« 2009年7月19日 - 2009年7月25日 | トップページ | 2009年8月2日 - 2009年8月8日 »

2009年7月26日 - 2009年8月1日

2009年8月 1日 (土曜日)

【NEEDLESS】これがEDか…ふう…

アニメ「NEEDLESS」のエンディングが凄いという話を聞いたので見てみました。

なるほど、これは「ニードレズ」だわ。
本編をざっと見た感じでは多少のお色気が入ったバトル漫画という感じでした。
「BREACH」や「ソウルイーター」と同類でしょうか。なんて適当は言わないでおきますが。
この手のものは受け付けないのでそもそもどんなものかよくわかってないのよね。

児童ポルノ法改正審議の年に真っ向から勝負を挑むかのような内容は狙ってるんでしょうか(笑)
CDにノンテロップ映像を収録したDVD付けたら驚異的な売り上げになるような気がする。
この歌に限らず、アニメの主題歌はノンテロップ映像を付けたDVDが付いたバージョンを発売して欲しいですね。
記憶にあるのだと「狂乱家族日記」ぐらいですけど。

こちらではフジ系列でやってるので、「フジやるなあ」と思いましたが、独立U系なのね。
そういや「CANAAN」もこの局でやってた。
東海圏は系列関係無しに深夜アニメを買いあさってる印象があります。

ちょっとレートが低いのか動くと映像がボヤけますが、私がプレミアムの限界でエンコしたら凄い画質になるのかしら?
元ソースがDVDに焼いたやつだから限界はあるけどな。


----------
「ガンダム無双」が終わらない。
後から後から使用可能キャラが出てきて終わる気配が見えません。
全部で18人って事はわかってるから全部出ていることはわかるんだけどね。
一人クリアするのに早くて2時間、あと8人ぐらいだから16~20時間ってとこか。

それが終わったら(終わらなくても)ランサー持ってチェーンソー無双やるかな。
安売りでもないのにAmazonnよりヤマダ電機のほうが安いって初めて見たわ。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月31日 (金曜日)

【ドラマ】気持ちいいほどの不作

7月から各局で始まったドラマですが、ほぼ軒並み不作というのはどういうことか。

月9はハナから見る気が無かったけど、火曜日の「恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ」も2話目まで見て切りました。
加藤ローサとか大根のお遊戯会を見るのも疲れるし、「吸血鬼は好きな女性を前にすると牙が生えて血が吸えるようになり、それが大人の証だ」なんて下品な冗談に付き合う気もない。
主題歌の「悪魔な恋」はKinki Kidsの「薄荷キャンディー」ソックリだってことぐらいが見所かな。

「赤鼻のセンセイ」も退屈だし「メイド刑事」もケータイ刑事の足元にも及ばないオマージュぶり。
「官僚たちの夏」は個人的にこんな話が好かんので。
山本耕史が出てたら別だけどね(笑)
「華麗なるスパイ」には期待してたんだけど、不真面目にB級をやろうとして失敗してる気がします。
「猿ロック」も恐らく視聴を止めそうだし、結局良かったのはNHKの「ふたつのスピカ」ぐらい。
民放のドラマがどんどん落ちていく中で、まっとうに作り続けるNHKのドラマがどんどん浮上するという皮肉(笑)
ドラマ8は視聴率こそ振るわないものの、前作の「ゴーストフレンズ」「QED」「七瀬ふたたび」と奇をてらわず真面目に作っているので好感がもてます。
あ、「コールセンターの恋人」はテレ朝がきちんと作った手堅いドラマなので、見て損はないと思いますよ。
「任侠ヘルパー」は暴力団関係と介護関係の両方に喧嘩を売っている気がするけど、毎回老人を演じる豪華なゲストを見るために。
「オルトロスの犬」は突っ込みドラマとして。
さすがはTBSであり、「魔王」「スマイル」と続く時間帯だぜ。

ということで、「アニメは面白いのになんで実写ドラマは面白くないの?」と聞かれても困ります>お母様

まあ、「咲-Saki-」見て可愛いと言ったり「化物語」見て笑い転げて「ハルヒとキョンみたい」というアラカンはそうはいないだろうけど。

NHKといえば、土曜時代劇の「陽炎の辻」も3期目になってますます「わかってますね」な作り。
この番組のキモは山本耕史の裸と剣舞なのですから、そこがぶれない作りが見事。
スピンオフドラマを水曜深夜にやってますが、セットも本編と同じところを惜しげもなく使い、キャストも本編からどんどん呼んでくるようなスピンオフは他に見たことありません。
もうすぐ終わりますが、次の「オトコマエ!」の2期も前回が面白かったようなので期待しています。

実写ドラマとはちょっと違うけど、「仮面ライダーディケイド」もそろそろ佳境に入ってきて懐かしのBLACK RXも倉田てつを本人が出てきました。
この日曜はBLACKの世界なのかな?
ここらあたりから劇場版に繋がるようで、石橋蓮司さんが「仮面パーティーに行くんだよ」と死神博士のマントにいそいそとアイロンかけてるのには吹いた(笑)
世間で評判の悪いコンプリートフォームも私はけっこう気に入ってます。
歩くライダー図鑑って楽しいじゃないですか。
腰にメガジェット装着してHMDでゲームをプレイする人をカッコいいと思う人はこれもカッコいいと思うはずだ(笑)


---------
以下日常の雑記。

ゴーヤを収穫しました。
20センチぐらいで市販のものと比べると小ぶりなものの、形は良し。
ゴーヤはスライスして塩を振り、揉まずに置いておくと、生で食えるほど苦味が抜けます。
お好みに合わせて中の白い部分を残して苦味を調整しましょう。

クリムゾンオーメンがステキなファミ通Xbox360 2009年9月号。
7月号のプレゼント当選者が出てますが、「シューティングラブ。200X」当たりました。
今年は3月号の「バンジョーとカズーイ」に続く2本目ですが、よっぽど希望者いなかったんでしょうか(笑)


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水曜日)

【GoW】2を目前にしてのおさらい

PCをたちあげたら、いきなり再起動がかかって画面が映らなくなりましたが、これまでの数多の事例と同じく、古よりの秘儀を用いて事なきを得ました。
電化製品の不具合の6割ぐらいはそれで解決するんじゃないかと勝手に思ってます。
マジックアイテムは掃除機とエアブロス。

それはともかく、「ギアーズ オブ ウォー2」の発売日がいよいよ7月30日に迫ってきました。
待ちに待った日本語版です。
発売日には買えないんですが(笑)
今回は日本のみの隔離サーバーだということで、前作みたいに「お前いらないから出て行け」とか英語で言われることもなく、大量のダウンロードコンテンツも収録された実にお得な仕様になっています。

そこで、改めて前作がどんな内容だったかおさらいしてきましょう。
前作に登場したアイドル、ベルセル子ちゃんです。

人間にも一人しかいない雌ですから、ゲーム内においては貴重な女の子成分です。
女王は女の子じゃないし、人間も女の「子」じゃないわな。

ACT1のボスですが、その勢いに圧倒された人多数なんではないかと思います。
ACT4では無防備に周りをウロウロするドムを何度も撲殺してくれたしね。


今更やってるのは「ガンダム無双」
振動がないんだけど、PS3互換ってことなのかしら?
実績に影響しないのでEASYでやってますが、PS2で持ってる「三国無双」は全くの手付かずなので、これが初無双となります。
難易度を上げたら違うようですが、なにやら芝刈りをしているようなゲームです。
ボーっと突っ立ってる雑魚を刈り取っていく雰囲気。
それはそれで楽しいのですが、ボスの硬さは泣きそうになりますな。
ストーリーもまあ、楽しい。
Gガンダムのやつなんかは燃えますし。
ただ、マスターアジア何回出てくるねんというぐらい出てきますが、最後があっけなさ過ぎて全員で唱和する決めセリフが最後まで言えなかった(笑)

わりと作業的なゲームで、簡単に実績を稼げるのはいいんですが、チマチマ埋めていった陣地が展開の都合であっという間に敵に占拠されるのはやりきれないものがあります。
とはいえ、楽しいゲームです。

ターンAでプレイしていて武者ガンダムを倒すステージにて、けっこうな仲間が生き残っていたので収拾がつかなくなるのもまた一興。
武者ガンダムをエマ、プルツー、カミーユ、ジュドー、さらに10機ほどの雑魚味方が追いかけているので、自分がどこにいるかさえわからない。
それらが一斉に武者ガンダムを追いかけているので、小学校の体育のサッカー状態(笑)
全方位から攻撃を受けているので、武者ガンダムがワショーイされているのはわかりますが、自分の攻撃が当たったかどうかは武者ガンダムの体力ゲージが表示されるかどうかでしか判断できない。
もしかしたら、外から眺めてたら終わってたのかしら?


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月19日 - 2009年7月25日 | トップページ | 2009年8月2日 - 2009年8月8日 »