« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »

2009年6月21日 - 2009年6月27日

2009年6月27日 (土曜日)

【THE フライト】再開してくれんかな

テレビ東京が「THE フライト 翼の時間」という番組を放送していました。

THE フライト 翼の時間

30分番組で、旅客機、羽田の施設、羽田空港で働く人を紹介する番組です。
民間機をじっくり見ることなんか無くて、ボーイングとエアバスを見てわけることなどできそうにないんですが、やはり色々と違ってて興味深い内容でした。
シミュレーターとはいえ、毎回紹介した機種で離陸から着陸まで見せてくれたしね。
エアバスのサイドスティックが左側だとかスラストリバーサーは空気だけシャッターで逆噴射させるなんて、これ見ないと一生知らなかったかも。

気が付いたのが6月に入ってからで、「こんな番組を見逃してたのか!」と思ったんですが、サイトのラインアップ見ると単純に2ヶ月遅れで放送したみたい。
で、「クールは守ります」と言わんばかりに来週でおしまい(笑)

F-15はともかくドルニエやエンブラエルは見せろー!と思うけど、多分無理なんだろうな。
再開してくれないものかしら?
ディスカバリーチャンネル契約したら同じようなものが山ほどありそうだけど(笑)
しかもより詳細に豪華に(笑)


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金曜日)

【胡瓜】収穫

Photo

胡瓜を収穫しました。
例によってフィギアが12センチなので、この胡瓜は30センチほどあることになります。
デカすぎですが、味は大丈夫でした。

次の胡瓜が大きくならなくて、まだ10センチほどなのですが、他のも大きくならないし上のほうの茎を切る時期が来たのかも。
茄子のほうは4つぐらい同時に大きくなってるんで、前みたいな急成長は望めませんが。
どちらにしろ、エラい量の肥料が必要です。


----------
「黒神」が終わりましたが、途中の「どうしたらいいんだろう?」という心配よりはマシな終わり方をしたかも。
どちらにしろサンライズは脚本書く人を総入れ替えしろと言いたいぐらい物語で感心したことありませんが(笑)
まだ終わってないけど「宇宙かけ」も「ギアス」みたいに破綻しそう。

「戦国BASARA」は最後に直江兼続も出してきたし、面白く終わらせることができたんじゃないでしょうか。
2期もあるしね。
その後に始まった「うみものがたり」はパチンコが原作という珍しいものですが、土曜の朝にでも放送したほうがよかったんじゃ?という内容。
一話だけ見た感じでは「見なくていいんじゃない?」としか言えない(笑)

「けいおん!」「夏のあらし!」は終わってないけど、面白さでいえば「夏のあらし!」に軍配が上がると思う。
最終回を残してるけど、サブタイトルからしてサブストーリーだろうな、と思ってます。
第12話で問題は解決したし。

ドラマはどれも失速だったけど、今日最終回だった「BOSS」
どこかで見たようなものを入れ込むというアニメで言うと新房監督とかナベシンみたいなことをして、最後には「離婚弁護士」ネタも入れてましたが、テロリストとの対決のわりにはショボく終わってしまいました。
燃料気化爆弾の時限爆弾というのも初めて見ましたが、処理をできる人間は日本には一人も居ないんだそうな。
そもそも、爆弾なんて解体せずに凍らせて機能を停止させ、どっか開けた場所か海で爆発させればいいんじゃね?と思うんですが、それだとドラマにならないんですかね。
結局どんなセンサーが付いてるのかとか確認せずに武田鉄矢にスケッチだけ見せて解体しちゃいました。
ところで、変電所の建物内に設置された燃料気化爆弾ということは、どうしようもないときは人が建物から出れば人的被害はゼロですよね?

「アタシんちの男子」は馬鹿馬鹿しい内容でOK、山本耕史がイッちゃった格好と演技してくれただけで絶賛対象です(笑)

「白い春」はわりと面白かったけど、最後はないだろ、というものでした。
阿部寛が復讐に来たやつに刺されますが、そんなことをするのに顔も確認してないほどお粗末なヤツが犯人。
で、最初は遠藤憲一が間違って刺されるんですが、「やっぱ元スナイパーだからな」とか思っちゃうのはテレビと現実の区別がついてない証拠です。
遠藤憲一も「顔を見られたから」と殺されそうになりますが、もう一人が入ってきたら逃げちゃうという意味不明っぷり。
やっぱキチガイが人を殺すから論理性なんて無いってことでしょうか。

「ザ・クイズショウ」はオチが完全に読めてたため、最終回は櫻井と横山のウザいアップが延々続くという拷問のような展開。
製作側も相当手を抜いたでしょ。

結局、一番面白かったドラマは「名探偵の掟」ということに(笑)

「ゴーストフレンズ」とかそれに続いての「ふたつのスピカ」とかNHKのドラマが意外と面白いですよ。


----------
前回の日記につけた「ヤッターマン」の動画、運営によって削除されました。
パソコンでは見られるけど、二週間ぐらいでデータを完全に削除するらしいので、それから後は見られなくなるんでしょう。

なので、「鬼太郎」は消されないけど「ヤッターマン」は消される、と。
上げて数時間で処置されたようだから、相当早いですね。
もともと@ニフティの動画共有に上げるんですが、ここで非公開とか設定できるようにしてほしいわ。
で、ブログに載せたときは見られる、と。
そしたら引用の範囲にならないかな?とか考えます。


関連?商品----------

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月23日 (火曜日)

【ヤッターマン】オーストラリアマジパネェ

日曜朝に移動した「ヤッターマン」ですが、高見沢俊彦がOPを熱唱するかなり子供向けなネタのアニメになりました。
ときどき昭和なネタも出てくるけどね。

今回の舞台はオーストラリア。
オーストラリアといえばカンガルーとコアラですが、実は水呑場を巡って熾烈な抗争を繰り広げていました。

カンガルーのほうはこんな感じ。
Coco

この一匹だけが怖い顔をしてるんじゃありません。
Coco_2

「どうせオスだけなんでしょ?」と思ったらメスも子供も怖い顔でした。
Photo

オーストラリアは水に乏しいところですが、これだけ人相がキツくないと生きていけないんですね。

対抗するコアラはコアラギャング団と名乗り、その団長がこれ。
確実に人を何人か殺してそうです。
Photo_3

ギャング団勢ぞろい。
カンガルーに比べると可愛い要素も無くはないかな。
Coco_3

さすがはマッドマックスの世界です。
オーストラリアに旅行に行くときは注意しましょう。

また、オーストラリアが舞台なので、当然のように「セカチュー」ネタも織り込んでます。
TBSのドラマは別として、まだアレで泣いちゃう人はいるのかな。

EDは腐男塾が歌ってますが、メンバーである中野腐女子シスターズについては喜屋武ちあきぐらいしか知りません。
で、EDの後にヤッターペリカンの英語講座とかヤッターアンコウのラップ講座とかありますが、時間帯移動に伴って出てきたドクロベエの孫、ドクポンが乗っているブタ型ロボット「ネェトン」のギャル語講座がけっこう面白い。
ヤッターワンは山寺宏一だからこれぐらい出来ちゃうわな。

中の人はたかはし智秋さん。

公式ブログ

オモッチャマとの二役でやってますが、次回予告はオモッチャマとネェトンの掛け合いになってるので色々大変なんじゃないかと思います。

次回予告にあるとおり、6/28日は総集編的内容?みたいなのでとりあえずどんな感じなのか様子を見るのにはいいと思うぞ。

ということで、唐突に「夏のあらし!」のエンドカードを貼っておく。
第10話から第11話に至るエピソードは感動して泣いちゃったよ。
今期1クールものの中では文句なくお勧めの部類だと思います。
Photo_4


----------
それにしても、東海テレビみたいな簡単なウォーターマークは消せたけど、中京テレビやテレビ愛知はどうなんだろう?と思ってたけど、わりとあっさり消せました。
「ヤッターマン」が典型的なデジタル塗りの子供向け絵柄だったことも影響してるけど、まさか時報まで簡単に消せちゃうとは思わなかった(笑)


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日曜日)

06月21日のココロ日記(BlogPet)

いつか、する自分がほしいです。ココロの夢です。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »