« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »

2009年12月6日 - 2009年12月12日

2009年12月12日 (土曜日)

12月12日のココロ日記(BlogPet)

ヴィーさんが好きな物は演出っていうんですけど、そんなの売ってないですよぅ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【あにゃまる探偵キルミンずぅ】ぷらすな映像第10話&つぶやき

『あにゃまる探偵キルミンずぅ+』のぷらすな映像第10話。
「迷い猫」編、仲村みうVer.の2回目ですが、なんでワクワクしないんだろう?


----------
『そらのおとしもの』原作の1~7巻読みました。
『セカチュー』の帯的に言うなら「泣きながら一気に読みました」
中二病と呼ばれてもいい、踊らされててもいい、それでもこれが面白いと言えるなら、私はそうやって蔑まれるほうを選びます。
狙いすぎではないかと思うけれどもいいんだ、これで。

アニメで鳥引きちぎりをやるとは思わなかったけど、最終回はニンフをマスターから解放してクリスマスパーティーかな?
原作を改変しまくってるので、2期はありえないだろうし、終着点はそこあたりかな、と。
例え鳥を潰してもニンフがいたぶられてもシリアスな部分は極力抜いてあるのは、1クールだってコトを考えると妥当だと思う。
そのままやると『最終兵器彼女』の二番煎じになりそうだけど、アニメで魅せるのは難しいだろうしな。

それにしてもだな、今期のアニメで『ささめきこと』『そらのおとしもの』の原作コミックが手元に積まれ、今までも『鉄のラインバレル』『バンブーブレード』といったものがまだまだ続刊が出ているのはちょっと困る。
何かを手に入れるためには何かを捨てないといけないのだが、さて、何を捨てたらいい?
容積が減るかと思った『あずまんが大王』新装版はほぼ描き直しみたいなやつだったし、困ったもんだ。
そして、『風光る』のここ5冊ほどを読んでないのだが、ちょっと最新刊を取り出してみたらまだ伊東甲子太郎が死んでいなかった。
これもどこまで続くんだろう…

あ、『MC☆あくしず』の最新号が再来週出るのか。
前号1回も開いてないぞ。
『モデルグラフィックス』の1月号がアイマス戦闘機の作り方だったので買ってみたが、100を超えるデカールが貼れる人は頑張ってくれって感じだったな。
買ってから「世界の駄っ作機」を連載してたと気付いたが、なんとドイツ機だった。
こりゃあ6が楽しみだな。
何にせよ時間が足りない。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月 9日 (水曜日)

【真・恋姫無双】鳳統は魔女っ子だった

『真・恋姫無双』にて、諸葛亮の妹弟子である鳳統が登場しました。
アニメ的には朱里(しゅり)の妹弟子である雛里(ひなり)と言ったほうがいいのか?
Wikipedia見るまで「ひなり」とは知らなかった。
この二人の喋りが幼すぎて聞き取れんわ。

龐統といえば、『三国志演義』中に赤壁の戦いにおいて連環の計をもって曹操軍を打ち破ったことが有名ですが、確かヒゲのおっさんで、『龍狼伝』でも助平親父だったはずです。
それがこんなことになるなんて…

Photo

まあ、関羽や張飛がああなってるのに何を今更とも思うのですが、あちらにはそろそろ慣れたものの、いきなりこうきてはこちらの準備が整ってません。
出番はこの回だけだと思いますが、どストレートに自分の心に飛び込んできてしまいました。

中の人は後藤邑子なんですが、やっぱりこの人って演技下(ry

来週は馬超再登場らしいけど、トイレを我慢するってなんなんだ(笑)


----------
『ささめきこと』1~5巻まで読了。
こっから現在連載中のところに繋がるわけか。
これはですね、半年ごとに1クールずつやるといいと思うんだ。
フレーム単位で計算してるんじゃないかと思える演出タイミングは必見です。
他のことは至らない部分もあるかもしれんが、それはガチで神。
あと泣き顔。
他人に傷つけられつつ他人は傷つけるのが見てて痛々しいですが、高校生に限らず誰でもそうだよね。


----------
カレーラムネとわさびラムネを飲んでみたが、別に不味くはなくてガッカリ。
しかし、飲んだ後で喉が痛くなるのは流石だ。
遅効性の毒としてお勧めしたい。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日曜日)

【地球防衛軍3】ZEスナイパーはやればできる子

『地球防衛軍3』には100種類を超える武器が用意されていますが、その中には使いにくい武器もあります。
その中のひとつ、「ZEスナイパー」は、セントリーガンと呼ばれる設置型の自動式銃座で、狙撃銃だけあって射程は長大なのですが、狙うための動きは遅く、銃弾も2秒に1発しか出ません。
ダメージが高ければ一撃必殺の武器になりますが、頭に「ZE」と付くようにセントリーガンの最下位機種なので、1発につきたったの50ダメージ。
難易度NORMALまでならそれなりの使い道が見出せるものの、難易度INFERNOで使うなんてのは正気の沙汰ではなく、だいたいネタ武器扱いされてました。
しかし、そんな「要らない子」だって頑張れば何事かを成し遂げることができることを証明したくてプレイしてみました。

蜘蛛の体力がそれなりに低いこともあって、全弾命中さえすれば5斉射で撃破できます。
つまり、10秒ぐらい待てば倒せます。
その10秒の間に他の蜘蛛が寄ってくるし、セントリーガンは一番近い敵に狙いを定めるので、場合によっては延々と壁を撃ち続けるアホウです。
体力が最低数十万という縛りはありますが、目の前で血しぶきをあげる蜘蛛の姿には感動を覚える人もいるんじゃないでしょうか?

ところで、この動画に限らずグレー系の色の部分ってモザイクになっちゃうんですが、これって仕方ないんでしょうかね?
洞窟の床の部分、特に黒い壁との境目とか見てると悲しくなります。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »