緒に来てほしいからでした。
妖花は誰かの想いを伝えるもの。
それが咲くということは、誰かが想いを伝えたがっているということなのです。

それは行方不明になってるお父さんが呼んでいるってことですか?と強い表情で聞くまゆみ。
Photo_11

声は西村ちなみ さん。
4期のねこ娘であり、「ARIA」のアリアですか。
どちらも見てないので「AIR」の神奈備命で「ああ」と思いますが。

お父さんのことがわかるならついていく、と決心したまゆみですが、ねこ娘の目にはこんどは全身が消えそうに見えました。
それに気付いてるのはねこ娘だけのようですが、何か特別な理由があるのでしょうか。

まゆみを乗せて南へ向かう妖怪飛行船。
下にさりげなく川男。
Photo_12

まゆみのお父さんは大きな船の船長で、「まゆみの誕生日には帰ってくる」と約束したまま行方不明になったようです。
そんなフラグ立てなきゃいいのに。
かなり前のことでお父さんの顔もよく覚えてないのだとか。

ちなみに、飛行船のエンジンはつるべ火で動いていました。
Photo_13

飛行船で寝てても汗びっしょりのまゆみ。
夢の中ではお父さんが呼んでいます。
目が覚めても「お父さんが呼んでるの」と飛行船から飛び降りる始末。
ちょっと窪塚入ってる。
急いで後を追うねこ娘ですが、飛行船は海上スレスレに浮かんでいました。
Photo_14

いつの間にか目的地に到着していたようです。
まゆみは島の内部に走り去ってしまいました。
まゆみはここにお父さんがいると確信しているようです。
木の蔭にあった人影をお父さんだと思ったまゆみですが、それは旧日本兵の亡骸でした。
Photo_15

なんかそこらじゅう骸骨だらけ。
これは水木しげるが行ったというニューギニアみたいなところか。
Coco_2

必死で逃げるまゆみの周囲に聖霊アグリが集まります。
精霊じゃないのな。
Photo_16

アグリはまゆみを囲むと連れ去ってしまいました。
捕まえようとしたねこ娘ですが、まゆみの体が消えて触ることもできません。
この突っ込んでいくとこ、パンツ見えそうで見えないんだよな。
Photo_17

鬼太郎が投げたちゃんちゃんこもかわしてどこかへ行ってしまいます。
このときのちゃんちゃんこはヘビのように長く伸びました。
いろいろ使える道具だな。

まゆみは妖花の大樹の下で気が付きました。
そのまま妖花の蔓に巻き上げられてしまいます。

まゆみの居場所を突き止めた鬼太郎に向かってアグリが迎撃に出てきました。
鬼太郎は何故か逆さ吊りになって髪の毛針で攻撃します。
Photo_18

いくつかは落としたものの、数が多すぎて間に合わずにそのまま包まれてしまいました。
落とされた場所にいたのは森の霊たち。森を守る番人です。
Photo_19

鬼太郎は、森の霊に向かって戦いに来たわけではないと説得にかかりますが、いきなり背後から吹き矢を放たれました。
当然ながら毒針です。
Photo_20

交渉決裂となれば鬼太郎の覚悟が決まるのも早い。
ちゃんちゃんこを翻すと森の中に走って生きました。
ちゃんちゃんこはねこ娘や一反もめんを守るために覆いかぶさります。
鬼太郎なりの気遣いですか。
Photo_21

靄の中で指でっぽうを撃つ鬼太郎がなかなかカッコいい。
こんなにカッコいいのは恐らく最初で最後(笑)
Coco_5

しかし多勢に無勢、鬼太郎には多数の矢が刺さって非常に痛そうです。
Photo_22

鬼太郎は体内電気で形勢逆転を狙いますが、そこに「やめろ」との声が。
「これ以上この島の聖域を汚す事はならん。この地に無断で踏み入れる者は何ヤツだ」と出てきたのはグハというこの島の守り神。
Photo_23

グハはワヘイ族に伝わる妖怪の親玉ということで、水木しげるが大好きなオセアニアの妖怪です。

グハ/水木しげる妖怪映像原画集・妖鬼化(ムジャラ)

グハに、攫った女の子を返してほしいという鬼太郎に「それはならん」とアッサリ返すグハ。
妖花は想いを伝える花で、想いを伝える主があの子を呼んだのだから、と。
まゆみの前には赤錆びたお父さんの船がありました。
Photo_24

「あの子はもう戻る必要など無い」と言い放つグハ。
「この島は死の国への入り口。生者は入ることはできぬ」と。
時々まゆみが透けて見えた理由をねこ娘は悟りました。
つまり、まゆみは棺おけにほぼ両足突っ込んでるというか、そういう状態なわけです。
Photo_25

グハが言うには、あの子は霊体となってこの島に来たんだそうで、本体はまだ日本にあると。
グハが口を開けると、そこには日本の女子寮が映り、そこで花魄(かはく)に捕らえられているまゆみがいました。
これのおかげで死に掛けてるということですな。

グハは鬼太郎にチャンスをやろうと口を大きく開けます。
そこから飛び込んで花魄を倒してみよ、ということですか。
優しいんですね、グハ。

飛び込んだ鬼太郎は花魄に捕らえられたまゆみを眼下に見ました。
鬼太郎は妖花になってるようですね。
Photo_26

蔓を伸ばしてまゆみを助けようとする鬼太郎ですが、花魄に引きちぎられてしまいました。
花魄ってのはラフレシアみたいな花ですか。
きっと強烈に臭いに違いない。
Photo_27

どうやら触手属性を持ってるようです。
Photo_28

まあ、触手であれば第42話に出てきた一目入道に敵うものなどいないわけですが。
あのときはまんま触手の形した水が小学生の足を絡め取ったんだからな。
そういえば、川男初登場がこの回でした。

【アニメ】鬼太郎第42話 鬼太郎人でなし(ブログ内記事)

霊体の方のまゆみはお父さんに走り寄ろうとしますが、お父さんはそれ以上来てはいけない、と警告します。
それを聞いてお父さんが帰ってくるのをずっと待ってたと思いの丈を吐き出すまゆみ。

お父さんはまゆみとの約束を果たすために呼んだのだそうだ。
こちらから会いにいけないから呼んだってことか。

まゆみの足元には最後に約束した誕生日のプレゼントが置いてありました。
それは金の懐中時計。
これを渡すためにいまだ成仏できないでいたわけです。
Photo_29

まゆみが時計を手に取ると船が後退を始めました。
「私は約束を果たした。今度はお前が約束を果たす番だよ」と消え去るお父さん。

花魄に囚われてたまゆみは思わず体を起こします。
その手にはさっき手に取った懐中時計がありました。
まゆみが見ている前で懐中時計の蓋が開き、お父さんからのメッセージが現れます。

まゆみへ
強く生きなさい
父より
1996.3.4

それを見て強く生きるんだと決心するまゆみ。
まゆみの決心と共に動き出す懐中時計。
ベタだけど、こういうのに弱いです。
女の子の顔をこんだけ崩していいのかとは思いますが。

時計が動き出したことに気付いた鬼太郎ですが、まともに動けない妖花では見ていることしかできません。
まゆみは花魄にさらに取り込まれ、懐中時計も壊されました。
Coco_4

バラバラになった懐中時計から飛び出した長針を「このチャンスを逃すな!」と蔓を使って花魄の目に突き刺した鬼太郎。
これもまたお父さんの想いがもたらした奇跡でしょうか。
Photo_30

鬼太郎はまゆみを助け出すことができました。
Photo_31

お父さんが助けてくれたんだから強く生きる、と約束するまゆみ。
それを聞いて微笑んでくれるお父さんの顔をようやく思い出すことができたのでした。
Photo_32

気が付いた鬼太郎は、島の海岸でねこ娘たちに囲まれていました。
ねこ娘たちには何があったのかさっぱりわかっていません。
ここでエンジン吹かし役として苦力のごとく働かされてたねずみ男が座礁した船を見つけました。
お父さんはここで息絶えたのでしょう。

時計が無くなって殻だけになった懐中時計を胸に、妖花が散るのを見るまゆみ。
ゴミ拾いのバイトに精を出すねこ娘に明るい挨拶をかけていったまゆみは、もう以前のまゆみではありません。
つうか、顔が全然違うな。
Photo_33

こうやって想いを伝えられないまま逝ってしまった人は多数いるのでしょう。
そして想いを受け取れずにまっすぐ生きられない人も。
でも、必ず想いはあったのです。

次は猫が人間界を支配しようとするという、こちらにとっては「はぁ?とっくにそうなってるでしょ?」という話です。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月30日 (月曜日)

【鬼太郎】第95話 ベアード様が壊れた日

今回はバレンタインデーの話。
冒頭に川男が出てきたことってありましたっけ?
Photo

「一年に一度、女の子が大事な人に想いを伝える日」というねこ娘の独白で始まりました。
さあ、ねこ娘は鬼太郎にチョコをあげることができるでしょうか?

鬼太郎のほうは甘い匂いがするけど心当たりはあるか?と聞いてるところを見るとバレンタインデーを知らないのかもしれません。

バレンタインを一週間後に控え、ねこ娘がバイト先の女の子と手作りチョコを作ろうと決意を新たにしています。
もちろん街の至るところでそんな風景が見られるわけですが、それを上空から「ステキだね」と見ているのが子安のアニキパンサーです。

魔女ザンビアはなにやら鍋を作っていました。
魔女の秘術とやらの百年鍋を作っているようです。

秘術ではなく秘密であれば「火水の剣(ヒミツのツルギ)」というものがありますね。

剣術 魔剣道場|火水の剣

ザインってまだやってたんだ

パンサーが乙女の恋を集めて、ザンビアが百年鍋で煮込むとベアード様へのバレンタインプレゼントになるんだとか。
「これでベアード様の完全回復は間違いない」とパンサーが言ってるということは、まだベアード様は傷ついたままなんですか。

「鬼太郎。アタシの愛の形、受け取って」とチョコを差し出すねこ娘。
わりとよく出来てますね。
Coco_2

と思ったら、そこにあったのはウンコみたいな塊。
アマビエの「歪んだだね。これが現実だよ」というセリフが深く心に突き刺さります。
Coco

ろく子さんが「大丈夫。ねこちゃんは味で勝負よ、ね」とフォローしてくれますが、味もダメダメでした。
Photo_3

恐らくですね、湯煎せずに直接火にかけ、すばやく固めるために冷凍庫に突っ込んだんだと思います。
手作りチョコに必要なのは時間。

嘆いてるねこ娘のところに雪女の葵ちゃんが来ました。
中の人はゲルト姉ちゃんですね。
Coco_3

葵はバレンタインが近いから、と試食をしてもらおうと持ってきたのです。
これはまた見事な鬼太郎チョコ。
氷の中に入れて持ってきたフローズンチョコで、まさに葵だけが作れる逸品。
Photo_4

ねこ娘最後の抵抗「でも、味が肝心よ」という言葉は「じゃあ鬼太郎に食べてもらおう!」という嫌な展開を呼ぶだけの結果になりました。
食べさせてなるものかとガニ股で走るねこ娘。
「となりのトトロ」のメイかよ(笑)

Photo_5

Photo_6

鬼太郎はそんなことには頓着しないもんだから、「どう?人間の服」と聞いてくる葵に「ああ、似合ってるよ」とまるでその場にねこ娘が居ないかのごときKYっぷり。
鬼太郎や目玉のオヤジ、子泣きじじいも試食してかなり美味しかったらしい。
ねこ娘フィルターがかかって少し妙な方向で見えている(笑)

しかし、これで挫折しないのがねこ娘。
「鬼太郎に想い伝えるもーん!」と新たな行動に。

いよいよバレンタインを次の日に控えた夜、ねこ娘と一緒にバイトしてる子はラッピングをしていました。
ここで「まだ起きてるの?お姉ちゃん」「早く寝ないと怒られるよ」と弟妹役をやっているのがハッピーセットキャンペーンで当選した子供たち。

「劇場版ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂」公式サイトの「ニュース」に紹介記事があります。

バレンタイン前日、手作りチョコに精を出したり、デートで着ていく服を選んでいる女の子をパンサーが狙っています。
鏡の左側にあるぬいぐるみはダッコちゃんモドキかキン肉マングレート?
Photo_7

パンサーが宙を舞い、甘い香りを振りまきました。
下では何が起こってるんでしょう?

その頃、ねこ娘は鬼太郎チョコを作ろうと悪戦苦闘しています。
それにしても「これはひどい」
ねこ娘ってこんなに不器用だったのか。
前EDでご飯作ってあげてたのに。
Photo_8

時間がないとバイト仲間の頼子ちゃんに連絡をするも、頼子ちゃんはパンサーの香りにやられてヘヴン状態。
他にも恋する乙女たちがパンサーの元に集まるのですが、ヘヴン状態のせいか、顔が崩れてしまってます。
Photo_9

女の子から赤いオーラが立ち上ったと思ったらキャンディになってしまいました。

Photo_10

Photo_11

パンサーのキャンディはこうやって集められたのか。

異常を察知したねこ娘は街を覆うレインボーな羽を見ました。
変態らしい色使いですが、子安のアニキパンサーは変態です。
Photo_12

頼子ちゃんを心配して走るねこ娘ですが、この通りには全く同じ店が複数あるようです。
何かのカルテルでしょうか。

その先に先ほどの羽がありましたが、中に入ったねこ娘は甘い匂いに頭がぼうっとしてきました。
危険な兆候です。
頼子ちゃんを探すうちにねこ娘がヘヴン状態になってしまいました。
当然ながらキャンディに。

Photo_13

Photo_14

集めたキャンディを前に「愛の結晶さ」とご満悦のパンサーは間違いなく変態紳士です。
Photo_15

集まったキャンディを「ベアード様喜んでくれるかな~」と持って帰るザンビア。
ヘヴン状態じゃないから可愛いです。
Photo_16

ベアード様のところではヨナルデパズトーリが診察をしていました。
四十七士の力で回復が遅れているらしい。

次の日、つまりはバレンタイン当日ですが、鬼太郎ハウスで葵がねこ娘の居場所を聞いています。
鬼太郎はねこ娘がどこにいるか知らなかったのですが、このときのやり取りからすると、鬼太郎チョコもねこ娘をからかうだけに作ったのかもしれません。
いつもなら異変が起きると「大変よ鬼太郎」とねこ娘が知らせに来るのですが、今回ねこ娘はいないので妖怪ポストからの情報が頼りです。
妖怪ポストには女の子が行方不明になったという手紙が多数来てました。

とりあえず頼子ちゃんの家で落ちてた羽と共に事情を聞く鬼太郎。
妖怪アンテナがビンビンに立ったと思ったら甘い香りが漂ってきました。
香りを辿るとザンビアとパンサーのもとに。
ベアード様のために働いてるときのザンビアの笑顔は無邪気だなあ。
Photo_17

「少女たちが消えているのはお前の企みか、ザンビア」と尋ねる鬼太郎に「ここにいるわよ。飴玉になってね」と見せつけるザンビア。
キャンディを見た瞬間、ザンビアが驚くほどの速度で鬼太郎が飛び掛りました。
しかし、あっさりパンサーの羽に捕らえられてしまいます。
さすがは西洋妖怪でも有数の強さを誇るだけのことはある。
Photo_18

動けない鬼太郎に、ザンビアはキャンディと化したねこ娘を見せました。
「早く元に戻すんだ!」と叫ぶ鬼太郎ですが、ザンビアは「ベアード様を傷つけた報いよ」と非常に嬉しそう。
背後に立つパンサーも「ザンビアの恋の邪魔をしないでくれるかな」と完全にバカにしきってます。
鬼太郎は為すすべなく去っていくパンサーとザンビアを見送ることしかできませんでした。

百年鍋にねこ娘キャンディも投入されました。
Photo_19

鍋に浮かびながらねこ娘は幸せな妄想に浸っています。
妄想の鬼太郎は吐きたいほど甘々ですな。
「ありがとう、ねこ娘。好きだよ」なんて鬼太郎が言うもんかい。
Photo_20

妄想から醒めたとき、目の前にザンビアの顔を見るねこ娘。
妖怪だけに催眠が早く解けたようです。

「恋のパワーぎっしりの飴ちゃん。ベアード様の特効薬。これで、ベアード様も元気に」と上機嫌のザンビアですが、「飴ちゃん」と言うのは大阪のおばちゃんだけだと思ってたんですが、ザンビアが大阪のおばちゃんということでいいですか?

それを聞いたねこ娘は「みんなの恋する気持ちを、ベアードのにしようだなんて!」と怒ってますがさりげに酷いこと言ってますな。
それを聞いたザンビアも顔を真っ赤にして「アタシの愛のこもったプレゼントを餌とはなによ!」と怒りました。当然です。
Photo_21

いつまでこの言い合いが続くのかと思ったらパンサーがさっさとねこ娘を沈めて「早く百年鍋を完成させたいんだ」と静かに告げました。怖ェ。

「それでは、ベアード様へ、アタシの愛を込めて」と呪文を唱えると百年鍋完成。
ベアード様のためだからザンビアの頬も紅潮してます。
Photo_22

鍋がピンクに発光していますが、「後は煮込めば完成。乙女の恋のパワーが百倍に膨れ上がるわ」ってそんなもん食えるんかい。
背後から寄ってくるパンサーが「君の恋の力は素晴らしいよ」と褒めつつザンビアをキャンディにしました。
パンサーは百年鍋を使って完全体になり、ベアードを超える最強になろうとしていたのです。
ザンビアもキャンディになってしまうと顔面崩壊しちゃうんだな。
Photo_23

パンサーに放り込まれ、今まさに鍋に没しようとするザンビアを跳ね飛ばす一粒のキャンディ。
ねこ娘です。
Photo_24

ねこ娘はキャンディのまま縦横に飛び回ってパンサーに襲い掛かりました。
根性あるなあ。
ねこ娘はザンビアに思うようにされていいのかと話しかけます。
体勢上仕方ないですがかなり上から目線ですな。
Photo_25

そのときザンビアはパンサーの作り出す妄想に浸っていました。

「ザンビアちゃはは~ん」じゃねえっての(笑)
ベアード様をここまで崩壊させるとは、パンサー恐るべし。
もちろんこんなものザンビアが望むベアード様ではなく、涙目で「あんな甘いのベアード様じゃないわ~」と必死で訴えかけます。
Photo_26

即座に「アンタの鬼太郎みたいで気色悪~い」とねこ娘を攻撃することも忘れません。
しかし、この言葉には喜んでもいいんじゃないだろうか、ねこ娘よ。

「あんなベアードのどこがいいのよ!」
「悪でクール、大きな瞳。ツルツルお肌。どれをとっても最高よ」
「鬼太郎は天然よ!」
「つうか、パンサーむかつく!」
「そうよ、許せない!」
Photo_27

と今度は鬼太郎にもちょっとアレな評価を吐くねこ娘。
でも、パンサーでまとまるあたり両方女の子です。

こんなもんを端で聞かされるほうはたまったもんではないですから、パンサーはさっさと鍋に放り込んでしまいました。
それを助けたのはかわうそが繰り出した網。
鬼太郎たちがやってきたのです。

今回は仲間がいるので先ほどのような一方的な展開にはなりません。
鬼太郎を苦しめた羽もぬりかべなら跳ね返します。
かわうその口から吐く水流に乗せたリモコン下駄でバランスを崩させ、葵の冷気で足元から凍らせる…のはいいんですが、パンサーは氷を割って百年鍋を飲み乾しはじめました。
熱くないのか。
止めようとしたねこ娘とザンビアも食われちゃいます。

さて、鬼太郎においてこうなった場合、後にどうなるかというのは決まってるようなもんで、パンサーはフラグを立ててしまったと言えますな。

百年鍋を飲んだパンサーの妖力は館を吹き飛ばし、周囲の木々もなぎ倒すほど。
放射状に倒れた木々はツングースカの大爆発を思い起こさせます。

完全体になったパンサーはハゲタカの妖怪みたいになりました。
イケメンじゃ完全ではいられないのですね。
ところで、このどう見ても鳥類な妖怪が、何故「パンサー」なんて名前なんでしょう?
Photo_28

「私は西洋妖怪トップだ!」と叫ぶパンサー。
そういうわりには子泣きののしかかりで地面に陥没し、葵の冷気に凍らされていきます。
鬼太郎の振り下ろす髪の毛槍に叩かれるのも効いてるし、どこらへんが最強なんでしょう?

ダメージ的にはたいしたことないらしく、「効かぬわ」と鬼太郎を締め上げました。
葵の氷で動けないのは変わりないらしいので、やっぱり鬼太郎最弱ということですか。

こうなっては鬼太郎には体内電気しか残されていませんが、ねこ娘たちが体内にいるうちはそんなこともできません。
吹っ飛ばされる鬼太郎に気をとられて他の仲間もやられてしまいました。

「トドメだ!」とダイブするパンサーですが、急に止まってしまいました。
体が勝手に動いて制御が効かないらしい。
実は体内でねこ娘たちが暴れまわっていたのです。
Coco_4

苦しんだパンサーはキャンディを吐き出してしまいました。
どうでもいいが、ザンビアはこんなものをベアード様に飲ませようとしてたのか?

元に戻ってしまったパンサーは「許さん」と憤ってますが、それは鬼太郎も同じ。
仲間がボロボロにされてますからね。
Photo_29

空中のパンサーまで伸びた髪の毛を介した体内電気で倒してしまいました。

朝日が昇る中、元に戻ったことを喜ぶ女の子たち。
ねこ娘はザンビアに握手を求めます。
共同戦線張ったからでしょうか。
人間、気が高ぶってると判断力を失いますよね。
Photo_30

手を握ろうとしたザンビアですが、「今日って何日?」と大事なことに気付きました。
バレンタインの夜は明け、2月15日になってしまっていたのです。
「か、勘違いしないでね。アンタとは敵同士よ」といきなりツンデレ言葉になるザンビア。
Photo_31

やはり身近なトラブルが我に返るのには一番です。

頼子を家に送り届け、礼を言われる鬼太郎。
「ちゃんと、ねこちゃんのバレンタイン、受け取ってくださいね」と言われてキョトンとする鬼太郎には嫌な予感しかしません(笑)

世間では鷲尾さんとろく子さんを含めチョコの嵐。
Coco_5

横丁では「義理だからね」とアマビエがかわうそにチョコをあげています。
チロル以下のパックの中の一つ程度にしか見えないし、「100倍×100返し」と書いてあるってことは1万倍返しですか。
10万円ぐらいになるのか?
これはツンデレじゃないわなあ。
瞳と俊夫…でもないけどこの二人がわかる人とは友達になれそうな気がします。
「キャッツ・アイ」じゃないよ。
Coco_6

子泣きは「ワシにもチョコくれ」と砂かけに要求し、「家賃」と返されてます。
これはこれでバレンタインの趣旨を理解してない気が。

ねこ娘は鬼太郎に「いつもありがとう」とチョコを渡すことができました。
なんて幸せそうな顔なんだ。
Photo_32

もちろん鬼太郎は喜んで食べるんですが、「聞きたいことがあるんだけど」と視聴者の機体を裏切らない質問を。
「バレンタインって何?」
「知らないの?!」ってねこ娘でなくても言いたいわ。

Photo_33

Photo_34

このへん、長年生きてても人間界の情報を取り入れるオヤジと鬼太郎の違いでしょう。

ベアード様は「バレンタインプレゼント、君の気持ちだけ受け取るよ。私は必ず自力で復活し、より強い力でミスター鬼太郎にリベンジする」と意気軒昂。
ザンビアの失策を不問にするあたりはベアード様の愛なのかな。

書き終わってみるとザンビア祭りみたいになってました。
最終回迎えてるからか画像も多めだし。

次回は触手で想いが伝わるいい話です。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月22日 - 2009年3月28日 | トップページ | 2009年4月5日 - 2009年4月11日 »