« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »

2010年7月25日 - 2010年7月31日

2010年7月31日 (土曜日)

【化物語】つばさキャット(下)ブルーレイ

ついに『化物語』の最終巻『つばさキャット(下)』が発売されました。
前回の(上)から五ヶ月、去年の夏のアニメだったものが今年の夏までかかりましたよ(笑)
Photo

ネットで配信された第14話と第15話収録で、「あとがたり」やサントラ入り。
Photo_2

今回の絵は忍の周囲に暦、ひたぎ、真宵、するが、撫子、羽川さんが配置されているもの。
全体的に赤っぽくて目が疲れそう。
Photo_3

エンドカードは2枚。

14

15

中村光さんは『荒川アンダーザブリッジ』、渡辺明夫さんはキャラデザですか。
渡辺さんの真宵と撫子がタマランですなあ。
撫子っぽいのが『俺の嫁』に出てきますが。

これにて『化物語』も終了、『傷物語』のアニメ化の話もありますが、その前に買ってある『傷物語』を読むのが先でしょう。

例によってブルーレイは見られませんが、実家に送ると「コメンタリー面白かったよ」と母の仕打ちが待ってます(笑)

金さえあればDVDを買ってしまいそうな勢いですが、金が無くて本当によかった(?)
これが初のBDで、次のBDは『ストライクウィッチーズ』のBOXが届く予定です。
2,3日の違いで五千円ぐらい変わったような気がしますが、金の確保もできてないのに注文するわけにはいかず、特に不満のある値段でもないのでいいでしょう。

再生機のPS3は……なんでこんなにモデルあるの?
とXbox360を見て思う人もいっぱいいるんでしょうね。
まあ、3万円ぐらいで買えるってことか。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火曜日)

【ストウィ】スターライトストリーム第29回

第2話までの熱い展開なら騙せそうだと思って他人に勧めたら、第3話で本気を出されて困ってしまった『ストライクウィッチーズ2』のラジオ番組『スターライトストリーム』の29回目が放送されました。

スターライトストリーム

響ラジオステーション(金曜日のタブ)

OPミニドラマでサルミアッキを探るエイラに妙に感情移入しました(笑)
この季節、日陰においてもすぐ溶けるので、冷蔵庫のチルド室がサルミアッキでいっぱいです。
荷物から出てきた冬物衣料は何の伏線なんでしょうかね?

ふつおた隔離コーナー「ストライクミリタリーズ」

小学四年生のミリタリー体験で「コンバットごっこ」
『コンバット!』は60年代の海外ドラマですから、この当時10歳だとすると、50代?
コンバットごっこで、軍曹だったのに一人逃げたから糾弾されたわけですか。
大橋先生は「ひだん」と言ってますが、糾弾の「糾」を「緋」と間違えたわけですか。
やっぱり難しい漢字や言い回しは使わないか、フリガナをふるのは必須ですね。
ところで、この方のラジオネーム「いぬふぐり」がニコ動で笑いのネタになってるようですが、いぬふぐりを知らないで笑ってるのかわかっててネタにしてるのか悩むところです。

海自の人もリスナーだったわけですが、士のセーラー服が芳佳のコスプレだとは思わなかった(笑)
海自の士の中に同じコトを思っている人が何人いるのかを考えると夜も眠れなくなりますな。
「じつはみっちゃんのコスプレ」という人の割合も気になるところです。

さて、メインコーナー「今日のエンジン音」

前回の答えは「F4F ワイルドキャット」
かなりわかりやすいと思ったんですが、多かった間違いはF2Aとハリケーンだったそうな。
F2AはFM-2と同じエンジンだから、似たような音を聞いたとなれば候補にあがるか。
F2Aはオヘアが使ってるし、ハリケーンはビューリングが使ってるからなあ。

正解して伍長になり、電信技能章をいただきました。
Photo_25

木曜日放送で土曜日には届いてたので、その早さにビックリです。
辞令のほうは「第501統合航空戦闘団」となっており、戦闘団といえば陸軍の諸兵科連合のことですから、このままでは小銃を持たされて塹壕に放り込まれます。
そうやって、航空兵が撤退した後の基地を、時間を稼ぐために死守することになると思うと胸が熱くなりますな。
まあ、どうやら間違いのようなので、後日なんらかの修正があるかもしれません。
それよりも、最近の印刷物でこれほどドットの荒い文字を見たことがなかったのですが、演出でしょうか?

さて、今回のエンジン音は飛び去るときに「ガラガラガラ」という音が残る特徴的なもの。
ヒントは『2期にちなんでいる』『型番は違ってもいいけど、エンジンが重要なのでエンジンまでしっかり答えて』の二つ。
ここから答えを考えていくと、2期が始まったこともあり、原点回帰で第1回にも出てきた扶桑のストライカーユニットなのです。
同じようなことを前回も言ったなとか言わない。
つまり、答えは「紫電改」
そして、エンジンが重要だというのは、アニメに出ている紫電五三型のハ43ではなく、通常「紫電改」として知られる紫電二一型の誉(ハ45)だということなのです。
音源も昭和48年に里帰りした四式戦の映像などが残ってるに違いありません。


というヨタはおいておいて、実際に送った答えは「スーパーマリン スピットファイア(グリフォンエンジン搭載型)」です。
2期にちなんでるってことは新型ストライカーユニットで、型番は違っててもいいからエンジンが重要だって話であれば前期リーネちゃんのスピットファイアMk.IXのマーリン60系からMk.22のグリフォン60系になったことを指すのでしょう。

現存するMk.22なんて聞いたことがないので、恐らくMk.XIV、それも上の動画のダックスフォードのものではないかと推測するのですが……。

私が好きなのはChristophe Jaquard氏所有のPR XIXです。

本来のエンジンではなく、アブロ・シャクルトンのグリフォンエンジン(グリフォン57 1960HP)とプロペラを取り付けたもので、シーファイアでもないくせに二重反転プロペラという偉そうな格好(笑)
復元当初は翼端部品も取り付けられていなかったようですが、今はちゃんと付けられてるみたいですね。

毎回アクロバティックな結果が出る「占い食堂 エイラにお任せ(趣味編)」
「某市の採用試験の面接までこぎつけて、そこを通れば内定だけどどうなるのか占って欲しい」というもの。
そんな相談をここに持ってくるのが間違いだ(笑)

出てきたカードは13番の「塔」
Photo_27

不慮の災害、崩壊、粛清を司るカードで天からの警告を暗示しています。
要するに、人為的な災害ではないんですな。
正位置では「破滅・崩壊・災害・事故」、逆位置では「危険・独断・再生・復活」を意味します。
逆位置ならともかく正位置(笑)
つまり、自分の適性がどうであれ、それとは関係ないところで落ちてしまうわけですか。
公務員試験にありがちな気がしますが、そういう場合は人為的なものだろうなあ。

こんな酷い結果に対して「正位置ですね」と冷静に言ってのける舞太がカッコいい(笑)
くわえてあゆたは予想の斜め上にロケットで飛んでいくので「この方、好きな人がいるのかな」と何の関連があるのかわからないことを口走りだしました。
恋愛を休んで就職に集中しろってことらしい。
「キャッキャウフフぷにぷに」は控えろって話なので、今度出るDSのゲームはお休みですね。ってそれまでに内定出てないとヤバいだろ。
舞太も「ゲームの女の子と旅行行ったり、ダメですか?」ってまたタイムリーなネタを(笑)
「二次元も三次元も、恋愛シミュレーションは控えめに」ってアドバイスだけど、これだと三次元も『タイムリープ』みたいなゲームであって現実じゃないってことか?

携帯サイトの「固有魔法編」では、大橋大将軍、又の名をセクシー大橋先生が近い未来を予知するんですが、やたら『ファンタぢっく』を推してます(笑)
29

私も買おうと思ってますが、それはともかく予知。
なんかやたら可愛い声で逆に不安になるんですが(笑)

予知した結果、「ぷにぷにしたがってる」
気持ちを抑えきれてないかもしれない。
対策として、外出も控えて、露出も控えないといけない、と。
恋愛をしたがってのたうち回ってるので、それを晒さないために家で大人しくしてろというわけですが、見せるのがはばかられるほどの露出ってなんだ(笑)
これだけ言って「いけるよ」と言われても説得力が……。

8月頭の面接さえ終われば「熱海でも何でも行け」ってことで、完全にラブプラス+断定やん(笑)



関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ストライクウィッチーズ2】第3話 特訓!特訓!猛特訓?

竹井さんは特に負傷してなくて一安心。
トライヤヌス作戦について坂本と話し合ってるのですが「でも結局、私たちはわかりあえなかった」という言葉が重いですなあ。
言葉が通じるはずの人間同士ですら争いは無くならないのに数千年にわたって戦い続けてきた異種族とそんな簡単に和解してもらっては困ります。
「次に合うときは平和な世界で会いたいものだな」という坂本の言葉が現実になるとすれば、もう竹井さんは出てこない(笑)
これで坂本と竹井さんは別れるわけですが、負傷のためにラバウルから内地へ後送される坂井に笹井が虎のバックルを渡すシーンは入れ込んで欲しかったなあ。
アクセサリーが少ないので渡すものがないけども。

ヴェネチアに新たに出現したネウロイはロマーニャへと南下、これを防げるのは現時点では501のみということで、芳佳は戦う決意を新たにしました。
人型ネウロイを消滅させる勢力なら同じような人型を出してくるには時間がかかるだろうし、芳佳が引き金を引くのに躊躇う理由が無くなってるのはいいことです。
その意気や良し!ということで、「帰ったら特訓だ!」

しかし、芳佳は半年のブランクがあるので基礎体力の時点で問題あり。
すっかり前期3話程度まで戻ってるようです。
さらに、リーネとペリーヌも軍務を離れてガリアで復興作業をしている間に体力が落ちまくってる様子。
ペリーヌがバテてる絵なんて見られるとは思わなかった。
芳佳は、倒れこむときにリーネの胸を外さないあたり、まだ余裕があるんじゃないでしょうか(笑)
Photo

バルクホルン曰く、「飛行訓練でも問題が多かった」
制御できない芳佳がリーネ、ペリーヌと玉突き衝突して大変なことになったようなのですが、これって芳佳だけが悪いんじゃないの?
その後リカバリーできないのがなまってる証拠でしょうか。
戦況は急を要するし、通常の訓練ではおっつかないということで、特訓をすることになりました。
坂本は竹刀も二式大艇に積み込んでたのか。
Photo_2

三人が派遣されたのはアンコーナ近くにあるサン・ピエトロ・アル・コネロ(聖ピエトロ教会)あたりの小島。
聖ピエトロ教会は、イタリア・マルケ州観光局では「おもな見どころ」になってます。
イタリア半島とは橋で連絡されているようですね。
訓練場と言われてたものの、そこに施設は無く、人もいない。
どうしたもんかと思っていると、突然上からタライが降ってきました。
正しくドリフですな。

タライを落としたのはアンナ・フェラーラという老婆。
Photo_3

芳佳たちが受けた命令は、この人について訓練し、合格を貰うまでは帰ってくるなというもの。
訓練が始まると、芳佳たちに渡されたのはブリキのバケツです。
Photo_4

バケツで水を汲んでこいという話なのですが、ここは小島で水が出るはずもなく、井戸は対岸にありました。
数キロ先の丘の上までどうやって……と思ったのですが、ストライカーユニットならあっという間だしバケツどころかタンクで運べそうです。
が、それでは特訓になるはずもなく、差し出されたのはホウキ
魔女が乗って空を飛ぶアイテムですな。

魔法力を込めれば空に浮くとはいえ、使い慣れていないのでホウキが股に食い込みました。
さすがにこれは放送できないらしく、眩しい光に視界が遮られてます(笑)
Photo_5

みんな辛そうだな(棒
Photo_6

Photo_7

Photo_8

制御できないので、水平に浮くこともできない始末。
確か、昔のパイロットの自伝読んでも「水平飛行や基本の機動が一番難しい」と教えられるんだっけ?

「アンタは無駄にデカいもの付けてるから、バランスが取れないんだよ」ってリーネの胸を鷲掴むのはただのセクハラだろう(笑)
魔法力に影響するほどのバランスでなし。
Photo_9

落ちはしないものの、いつまでもグルグル回転を続ける芳佳に「いつまで回ってんだい」「ホウキに聞いてください~」って落語の『鰻屋』かよ。

ペリーヌだけはなんとか水平を保っていますが、ちょっとホウキを傾けられただけで落ちてしまいました。
やはりペリーヌは「擦れる」んですね、股監督。

こんな修行で本当に強くなれるのか?とみんなが疑問に思いだしたとき、アンナが「何故強くなりたいのか?」という根本的な命題を投げかけます。
それに対して「強くなってネウロイからこの世界を守りたいんです。困ってる人たちを助けたいんです」と真っ直ぐな思いをぶつける芳佳にペリーヌもリーネも初心を思い出したようですね。

それを聞いたアンナはホウキに乗って空を飛んだかと思うと、タライにたっぷりの水を張って帰ってきました。
宙に浮いてからわずか25秒の出来事です。
アンナの実力に感嘆する芳佳たちに「アンタたちの教官だってここで訓練して一人前の魔女になったんだよ」と、坂本もここで訓練を受けたことをほのめかすあたり、実力もハッタリも十分ですな。
さすが年の功。
「あの子は素直でねぇ。最初からアタシのこと尊敬して、一生懸命練習してたもんさ。おかげで、見事な魔女に成長したってわけだ」と真っ赤な大嘘を表情ひとつ変えずに言える「大人」ですよ。

こんな話を聞けば坂本ラヴなペリーヌが反応しないわけがない。
かつて坂本が使ったホウキがどれなのか尋ねるのは可愛いなあ。
しかし、「さっきアンタが投げたヤツだよ」と言われたら慌てて拾い上げてほお擦りするのはどうかと思う(笑)
棒を上下させながらほお擦りさせるなんて素晴らしいことを。
Photo_10

今日は水を汲めなかったので食事も風呂も抜きですか。
三人が仲良く一緒のベッドで寝てるのは微笑ましいですが、パジャマはどうやって持っていったんだろう?
Photo_11

途中で目を覚ました芳佳がベッドに彫られた落書きを見つけました。
内容は「クソババア」
間違いなく坂本が彫りましたな(笑)
こんなもんが彫られてるってことは昼間の話は真っ赤な嘘です。
Photo_12

他に彫られてる落書きも概ね同じようなことが書いてあるんでしょう。

特訓二日目になり、多少は飛べるようになりましたが、芳佳は凄い勢いで暴走してあちこちにぶつかってました。
魔法障壁なければ死んでるな。
リーネがバランス取れずに落ちるのはやはり胸が原因なの?
ペリーヌは相変わらず擦れてるけど、別にいいや(笑)

少なくとも宙に浮き飛んでいるってことは、魔法力は十分だということです。
問題は、魔導エンジンならオートミクスチャーコントロールをはじめとする制御機器が付いてましたが、ホウキにそんな便利なものは無い。
なので、魔法力の制御は自分でやらないといけない、と。

ホウキを持ち上げられただけで食い込んで痛いというのはホウキに体重がかかってるからで、余計な力が入ってるってことですね。
「操縦桿は生卵を握るように」という言葉がどこにでも出てくるけど、今のFBWやFBLの機体でも同じことがいえるのかしら?
Photo_13

芳佳たちだってウィッチのはしくれ、アンナの「ホウキと一体化しろ」というアドバイスでちゃんと飛べるようになりました。
ちょっとしたアドバイスで上手くいくのも基礎とそれまでの修練あってこそ。
ストライカーユニットとは違う空の感触に得るものは大きいでしょうね。
私は、飛んでもホウキが食い込んでいなくて、痛がってないところに心底安心しました。
が、新しい感覚に気持ちいいと喜んでる間にバケツを落としたようです。
Photo_14

ペリーヌがアンナにどやされてる間に、慌てて拾いにいく姿がしっかり(脳内の)目に見えました(笑)

今日の成果はタライに半分の水。
おかげでメシにありつけます。
Photo_15

二日ぶりの食事に喜ぶ三人を見て密かに喜びつつ、「食べたらさっさと風呂に入んな!」とツンデレるアンナ萌え。

風呂は水溜りのようなものですが、あの量では仕方ありますまい。
このバスタオルもBD/DVDでは取れるらしいとか。
Photo_16

その証拠としてこの画像があります。
リーネの顔が食い込んでるこの画像こそバスタオルが別レイヤーである証拠!
制作側からのありがたいメッセージなのです。
決してミスしたとかではありません。
Photo_17

ところで、なぜペリーヌが入らないのか。
それは股が擦れ過ぎて赤くなってるから(笑)
Photo_18

入りはしたものの、沁みて困ってるようですね。
Photo_19

風呂に入った後は橋の上でパジャマタイム。
ホウキで飛べるアンナには橋は必要ありませんが、娘が孫を連れて帰ってくるときに必要なんだとか。
ウィッチの能力はほぼ遺伝みたいですが、なかには能力が発現しないのもいるってことが明らかになりました。
能力を受け継がないのも出るとなると、ますますウィッチの確保は大変で、世界で引っ張りだこなのもよくわかります。
この橋は半島だけじゃなく、アンナと家族を繋ぐでもあるのか。
Photo_20

ここで衝撃の事実が!
芳佳がしゃがんだときに白いズボンを穿いてます。
前期では何も穿いてなかったのに!!
まあ、穿いてないと股間から眩しい光が射して大変なことになってしまいますが。
Photo_21

次の日は水汲みも三人でタライを運んで万事解決。
「みんなで協力」も前期初期には考えられないことで、しかもこの三人がですよ。
リーネとペリーヌは『娘TYPE』連載のコミックが単行本になればニヤニヤできると思います。
このシーンでタライの中の水音がちゃんとあることにちょっと感心したり。
Photo_22

芳佳「今日こそお風呂をいっぱいにしようね」
リーネ「うん。肩まで浸かろうね。ね、ペリーヌさん」
ペリーヌ「え?私はどちらでもいいんですけど」

という会話でまだまだペリーヌの擦れは治ってないんだなと思うのが紳士たるものの務め。

そのとき、ペリーヌが北の空に光る点を見つけました。
ネウロイです。
ヴェネチアからバーリー方向に直進しているそうで、バーリは長靴の踵の上辺り、南東に向かっていることになりますか。
そのまま進めば中東に向ってスエズですが、北アフリカ戦線とも連動するのかしら?

陸地をほとんど通らないので、迎撃は海上で行える、ということで緊急出動ではなく十分な準備をもってあたれるか、と思ったら、進路上にアンナの居る島がドンピシャリ。
基地から出撃しても間に合わないので、アンナは家を放棄する判断をしました。

ネウロイは間歇的にビームを海上に撃ち込んでいて、何をしたいのかわかりませんが、このままではアンナの家も橋も壊されるのは目に見えてます。
Photo_23

このネウロイはダイムラーベンツのプロイェクトBですか。

Daimler-Benz Project B - Luft '46 - WWII German aircraft projects

一機のジェット爆撃機を吊り下げてアメリカまで運び、爆撃してやろうというものですが、爆撃機に乗ったほうは一種の特攻です。
私の持ってる本はどれもが説明が食い違い、中には同じシリーズの中でも説明が違ったり、文章と図版で違うなどという状況で、把握するのに苦労しました。
「何を見たのか?」という問いに答えたら「当たり前だ」と総ツッコミを喰らうと思うので秘密にします。

早く逃げろと言うアンナに、あくまで守るという芳佳たち。
「この橋が無くなってしまったら、お孫さんたちが帰ってきたときの目印が無くなってしまいますわ」というペリーヌの言葉には「橋は絆」という意味が込められているようで、目頭が熱くなりました。
また、家族を失ってるペリーヌにとって、家族の帰る場所は代わりのない、何としてでも護るものなのです。

例によって再生速度がむちゃくちゃ上がったネウロイなので、同時攻撃しないと効果が上がりません。
リーネは「三人で編隊攻撃なんて高度なことを」と躊躇しますが、芳佳は「できるよ!この三人なら絶対できるよ」と即答で押し通しました。
確たる根拠は無いよなあ。いつものことだけど(笑)

攻撃力は絶大に上がるものの、2機編隊より3機編隊のほうが遥かに難しいと聞きます。
それができるようになれば職人技だと。
そして、三人でネウロイに攻撃するのはXbox360用ソフト「ストライクウィッチーズ 白銀の翼」の販促にもなってるわけですな。
ゲーム画面からこんな戦闘を妄想しろってことですよ。

同時攻撃でコアが露出、リーネがトドメを刺そうとしたものの、僅かに外れてしまいました。
ネウロイからの反撃で左足のプロペラを破壊されたリーネ。
落ちていくリーネを芳佳が救います。
前期第3話にも出てきた合体ですよ。
ペリーヌはあのとき囮を攻撃していてその場に居なかったから、驚いてますね。
Photo_24

ペリーヌの援護の元、突っ込んでいく芳佳たちの機動と魔法障壁のシンクロ具合がカッコいい。
アクションシーンは前期を確実に越えてます。
今度はリーネの攻撃がコアに通ってネウロイは光と散りました。

この破片で坂本が怪我をしたことがありますが、勢いをなくせばそれほど危険なものではないのですな。

この三人を見ると前期最終回を思い出します。
あの時は武器を落としたりもしましたが、こうやって立派に連携して敵を倒せるようになったんですね。。
Photo_26

これにて三人とも合格、晴れて帰れることになりました。
お礼の電話をかける坂本に「誰かさんと違ってベッドで泣いてたりしなかったしね」と返すアンナさん。ナイス。
まあ、坂本はもっと小さいときに来ただろうから、涙で枕を濡らしても仕方ないのです。

ラストの立てかけたホウキから501のエンブレムに繋がる流れはウィッチの伝統を一瞬で説明できる構図だと思います。

次回はバルクホルンお姉ちゃんとシャーリーの回ですが、カールスラントからくる新技術ってのは噴進式ストライカーユニットか水噴射装置か。
何にせよ、熱い話になりそうです。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日曜日)

【ストウィ】総統閣下が2期を喜んでおられた

いつの間にやらニコニコ動画はほとんど自分のプレイ動画をあげるだけになっていたのですが、その間に例の総統が『ストライクウィッチーズ2』が始まることに喜びを表明しておられました。

例によって「萌えに対する愛は尊いものだ」のような名セリフが入るあたり、さすがです。

名演説ということなら、古いですがこれも外せません。

DVD最終巻がAmazonから届いたら「二期決定!」のシールが貼ってあったんですよね。

あとは個人的な趣味でMAD動画を張っておきましょう。

レールガンとけっこう相性いいもんですね。
『LEVEL5-judgelight-』もあるので、興味があれば検索してみてください。

『魔法少女リリカルなのはA's』も大好物ですが、混ぜるとこんな感じに。

高画質過ぎて、私のPCではローカルでも満足に再生できませんでした。
持ってて良かったXbox360。

アニメのほうは相変わらず良いですが、私が「ズボンだけじゃないんだ。燃えもあるんだ!」と主張した直後にあれですかい……。

ところで、伍長に昇進したので電信技能章が届きました。
それのデキには文句なしですが、任命状はPPC用紙でいいから印刷しなおしたいレベルですね(笑)
賞状のテンプレートに貼り付けて印刷してやりたい。

総統シリーズといえば、こんなものを見つけました。

それなりの時間があるけど、腹抱えて笑いました。
今までのも見ていきたいし、これからも期待です。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »