« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

2010年10月3日 - 2010年10月9日

2010年10月 8日 (金曜日)

【地球防衛軍3】「対空戦」GG自爆縛り

『地球防衛軍3』をジェノサイドガン自爆のみでクリアしていこうとするシリーズ。
今回は前回苦しめられたガンシップのみというジェノサイドガンにとって悪夢のようなステージ。

さっそく序盤から体力足りなくなってます(笑)
こういうときは味方を頼るのが定石。
蟻や蜘蛛との接近戦には弱い見方もガンシップ相手には意外な強さを見せつけました。
おかげで回復が手に入って進路を切り開けたというもの。

ガンシップ相手が一番ドラマを作りやすいですね。

最後はレーダーだけ見て一網打尽。
ただのタイミングゲーになってますが、GG自爆縛りの半分はそんなものです。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木曜日)

【地球防衛軍3】「掃討作戦」GG自爆縛り

終わりの見えない成長の伸びを見せる『地球防衛軍3』をジェノサイドガンのみでクリアしていこうというシリーズの5ステージ目。

いよいよガンシップ登場です。

ここも、前回と同じくひたすらタワーを目指しました。
なるたけ少ない発砲で済ませたいので、蟻が集まるまで待ってますが、蜘蛛と違ってダメージもないし、赤蟻と違って転ばされることもない。
実に楽な状況です。
結果的に二発で蟻を殲滅できました。

あとはタワー付近でガンシップが湧いてくるのを待ちます。
ガンシップといえば、普段は雑魚なのに、ジェノサイドガンを使ったプレイ時には突然目の前を横切って自爆を促す危険な存在。
それだけ軌道が読みにくく、しかも高速で動き回っているので、なかなか一網打尽というわけにはいかないのです。
結局、生かしておいた仲間の力を借りました。
ガンシップ相手には非常に有効です。
これが、次のステージの道筋への伏線になるのですな。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水曜日)

【ストウィ】スターライトストリーム第39回

アニメは終わってもラジオは終わらないよ?の『ストライクウィッチーズ2』のラジオ番組『スターライトストリーム』の第39回が放送・配信されました。

スターライトストリーム

響ラジオステーション(金曜日のタブ)

OPミニドラマも最終回後の話になったりして、「終わったんだな」と実感させてくれますが、欧州側から両親を探しにいけなかったサーニャが扶桑側からロマーニャに入りたいとか言いだしたので、これからのミニドラマにも期待が持てます。
アニメのほうは終わっちゃいましたが、芳佳だって軍医としては出られるんですから、3期があってもいいと思うよ。

今回、軍曹昇進試験の結果が出ました。
百点満点が一人で万年伍長が二人だとか。
解答を教えてくれるわけじゃないから、どこを間違ったのかさっぱりわからないんですよね(笑)
前回万年伍長だった四式戦さんには問題が送付されたのかしら?

ここで名前が出てないってことは、軍曹に昇進する資格を得られたってことですよね?
Photo

ふつおたでアニメの感想が読まれてるのを聞くと「これで採用されるならなんで自分のがっ」と思うこともあるんですが、スタッフに響かないんでしょう(笑)
文章に一定の自信はあるのよ。でないとブログなんて書いてないし。

「ストライクミリタリーズ」は横田基地友好祭の話題。
地上展示の中に「第501飛行隊」の文字が入った部品が置いてあったというもの。
第501飛行隊といえば、百里基地でRF-4E、RF-4EJを運用する国内唯一の戦術偵察部隊。
御巣鷹山の日航123便墜落事故でもここのRF-4Eが夜に燃える機体を発見しています。
私がここの存在を知ったのは『ファントム無頼』からですが。

これで、世界の501の数字を冠する部隊(501sq、501wingなど)を投稿するフラグが立ちましたね(笑)

さて、メインコーナー「今日のエンジン音」

前回の正解は、書いたとおり「マッキ MC.202」
私の出した「Bf109E-4」は同じDB601を搭載していますが、始動音などが少し違うので、惜しかったです。
昇進試験採点中で良かった(笑)
これで正解率ちょうど50%になりました。

今回のエンジン音は、「アニメに出てきた」「エンジンが違う」「製造国も違う」「後の時代のもの」ということで、ロシアで作られた零戦22型のレプリカに違いありません!
アニメには芳佳や坂本のストライカーユニットとして登場、そしてエンジンはR-1830ツインワスプ、しかもレプリカだから後の時代のものです。

……とは思ってなくて、いわゆるイスパノ・メッサーのうち、「HA-1112-M1L ブチョン」だと思うのですよ。

イスパノ・メッサーは戦前からライセンス生産されてますが、イスパノエンジンじゃなくマーリンエンジンを搭載したHA-1112-M1Lの初飛行は1954年です。
フランスなんかはサブタイプでも型式が変わったりしてややこしいことこのうえないですが、スペインってどうなんでしょうね?
『空軍大戦略』や『メンフィス・ベル』に出演してるそうですが、『メンフィス・ベル』は見たものの、このブチョンだったかは覚えてません。
当時だとP-51とBf109の見分けも怪しかったかもしれませんが(笑)

コーナーの締めはあゆただったのに、忘れてたみたいで数秒の放送事故がありましたね。
「ゴメンちゃい」で全部許しますけど(笑)

相談者に不吉な予兆をもたらすと評判の「占い食堂エイラにおまかせ(趣味編)」
今回の相談は「運がいいんだけど、これからどうよ?」というもの。
受験なんて遠い日の記憶どころではないなあ。

出てきたカードは0番「愚者」の逆位置。
Photo_2

自由、冒険、愚行を司るカードで、崖っぷちのおねーちゃんはよそ見をしていて気付いてません。
けれど、気付かないからこそ一歩を踏み出すことができるという絵柄。
正位置なら自由・冒険・積極的・可能性を、逆位置なら無計画・幻滅・消極的・失敗を暗示します。
つまり、「お前はもう死んでいる」と言われているようなもんです。

しかし、先生の解釈では「ツキまくり」です。
まあ、ツキまくった結果、無計画に進んで失敗することもあるわな。
実際「伸び伸び使っていただいてかまいません」とか言ってるし(笑)
ただ、ナイスタイミングで発動するってわけじゃないから受験は運に頼るなと常識的なフォローがつくのは最近の傾向ですね。
そういうことを、古来より「人事を尽くして天命を待つ」といいます。

携帯サイトの「固有魔法編」ではあゆたが近い未来を予知しました。
39

インフォメーションでは『コンプエース』11月号のサーニャ下敷きが紹介されてましたが、皆さん入手したでしょうか?
私は買ってません。
公式コミックアラカルトは今月中には買いたいな。
先月の『コンプエース』に一部掲載されてたものは面白かったです。

EDミニドラマでは扶桑まで船で一ヵ月半、飛行機で一週間かかるそうですが、大西洋からパナマを越えて太平洋を渡るからけっこうかかるよね。
この道中が今度からのドラマになるのかしら?



関連?商品----------

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火曜日)

【地球防衛軍3】「降り来る者」GG自爆縛り

『地球防衛軍3』にて、ジェノサイドガンでの自爆のみでクリアを目指すシリーズ4ステージ目。

とりあえず蟻を引き連れて一番奥のタワーまで移動します。
途中の隊員にうまく死んでもらって蟻の足止めにならないようにも考慮しましょう。
後は回復が出るかどうかでクリアが決まりますが、後半の蟻の攻勢を見てわかるとおり、至近距離で囲まれたら仲間はひとたまりもありません。
妙に粘られたりすると困りますが。

敵全滅後の通信が長いので、完全回復も夢ではありませんね。
通常プレイでも頑張ってアイテム回収をする時間になると思います。

ステージ13をクリアできないと思い込んでスルーしていたので、さっそくプレイして動画をエンコしないと……。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月曜日)

【地球防衛軍3】「市街戦」GG自爆縛り

『地球防衛軍3』でジェノサイドガンの自爆のみを使ってクリアを目指す3ステージ目。

このステージは味方が分散して現れるので、それに蟻が引き寄せられて集まってきません。
通常なら、それを確固撃破するなり味方と合流するなりするのですが、このプレイでは分散した敵はそれだけで脅威です。
なるたけ集めて一箇所でまとめて撃破しないといけません。

結果として、各地の味方を拾いつつ蟻に倒させ、その蟻を率いて残りの味方を殺していくゲームになってしまいました(笑)

たったのニ発で終わってるので、実は回復を取らなくてもよかったのですが、これはあくまで幸運だったからで、普段は取っておかないと危ないですよ。


関連?商品----------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日曜日)

【テレビ】10月からのドラマ・アニメ視聴予定(BlogPet)

ヴィーの「【テレビ】10月からのドラマ・アニメ視聴予定」のまねしてかいてみるね

7月のほうがとうとう終わりましたようなドラマ。

*このエントリは、ブログペットの「リムリム」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »