« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »

2010年5月23日 - 2010年5月29日

2010年5月28日 (金曜日)

【サルミアッキ】LU Suomi Domino -BLACK- Salmiac-Chili 350g

さっきDVDを見直すまで『ストライクウィッチーズ』第6話のJu52/3mがちゃんと鋼管骨組だったことに気付かずに恥を晒していました。
急いで訂正入れたよ。


今回はビスケット。
Black_domino_box

LU Suomi(ルー スオミ)という会社もので、ここはアメリカのクラフトフーヅの系列会社です。
クラフトフーヅはビスケットで有名ですが、LU Suomiもビスケットの会社でした。

LU Suomi

DOMINOのページはこちら

正直、フィンランド語なんてさっぱりわからないので、「商品説明のリンクはこの辺に違いない」といった勘でリンクを辿ってます。
せめて英語があれば……!

中にはこんなものが二つ入ってました。
Black_domino_package

一包み13個入りで、合計26個です。
取り出すとこんな感じ。
Black_domino_biscuit

見た目はオレオですが、クラフトフーヅ系列なら傘下にナビスコがあるので不思議なことではありませんね。

わりと甘くて美味しい普通のオレオです。
真ん中に挟んであるクリームにサルミアッキが入ってるんだと思いますが、ほんのりと味がする程度でした。
リコリスの匂いはちょっと強くて苦手な人はダメかもしれませんが。
名前に「チリ」とあるように、刺激の強いものらしいのですが、「カラムーチョ」などを食べまくる日本人にとっての強い刺激とはレベルが違うので、あまり刺激は感じないと思います。
いくつか食べると後で喉が少し痛くなるかも。

日本にもサルミアッキをネタにするブログはいくつかありますが、アメリカにもあるようですね。

Salmiyuck!: Black Domino Salmiakki-Chili Cookies

機械翻訳にかけただけですが、これでもかと不味さを並べ立てて「吐いた」とまで書いているようです。
コメントも概ねそんな感じですが、「アメリカンが何を言うか」という気持ちにもさせられます(笑)

変り種オレオとして出してもサルミアッキみたいに嫌がられることはあまりないと思いますので、取り寄せてみてもいいんじゃないかと思います。
北欧のお菓子らしく濃厚な味ですしね。


関連?商品----------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木曜日)

【サルミアッキ】LEAF Malaco Leijona(BlogPet)

ヴィーの「【サルミアッキ】LEAF Malaco Leijona」のまねしてかいてみるね

今回はタール風味だそうで言うと喉が浮かびました!!
malacoってのが浮かびました!
Leaf.fi-MalacoLeijona110gSalmiakkimixsalmiakkisekoitus味はこんなCMも入ってるし、今回は確実にはこんなCMもあってくれました頃に喇叭が浮かびました頃にMalaco(注意:音が出ますよ。

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水曜日)

【サルミアッキ】LEAF Malaco Leijona

今回はLEAF社のMalacoブランドの中から「Malaco Leijona 110g Salmiakki mix」
LEAF社にMalacoブランドというものがあって、フルーツグミなんかを扱ってるようです。
malacoって柔らかいという意味らしいので、ソフトグミを扱うのかな?

Malaco(注意:音が出ます)

トップページのボタン「1」を押して「TV MIX」を見るとシュールで楽しくなるかも。
こんなCMもあったり。

謎のキャラクター展開もしてるし、何より音楽がカッコいいぞ。

さて、今回のサルミアッキ、「Leijona」ってのはライオンという意味で、パッケージの「MUSTA LEIJONA」で「黒獅子」という意味かな。
Leijona_110g

多分、下サイトの黒い猫みたいなのがそうなんでしょう。

Leijona
Musta_leijona

中身はこんな黒いグミで、パッケージにある獅子の紋章のようなものを模った形になってます。
Leijona_gummy

味はタール風味だそうで、木タールを風味付けに使っていました。

メーカーの商品説明は以下のサイトに。

Leaf.fi - Malaco Leijona 110g Salmiakki mix salmiakkisekoitus

味を一言で言うとヘヴィです。
サルミアッキの強い塩味と、歯医者などで嗅ぐような消毒液の臭い。
それがソフトグミとしてネチャネチャくっつくので、なかなかの強敵。
「サルミアッキを食すというのは一粒一粒が真剣勝負」という言葉を忘れて平和ボケしていた舌に見事な活をいれてくれました。

消毒液っぽい感じはどこか懐かしかったのですが、「これはなんだろう?」と記憶を紐解いてみると、頭に喇叭が浮かびました。
Sorawoto

もとい、喇叭のマークの正露丸です。
リコリスのスーっとする感じとタールによる燻製っぽさが実に正露丸っぽい。
あまり大量に正露丸を食べたいと思う人は居ないと思いますが、食べ続けるうちに癖になるかもしれません。
このLEIJONAは確実に不味いのに、忘れた頃に食べたくなる魔力。
サルミアッキには麻薬でも入ってるんじゃないかという気さえしてきました。
塩味強いので、一度にたくさん食べると喉が渇きますよ。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火曜日)

【ファミリーステーション】第55回感想

5月12日に公開された『ファミリーステーション』第55回にゲストとして参加しました。

ファミリーステーション - ゲーム系インターネットラジオ番組(トップページ)
第55回をアップしました(ファミリーステーション内記事)

収録は5月3日でしたが、最初はKLINKさんに送ったブツの説明のために呼ばれました。
呼ばれてスカイプが繋がるまで約1時間、それから音量調整などして収録が始まったのが30分後だったかな?
いろいろ大変なものです。
待ってるうちに眠くなったり(笑)
結局流れでゲストになりましたが、あんまりよろしくない状態になってますな。

『リリカル少女なのは』ってなんだよと自分でも思いますが、自分では『リリカルなのは』と言ってるつもりだったんです。
私の言い間違いはともかく、拳と拳で語り合うような熱い物語が好きなら『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』はオススメです。
自衛隊云々は忘れてください。
『娘TYPE』でチラっと見たときに「飛行教導隊」と「航空戦技教導隊」を見間違えました。
Nanoha_the_movie_1st
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 公式サイト

送ったものは、ゲームソフトとサルミアッキですが、KLINKさんがそんなに不味くないというのが意外でした。
だからといって全部食い尽くしたわけではないあたりがリアルです(笑)

冒頭『アフターバーナー クライマックス』の話が出てますが、3~4時間で実績コンプできるんじゃないでしょうか。
エクストラオプションで無敵・エフェクト無し・ミサイルオート・常に最高速にしてコントローラー触らずに画面を見てると、新しい感覚に目覚めるかもしれません。

おそまつさんから「テレビゲーム15ではないかな?」とのことでしたが、その通りです。

【ファミリーステーション】第54回感想より

>さて、ベガスベガスさんの言うゲーム機というのは任天堂の『テレビゲーム15』(6かもしれない)だと思います。
>私が言っていたことは忘れるように。

なんか、毎回「忘れるように」という言葉を使わないといけないような気がしました。

『鋼の錬金術師FA』のネタバレについてはこれが「他人に聞かせるラジオ」だってことを完全に忘れてました。
すみません。
原作とアニメが同時に終了する形式のようですね。

『聖闘士星矢』あたりはマイク切って半分眠ってました。
『夢工場ドキドキパニック』もそうですが、全くわからないので話題に加わりようがない(^^;
レトロゲームについては本当に薄いなぁ~としか言いようがなく、殆どが本からの知識なのですよ。

店舗主催のゲーム大会について。
セガサターンで『セガラリーチャンピオンシップ』が出た時のもので、開催1週間ほど前に買って練習したかな。
で、真面目に走っていたら小学生のガキどもが「あ、あれ何?」と目を逸らさせようとしたりするわけですよ。
子供にイジられやすい雰囲気持ってたのかなあ。
1位の人はダントツに早かったですが、その人はなんの妨害も受けてないという(笑)
『セガラリー~』のおかげで3Dポリゴンレーシングの走り方を覚えました。

ネットのランキングで0点をあげる人もいるのですが、私が見て大変だろうなと思ったのは『Luxor2』のランキング。
ゲームオーバーになるにもそれなりの時間がかかるこのゲームで0点を取ったまま二度とプレイしないわけですよ。
800MSPだから1200円ほど使って何をやってるのかと。

ダンテさんの投稿力の強さに相変わらずの嫉妬ですが、オウムが「コンニチハー」のメダルゲームとかデパートの屋上で遊んだ世代には懐かしすぎる(笑)
地元ではほとんどありませんでしたが、岡山の天満屋ストアの屋上でメダルゲーム、F1、覗き込んでアニメを見る機械とか体験しました。

アニメを見る機械はこれのでっかいVer.かな。
4つぐらいのアニメが1分ほど楽しめました。

くるくるビデオ(梅里総研)

ここで秘密の告白をします。
|゚Д゚)))コソーリ「ずっと『宇野市』だと思ってました」

ゲーム機賭博は親戚の喫茶店が置いていたような気がしますが、もう数十年前のことになるかな。
けっこうな田舎にあるのに潰れなかったのはそれが原因だったとか。

タダでゲームをする方法として父から教わったのは50円玉にテグスを付けて、呑み込まれる前に引き上げる、というものでした。
かなりなタイミングを要求されますが、そもそも50円玉でプレイするゲームなんて東京や大阪ならともかく、徳島にあろうはずもないので、幸いにして実行したことはありません。

ゲーセンの話の補足を。
昔のテーブル筐体で明るい照明だとガラス面で反射して見えにくくなったんではないでしょうか?
で、アストロシティ筐体のような画面が斜めに立った筐体が出てから明るくなってきたと。
ボーリング場なんかでは明るい照明の下で反射しながらも普通にプレイしてたからそんなに説得力は無いですけどね。

メタルホークはこんなゲーム。

メタルホーク(Wikipedia)

筐体が動く様子からプレイ動画まであるんだからいい時代だ。

『パラサイト・イヴ』は1作目だけプレイしましたが、終盤に弾が無くなってハマりました。
トンファーとかきちんと強化していけば面白かったのかも。
そんなに時間かからないかもしれないし、もう一度最初からプレイしてみようかしら?
「シネマティックRPG」だったわけですが、PS時代のスクウェアのゲームをするのはこれが初めて。
少し動くとイベントシーンになって、「あれ?動かない」と思ったら自分が操作するようになってたという、「ああ、これがスクウェアのゲームか」と思わされた内容でした。
戦闘シーンでゲージが溜まるまでウロウロ歩き回るカッコ悪さも特徴の一つかも。

エロゲの話は関係者が聞いていないといいなあと思いつつ、こんなところに書いてると知られないわけにはいかない。
何せ、インターネットは世界に開かれていますから。
Winになってからやったエロゲは『鬼作』を一人だけクリア?したかな?という感じ。
まだHDDには入ってるからやろうと思えばクリック一つで済むんですが(笑)
私がやりたくてオススメしたいのは『斬魔大聖デモンベイン』
PS2で『機神咆吼デモンベイン』として発売され、そちらをプレイしましたが、萌えるし燃えるし熱いです。
廉価版出てるのか……。

斬魔大聖デモンベイン-特設ページ

GW中に見たかったアニメは『地球少女アルジュナ』
第5話まで見ましたが、トンデモのオンパレードが高レベルのビジュアルと音楽、物語で展開されます。
もうここまで見たらいいや、と思ってしまうほどのお腹いっぱいぶり(笑)
雑草まで抜かない自然農法やコンビニ弁当の都市伝説が出てきた時点で確信を持ってハンバーガーを食べられるようになりました。
おなかいっぱい過ぎて第6話以降をなかなか見る気になれず、『機神兵団』でも見ようかと思っております(笑)

地球少女アルジュナ


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月曜日)

【サルミアッキ?】LEAF Sisu Xylitol pastilli

今回紹介するのはコレ。
Sisuxylitol

パッケージの文字は「Sisu」と書いてあり、「フィンランド魂」とでも訳すようです。
フィンランド人の国民性を表わし、「目には見えないけれども、必要なときに内面から出てくる精神的な力」の事を指して使う言葉らしいです。
悪い精神が発揮されるときにも使われるようで、そういった場合はプライドや強情など、その感情が存在することによって悪いことが起きる場合に使います。
『Star Wars』のシスはここからきてるんですね(嘘)

それはともかく、他のLEAF社のものと同じく箱入りになっています。
内容量は36g。
以前のLEAF社の箱はFerza社みたいなストッパーがかかるもののようだったみたいなのですが……。
Sisuxilitolopen

丸いグミにSisuのものだろう「S」の刻印が入っていました。
少々刻印が潰れてても問題ありませんね(笑)
相変わらず個別包装じゃないあたりに外国を感じます。
Sisuxilitolgumny

実に硬いハードグミで、顎の鍛錬にいいんじゃないでしょうか?
欧州のグミは噛む力を強くするためのものなので、日本のものみたいに柔らかくないようです。

食べてるうちに妙なことに気付きました。
キシリトールのスースーする味はあるのですが、サルミアッキの味がしません。
LEAF社の説明を読んでもただのキシリトールのグミのようです。
サルミアッキ詰め合わせセットに入っていたのにサルミアッキじゃありませんでした。
詐欺です。

補足しておくと、かなり硬いグミなので、ゴムを噛んでいるような気持ちにはなれます。

さて、ウチに来たパッケージは商品見本のものとは違いました。
印刷がハデというか、何か書いてあります。
Sisuxilitolpackage

google翻訳にかけてみました。
その上で意訳してみます。

[表側]

==========
löydä festarilippu rasiasta!
avaa kansi ja tarkista voitto!
ANKKAROCK
DTBL
RUISROCK
lippu 1000 rasiassa!
==========

フェスティバルのチケットポイントを見つけて下さい!
蓋を開いて当たってるか確かめよう!
ANKROCK
DTBL
RUISROCK
1000ポイントでチケット1枚!

[裏側]

==========
1000 Sisu-rasian kanteen on satunnaisesti piilotettu festareiden nimiä (Ruisrock,Ankkarock tai DBTL).
Lähettämällä festarin nimellä varustetun rasian Leafille saat paluupostina päivän lipun kyseiselle festarille.
Osallistua voit myös lähettämällä postikortin Leafille.
Kerro rasialähetyksen tai postikorttiosallistumisen yhteydessa nimesi, osoitteesi, kenen käyttöön lippu nimetään ja mille festaripäivälle haluat lipun!
==========

1000ポイントで当たったチケットがどれなのかは表示されません。
LEAFに参加したいフェスティバルの名前と日付をメール、またはハガキで送ってください。

のような内容なのじゃないかと。
ちなみに、キャンペーン期間は2010年3月1日から6月30日まで。
抽選は7月2日に行い、当選発表は発送を持って代えさせていただくとあります。
チケットの当選方法なんかはかなり怪しいですが、フィンランドの夏のロックフェスティバルであるRuisrock,Ankkarock,DBTLのチケットが当たるのは間違いないようです。

開けると「EI VOITTOA」とあったので、外れましたな。
当たってもフィンランドまで行けそうにありませんが(笑)


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »